ドコモ シミュレーション。 「ギガホ・ギガライト」の料金シミュレーションでの注意点

ドコモ×料金シミュレーションのCMが不快で嫌い?歌声が不評な件

ドコモ シミュレーション

これを利用することで、 現行プランの契約状況と似た使い方を想定した場合に新料金プランで負担が高くなるか・安くなるか、とても簡単に料金計算が出来るようになります。 ドコモの料金シミュレーターは誰でも無料で使うことが出来ます(通信費などは別途掛かります)が、しっかりシミュレーターはドコモ契約者限定の機能です。 料金相談はドコモのお店でも出来ますが、しっかり料金シミュレーションを使えば1分と掛からず結果が出ますので、新料金プランが得なのか損なのか理解できていない利用者は、とりあえずやっておきましょう。 ドコモしっかり料金シミュレーションの使い方 ドコモの料金シミュレーションは旧プラン・新プラン(かんたん版)・新プラン(しっかり版)はそれぞれ以下のドコモ公式サイトで行えます。 参考: 1つのページに現行プラン用も新料金プラン用もあります。 しっかり料金しっかりシミュレーターを使う場合には、 画面内にある「しっかり料金シミュレーションをはじめる」を選びます。 しっかりシミュレーターは 現在のドコモ契約情報を参照して自動計算するため、dアカウントでのログインが求められます(dアカウントを持っていない利用者・ドコモ以外の契約者はおてがる料金シミュレーションを使います)。 ログインにはdアカウントのID(メールアドレス)とパスワードの入力が必要です。 ログインが完了すると、dアカウントに紐付いたドコモ回線の電話番号と、現在契約中の料金プランが表示されます。 シミュレーションしたい電話番号で間違いなければ、 「シミュレーションする」をクリックします。 数秒間ほど待つと、 すぐに現在の料金プランの代金と新プランに切り替えた場合の料金が表示されます。 画面を下にスクロールしていくと、現行の契約プラン内容と新料金プランの内訳を見ることも出来ます。 ドコモの新料金プランのシミュレーションは、これで終わりです。 しっかりシミュレーターでは自動で契約状況を判断してくれますので、入力の手間を省略できます。 ただし、このシミュレーターでは ・実際の通話時間は見ていない(現在契約している音声プランを基準にしている) ・ 機種代金、機種値引きが考慮されていない ・スマホデビュー用の「」の適用条件が一部抜けている ・契約直後の場合は正確は判定が出来ない(スマホの場合は1GB未満で試算される) といった、実際に2019年6月以降に新料金プランに切り替えた場合の請求額とは一致しません。 あくまで「目安」の概算である点に注意してください。 特に、新料金プランでは適用されなくなる現行の端末購入補助(月々サポート・端末購入サポート)・docomo with割引などが継続できなくなるため、しっかりシミュレーションの計算結果画面で表示される 「現在の料金プラン」と「ギガホ・ギガライトの料金目安」において、新料金プランのほうが安い数字になっていたとしても、旧プランのまま維持したほうが有利なこともありえます。 関連記事: もっと細かく利用状況を想定して新料金プランのシミュレーションをしたい場合には一番したの戻るボタンか、もう一度ドコモHPのトップに移動して、再度「かんたんシミュレーション」に進み、利用パケット量や家族の人数を調整して計算することも出来ます。 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 人気の記事• カテゴリー• 192• 164• 132• 132• 1,053• 318• 260• 117• 2 最近の投稿• 2020年6月28日• 2020年6月27日• 2020年6月27日 最近のコメント• に シロテン(管理人) より• に club30 より• に シロテン(管理人) より• に ちゅん より• に シロテン(管理人) より アーカイブ•

