ブリーチ 考察。 【感動】『ブリーチ』の考察を何年も続けていたファンが、作者・久保帯人先生に発見されて「すごい考察。気づいたの君だけ」と直接絶賛された話がすごい : はちま起稿

【BLEACH】藍染惣右介はなぜ卍解を使わなかったのか?【ブリーチ】【BLEACH(ブリーチ)】

ブリーチ 考察

パッと読むための目次• ブリーチ最強卍解一覧 天鎖斬月 エピソード同士のリミックスはめちゃめちゃよかったし、何より福士蒼汰と杉咲花が素晴らしく体現してた。 白哉は物語の振り子としての役目色々一任された結果止む無くアレだなって感じがした。 尸魂界編をまとめ上げられるのかはちょっと気になるけど、俺は福士一護の天鎖斬月が観たい。 これはブリーチの主人公である黒崎一護の斬魄刀による卍解です。 特徴としては、卍型の鍔に柄頭に鎖の付いた漆黒の刀身で、天鎖斬月になることで威力も増しますが、衣装も変わります。 斬魄刀の中では比較的小さい物でありますが、一撃の威力も凄まじく、必殺の月牙天衝は強力です。 素早い攻撃が得意でスピードで攪乱しながら相手と戦うことが多いです。 特別変わった能力などはなく、単純にパワーやスピードが飛躍的に強化されます。 天鎖斬月の正体は漆黒のコートを纏った青年であり、これまでのオッサンと呼ばれていた人物と似た風貌をしています。 鏡花水月 完全に鏡花水月くらってた。 今津におるのに西宮北口におるって錯覚してた — naNri Cat1998Black 次に紹介する卍解は、鏡花水月です。 鏡花水月は作中でも強敵として一護と戦闘を繰り広げた藍染惣右介の斬魄刀です。 鏡花水月は作中では卍解をしていないのかそもそもないのかが判明していません。 しかし、始解の段階ですでに強く、解放の瞬間を少しでも見た人物の五感や霊感等を支配します。 これにより、鏡花水月を解放する度に何度でも相手を支完全催眠状態にでき騙すことができます。 これはどんなものにでも騙すことができ、作中では、一護を除くほとんどの人物が完全催眠に陥っています。 始解ですでに強力であることからも、もし卍解がある場合は、より強い催眠などの可能性が強く手におえない相手である戸も考えられます。 流刃若火 【こんなおとうさんスイッチは嫌だ】 「おとうさんスイッチ『ば』!」 「ば…ば……『万象一切灰燼 ばんしょういっさいはいじん と為せ、流刃若火 りゅうじんじゃっか 』」 — かとう redcode0411 流刃若火は、護廷十三隊の総隊長である山本元柳斎重國の卍解です。 炎系の能力を司る卍解であり、始解の時は炎に燃える斬魄刀です。 しかし、卍解することで燃えていた刀身の炎がが消えて、刀身が黒く焼け焦げている刀になります。 しかし、実際はタイヨウにも及ぶ高温度の熱を放っており、周りを一気に乾燥状態にさせ、近づくことさえもしがたくします。 長時間使用し続ければ、尸魂界自体をも滅ぼしかねないほどの強さを誇ります。 ただ剣を振るうだけでも強力で危険ではありますが、4つのスタイルを持ち使いこなすことで苦しめます。 中でも「火火十万億死大葬陣(かかじゅうまんおくしだいそうじん)」と呼ばれる今まで切り捨てた亡者たちを操る技は強力です。 始解の時は大きな斧のような武器となりますが、卍解することで自分自身が変化し、肌が赤く変色し、鬼のような形相になります。 凄まじい霊圧とパワーがあり、隕石なども簡単に打ち壊します。 作中でもトップクラスの攻撃力と威力の持ち主で、自分の能力に耐え切れずに右腕が破壊しかけてもいます。 多くの敵をほぼ自分の元々の実力だけで倒しており、相手に合わせて手加減をしない限りは負けなしの人物です。 卍解の詳しい能力や説明などは判明していないので、原理などはわかりませんが強力なのは間違いないです。 紅姫 ラブラドライトは観音開紅姫改メ 科学者だからね 金色疋殺地蔵も候補だったけど「かわいくない」って拒否る声が聞こえた — めがねカンタービレ Megane00Nabe 次に紹介する卍解は、紅姫です。 紅姫は元十二番隊隊長である浦原喜助の斬魄刀です。 紅姫は、卍解することで「観音開紅姫改メ(かんのんびらきべにひめあらため)」となり、触れたものを作り変える能力を持ちます。 これによって失明した目を作りかえるなどの回復に用いることも可能ですし、空間自身も作り変えて攻撃するなど、非常に多様性が効くなんでもありの能力です。 能力自体と言うよりも、浦原喜助の発想による逆転力が重要であり、勝つためには様々な準備をする性格と相性が合ってもいます。 相手の能力を知っていれば、あらゆるモノを作りかえることができるので、臨機応変に対応できます。 疋殺地蔵は、十二番隊隊長であり、技術開発局二代目局長の十二番隊隊長である涅マユリの斬魄刀です。 疋殺地蔵は、卍解することで金色疋殺地蔵となり、黄色の赤ん坊のような顔をした大きな芋虫のような存在となります。 始解の時点で相手の四肢の動きを、痛覚のみ残したまま封じ込める能力で強力でした。 しかし、卍解することで致死性の毒を周囲にまき散らすことができるようになります。 さらには、相手を飲み込んで自分の中に取りこもうとすることも可能です。 花天狂骨は、元八番隊隊長で、現護廷十三隊総隊長の京楽春水の斬魄刀です。 花天狂骨は卍解することで「花天狂骨枯松心中 かてんきょうこつからまつしんじゅう」となり、花魁のような女性が現れます。 そして、物語になぞらえた能力があり、自分自身の傷を相手に与えたり、病気にさせたり、霊圧が尽きるまで水の中で心中を図られたりと非常に強力です。 最終的には、相手の喉を切り裂くことで、終わり回避の仕様がない技でもあります。 千本桜 殲景・千本桜景厳がアビホラで見れるとは。。 千本桜は、護廷十三隊の六番隊隊長である朽木白哉の斬魄刀の能力です。 千本桜は卍解することで、千本桜景厳となります。 これにより、地上から無数の刀が飛び出して、全方位から攻撃を仕掛けることが可能です。 唯一、使用者である朽木白哉の近くが死角でもあるので、とっさに近づかない限りは大ダメージを受けることとなります。 斬魄刀の中には、ただ力が強くなるものから能力が強力なものもあり、相性によっても優劣がついてしまいます。 なので、どれが最強となると難しいですが、やはり元護廷十三隊の総隊長である山本元柳斎重國の卍解などは、周りの環境も変えてしまうことからも、かなり強いと言えます。 たくさんの種類があり、卍解する時の言葉などもカッコいいので、自分なりに調べながら楽しむのも面白いのではないでしょうか。

