もんじゃ 焼き 粉。 【クックドア】簡単レシピが豊富!もんじゃ焼きのレシピまとめ|グルコック

手軽にお家でもんじゃを楽しもう ホットプレートがあれば簡単にできるよ

もんじゃ 焼き 粉

スポンサードリンク お好み焼きともんじゃ焼きの違いとは?【粉ものライバル!?】 現在、この記事内容がツイッターで話題のようです。 結論から言ってみると、 お好み焼き勢力【大阪・広島】の圧倒的勝利に終わっています。 ですが、ここで疑問が湧いてきました。 自分は広島出身なので「お好み焼き」は食べ慣れているのですが、「もんじゃ焼き」は食べたことがありません。 食べようにも取り扱っている店自体を見たことがないもので。 もちろん注意深く見ればあるはずでしょうが・・・。 とうことで、今回の記事テーマは 「 お好み焼きともんじゃ焼きの違い」です。 もちろん形状が違うのは分かるのですが、それ以外の違いがピンと来ません。 お好み焼きともんじゃ焼きの違い まずは両方の特徴です。 「お好み焼き」は基本的に丸い形をしており、小麦粉とキャベツで主に成形され鉄板の上で焼き上げられます。 「もんじゃ焼き」は小麦粉を多めの水で溶き、液状の生地にキャベツや麺などをヘラで混ぜて焼きます。 スポンサードリンク 続いて材料の違いを調べてみました。 お好み焼きがキャベツ・豚肉・たまごが入っている(広島焼きの場合は麺やもやしが入ります)のに対し、もんじゃ焼きに入っているのもキャベツや麺などです。 材料の違いはあまりないようですね・・・。 ソースは基本的に、 お好み焼きは粘りのあるソース(広島ではオタフクソースでした)、 もんじゃ焼きはウスターソースのような水分のあるソースを使用しているようです。 それ以外は、あちこち調べても明確な違いが見つかりませんでしたが、 ヤフー知恵袋の以下の一文を見て妙に納得しました。 ちなみにもんじゃ焼きの発祥は、明治時代に駄菓子屋で売られていた「文字焼き」がルーツだとか。 基本的に味付けも焼き方も自由であり、それが最大の魅力だと話す人もいますね。 これを調べていたら、もんじゃ焼きが食べたくなってきました!・・・ということでレシピ紹介です。

次の

もんじゃの由来や語源は、もんじゃ焼きで文字を書いていたから?

もんじゃ 焼き 粉

大阪のソウルフードと言えば「お好み焼き」に「たこ焼き」、対する東京のソウルフードと言えば「もんじゃ焼き」だ。 同じ「粉もん」であるにも関わらず、決して相容れることのない両者。 だが、もし、どうなるのだろう。 言っても粉もん同士、親戚みたいなものだ。 タブーだとは思いつつも、どうしても気になったので禁断のコラボを実践してみた。 ・大阪「わなか」のたこ焼き粉でレッツもんじゃ 今回使用したのは大阪のたこ焼き店「わなか」のたこ焼き粉。 こちらのお店は編集部唯一の大阪人・沢井メグ(私)のお気に入りの店のものなのだが、今回はそれを使ってもんじゃ焼きを作ってみることにした。 もんじゃ担当はチャキチャキの江戸っ子・GO記者だ。 「やっぱあかんーーー!! 」と叫ぶ私を尻目に「てやんでぇいっ!! てやんでチキショッ! べらんめべらぼうチキショーめぇぇいっっ!!! ソイヤッソイヤッ!」とテキ屋のごとく手際よく調理するGO記者。 抵抗むなしくあっという間にもんじゃ焼きは完成した。 ・食べてみると味はいつものもんじゃではない! 完全に見た目は「もんじゃ焼き」である。 もんじゃがたこやきを制圧したかに見えた。 だがしかし……だがしかーしッ! 食べてみると味はいつものもんじゃではない。 焦げ目はカリっと香ばしいながらも、中はトロトロモッチリとした新食感の「もんじゃ焼き」が誕生していたのだ。 このモッチリ感は大阪のとろけるたこ焼き由来のものだ。 そして食欲を刺激するかつおの香りも、関西のだし文化そのもの。 たこ焼き粉で作ることにより、もんじゃ焼きは濃厚クリィミーな新しいもんじゃになったのである! ・大阪の味と東京の味が絶妙に融合!! 編集部では大好評。 なんやねん、なんやねん、たこ焼き粉でもんじゃ焼きを作るとかなんやねん……と最後まで抵抗をした私だったが、もくもくとお代わりをする姿を激写されてしまったので言い逃れはできない。 「ちゃうもん、元の粉がおいしいからやもーん!! 」 対するGO記者も「見た目はもんじゃだが、味と食感は新感覚。 もんじゃの楽しさと、たこやきの楽しさが融合した感じだ。 『たこ焼きもんじゃ』といっても過言ではない。 これは東京と大阪の架け橋になりそうだ!」とエラそうな顔して解説していた。 タブーを犯してまで作った「たこやき粉もんじゃ」は文句なしにウマかった。 もしかしたら逆パターンも美味かもしれない。 そうやったらステキやん、東京も大阪もあらへんやん、もう人類皆兄弟やで! てやんでぇーいっ!! Report:(大阪人) 協力:(江戸っ子).

