おしり きれいにする。 おしりの黒ずみ、どうしてる?美尻をキープする4つのヒント

胃腸・おしり(肛門)に関する疑問・質問【3】:近藤胃腸科外科

おしり きれいにする

広告 黒ずみはどこにできるの? お風呂屋さんなどに行き ふと目にする他人のお尻に 思わず自分のお尻は大丈夫かな?とチェックし、 はじめて気付いた人も多いかもしれません。 そのぐらい、お尻って自分では あまり見る機会がないものなんですよね。 しかし、お尻って黒ずみや ブツブツニキビが非常に出来やすい場所です。 黒っぽくなっているのは、 メラニン色素が沈着しておこる色素沈着です。 色素沈着というのは、 何の原因もなく起こる訳ではなく 繰り返しその部位に刺激が加わることで 防御反応としておこる現象です。 その為、刺激を与えている原因を 知ることがとっても大切ですよ。 お尻に黒ずみができる理由 では、刺激が原因で起こるお尻の黒ずみの 理由を探っていきましょう。 肌着と肌の摩擦 1つ目の刺激の原因は、毎日身につけている下着です。 歩く、座る、体勢を変える。 そんな様々な動作で身体を動かす時に 肌着と肌がこすれ合うことです。 自分では、そんなに強く こすっているつもりはなくても それが何度も何度も繰り返されることで 肌には刺激と認識されてしまうのです。 また小さめの肌着を身につけていませんか? 女性は、やはりスタイルをよく魅せたいという気持ちもあり、 小さめのかわいい下着を選んでしまう傾向にあります。 しかし、それによって圧迫してしまうことも 肌と下着の摩擦を強くしてしまいます。 また、小さ過ぎる下着を身につけ お尻の下の部分がはみ出ている方いらっしゃいますよねよね。 これにより、摩擦はより強くなり 食い込みにまで発展してしまうのです。 さらに下着の素材です。 ナイロンなどの化学繊維の下着はすべりがよく、 余計に摩擦を起こしやすくなるのです。 このように毎日の刺激でできる 黒ずみは「摩擦黒皮症」と呼ばれ 深部にシミが出来てしまうので改善に 時間がかかるのが特徴です。 乾燥にターンオーバーの乱れ お尻に化粧水を塗っているという方は なかなかおられないでしょうが、 お尻って意外と乾燥する場所なのです。 赤ちゃんのお尻はもちもちスベスベですが 大人になるとそうもいきません。 1つ目は、お尻のおかれた環境です。 座っていることが多いと血流も悪くなるので 乾燥が進みやすい場所です。 2つ目に先ほどご紹介した下着の問題もあります。 何度も摩擦が加わることで 痒みが出てしまい、掻いてしまうことあります。 そんな風に乾燥が進むと、 お肌のターンオーバーが通常よりも 早く進んでしまいます。 そして「過角化」という皮膚を分厚く させてしまう状態を引き起こすのです。 かぶれや炎症 お尻は刺激により乾燥しやすい一面と 汗をかきやすいという面も持っています。 自律神経の影響も受けやすく 車の運転などで緊張すると気付けば お尻が湿っぽいということもある程です。 顔や首であれば、汗をかけば 拭きとることをしますが、 なかなかお昼間にお尻を拭くということって ありませんよね。 つまり、お尻にかいた汗と肌着の間で 蒸れがおこり、かぶれが起こったり 炎症がおきたりしてしまうのです。 ホルモンバランス お尻とホルモンバランスは無縁のような イメージですが、ホルモンのバランスは あらゆる部位に起こるのです。 生理前後や妊娠、出産などによる ホルモンバランスの乱れによって 黒ずみが出来やすくなることもあります。 綺麗にする方法 では、とっても酷使されやすいお尻をケアし 綺麗にする方法をご紹介しますね。 保湿する お顔のケアをするのと同様に お尻も保湿ケアをしてあげるようにしましょう。 セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、 エラスチンといった、保湿力が高い クリームなどを使用することが有効です。 お尻をごしごし洗うのではなく優しく洗った後に、 手で血流をあげるようにしながら そっと塗り込んでいきましょう。 マッサージをする 摩擦により血流が悪くなりがちな お尻の血流を戻してやる事も大切です。 清潔にした手で、 マッサージクリームやオイルなどを お尻にぬり、手のひらや指の腹などで 優しくリンパや血液を流すイメージで マッサージしていきましょう。 お尻のたれを防ぐために、 下から上にマッサージしていくのがお勧めですよ。 また、吹き出物などがある部位は 刺激を与えないように避けてくださいね。 ピーリングをする 古い角質を取り除くことで、 黒ずみをとる方法もあります。 これは酸の働きによって 黒ずみをとっていくものです。 重曹1に対しお水を1の割合で ペーストを作り、円を描くように 黒ずみに塗っていきます。 そして15分程度おいて洗い流すだけ。 とっても簡単で天然由来なので お肌にも優しいですよ。 頻度は週一程度にとどめ ピーリングの後には保湿をしっかり することも大事なポイントです。 専用クリームを使う 黒ずみ解消クリームは多数存在するのですが、 お尻の黒ずみに特化したものを使いましょう。 おすすめは です。 黒ずみケアについて、当サイトで一番反響のあるクリームです。 また、楽天リサーチの黒ずみクリームに関するアンケートで 「効果をすぐに実感できる商品」1位を獲得していることからも 効果と人気の高さが分かります。 ハーバルラビットには、 プラセンタ、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K、米ぬかエキスなど 美白・潤い成分が独自に処方されています。 60日間の返金保証制度もあるため 使ってみて効果を感じられないと思った際には 返金してもらえるのも安心ポイントだと思います。 おわりに お尻が黒ずんでしまうのは 何か不摂生なことをしているからではなく 普段の生活の中で徐々についていくもの というのはお分かりいただけたかと思います。 日々の積み重ねで黒ずんでいってしまうので、 まずは原因を理解して、 黒ずみを生む習慣を取り除き その中で出来てしまった黒ずみには 優しくケアをしていきましょう。

