早く死にたい。 若者が早く死にたい理由の一つは社会の不条理さと生きる事の不公平さ

早く死にたいのは「ただ、生きている」だけだからだ。ただ生きるをやめる唯一の方法。

早く死にたい

私は、とても幸せ者だ 私はどちらかというと、幸せ者の部類に入ると思います。 いや~ めっちゃ、幸せなんですよ。 父は離婚していませんが、母も妹も私のことが大好きで、私も家族が大好きで、夫から「なんで、しのちゃんちはそんなに仲がいいの?」と、未だに言われるぐらい家族愛が強いのです。 そんな夫も、私のことが大好きで、毎日「大好き」って、言ってくれるし、夫の家族も私のことを大事にしてくれます。 そして、そんな家族たちが大好きなんです。 でも、漠然と浮かぶ「死にたい」という気持ちは全然消えません。 私は、一日一度は「死にたいな」と、思うのですが、夫に聞いたら「たまに思おうことはあっても、そんな毎日思うことはないよ」と、言うのです。 私は、自分の定規で物事を見てしまうので、大体の人は「死にたいな」と、思いながら生きていると思ってました。 口に出さなくても、そう思ってると思ってました。 しかし、どうも違うようですね。 どちらがいい、悪ではないのですが。 「 生きる」ことに意味を見出して、生きる活力にすることは悪いことではありません。 ただ、いいことでもありません。 ただの「考え方」だから。 私は、生きることに意味はないと考えてます。 ですが、「死ぬ」ことにも意味が無いと考えてます。 人生とは、「暇つぶし」と考える派です。 だからでしょうか? たぶん、私は生きることにちょっぴり飽きてしまっているのです。 だから、「死にたいな」なんて感情が出てくるのでしょう。 行動量が、足りてない でもさ、人生を「つまんない」ものにしてるのも、きっと自分なんですよ。 つまらないと感じるという事は、結局、何もやってないという事だと思うのです。 だってさ、「なんか面白いことないかな~」って、家でゴロゴロしてたって、面白いことに出会えるわけないでしょう? 本当に面白いことをしたいなら、ドアを開けて、外に出るべきなのです。 つまり、結局のところ私の死にたい理由は「行動量のなさ」から来るのでしょう。 私はずっと、逃げてきた。 看護学校へ行ったのも、逃げの一つです。 卒業することで、資格を取ることで、一つ成長できた気になれるから。 何かをしていることで、前に進んでいる気になれるから。 本当にやりたいことなんて、全然見つからないけど、何かしてたら言い訳になるから。 言い訳なんてさ、くそほどの役にも立たないのに。 死なないために 何かを始めたいけど、何をしていいか分からない。 きっと、こう思ってる人は多いと思います。 私もそうです。 1月は、結構夢に向かって頑張ってきたからか、引き戻しが強いですね。 人間って、怖がりだから、いつもと違う行動をしようとすると「やめたい」「戻りたい」と、心が勝手に引き戻そうとするんです。 今が、私にとってその時期なのかも。 だからこそ、何でもいいので、やりたいこと片っ端からやりますよ。 「人生とは暇つぶし」 この考え方は、昔から変わりませんが、どうせなら楽しい暇つぶしにしたいですからね。 死ぬ、その時に「あー面白かった」と、眠りたいですから。 あなたも、そうじゃないですか? 死にたいけど、積極的に死にたいわけではない。 少数派かもしれませんが、そんな風に考えてる人だって、私と同じような考えの人だっていると思うのです。 きっと、行動量が足りてないんですよ。 私は、そう思って、ちょっと頑張ってみますね。 私は幸せ者だから、私が死ぬと悲しむ人がいっぱいいるのですよ。 もっと、楽しく生きなきゃ、ね。 あなたもですよ。 こころが、やさしくなれる本を。 勇気がもらえる本を。 本は優しく、人生を助けてくれる存在です。 勇気と自由を教えてくれる本「自由への扉」高橋歩 著書.

