デスクワーク 椅子。 デスクワークでの正しい姿勢と姿勢をキープする方法 | 女性の美学

なぜデスクワーク系フリーランスは椅子に投資すべきなのか?

デスクワーク 椅子

悪い座り姿勢の一つ目は頭が胴体よりも前に突き出ている「 前のめり首」です。 本来、背骨の首のパート 頚椎 は胸 胸椎 に対して前方に向かって自然な曲線を描いて、胸と頭は縦に直線上に並びます。 しかしながら、近年スマートフォンの普及を機に今までコンピュータを扱わない人までもが椅子に座って長時間目の前の小さなデバイスを夢中になって操作をするようになりました。 その為、首の骨の角度が誤ると、関連する 肩、腕、手首などの関節にも強い障害をきたすのです。 実際に子育てに奮闘するママさんが腱鞘炎になった際、手首の治療だけでは中々症状が収まらなかったところ、頚椎の関節を修正した事で一気に回復した例もあります。 デスクワークの方の過半数が座り続けるだけでなく、座った状態でPCや書物など何か机の上のものを相手にするでしょう。 焦点が前方に合って、頭が胸より前に出てしまう事は今のデスクワーカーにとって、意識して姿勢を気をつけないと避けられない事でしょう。 この骨はとても重要なポイントです。 背中の高いところに左右二つ存在する 肩甲骨。 近年肩こりなどの身体の不調を改善するべく、「肩甲骨はがし」などこの骨の名前が注目されるエクササイズや施術も注目されています。 肩甲骨はどの四足動物にもついていますが、どれも運動のキーの骨として大活躍しています。 しかし、人間は文化の発展により椅子に座って脚を使わずに産業を生み出す術を開発し、運動どころか立つ事さえも少なくなりました。 こうなると体幹部の筋肉、とくに背筋の弱化が著しく見みられ、腰を支え守る力や胸を張る為に肩甲骨を良いポジションにキープする力が低下していきます。 肩関節の受け皿となって、肩や腕の動きに対して支点となる 肩甲骨は椅子に座り続けて背中が丸くなり、先述の通り首が前に出てしまうと、身体はバランスを取る為に余計に背中を丸めます。 結果的に背筋の弱化や運動不足となって本来のポジションよりも外に開き合って、不安定な働きをしてしまい、上肢の働きは一気に狂ってしまうのです。 背中が丸くなって背筋が弱い、働かないのはとても危ない事です。 皆さんもスポーツジムやヨガスタジオでは良く耳にする問題なのではないでしょうか。 そもそも骨盤の存在とは、それが 後傾するとはどうゆう事なのか。 骨盤は、腰部に左右対称で存在している3つの異なる骨が各種連結されて、3つずつで左右にできた大きな複合体が背骨の終わり 仙骨 を挟むように構成されています。 人間の骨盤はとても特殊で他の四足動物、特に同類のサルやチンパンジーなどの霊長類でも最も大きな体積を擁しています。 その為、直立した時に大きな負荷がかかっても簡単に壊れずに効率よく身体が働いて運動することを可能にしています。 骨盤が後傾すると、バランスを取る為に背骨はそれに伴って後方に向かって大きなカーブを描きます。 これが猫背です。 立って歩く際には骨盤は前後傾を左右が互い違いに繰り返します。 これで身体全体のバランスを取り、骨盤や股関節は上手に重さを受けています。 しかし、 椅子に座ってしまうと骨盤は椅子の座盤に固定されてしまい、背もたれに寄りかかれば骨盤は後傾します。 まさに猫背になるための条件が揃ってしまうのです。 しかし背骨や上半身と同じぐらいに重要なのが足裏です。 私たち人間は足の裏が地面についている事、そしてそこから離着を繰り返して歩く事を見据えて設計されています。 そのため、鳥のように足の裏が地面から浮き続ける事はイレギュラーです。 例えば水泳。 運動不足の方が急に水泳をすると、疲れてきた頃に足をつってしまう事が多々あります。 椅子に長時間椅子に座っている時に足裏がつかずに投げ出してしまうと、下半身に体重が掛からずに無重力状態になります。 これで信号が変わりそうだったり、乗りたい電車が発車しそうだったりでいきなり小走りをした瞬間、緩んだ関節のせいで筋肉が急激に収縮してつってしまうでしょう。 足裏が床に着く高さの椅子にして、なるべく足裏を床から離さないようにしましょう。 この高さの背骨を積極的に動かすためには胸郭と呼ばれる背骨と肋骨からなるパーツを動かしましょう。 1 一度、背中を思い切り丸めて、強い猫背を作ります。 