次の

胃腸・おしり(肛門)に関する疑問・質問【3】:近藤胃腸科外科

おしり きれいにする

日常的なことなのに、人から教わることがあまりない「おしりの拭き方」。 デリケートなおしりは、かゆみや痛みなどの問題が生じやすい場所であり、間違った拭き方が原因となることもあります。 普段あまり人には聞けない、おしりの拭き方についてご紹介しましょう。 おしりの拭き方に決まりがあるわけではないけれど… おしりを拭くのに決まりがあるわけではなく、小さい頃からの習慣がそのまま続いていることが多いのではないでしょうか。 おしりの拭き方は大きく分ければ、前から拭くか後ろから拭くか、この2つです。 前からか後ろからか、どちらが正しいともいえず、自分がやりやすい方法ですれば良いのですが、2つほどおしりを拭く際のコツとして押さえておきたいことがあります。 それは便に含まれる大腸菌などの菌が局部に入り込まないようにすること、そして拭きすぎて皮膚や肛門を傷めないようにすることです。 基本は前から後ろに向かって拭く 排尿・排便後にお尻を綺麗にすることは大切なことです。 特に便の拭き残しはかゆみの原因となりやすく、炎症を起こすこともあります。 排便の際には途中でやめず全て出し切ってしまうように意識することも大事であり、そうすることでお尻の手入れが楽になります。 さて、おしりの手入れのコツですが、排便後は必ず前から後ろに拭くようにしましょう。 便は大腸菌などの菌を含んでおり、これらの菌が尿道やデリケートゾーンから入り込み、膀胱炎などの様々な病気を引き起こすことがあるからです。 それから拭くときはできるだけ便を取り除くようにしますが、決して紙でこすらず優しく拭くようにし、肌や肛門を傷つけないようにしましょう。 便がどうしても残りやすい場合は、おしり用の流せるウェットティッシュを使うと便利です。 赤ちゃん用でも代用できます。 加齢とともに起こりやすい問題も 加齢とともに筋力が落ちるのは肛門も同じこと。 知らない方が多いかもしれませんが、排便の際は直腸の粘膜が肛門から出てきて、また戻るようになっているそうです。 若いうちは自動的に粘膜が直腸に戻りますが、年を重ねるうちに戻りづらくなっていきます。 粘膜が出たままお尻を拭いていても、なかなか綺麗になりにくいので、お尻を拭く際には、一度おしりの穴を閉めるようにすると粘膜が戻りやすくなるそうです。 粘膜が出た状態で拭いたりウォッシュレットを使用したりすると粘膜を傷つけてしまい、痛みを生じることもあるようです。 お尻の話はタブーとされ忌み嫌われることもありますが、かゆみなどの問題が起こりやすく、きちんと手入れをしておきたい場所です。 乱雑に扱うことなく、丁寧にお尻を拭くようにしましょう。 writer:Akina 外部サイト.