次の

今すぐ死にたい子供が見るべき現実

早く死にたい

責任感が強くて何事も一人で背負いこんでしまう• 自己評価が低くて自分に対して自信が持てない• 周りの人間の評価を気にしすぎて感情を表に出さない• 何事にも熱心で負けず嫌いの頑張り屋さん• 寛容さがなく短気で怒りっぽい このような性格の人はストレスを溜め込みやすく、限界点を超えて爆発すると「もう疲れた」「早く死にたい」「生きている意味がない」といった負の感情を抱きやすいのです。 ストレス耐性の弱い人が該当し、客観的に自分を見つめ直すことができないのも特徴の一つかもしれません。 負けず嫌いだったり責任感が強かったりというのは決して悪いことではありませんが、一度崩れると修正がきかなくなって精神が崩壊していくこともあるので注意が必要です。 心の病にかかっている 人間であれば友人と喧嘩したり仕事で上手くいかなかったりと、楽しいことばかりではなく辛いことや悲しいことは誰にでも起こります。 心が健康的な状態であれば早く死にたいという気持ちや感情は絶対に出てきませんし、テンションが下がったりイライラしたりするだけかもしれません。 しかし、冗談ではなく本気で 「何もしたくない」「逃げたい」「早く死にたい」「楽になりたい」と考えているような人は、心の病にかかっている可能性が高いのです。 個人の症状によって異なりますが、どのような心の病があるのか幾つか挙げてみました。 うつ病 一日中に渡って気分が落ち込んでいたり意欲が湧かなかったりと様々な理由で脳の機能障害が起きている 強迫性障害 頭では理解していても何度も同じ確認を繰り返してしまって強迫観念から逃れられない病気 睡眠障害 代表的なのが不眠症で、朝早くに目が覚める早朝覚醒や寝付きが悪い入眠困難と複数の種類に分けられる パーソナリティー障害 大多数の人とは違った反応や行動で苦しみ、衝動をコントロールできない PTSD(心的外傷後ストレス障害) 強烈なショック体験がトラウマとなって時間が経過しても強い恐怖を感じる パニック障害 突然原因不明の吐き気や手足の震えなどの症状が引き起こされて日常生活に支障が出る病気 自律神経失調症 特に明確な理由がないのにも関わらず慢性的な疲労やイライラ感など不快な症状が出る 最初はストレスが溜まっているだけだったとしても、限界を超えると気持ちの上で消耗して上記のような病気に繋がります。 うつ病で自殺願望を抱くケースは決して少なくありませんし、早く死にたいという思いが強くならないうちに対処すべきです。 早く死にたい時はどう対処すべき? 早く死にたいと考えている時は正常な判断ができず、事件や犯罪を起こすケースも少なくありません。 自分を客観的に見つめ直すことができないような状態ですが、放置していると本当に取り返しのつかない事態が引き起こされるかもしれないので早めに対処する必要があります。 以下では、早く死にたい時にどう対処すれば良いのかまとめてみたので一度チェックしておきましょう。 とにかく疲れた身体を癒す 「早く死にたい=心身ともに疲れている」と考えられます。 そのため、まずは早く疲れた身体を癒して正常な判断ができるような状態にしなければならないのです。 「死にたい」と口に出していても本心だとは限りませんし、疲れた状態の過剰表現とも取れます。 何も考えないで深く深呼吸をしてみる• 精神と身体を落ち着ける瞑想に取り組んでみる• 目的を決めずにブラブラと散歩をしてみる• 自分がやりたいと思ったことを行動に起こす 誰かと一緒にいると深く考え過ぎてしまう可能性が高いので、上記のような方法でストレスを発散する時はできる限り一人の時が良いかもしれません。 早く死にたいと考えている人に限らず、人生が楽しいこといっぱいになってもそれ以上に負のストレスが多ければ少しずつ心は摩耗していきます。 苦しんでいる自分は嫌になって更にストレスが溜まるという悪循環に陥ることも多く、リフレッシュやリラックスを心掛けるのは悪循環を断ち切るのが目的です。 また、自分の心の中に溜まっている怒りや憤り、虚しさや悲しみなどを紙やノートに殴り書きするのも良いでしょう。 その気持ちを断ち切る意味で紙やノートを破り捨てるのも意外と効果的で、鬱憤は自分の心の中に溜め込まずに全部放出してあげるのが効果的です。 私はひとりカラオケでストレス発散させることが多いです。 普段はださない大きな声をだすとスッキリするのでおすすめです。 病院でカウンセリングを受ける 早く死にたいという気持ちでいっぱいになるのは異常な状態なので、自分一人の力で解決しようと奮起せずに専門医の助けを借りるのも選択肢の一つとなっています。 心療内科や精神科といった病院ではカウンセリングが行われており、うつ病や強迫性障害、パニック障害といった精神的な病気で悩んでいる方が日々治療を受けているのです。 うつ病では特に精神療法の認知行動療法が効果的だと考えられていて、医師との話し合いによって否定的な思考パターンをより柔軟な思考パターンへと変えていく努力をします。 あまりにも重症だとSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)といった抗うつ薬が処方され、専門医の指示に従って用法と用量を守って服用した方が良いでしょう。 抗うつ薬の服用によって神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンの分泌量を増やし、脳の活動を活発化させて症状の軽減を図っていきます。 あくまでも対処療法の一つなのでうつ病の完治に繋がるわけではありませんが、薬物療法にしても精神療法にしても心が乱れた状態を治療する第一歩なので一度カウンセリングを受けてみてください。 まとめ 以上のように、早く死にたいと考える人がどのような心理なのか何となくお分かり頂けたかもしれません。 「やる気がない」「逃げ出したい」という気持ちがエスカレートすると、自分の死に繋げようとする特徴があります。 そんな時はストレスを発散させて心身を癒し、「悩んでいるのは自分だけではない」と気楽な感情を持てるように努力してみましょう。