次の

アニメ・BLEACH(ブリーチ)千年血戦編はいつから放送?原作漫画だと何巻から何巻?

ブリーチ 考察

『BLEACH イラスト集 JET』発売記念 久保帯人先生サイン会 超個人的レポート そうこうしている間にわたしの順番が回ってきました。 口から心臓を吐き出してしまいそうなマジでわけの分からん緊張状態のままステージへ歩いていき、 「はじめまして、こんにちは、よろしくおねがいします」とほとんど呪文のように唱えながら、宛名として本名を書いた紙を机上に置きました。 で、ですね。 宛名を見てわたしの本名フルネームを読んだ久保先生が、ちょっと本当に信じられないことをおっしゃったんです。 「あっ、ほあしくんじゃん」 何が起きたのか全くわからず、わたしが「えっ??」と聞き返すと、久保先生は「ほあしくんってさ、ブログやってるあの「ほあし」くんだよね?」と。 シラを切っても仕方がないので「あっ、はい、そうです…」とわたしは答えました。 久保先生はさらに続けて「以前、友達から『BLEACHのこと書いてるすごいブログがあるよ』って教えてもらって、実際読んでみたら本当にすごくてビックリしたんだよねぇ。 180• 297• 342• 311• 210• 356• 675• 337• 4761• 366• 599• 4359• 2261• 1748• 511• 470• 2902• 985• 1287• 1158• 1576• 4210• 8371• 310• 385• 360• 500• 373• 251• 644• 401• 140• 429• 309• 400• 548• 504• 481• 400• 542• 532• 182• 363• 439• 471• 310• 1415• 730• 1097• 3265• 1611• 658• 161• 488• 109• 276• 1517• 136• 688• 232• 705• 2164• 201• 4867• 307• 358 リンク TOP絵頂きました スポンサー.