次の

猫のおしりが汚い原因は?下痢うんちの拭き方や肛門腺絞りの方法について

おしり きれいにする

広告 黒ずみはどこにできるの? お風呂屋さんなどに行き ふと目にする他人のお尻に 思わず自分のお尻は大丈夫かな?とチェックし、 はじめて気付いた人も多いかもしれません。 そのぐらい、お尻って自分では あまり見る機会がないものなんですよね。 しかし、お尻って黒ずみや ブツブツニキビが非常に出来やすい場所です。 黒っぽくなっているのは、 メラニン色素が沈着しておこる色素沈着です。 色素沈着というのは、 何の原因もなく起こる訳ではなく 繰り返しその部位に刺激が加わることで 防御反応としておこる現象です。 その為、刺激を与えている原因を 知ることがとっても大切ですよ。 お尻に黒ずみができる理由 では、刺激が原因で起こるお尻の黒ずみの 理由を探っていきましょう。 肌着と肌の摩擦 1つ目の刺激の原因は、毎日身につけている下着です。 歩く、座る、体勢を変える。 そんな様々な動作で身体を動かす時に 肌着と肌がこすれ合うことです。 自分では、そんなに強く こすっているつもりはなくても それが何度も何度も繰り返されることで 肌には刺激と認識されてしまうのです。 また小さめの肌着を身につけていませんか? 女性は、やはりスタイルをよく魅せたいという気持ちもあり、 小さめのかわいい下着を選んでしまう傾向にあります。 しかし、それによって圧迫してしまうことも 肌と下着の摩擦を強くしてしまいます。 また、小さ過ぎる下着を身につけ お尻の下の部分がはみ出ている方いらっしゃいますよねよね。 これにより、摩擦はより強くなり 食い込みにまで発展してしまうのです。 さらに下着の素材です。 ナイロンなどの化学繊維の下着はすべりがよく、 余計に摩擦を起こしやすくなるのです。 このように毎日の刺激でできる 黒ずみは「摩擦黒皮症」と呼ばれ 深部にシミが出来てしまうので改善に 時間がかかるのが特徴です。 乾燥にターンオーバーの乱れ お尻に化粧水を塗っているという方は なかなかおられないでしょうが、 お尻って意外と乾燥する場所なのです。 赤ちゃんのお尻はもちもちスベスベですが 大人になるとそうもいきません。 1つ目は、お尻のおかれた環境です。 座っていることが多いと血流も悪くなるので 乾燥が進みやすい場所です。 2つ目に先ほどご紹介した下着の問題もあります。 何度も摩擦が加わることで 痒みが出てしまい、掻いてしまうことあります。 そんな風に乾燥が進むと、 お肌のターンオーバーが通常よりも 早く進んでしまいます。 そして「過角化」という皮膚を分厚く させてしまう状態を引き起こすのです。 かぶれや炎症 お尻は刺激により乾燥しやすい一面と 汗をかきやすいという面も持っています。 自律神経の影響も受けやすく 車の運転などで緊張すると気付けば お尻が湿っぽいということもある程です。 顔や首であれば、汗をかけば 拭きとることをしますが、 なかなかお昼間にお尻を拭くということって ありませんよね。 つまり、お尻にかいた汗と肌着の間で 蒸れがおこり、かぶれが起こったり 炎症がおきたりしてしまうのです。 ホルモンバランス お尻とホルモンバランスは無縁のような イメージですが、ホルモンのバランスは あらゆる部位に起こるのです。 生理前後や妊娠、出産などによる ホルモンバランスの乱れによって 黒ずみが出来やすくなることもあります。 綺麗にする方法 では、とっても酷使されやすいお尻をケアし 綺麗にする方法をご紹介しますね。 保湿する お顔のケアをするのと同様に お尻も保湿ケアをしてあげるようにしましょう。 セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、 エラスチンといった、保湿力が高い クリームなどを使用することが有効です。 お尻をごしごし洗うのではなく優しく洗った後に、 手で血流をあげるようにしながら そっと塗り込んでいきましょう。 マッサージをする 摩擦により血流が悪くなりがちな お尻の血流を戻してやる事も大切です。 清潔にした手で、 マッサージクリームやオイルなどを お尻にぬり、手のひらや指の腹などで 優しくリンパや血液を流すイメージで マッサージしていきましょう。 お尻のたれを防ぐために、 下から上にマッサージしていくのがお勧めですよ。 また、吹き出物などがある部位は 刺激を与えないように避けてくださいね。 ピーリングをする 古い角質を取り除くことで、 黒ずみをとる方法もあります。 これは酸の働きによって 黒ずみをとっていくものです。 重曹1に対しお水を1の割合で ペーストを作り、円を描くように 黒ずみに塗っていきます。 そして15分程度おいて洗い流すだけ。 とっても簡単で天然由来なので お肌にも優しいですよ。 頻度は週一程度にとどめ ピーリングの後には保湿をしっかり することも大事なポイントです。 専用クリームを使う 黒ずみ解消クリームは多数存在するのですが、 お尻の黒ずみに特化したものを使いましょう。 おすすめは です。 黒ずみケアについて、当サイトで一番反響のあるクリームです。 また、楽天リサーチの黒ずみクリームに関するアンケートで 「効果をすぐに実感できる商品」1位を獲得していることからも 効果と人気の高さが分かります。 ハーバルラビットには、 プラセンタ、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K、米ぬかエキスなど 美白・潤い成分が独自に処方されています。 60日間の返金保証制度もあるため 使ってみて効果を感じられないと思った際には 返金してもらえるのも安心ポイントだと思います。 おわりに お尻が黒ずんでしまうのは 何か不摂生なことをしているからではなく 普段の生活の中で徐々についていくもの というのはお分かりいただけたかと思います。 日々の積み重ねで黒ずんでいってしまうので、 まずは原因を理解して、 黒ずみを生む習慣を取り除き その中で出来てしまった黒ずみには 優しくケアをしていきましょう。

次の