オンライン飲み会 ライン。 パソコンでLINEを利用する|LINEみんなの使い方ガイド

オンライン飲み会は家族でできる?LINEのビデオ通話のやり方!

オンライン飲み会 ライン

Zoom飲み会の模様 オンライン飲み会といっても、実際には参加者が自分でお酒や食べ物を用意して自宅で飲むだけ、なのだが、ポイントは複数人が参加できるビデオ会議サービスを使うこと。 自宅にいながら友達と集まって飲み会を楽しむことができる。 ビデオ会議サービスはが、筆者がオンライン飲み会を開催する中で「オンライン飲み会で使いやすい」と感じているのがZoomだ。 サービスとしてはいくつか試してみているが、Zoomが使いやすいと感じているのは以下の理由だ。 - 参加人数がほぼ無制限 - ユーザー登録不要で参加できる - ビデオチャットを楽しむ機能が充実 Zoomは無料アカウントでも最大100人まで参加できるため、飲み会の参加人数を気にしなくていい。 また、ユーザー登録を行うことなくPCならブラウザで、スマホならアプリをインストールだけで参加できるハードルの低さはありがたい。 さらに、参加者とビデオ会議を楽しむための機能やサービスが充実していることで、飲み会がより楽しくなる要素も備えている。 なお、Zoomは無料かつ3人以上のユーザーで利用する場合、40分という時間制限が設けられている。 40分を超えても自動で延長されるケースもあるようだが、突然チャットが終了してしまうことのないよう有料プランに加入しておきたい。 有料プランは最も安価な2000円のプランでも時間無制限でのミーティングが可能。 飲み会の場所代と思えば十分に安いし、PayPayなどのコードレス決済を使って参加者から会費を集めてもいい。 Zoomで飲み会をするなら有料プランに加入は必須といっていいだろう。 ブラウザから設定を変更 ・ホストの前の参加 主催者が飲み会開始に間に合わない場合、参加者だけで先に飲み会を始めることができる。 なお、この機能は「待機室」と排他になっているため、利用したい場合は待機室がオフになっているかを確認しよう。 ・共同ホスト ホストは参加者のマイクをミュートにしたり、ホストのみ画面を共有できるようにするといった設定が可能なほか、参加者の名前をホストが変更することもできる。 共同ホストをオンにしておくと、参加者にもホストの機能を共有することが可能だ。 ・バーチャル背景 こちらは後述するが参加者の背景を自由に変更できる機能。 Zoomを使ったオンライン飲み会の醍醐味とも言える機能なので、オンになっているか確認しておこう。 ・「ブラウザから参加する」リンクを表示します Zoomは前述の通りブラウザからでも利用できる。 動作が重い、Chromeなど一部ブラウザでないと音声が利用できないなど制限は多いものの、どうしてもアプリがインストールできない人がいる場合は有効にしておこう。 ・ミーティングのライブストリーム配信を許可 レアなケースかもしれないが、オンライン飲み会の模様をFacebookやYouTubeで配信したいという時にはこの機能をオンにしておく必要がある。 Facebookで特定のグループのみに配信ということもできるので、参加はできないけれど話は聞きたい、という人のためにいつものメンバーにだけ配信する、という使い方が可能だ。 ソニーの「」。 耳の穴を塞がないタイプで装着時の疲れも少ない 機材面でお勧めしたいのが ワイヤレスヘッドセット。 