2 今度は胸を張って肩甲骨同士を近づけるように背筋に力を入れます。 この時、首や肩口に力みがあった上で肩甲骨に意識が行き過ぎると肩甲骨が上手に寄れないため、みぞおちを突き出すように胸の低いところを中心にを張って、肩甲骨を寄せてください。 そこで骨盤がいいポジションをできるだけ安定できるようにするアイディアをご紹介しましょう。 1 いつも座っている椅子にバスタオルを適度に折りたたんだもの、またはクッションを半分に折ったものを椅子の座盤の後方にセットします。 2 足の付け根、お尻の低いところを押し込むとゴリゴリと触れる「坐骨」という骨があり、この骨がタオル、またはクッションと椅子の座盤との境目にかかるように座りましょう。 3 後ろが高く前が低い状態で椅子に座るため、前傾斜がついたの中での座り姿勢となって、骨盤が自然と前傾にセットされて背骨が後方に丸くなる「猫背」の状態から解放できます。 椅子に座っている際に足裏が床についていないため、下半身の関節が無重力状態になってしまうため、ここでは各種関節を締め直す運動をご紹介します。 椅子の高さが変えられる場合は変更を。 どうしても足裏が届かないのであれば、台のようなものを用意して脚をそこへ乗せるのが理想的です。 海の中の生物から始まり、数万年という長い年月の中で様々な進化の過程を経て、今私たちはこの直立二足歩行という形で生存しております。 それまでは時代にあった環境に身体を合わせ、種を次世代に繋げる工夫と努力がありました。 しかしながらこの数百年で文化の発展により、私達は椅子に座って身体を使わず、お金という価値あるものを求めて生命の営みを成り立たせるシステムを構築しました。 こうなれば、余計に肉体は必要度を下げ、身体機能は低下する一方です。 生物の進化ば目まぐるしく命がけです。 時代や環境、天敵の生態系などによって、弱きものは淘汰され、流れに適応できるものだけが子孫を残す事を許されます。 大袈裟ですが、人類がデスクワークのように肉体を使わずに何かを生み出す事が当たり前になれば、それに適応し無駄なものを省いて、身体の形は進化 それとも退化 していくでしょう。 ただ、変化して行くのには莫大な時間が要します。 椅子に座って文化的な生活になったのはまだ数百年。 恐らく残り数万年は必要になるでしょう。 そんな今を生きる私達は未だ残る自然的な身体に先進的で文化的な生活が目の前に存在し、ミスマッチしてしまっているのかもしれません。 まだまだ自然的な肉体が残るからこそ、今を生きる私達は身体の作りを理解し意識し動物らしく積極的に動かして行かなければ必ず身体的支障をきたしてしまいます。 デスクワークをやめれば簡単な話。 それでもそれを避けられないのが現実です。 その為にも座り方の意識やそれに伴う問題を解決する方法を身につけてください。 椅子に座ること自体を考える。 「椅子に座る事」の歴史 椅子に座るという事はいつから始まっているのでしょうか。 世界史でみると、ツタンカーメンのお墓から王の椅子が発掘されるほどで、紀元前3000年頃からあったとされています。 ただ、これは王様など権力のあるものしか使えず、「椅子に座れる」という事自体も権力の現していました。 日本の歴史はご存知の通り「畳文化」で男性の一般的な座り方は「あぐら」です。 ただ、戦国時代になると、戦の際に武将が戦の指揮をとったり、戦術を練る際に「床几 しゃうぎ 」というパイプ椅子と同じような形での折り畳めるものに腰をかけ、その後は時代劇によく出てくる茶店の軒先にある長椅子などが出始めていきます。 ただ、どれも1日中ずっと座り続けるわけでは無く、あくまで一時的だったとされています。 椅子の文化はあっても、座る時間の違いこそ先人達と現代人との大きな違いでしょう。 1時間座ると、寿命は22分縮む? ぞっとするタイトルに驚かれるでしょう。 アメリカのある研究では、作業内容 デスクワークやテレビ鑑賞等 に関わらず、1時間椅子に座り続けると病気や怪我のリスクが高まり、平均して22分間寿命が短くなるのではないかという研究結果が発表されました。 それほどまでに座り続ける事で身体への大きな負担となります。 そんな状況の中で座り姿勢が悪くなれば、余計に身体へ負担は大きくなり、体調不良のリスクはさらに高まるのです。 体の悩み解決ならパーソナルトレーニング.