次の

お好み焼き粉を使った人気アレンジレシピ!もんじゃ・ねぎ焼き・チヂミ他

もんじゃ 焼き 粉

もんじゃ焼きの歴史 続いてもんじゃ焼きの歴史について解説していきます。 もんじゃ焼きのルーツ もんじゃ焼きのルーツとなったものは、安土桃山時代に食べられていた「 麩の焼き」だとされています。 「麩の焼き」は小麦粉を主な材料とした和菓子であり、小麦粉を水で溶いたものを薄く焼いて調理したものです。 中には芥子の実などの食材を入れて、山椒味噌や砂糖を塗った生地を巻物のような形に成形して食べていたそうです。 この「麩の焼き」については、もんじゃ焼きだけではなく、 他の粉もの料理のルーツでもあります。 ちなみに、大坂や広島のお好み焼きは、江戸のもんじゃ焼きが伝わったことによって誕生した料理です。 そのため、もんじゃ焼きに限らず、 お好み焼きなどについても元を辿っていけば「麩の焼き」にルーツがあるのです。 もんじゃ焼きが駄菓子として流行 現在のようなもんじゃ焼きのスタイルは昭和20年代ごろから、浅草などの下町で始まったとされています。 そのころのもんじゃ焼きといえば食事というよりは、駄菓子のようにして楽しまれていました。 そのため、ほとんどの駄菓子屋には鉄板が置かれており、 昭和40年代になるまでは、駄菓子屋が子供たちの社交場となっていたそうです。 もんじゃ焼き特有の遊びとして、鉄板の上で陣取りゲームなどをして楽しまれることもありました。 なぜもんじゃ焼きが流行したのか なぜここまで子供たちに駄菓子屋が流行していたのかというと、 戦後で物資が不足していたことに関係があるそうです。 もんじゃ焼きは小麦粉やうどん粉などの粉と出汁さえあれば作ることが出来るため、物資不足だった戦後でも重宝していたそうです。 食べるものが不足していた当時も、 手軽にお腹を膨らませることが出来る優秀な駄菓子だったんですね。 戦後間もないころのもんじゃ焼きは、ソースや醤油で味をつけただけの簡素なものでした。 その後、さらにお腹を膨らませようとして、 キャベツや中華麺など、比較的手に入りやすい食材を入れるようになりました。 手軽にかさましが出来るようになったことから、さらにもんじゃ焼きは人気になっていったのでした。 ご飯としてのもんじゃ焼き ちなみに、現在のようにご飯としてのもんじゃ焼きが食べられるようになったのは、1980年代になってからだとされています。 餅や明太子、チーズなどの食材が使われたもんじゃ焼きは「 革新もんじゃ」と呼ばれ、現在の主食としてもんじゃ焼きの定番として定着しました。 以上がもんじゃ焼きのもんじゃの由来や語源、もんじゃ焼きの歴史についてでした。

次の