三郷 市 10 万 円 給付。 「一律10万円給付」で生活保護を放置しなかった厚労省の意外な英断

特別定額給付金(1人10万円)について

三郷 市 10 万 円 給付

「一律10万円給付」は、活保護世帯にとって画期的な出来事となった(写真はイメージです) Photo:PIXTA 「一律10万円給付」でも召し上げなし 厚労省の画期的な方針転換 新型コロナに対する緊急経済対策は、様々な論議を呼び起こした末、4月20日、1人あたり一律10万円の「特別定額給付金」(以下、一律10万円給付)という内容で、一応の決着となった。 しかも、申請手続きは非常に明快かつ容易である。 さらに4月21日、厚労省の社会・援護局保護課は「特定定額給付金は収入認定の対象としない」という内容の事務連絡を発行した。 役所という存在に対する「通念」、生活保護制度の運用に関する「常識」や「相場感」といったものに照らすと、いずれも椅子からずり落ちそうになるレベルで、画期的な出来事だ。 通常、年金・児童手当・障害者福祉手当などの公共からの給付は、すべて収入認定(召し上げ)される。 たとえば、それらの合計が月あたり7万円であれば、生活保護費は7万円差し引かれることになる。 しかし今回の1人あたり一律10万円給付に際しては、各生活保護世帯の「使える」お金が、1人あたり10万円増える。 とはいえ、「日本初」というわけではない。 厚労省の踏襲できる「前例」は、既にあった。 2009年、リーマンショックによる不況が襲った際の定額給付金だ。 このとき総務省は、生活保護世帯で収入認定しないことを明確に述べている。 しかし、この定額給付金が1万2000円だったのに比べ、今回は10万円、文字通りの「ケタ違い」だ。 11年前の「1万2000円」の前例を踏まえて、「10万円」を収入認定しない扱いは、果たして可能なのだろうかと、生活保護制度の界隈にいる人々の誰もが、大なり小なりヤキモキ感を抱えていたはずだ。

次の

10万円給付金は水戸市いつから?茨城県で遅い早いが分かる一覧表も!

三郷 市 10 万 円 給付

国内に住むすべての人に一律10万円を配る「特別定額給付金」の振り込みが7日、埼玉県内でも始まった。 支給の手続きは各市町村に委ねられており、膨大な作業量に追われるなどして自治体間で給付時期に差が出ているのが実情だ。 最も給付が早かったのは高齢化率が県内トップクラスの鳩山町。 7日、23世帯61人に10万円が振り込まれた。 1日からマイナンバーカードを持つ人のオンラインでの申し込みが始まり、これまで149世帯385人の申請があった。 町政策財政課によると、国の補正予算成立後、電話の問い合わせが連日あり、これまでに数百件。 「今月分の家賃が払えない」などと訴える事業者や、「パートが休業になって収入がない」といった声が多かったという。 町は手続きについて30日に広報を全戸配布。 早期に手続きを開始した理由を「飲食店の経営がかなり厳しい。 中小事業者が倒産すると、人口規模的に来年の町の税収もかなり厳しくなる。 そうならないよう一日も早く手を打ちたい」と話す。 人口約15万人の久喜市でも7日、振り込みが始まり、18世帯18人が受け取った。 1日からオンラインでの受け付けを始め、申請は1300件を超えた。 「小さい市町村は対応が早いところもあるのにうちは何をやっているんだ、と問い合わせが来る。 できる限り早くしたい。 15万人規模ではうちは早い方」と市企画政策課の担当者は話す。 郵送での手続きも進め、15日に申請書を全戸配布する予定だ。 三郷市も8日から銀行振り込みを開始する。 市によると、7日時点で申請は1400件を超えたという。 県地域政策課によると、自治体によってオンライン申請の扱いや給付開始の時期がばらばらで、「なかなか国の号令通りにはいかない」。 給付を処理するシステム改修などの作業量が膨大で、時間がかかっているところもあるという。 担当者は「自治体には早くならないかと個別にお願いしている。 隣が始めれば、うちはまだなのか、といい意味での意識が働いてくれれば」と話す。 (北崎礼子).

次の

三郷町/10万円の給付「特別定額給付金(仮称)」(4月21日時点)

三郷 市 10 万 円 給付

・給付額 1人につき 10万円 ・給付対象者 令和2年4月27日に、住民基本台帳に記録されている方が給付対象になり、受け取りは世帯主が基本となります。 ・申請、給付方法 郵送・オンラインのどちらかの方法で申請します。 1、郵送の場合 三郷市から世帯主あてに申請書が送られてくるので、その申請書を提出 2、オンラインの場合(マイナンバーカード所持者のみ) から電子申請 ・受付開始日 現時点では、未定です。 日程については三郷市より後日案内されます。 詳細については、三郷市の公式サイトにて確認できます。 マイナンバーカード を持っている方は少ないと思われるので、実際には三郷市から郵送されてくる書類に返送する形で申請する形になるのではないでしょうか。 世帯主ではなく個人が受け取り場合 今回の給付は世帯主が受け取ることが基本となっていますが、事情により世帯主の受け取りではなく個人が受け取りたい場合があります。 この場合は、事前に申請手続きをすることによって個人が受け取れるようになります。 申請期間は4月24日(金)〜4月30日(木)となっておりますが、申請期間を過ぎても提出は可能です。 手続きの詳細については、こちらのページにまとめられていますのでご参照ください。 お知らせ 三郷マニアでは、気軽に情報交換できる場所として「掲示板」をオープンしました。 掲示板に関する詳細は、こちらの記事からご覧いただけます。

次の