次の

早く死にたいです。

早く死にたい

ツイッターなどのSNSに書き込まれる「死にたい」 今は、スマホで誰でも簡単に繋がれるし、誰でも情報を発信できます。 特にツイッターは、フェイスブックのように実名でアカウント登録せず、匿名で使われる方が多いです。 リアルな人間関係が反映されない分、心の本音を吐露しやすいSNSと言えます。 死にたいとGoogleで検索した方は、 「」 検索結果画面の上の方にこのようにでできましたよね。 リンク先は、死にたいというハッシュタグがついたつぶやきがまとめられています。 SNSは、同じ心の弱ったもの同士、あるいは理解者のような形で、すぐに相手と繋がることができます。 メリットがある反面、リスクも伴います。 それが2017年に起こった座間市の事件だと思います。 SNSで見ず知らずの人と繋がっても、実際に会うのは本当に慎重になるべきです。 理解者を装った危険な人物かもしれません。 死にたくなるのはなぜ? 死にたいと思う原因は色々あるでしょう。 いじめ、うつ病、リストラ、借金、その他にも様々なことが複合的に絡まっているかもしれません。 生きていく上で、その問題を支えきれなくなってきたため、死にたくなるんですよね。 逆に背負っているものを、おろすことができれば死ぬ必要なんてありませんし、生きることにポジティブになれるでしょう。 だだ、それができない……。 街を歩けば、自分以外の人はわりと幸せそうに見える。 ちょっと辛いことがあっても、それをおぎなう幸せなことも日々の中にきちんとあって、生きる糧になっているんだろう。 なんで、自分にはそれが許されないのか? そんな一般的で平凡な日々を送る資格さえ、神様は私に与えてくれないの? 生きるのが辛い、もう死んだほうがマシ……。 そんな風に考えているかもしれません。 でも「本気で死にたいと考えている」のはあなただけではありません。 実際、どれくらいの人が本気で死にたいと思ったことがあるのか? 『自分以外の人は本気で死にたいと思ったことがあるのか?』という疑問にこたえる調査結果が、日本財団の大規模調査で明らかになりました。 出典: この図から、25. 4%の人が本気で死にたいと考えたことがあるという結果がわかります。 つまり 4人に1人が自殺を考えたことがあるということですね。 続いて、死にたいと思う理由についての調査結果です。 出典: このグラフから特徴的なのは、女性は「家庭問題」、男性は「勤労問題」「経済生活問題」が男女に明らかな差がでています。 逆に「健康問題」は男女差はほぼありません。 女性の社会進出がテレビでも話題になることが多いですが、やはり家庭のことをこなすのは女性ということなのでしょうか。 「働きにでていて、家庭のこともやらなければいけない」という状況が多大なストレスとなっているのかもしれません。 また年代別の推移も述べられていて、20代がいちばん多く15万人、次いで30代が12万人なっていました。 中高年より比較的若い世代に死にたいと考えた人が多いようです。 この世代は日本がバブル時で好景気だった時代を知りません。 逆にリーマンショックでの不景気・年金問題など、どちらかというと社会に対して、ネガティブなイメージを抱く人が多いようです。 死にたい時、最後にもう一度考えてほしいこと 先ほど述べたように『多くの人が死にたいと考えたことがある』ことがわかりました。 あなたがこの文章を読んでいる今この瞬間。 同じように「死にたい」という思いで、この文章を読んでいる人がたくさんいます。 あなたと同じように死にたいと自分の人生に希望を失った人たちです。 あなたはひとりじゃない、同じように苦しんでいる方の存在を知ってもらいたいです。 そのために次のようなものを集めました。 たくさんの人に寄稿してもらった 『死にたいと思った体験談』です。 もしかしたら、あなたと似た境遇の人がいるかもしれません。 先ほどのグラフからは見えない、実際の声に耳を傾けてみてください。 死にたいほど辛い想いを相談することができない方へ あなたは死にたいと思う悩みを誰かに打ち明けましたか?その悩みが深ければ深いほど、中々人に相談できませんよね。 きっと自分の気持ちをわかってもらえない• そもそも相談できる相手などいない このような声をよく聞きます。 