次の

なぜデスクワーク系フリーランスは椅子に投資すべきなのか?

デスクワーク 椅子

おはようございます!今回はとにかく長時間座っても疲れにくく、肩こりや腰痛も予防してくれるデスクチェア、パソコンチェアを 予算別に紹介したいと思います。 オフィスチェアとしてデスクワークで使うのももちろんオススメですし、家でゆっくり読書やネットサーフィンをしてくつろぎたい時にもおすすめです。 曲線上の座面は背中にフィットしやすく、長時間の作業でも綺麗な姿勢が保ちやすいですね。 デザインもシンプルで、オフィスなどの色んな場所に置きやすいです。 そして座り心地もとても良いです。 上質なクッションに包み込まれるような座り心地で、非常にリラックスした状態で作業できます。 デザインも一万円以下とは思えないほど上質で高級な感じがしますね。 S字カーブと腰サポートクッションが腰への負担を軽減してくれます。 通気性が高く、ロッキング機能も付いてて、安いながらも最低限の機能は付いている椅子です。 背もたれが曲線形状で体にフィットしやすく、腰に優しい作りになってます。 デザインも清潔感があります。 組み立ても簡単ですし、女性にもオススメです。 難点として座面が少し硬いので、気になる方はクッションなどを一枚敷いてください。 背もたれは肘掛けとしても使用できます。 普通のデクスチェアと比べて素材が少ない分、座面やクッションの質が良いです。 厚みもあります。 安めのデスクチェアならではのア商品ですね。 ・GTXMAN デスクチェア サイズ:幅47. ゆりかごのように揺れる機能も付いてて、作業だけでなく休憩したい時にもピッタリ。 通気性の高いメッシュ素材である点も良いですね。 快適に使えます。 「ゲーミングチェア」とは聞いた事がない人もいると思いますが、元々は1日10時間ぐらい椅子に座るプロゲーマーの為に開発された椅子です。 もちろんデスクワークにも最適。 正しい姿勢がすごく取りやすいです。 人間工学に基いて作られていて、全身をしっかりサポートしてくれます。 人間工学的に非常に完成度が高いと評判で、5万円以上するデスクチェアとも比較される事がある、とてもの高い椅子です。 風通しのよいメッシュの背もたれは、独特のフワッとした座り心地と適度な反発があります。 長時間の作業でもリラックスして座れて、しかも集中力が途切れにくいですね。 耐久性などの機能面も優れています。 柔軟な構造なので衝撃には強いのかなと。 座面や肘掛けなどを非常に細かく調節できるのが特徴です。 素材はレザーに細かい穴が沢山開いてるので、通気性もバッチリ。 最大荷重が150kgなので耐久性にも優れています。 5(~117)cm 背面がS字カーブで、綺麗な姿勢をとても維持しやすい椅子です。 座面のクッションもいい感じです。 硬すぎないので体を痛めませんし、柔らかすぎないので長時間の作業でも集中できます。 キャスターが床を傷つけにくいのも嬉しいポイント。 ちょっと椅子で仮眠を取ったりしたい人には非常にオススメですね。 もちろん座り心地もよく、素材も柔らかすぎる訳ではないのでデスクワークにもオススメです。 クッション性があって包み込まれるような感じがするのですが、素材がレザーなので反発もしっかりしていて安定感があります。 デスクワークにもオススメですが、普段使いにもおすすめですね。 コーヒーを飲んでゆっくりしたい時に、ちょっとしたカフェ気分を味わえます。 ・プラス Presea サイズ:幅60. 5cm こちらも肘掛けがないタイプの椅子です。 シンプルな形状ですが、クッションがとても背中にフィットする感じで、とても座りやすいです。 長時間のデスクワークでも楽ですね。 色もバリエーションがあって、ちょっとカラフルな椅子が欲しい人にもオススメです。 とにかく硬さが丁度いいです。 高い密度の高反発モールドウレタンフォームが使われていて、気持ちよく座れるクッション性がありながら、適度な反発もあって座りやすいです。 そして頭部・肩・腰などをしっかりサポートしてくれるので、正しい姿勢がとても取りやすいですね。 