次の

【ブリーチ】最強卍解は!? 卍解を一覧形式でまとめてみた!

ブリーチ 考察

このページの目次 OPEN• 1.やちるが斬魄刀だとされる理由とは? ブリーチには多くのキャラクターが登場しますが、その中でも謎が多いとされるのが、「 やちる」です。 十一番隊副隊長として、十一番隊隊長の剣八の近くにいつもいるものの、直接戦いに参加する場面はほぼありません。 他の副隊長は積極的に戦いに参加しているのに、やちるに限っては最後の方は登場するシーンすらなくなる始末。 そして最終回を迎えても、やちるに関して明確なことは何も分からず物語は終わってしまいました。 そんなやちるですが、実は剣八の斬魄刀ではないかとの噂が、ファンを中心に広がっているのをご存知ですか? 存在が謎なやちるが、斬魄刀だとする根拠について、ファンが考察しているものを以下から紹介しますね。 まだ剣八が流人として、流魂街を歩いていたとき女の子が殺されそうになっていました。 剣八は周りにいた男たちを殺し、女の子を救うのですが「 どこから来た?」の質問に女の子は答えず、刀を触っていたのです。 名前が無い女の子に対して、自分が一番尊敬する人物である「やちる」の名を与え、自身は剣八と名乗ることに。 スポンサーリンク 剣八は卍解ができず、日本刀のような形状のまま戦うという、隊長の中でも異例な存在。 その理由は自身が使っている刀の名前すら知らないからです。 このように、2人とも最初は自身の名前が無く、剣八は刀の名前すら知りませんでした。 こうした点は、やちるが斬魄刀とする一つの考察になっています。 次に考察されているのは、剣八が使う斬魄刀の名前が、「 野晒(のざらし)」であることが判明したところ。 剣八が、「呑め、野晒」と叫ぶと始解が始まり、斬魄刀の能力が大幅に向上しますが、ここで不思議な描写がされます。 それは剣八とやちるの出会いのシーンであり、互いに名前が無い点が強調されました。 そうした後に、ずっとそばにいて剣八の背中にしがみついていたやちるが、忽然と姿を消し行方不明になったのです。 斬魄刀の名前を思い出し、始解をしたらいきなり行方不明。 この繋がりから、やちるは斬魄刀が具現化したものとの考察をするファンは少なくありません。 もう二度と会えないと思っていた剣八は、やちるが現れたことに驚いていると、やちるは驚きの発言をしたのです。 「 剣ちゃんがあたしをちゃんと使えれば、斬れないやつなんていないよ」 スポンサーリンク その発言の後、やちるが剣八の手を握ると霊圧が流れてくることを、剣八は気付きます。 戸惑いを覚えた剣八にやちるは、「その力の名前はね、卍解だよ」と告げたのです。 剣八は隊長にしては異例に、卍解を得ていない存在だったので、やちるが卍解の力を説明したのにはファンは戸惑いを覚えたでしょう。 ここまでの一連の流れをかんたんにまとめてみますね。 剣八もやちるも名前を持っていない• やちるは剣に愛着を抱いている• 剣八が始解したらやちるが消えた• 剣八に卍解の力を与えるために姿を現わした 以上のことから、やちるは「剣八の斬魄刀の具現化」した存在であると考察できるのです。 2.やちるが斬魄刀と仮定すると浮かび上がる謎 ブリーチに登場するやちるが、斬魄刀が具現化したもので、剣八という死神と、武器である斬魄刀という関係という可能性が高いです。 本編で明確な発言はありませんが、卍解の力を与えて自身すら抑えられない力を手に入れた剣八ですが、能力によって腕が裂けてしまいました。 その時やちるは、「ごめん。 力を解放しすぎた」という発言をしているので、ますます 斬魄刀の具現化説が有力。 しかしその一方で、やちるが斬魄刀と仮定すると、とある謎(矛盾)が浮かび上がるので、以下からその謎と考察を紹介しますね。 他のキャラクターも斬魄刀を用いていますが、具現化された状態で死神のそばにいるのは、やちるだけです。 