少し考え方を変えて、相談相手を自分の知り合いから、自分のことをまったく知らない相手にしてみてはどうでしょうか。 「こころの健康相談統一ダイヤル」と「いのちの電話」をご紹介します。 電話であなたが抱えている悩みに、真摯に向き合ってくれます。 こころの健康相談統一ダイヤル 死にたいと悩む人のために、相談しやすい環境を整えることを目的に平成 20 年よりはじまった支援サービスです。 電話番号: 上記の電話番号にかけると、今あなたがいる所から一番近い公的な相談機関につながるようになっています。 注意が必要なのは、相談機関の場所によって運営時間と定休日が異なる点です。 一度下記のホームページよりご確認ください。 いのちの電話 こちらも死にたいと悩む人のための電話相談サービスです。 違いとしては、先ほどの「こころの健康相談統一ダイヤル」は国の政策の一貫で、「いのちの電話」は一般社団法人が運営しています。 「いのちの電話」は24時間対応している都道府県も多いので、時間を選ばないところがいいですね。 ただ問い合わせも多く、つながりにくいこともあるみたいです。 まずは、あなたのお住まいがある都道府県の電話番号を下記のホームページからご確認ください。 (スマホ対応していないので少し閲覧しにくいです…。 ) 死にたいと思った経験は人生に深みを与える 人生の豊かさは何にあると思いますか? 私はどれだけ大きな挫折を乗り越えたのかだと思います。 あなたの周りにもいるかもしれません、何をやってもうまくいき人生挫折知らずの人。 要領がいいんでしょう。 でも、そんな人が語る人生論を聞きたいと思いますか? 私は思いません。 その人の話に心が動くことはないでしょう。 それよりも「死にたい」と思うほどの絶望から這い上がった人の話を聞いてみたいです。 その振り幅が大きいほど、人生に深みを与えると思います。 あるフランス人の小説家が次のような言葉を残しています。 人生でもっとも輝かしい時は、いわゆる栄光の時なのでなく、落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来に成し遂げる展望がわき上がるのを感じたときなのだ。 The most glorious moments in your life are not the so-called days of success, but rather those days when out of dejection and despair you feel rise in you a challenge to life, and the promise of future accomplishment. それはあなたと同じように死にたいと悩む人たちです。 心を動かすことができるのは、同じように悩んだあなただけです。 死ぬまで生きる 私も過去に、死にたいほど辛い経験をしました。 「もうこの世から消えて楽になりたい」と毎日のように思っていました。 でも、今それを乗り越えて、あなたに向けてこのメッセージを書いています。 もう死のうと思うこともないでしょう。 私は生きる上で、たった一つだけ決めたことがあります。 死ぬまで生きる。 人が死ぬことは、生まれてきたときから決まっている運命です。 今、自ら命を絶つことをしなくても、死はやってきます。 明日、不慮の事故でそうなるかもしれないし、長生きして100歳で老衰かもしれません。 つまり、こういうことです。 人は死ぬことが決まっているけど、誰もそのエンディングを知らない。 だからこそ、人生は面白いのだと思います。 それなのに、自ら人生のピリオドを打つなんて、とても悲しいことです。 あなたにはきっとまだできることがあるはず。 今日より明日、1mmずつでも前に進めば、きっと一年後には大きく前進できます。 また負けそうなときは、私のことを思い出してください。 私もあなたと同じ時代を日本のどこかで懸命に生き抜いています。 ささやかなアドバイスしかできないかもしれませんが、何かあれば下のコメント欄に記入してもらってもかまいません。 死にたいと思ったその気持ちは、将来あなたにとってかけがえのない財産になります。 あなたはまだ変わることができる。 これが最後に私からあなたへ贈る言葉です。

次の