5~79. どんな人が座ってもしっくり来やすい、実際体にも優しいデスクチェアです。 耐久性もしっかりしてて安心感があります。 非常にオススメです。 色は選べます。 黒だとシックな感じで、ダークブラウンだとレトロな感じが出て良いですね。 座ってみればわかりますが、腰へのサポートがとにかく凄い!姿勢に合わせて動く独特なクッションが特徴で、最大で30kgもの体圧分散を可能にしています。 もちろん腰以外へのサポートもかなり良いです。 座っていてとても楽な椅子ですね。 正直めちゃくちゃ座り心地良いです。 人間工学的にも凄く凝ったデザインの椅子です。 家でコなどで作業する時に座椅子が欲しい、という人には超オススメです。 長時間座ってもかなり疲れにくいと思います。 このは座る人の身体に合わせて動き、腰への負担をかなり軽減してくれます。 また、以下の細かい機能が沢山付いてます。 ・の高さや角度調整機能 ・背もたれの位置調整機能 ・アームレストの高さや角度 ・スライドの調整機能 ・座面の位置調整機能 ・座面昇降機能 これらの調整機能によって、ほぼどんな人でも体にフィットさせる事ができます。 また、人間工学に徹底して裏打ちされた自然な座り心地も素晴らしいです。 ぜひ予算に合うならばオススメしたい椅子です。 ・ C637XW-FSF1 サイズ:幅51. 4 肘掛けのないタイプのデスクチェアですが、予算が5万円まであるなら超オススメです。 座る人の背骨の個人差を考慮して作られてて、バックカーブアジャスト機能などで背もたれを調節できます。 フィット感が凄く良いデスクチェアで、腰痛予防なんかには非常に最適かなと。 自分だけでなくオフィスで複数の人が座る、という用途の場合もオススメです。 のブランドの中ではかなり安いのですが、かといって座り心地は劣らない。 むしろ「こっちの方が好みだ」という人もいるぐらいの椅子です。 やっぱりの独自技術が沢山使わているので、体へのサポートが段違いに良いですね。 座っててほんと楽です。 デザイン性にも非常に優れています。 5cm このぐらいの価格帯になってくると、あのにも手が届きます。 こちらは肘掛けがない分、値段を安く抑えられるライトバージョンです。 「肘掛けがなくてもいい!」という人ならば超おすすめです。 とにかくアーロンチェはすごい椅子です。 詳しい魅力は後述したいと思います。 ・10万円以上のデスクチェア ・ サイズ:幅67. 5cm 椅子好きの憧れ、です。 「腰痛がどうしても治らなかったけど、この椅子を使ったら治った!」という人がよくいるほどで、とにかく体への負担が少ない。 人間工学を先導してきた企業で、独自の特許技術を持っています。 例えばクッションではなくメッシュ素材のみにして、形や反動で体圧分散を実現させる。 このタイプの椅子はが初めてです。 やっぱり座ってみるとすぐわかりますが、肩、腰、臀部、すべての体圧が分散されていくのが感じます。 長時間の作業だと体の負担が全然違いますね。 まさしく唯一無二の椅子です。 ご予算に合うならぜひ試していただきたい。 9cm が作っているデスクチェア。 こちらはデスクワークだけでなく普段使いでリラックスする時にも使いたい、という人にオススメです。 非常にゆったりした感じの座り心地。 国内企業が日本人向けに作っているので、日本人にフィットしやすいように作られた椅子でもあります。 座面が骨盤を包み込み、更に独立して動く構造になっているので、前傾姿勢での骨盤のズレを防止してモモ裏への負担も軽減されます。 やはり「どうしても長時間のデスクワークでケツが痛い!」「足が痛い!」という人にとてもオススメです。 ・まとめ 以上、おすすめのデスクチェアを紹介してきました。 椅子って「ずっと使うもの」なので、しっかり選びたいですよね。 椅子の質によって普段の生活の質が全然変わってきますし。 何かしらこの記事が皆さんの椅子選びの参考になれば幸いです。

次の

おすすめ背もたれクッション15選:デスクワーク、運転、家で体の負担を抑えてくれる

デスクワーク 椅子