パソコンだけでもZoomは利用できるものの、パソコンから音を出していると家族に迷惑だったり、パソコンから出ている音をマイクが拾ってハウリングを起こす、ということもあるため、ヘッドセットはとても重要だ。 有線でなくワイヤレスをお勧めするのは、有線だと酔っ払ったときにケーブルがあるのを忘れてパソコンや回りの物をひっくり返してしまう恐れがあるから。 また、ミーティングに比べて長時間に渡る可能性の高い飲み会では、ヘッドフォンよりもヘッドセットのほうが負担が少ない。 筆者のお勧めは、ソニーの「SBH82D」。 耳の穴を塞がないタイプのため、ミーティングの音と自宅の音を両方同時に聴き取れる。 1万円を切る価格という手頃感もありがたい。 仮想背景 Zoomの標準機能として用意されているのが仮想背景という機能で、カメラに映る自分の背後を好きな画像に差し替えることができる。 自宅飲みであまり自宅を見せたくない、という時にも便利だが、自分のお気に入りの画像などを設定すると飲み会の話題にもつながる。 最近ではさまざまな企業がZoom用壁紙を提供しており、そうした壁紙を利用するのもいいだろう。 その場合、多少手間はかかるものの緑色の布など物理的なグリーンスクリーンを用意し、仮想背景の機能で「グリーンスクリーンがあります」にチェックを入れれば仮想背景を利用できる。 オンラインだからできる楽しさや「ゆるさ」が魅力 最後に、筆者がいくつかのオンライン飲み会に参加する中で体験した課題についても共有しておきたい。 オンライン飲み会最大の課題は「終わるタイミングが難しい」ということ。 お店の閉店時間もなければ終電も関係ないため、気がつくといつのまにか深夜に……ということも多い。 もちろん時間に余裕があれば何時まででも楽しんでいいのだが、参加者に負担をかけないよう「飲み会は参加も退出も自由」というのを周知しておきつつ、目安となる終了時間も決めておくといい。 また、これはお酒が好きな人だけの課題かもしれないが、注文を待つ必要もないため飲むペースが早くなることもある。 飲み会が盛り上がると終了時間も延びるため酒量は増えがちだ。 次の日が辛くならないよう、お酒の量はあらかじめ決めておくこと、そして適宜水を飲むよう心がけるのがお勧めだ。 こうした課題に加えてマイクの音が聴き取れない、話すタイミングが他の人とかぶってしまうなど、リアルの飲み会にはなかった難しさもあるオンライン飲み会だが、オンラインだからこその魅力も多数存在する。 その1つが場所を問わないということ。 リアルの飲み会はどうしても近くに住んでいる人中心になってしまうが、オンラインなら日本はもちろん海外の友達でも気軽にアクセスできる。 転勤や引っ越しなどで遠く離れた友達とも気軽に飲むことが可能だ。 飲み会参加のハードルの低さも特徴だ。 リアルの飲み会では基本的に飲み会以外のことはできないが、オンライン飲み会なら「ながら」でも参加できるし、途中からの参加もハードルが低い。 ワイヤレスヘッドセットで飲み会の音を聞きながら家事や仕事をこなしつつ、余裕ができたら会話に参加、というゆるさもオンライン飲み会ならではのスタイルと言えるだろう。 物理的に会うことができない以上、リアルの飲み会とまったく同じ環境を再現できるわけではないが、むしろオンラインだからこそできる新しい飲み会の形を試してみてはいかがだろうか。