もし具現化が可能である世界であれば、他のキャラクターにもやちるのような存在がいたとしても不思議ではないですし、逆にいるべきでしょう。 どうして、剣八の斬魄刀だけは特別扱いなのでしょうか? この点に関して本編で明確な答えが出ることなく最終回を迎えてしまいましたので、謎は解決されていません。 しかし、考察として「 剣八だけは特別な存在」である点が、大きく関係しているとのこと。 前述したように剣八は、始解をせずに隊長になれる異例な存在であり、そのためやちるという具現化が必要だったとしています。 ブリーチの世界において、斬魄刀が斬魄刀を持つことがルール違反という描写はありませんから、やちるが斬魄刀を持っていたとしても違反ではありません。 ですが先ほどの謎と同じく、他のキャラクターでも同じ現象が起きてもおかしくはないでしょう。 それなのに、やちるという斬魄刀が、斬魄刀を持つという何でもアリな世界が誕生しているため、謎とされています。 やちるの斬魄刀は、「 三歩剣獣」という名前が本編で明かされているので、やちるが斬魄刀を所持しているのは事実。 この点の考察としては、「やちるだけは特別扱い」という点を挙げるしかありません。 3.ブリーチに登場するやちるはその後どうなった? ブリーチのやちるですが、卍解の力を剣八に与えてから、一緒に戦い強力な力を発揮するも、剣八の腕が裂けてしまいました。 その後にやちるがコメントを発していますが、それを最後に最終回まで出番はなく姿を消したまま。 結局やちるが何者だったのか、その正体が作中で明かされることはなく、 読者の判断に委ねられることとなったのです。 最終回まで出番はなく、死んだような描写もないため、死んだと結論付けることはできません。 やちるは、ここまで指摘した通り「野晒」が具現化したものという形でとらえるのが一番のため、死ぬという概念はないと認識できます。 野晒が壊れることで、具現化能力が消滅するか、あるいは具現化をしなくなった段階で、読者が考える「死」になる可能性はあるでしょう。 その後については謎が多いですが、少なくとも「死んだ」という証拠は無いので、断定はできないというのは事実。 4.やちるが斬魄刀だという決定的な証拠 ブリーチの登場人物の中でも、謎が多く人によって解釈が異なるやちるですが、ここまでの流れから「やちる=斬魄刀」という線が濃厚であると理解できました。 ところが、ファンが最初からブリーチを読み返したところ、とんでもない伏線が本編に紛れ込んでいたと騒がれているため紹介しておきます。 それは、剣八がやちるを助けたとき、「どこから来た?」とやちるに質問するも、やちるは何も答えず 剣八の剣に近づきタッチします。 普通に読んでいれば何気ないシーンなので、そのまま飛ばしてしまうかもしれません。 ですが「どこかから来た?」の質問に、やちるが"刀を触って回答した"と考えるなら、恐ろしい伏線だと感じませんか? つまり、やちるは刀を触ることによって、剣八の「どこから来た?」の質問に答えたことになるのです。 ここから、やちるが野晒から来た、つまり斬魄刀の具現化であるという決定的な証拠だと言われ、ファンを中心に大きく騒がれています。 まとめ ここでは、 ブリーチに登場するやちるに関する謎やその考察、実際は何者だったのかなどについて紹介していきました。 やちるは謎が多い存在で、最終回を迎えても明確な回答は出ず、読者の想像に任せるスタンスを取っています。 それでも本編の流れや、剣八との出会い、さらにはやちるの発言などを総合的に判断すると、やちるは斬魄刀が具現化したものであるとの結論に達するのです。 ブリーチの本編は終了しましたが、もしかしたら番外編や外伝などの形でネタバレがあるかもしれません。 海外でも人気が高いので、新しい情報が入らないか今後もブリーチ関連に注目していきましょう!.

次の