Herman Miller社が1995年より世界的に販売を始めたこのチェアーは、現在ニューヨーク近代美術館の永久展示品にも選定されています。 座り心地を重視したデザインと機能は 身長、体格、目的、好みに応じてあらゆるシチュエーションに対応しております。 ハーマンミラーの魅力は、他社と比べずば抜けて長い12年という保証期間だと思います。 機能面では、前傾チルトが読書や書き物に威力を発揮します。 実際に使用し、思っていた以上に嬉しく感じた機能は、リクライニングの強弱調整がかなり細かく行えることです。 これにより、納得のいく強さでリクライニングができます。 出典: Yahoo! ショッピング 執筆時とパソコン作業時で、最適な椅子の角度というのは変わります。 その両方に対応する点でも評価されていますね。 脱サラして独立し6年。 事務所でのディスクワークが日によっては12時間以上になることもあります。 (中略)イロイロ悩んだ末にこのハーマンミラーにたどり着きました。 使用して1ヶ月近くになりますが、一日中この椅子で執務していても腰痛、肩こりになることはありません。 特にパソコンでの作業時に前傾姿勢をキチンとサポートし肘掛が高さと左右に調整出来るのでキー入力における肘と肩への負担がありません。 見た目の印象として装飾等の無駄は一切なく、無愛想な感じですがスッキリと研ぎ澄まされた機能美の極みと思います。 出典: Yahoo! ショッピング 質実剛健でありながら、デザイン性も評価されていますね。 スッキリしているのに研ぎ澄まされているとの声が多いですね。 腰痛対策におすすめ!アーロンチェアの4つの特徴 アーロンチェアはシンプルなデザインでオフィスの空間にマッチしますが、それでいて長時間のデスクワークにユーザーが耐えることができるような作りになっています。 オフィスのイメージを壊さない洗練されたデザインながら、長時間のデスクワークに耐えることができるというのがアーロンチェアの特徴です。 出典: iGotit 長時間のデスクワークにも耐える。 この点に重きが置かれているようです。 アーロンチェアは常に人間の体を考えて作られてきました。 それには腰痛の配慮はもちろんのこと、長時間の座ったままの姿勢による血行不良を防ぐための設計も含まれています。 またアーロンチェアが特許を取得した背もたれの部分は首やかた、腰、ひざ、足首の自然な動きをサポートします。 そのため、デスクワークにおける集中力が持続するのです。 このような特徴もアーロンチェアがデスクワーカーを満足させてくれる特徴ということができるでしょう。 出典: iGotit 人体を科学的に研究し、血行不良を防ぐ設計がなされているとのこと。 素敵ですね。 アーロンチェアは、環境に配慮した作りになっています。 椅子の半分以上の素材がリサイクル可能な素材で作られています。 全体の94%が再利用できるというとってもエコな椅子なのです。 このような点もアーロンチェアファンの心をとらえてやまない点なのかもしれません。 出典: iGotit エコって言葉ももう使い古されているように感じますがしっかりと考えられている商品とのこと。 アーロンチェアは耐久性に優れています。 あるユーザーは10年ほど使っているようですが、ほとんど問題がないようです。 それくらいの年数使っていると、時折ねじの調整が必要になるかもしれませんが、調整すればまた元の通り使うことができます。 腰痛対策として10年もこの椅子を使ったのであれば、もうほかの椅子には座れないでしょう。 ほとんど一生物、ということができるかもしれません。 出典: iGotit 一生ものの椅子ともかんがられるようです。 ご自身の部屋にアーロンチェアがある。。。 仕事への意欲も高まるのではないでしょうか。 エルゴヒューマンプロ オットマン付き! 高機能チェア エルゴヒューマンPRO オットマン内蔵タイプの、エルゴヒューマンプロです。 オットマンを出して使えば、長時間デスクワークをする際の足のむくみを予防することができます。 