次の

LINEを使ったオンライン飲み会の楽しみ方|LINEみんなの使い方ガイド

オンライン飲み会 ライン

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が深刻化するなか、とうとう東京都など7都府県に緊急事態宣言が発令されました。 以前からもリモートワークやオンライン会議に取り組む会社・学校はあったと思いますが、今後はますますその需要が高まっていくのではないでしょうか。 そこで今回、窓の杜でもビデオ会議をやってみようということになりました。 窓の杜はすでに7年以上リモートワークに取り組んでおり、環境はすでに整っています。 とはいえ、日頃はテキストベースでのやり取りで完結しており、よく考えたらこの7年間、アプリのレビューや動作確認以外にビデオ会議というものをやったことがなかったのです。 太っ腹なことに編集長のポケットマネーから一人2,000円の軍資金をいただいたので、さっそく酒とアテを購入。 会議という名の飲み会が開催されました。 スマホやタブレットは使わないことにしました。 フリーライターT(文責):愛媛県松山市から参戦。 リビングにSurface Book 2を広げ、最近買ったマランツのちょっと高いマイクを接続してドヤ顔をしている• 編集長Y:自宅のデスクトップPCから参戦。 おっさんばかりでは面白くなかろうと、美少女アバターを受肉<纏う>。 ただし、声はおっさんのまま• 軍資金でコンビニの生ハムを買おうとするも失敗 手軽に始められる「Skype Meet Now」。 会議のためのユニークリンクを取得し、それを共有するだけでビデオ会議を始められるサービスです。 機能自体はようですが、今回のコロナ騒動で注目を集めた格好ですね。 このサービスの最大の長所は、「Skype」アプリがデバイスにインストールされていなくても、Web版「Skype」で気軽に参加できるのところ。 事前にアカウントを教えあいっこしたり、相互登録しておく必要もありません。 そういう面倒な手間を省けるに越したことはありません。 しかし、実際に始めてみるとデスクHの環境でトラブルが頻発。 Web版「Skype」だとマイクが機能しません。 アプリ版「Skype」に切り替えると少し聞こえるようになったのですが、それでも音量が異常に小さく、他のメンバーからはかなり聞き取りづらい。 背景をぼかす機能があるのは、部屋がちょっと散らかっているデスクHにとって大きなアドバンテージでしたし、デスクトップや特定のウィンドウを共有できるのも便利ですが、マイクが機能しないのは致命的……フリーライターTの環境でもUWP版「Skype」がときどきクラッシュする問題があり、どうも安定性に欠けるという印象でした。 どのサービスを使うか決め、クライアントアプリを入れ、アカウント登録などのセットアップをし……という手間は思った以上に面倒です。 その点、「Skype Meet Now」や「Google Hungout」といったサービスはリンク1つで集まれて大変便利でした。 とはいえ、Webアプリだけでは非力だと感じるところもありました。 とくに「Skype」アプリの背景をぼかす機能はなかなか優秀で、一度使うと手放せないと感じさせます。 今回は試していませんが、「Zoom」で大変人気の機能だというのもうなずけますね。 しかし、何より大事なのはどんな環境でもスムーズに使えることでしょう。 その点、「Skype」や「Messenger」でトラブルがあったのは残念でした。 今後の改善に期待したいところです。

次の

LINE(ライン)飲み会のやり方・始め方を徹底開設!安全に楽しく開催するために知っておきたいこと

オンライン飲み会 ライン

もくじ• オンライン飲み会とは? オンライン飲み会とは、実際に人に会うことなくスマホやパソコンの画面越しに顔を見ながら食事やお酒を楽しむもの。 オンライン飲み会の楽しみ方 「飲み会」と聞くと夜のイメージが強いですが、お昼ご飯時でも15時のおやつ時でも、時間さえ合えばいつでもOK! オンライン飲み会と言う言葉を聞くようになってから日数は短いですが、リアルの友人同士だけでなくウェブ上の友人と開催している人も少なくありません。 LINEにはビデオ通話機能があるのでオンライン飲み会はできます! LINEでする上で気になるポイントをまとめました。 LINEのビデオ通話料金は無料?有料? 料金は 無料です! LINEは電話回線ではなくインターネット回線を利用しているので無料で利用することができます。 ただし、データ通信料はかかります。 スポンサーリンク LINEのビデオ通話はWi-Fiがなくてもできる? Wi-Fiがなくてもオンライン飲み会はできます! ですが、Wi-Fiがなければデータ通信料を使うのでやりすぎると月末には低速…なんてこともありえます。 ちなみにLINEビデオ通話の場合、1GBで3. 25時間話すことができるようです。 LINEでビデオ通話できる最大人数は? LINEのビデオ通話で同時にできる最大 人数は200人まで! ですが、5人以上でビデオ通話するとプロフィール画像で表示されてしまいます。 4人までだとスマホ画面を4分割して、顔を見ながら会話することができます。 LINEのスマホ版でもパソコン PC 版でもできる? スマホではもちろん、パソコン版でも可能です! ただし、パソコンでする人はカメラとマイク機能がないとできません! それでもパソコンでしたい場合はマイク機能付きイヤホンとwebカメラを購入してください。 画面加工や背景加工はできる? スマホではどちらも可能です! そのまま画面に写るのが嫌な場合は画面加工 エフェクト を使うことができます。 背景を見せたくない場合はバーチャル背景を使うことで隠すこともできます。 Windowsは残念ながらできません。 背景をぼかすことだけが可能です。 この [背景ぼかし]の機能はMac OS限定なのでWindowsの方はできません。 私はWindowsなのでできませんでした。 line.

次の