またヘッドレストの高さ&角度調節機能やバックシートの高さ調節機能など、この椅子には肩こり・腰痛予防に嬉しい機能が沢山ついています! 足へのいたわりも感じられます。 オフィスチェア業界でもハーマンミラーとエルゴヒューマンはよく耳にしますね。 金額が9万円を超え、最近の他メーカーの椅子がよくなってきているため、かなり迷いました。 3万円台の大手メーカーチェアにもいいものがありましたが決め手はランバーサポート。 多少前かがみで使うパソコン作業も正確に体の軸を支えてくれます。 出典: Yahoo! ショッピング 正しい姿勢であれば長時間集中力を持続することも可能になる。 そのための姿勢を教えてくれる椅子ということですね。 初めはなかなか高額な商品のため迷いましたが、買って良かったと思っています。 とにかく座って安定感があり、気持が良いのです。 座部や背もたれの素材が「革」などではなく、繊維の「メッシュ」になっているので、耐久性がどれくらいなのか未知数ですが、多分大丈夫なのでしょう。 ただ、オットマンの位置が、商品の表示より「下」気味であり、私としては、もっと「上」にして欲しかったと思います。 それでも、ないよりはましであり、それなりに活用させてもらっています。 何れにしても価格に見合った価値を有する商品だと思いました。 出典: Yahoo! ショッピング やはり、高額であるため、なかなか一歩踏み出せない方も多いようです。 ただし、購入してしまえばその使い心地の良さに驚くのではないでしょうか。 私は175cm、75kgのメタボ体系。 学習机のおまけのような椅子を使用していましたが、腰痛がひどくなって来たので機能的な椅子を探していました。 職場ではオカムラのバロンを使用。 以前に比べて格段に腰が楽に。 バロンの腰当ではいまいちしっくりこなかった私の体にはちょうど良い感じ。 出典: Yahoo! ショッピング この方にとってはバロンよりも体に合っていたようですね。 バロンも人気ですよね。 ミラチェア Herman Miller ミラチェア デザイナーに多くを望み過ぎているのでは…?数々のオフィスチェアをリリースしてきたハーマンミラーは時に、そう自問することがあります。 たとえば、新しいワークチェアのデザインを担当したSTUDIO 7. 5へのリクエストはこうでした。 「デザインはシンプルでいて美しく。 多機能を備えながら操作は簡単に。 人に、そして環境にやさしく…。 ミラチェアの魅力は!?座面の確かな存在感と、独特の座面構造およびランバーミラチェアの魅力はなんといって背もたれが大きく、肩までカバーしてくれる点にあります。 リクライニングしたときに、肩胛骨を支えてくれるので、とてもリラックスできます。 肩まで背もたれがあると落ち着くという人結構いますよね?サポートにより肩から腰の部分をしっかり支えてくる安定感がセラチェアの魅力です。 価格が安いのも嬉しいポイントですね。 出典: エルゴノミクスチェアガイド 肩までサポートしてくれるのは嬉しいですね。 デザイン性の高さも秀逸です。 ランバーサポート機能は非常に優れており、上下の位置調整と張り出し具合を調整できるのはミラチェアだけです。 これって腰痛持ちの自分にはかなりありがたい機能です。 なぜかアーロンチェアにはついてないんですよね。 出典: エルゴノミクスチェアガイド なるほど、上下の位置調整もできるんですね。 これは素敵な機能です。 デザインを担当したのは、初代ミラチェアと同じベルリンのデザイナー集団「Studio 7. 10年前と比べた際の「働き方の変化」を反映して設計を見直したそうです。 例えば、イスに座ったままのオフィス内の移動が増えていること。 そういえば確かに、チーム内で小規模なミーティングの際など、イスごとちょっと移動することってありますよね? また、パソコンの使用時間も以前より増加しています。 こうした状況に対応すべく、より軽く、コンパクトに、そして首や腰に負担をかけず体の動きに従うように作られているんです。 出典: 週アスPLUS 椅子ごとの移動も考慮されているとのこと。 細かい要望にもしっかりと応えている印象ですね。 【オカムラ】バロンチェア オカムラ バロンチェアCP81CR 先進のエルゴノミクスが生み出す座り心地が快適な、バロンチェアです。 あらゆるオフィスシーンに美しく映えるシンプル&シャープなデザイン。 メッシュクロスカラーは、書斎を素敵に彩ってくれますね。 メッシュ素材の採用と、ベストなシートポジションが得られる設計により、長時間の着座でも疲れにくいサポート感と安定性を体感することができます! ヘッドレストは業務中はいらないが、休憩時の倒したときに首がとても楽。 ハンモックに寝てる気分になり本気で寝れます。 出典: 道くさ写真ブログ ハンモックのような寝心地。。。 すごいですね。 アジャストアームがあることで、立ち座りがとても楽で安全。 どのワークチェアにもあった方が良いと思います。 アジャストアームがあるだけで疲労軽減になっているようにも思います。 出典: 道くさ写真ブログ アジャストアームがあると確かにパソコン作業は楽ですよね。 メッシュ生地は、風通しが良すぎて冬寒いが夏涼しい。 でもエアコン効きすぎたら寒い。 そのため、冬は座面にウレタン製クッションを背面には防寒着を密着させています。 座面にクッションを敷くと腰のサポート位置が変わるため、テンピュール座布団で調整しています。 出典: 道くさ写真ブログ これも面白いですね。 冬場はちょっと寒いほど通気性がいいようです。 防寒対策すれば問題ないのでしょうね。 【オカムラ】コンテッサ オカムラ コンテッサ CM52BB スタイリッシュなデザインと先進のメカニズムが融合したチェアです。 イタリアのインダストリアルデザインの名門である「GIUGIARO DESIGN」とのコラボレーションによって誕生した革新的タスクチェア「コンテッサ」。 そこにあるのは、さまざまな姿勢やワークシーンに応える優れたフィット感とスマートオペレーションコンセプトです! 一日の大半を過ごすイスなので、体を壊すくらいなら、良い物を買って後悔しない様にと思っていました。 おかげで腰痛と肩こりも緩和しています。 国内メーカーの物だけあって、日本人の体系に合わせて作ってあり、身長163cmの私にもぴったりでした。 ヘッドレストの高さや角度も調整しやすく、肘掛の高さと角度も自在。 座面の前後スライドも融通が利き、腰のランバーサポートの位置を上下できるのも良かったです。 出典: Yahoo! ショッピング 日本のメーカーということもあり、日本人の体に合う!といった声が多いですよね。 ここ最近ではアーロンチェアよりも人気が高いようにも感じます。 オカムラのコンテッサの素晴らしところ。 1.ランバーサポート機能。 ランバーパッドの上下前後の調整により、体型にあわせて背骨を自然なS字に保つ事ができるのです。 オカムラのコンテッサのランバーサポート機能が姿勢を良く保つサポートになり、長時間のデスクワークからくる肩こりを防いでくれます。 出典: オカムラ「コンテッサ」の魅力を解剖 やはり肩こりが軽減する、また、体を自然なS字にしてくれるなどなど、集中力を高めてくれる効果を実感している方が多いです。 2.ヘッドレスト。 調べた限りハーマン・ミラーのアーロンチェアにはヘッドレストが付けれないのでは?オカムラのコンテッサではヘッドレスト付きの選択ができます。 ちょっと休憩のリクライニングでは重宝します。 出典: オカムラ「コンテッサ」の魅力を解剖 ヘッドレストの有無でこちらをチョイスする方も多いようですね。 ハーマンミラーと比較してどうなのか、一度座ってみたいものです。 今回は高額ではあるが利用した方が口々に「いい!」と言われるオフィスチェアを見てみました。 私の場合は椅子に座りギターやベースも演奏したいので肘置きが倒れるものをチョイスしたいのですが、コンテッサは肘置き倒れるのでしょうか。。。 高額なものでは20万ちかくになるものもありますが10年、場合によっては20年以上も使えるものとなっているので仕事効率のため、さらには数十年後のご自身の体のためにもぜひ試してみてはいかがでしょうか。

次の