次の

ドコモ料金シミュレーション違う謎確認方法、安く変更する為には

ドコモ シミュレーション

トップ画像引用元: ドコモスマホの新料金プランをカンタンに確認 画像引用元: 具体的な比較に入る前に、現在の料金プランと割引について簡単に見ていきましょう。 スマホを使う場合、ドコモの料金プランはシンプルな2択となりました。 料金プランと割引の組み合わせをまず解説していきます。 現在のドコモの料金プランと割引 現在のです。 そして、条件を満たせば下記の割引サービスを利用できます。 みんなドコモ割 家族のドコモ回線数に応じて月額料金を最大1,000円割引 ドコモ光セット割 ドコモ光とドコモの携帯電話をセットで契約することで、月額料金を最大1,000円割引 はじめてスマホ割 ガラケーからスマホへ変更する方を対象に、月額料金を1,000円割引 キャンペーンなどを含めればもっとありますが、基本的な割引は上記の3つです。 特に、やドコモ光セット割は 条件を満たせば家族全員に恩恵があるため、使い方次第では非常に効果の高い割引です。 端末の機種代金の割引について スマホの機種代金を割引してくれるサービスは下記のとおりです。 下取りプログラム これまで使用していた端末をドコモに下取りしてもらうことで、端末の機種代金を割引してくれるサービスです。 はじめてスマホ購入サポート ガラケーからスマホへ変更する方を対象に、スマホの機種代金を割引してくれるサービスです。 上記の割引を適用するためには条件をクリアする必要がありますが、比較的簡単に条件を満たせるのは「」です。 よって、端末を購入する際にはとりあえずこのプログラムを適用し、あとの2つは適用できるときに利用する、というのが機種代金の割引の使い方になります。 新料金プランの解約金 携帯電話で有名な「2年縛り」ですが、これは10,450円という高額な解約金があってこその縛りでした。 しかし、2019年10月1日から始まった新料金プランでは、 解約金はたったの1,100円に変更されたのです。 よって、解約金は残っているものの、ほぼ自由に解約できると言っていいでしょう。 このように、2019年10月1日からドコモでは「2年縛り」は無くなったと言って良い状態になっています。 これも新料金プランの大きなメリットの1つですね。 旧プランの解約金:10,450円• 新料金プランの解約金:1,100円 新料金プランで注意すべきこと ひとつ注意したいのが、新料金プランの解約金(1,100円)が適用されるのは、「2019年10月1日以降に提供を開始したギガライト」限定であることです。 したがって、 2019年9月30日以前にギガライトを契約した方の解約金は、これまで通りの金額となります。 自分がどちらに該当するのかよく分からない方は、今のうちに確認しておきましょう。 新料金プランへの変更には要注意! 基本的に、旧料金プランに比べると、新料金プランにはメリットしかありません。 ただし、ここで重大な注意点があります。 それは、たとえ新料金プランに移行したとしても、次回の更新月まで旧プランの解約金が保留されるということです。 新プランに変更しても、次回の契約更新月が来るまでは旧プランの高額な解約金のまま• 更新月が来る前に新プランに変更しないと、またその次の更新月まで旧プランの解約金になる よって、「すぐにドコモを解約したいから、旧ギガライトから新ギガライトへ移行して、解約金1,000円で解約しよう」といったことはできません。 解約金を抑えて解約したいのであれば、次の更新月を待つ必要があります。 そうなると、「じゃああわてて新料金プランに移行する必要はないな…」と考えてしまいますが、これもまた気を付けてください。 なぜなら、旧料金プランのまま契約期間が終了して自動更新を迎えた場合、 解約金はまた次回の更新月まで旧プランの金額のままだからです。 自動更新後にあわてて新料金プランに移行しても、また2年間は解約金が高いまま変わりません。 ですから、新料金プランへの変更は、最低でも次回の更新月の前までに済ませておきましょう。 ギガライト• ギガホ• データプラス• ケータイプラン• キッズケータイプラン それぞれ解説していきますね。 使用したデータと料金の詳細は下の表の通りです。 ただし、通話が多い方向けに音声オプションも用意されています。 オプション オプション 料金 内容 なし 0円 家族間国内通話:無料 上記以外の国内通話:30秒につき20円 5分通話無料 オプション 700円 1回5分以内の国内通話:無料 1回5分以上の家族間国内通話:無料 1回5分以上の家族以外への国内通話:30秒につき20円 かけ放題 オプション 1,700円 国内通話無料 このオプション料金も旧プランと同額です。 ちなみに、ドコモの通信制限時の通信速度は128kbps。 これではウェブサイトの閲覧すら満足にできません。 しかし、1Mbpsの速度があれば、 サイト閲覧のほか、YouTube標準画質程度の動画も視聴できます。 もちろん「最大」1Mbpsですから、常に動画が快適に見られるわけではありません。 環境によっては、低速になってしまうこともあるでしょう。 しかし、それでもサイト閲覧やSNSアプリなどの通信は、特に問題なく利用できるはずです。 ギガホだけが使えるギガホ割 画像引用元: ギガホを契約している方は、が利用できます。 音声通信が利用できないため、タブレットやWi-Fiルーター向けのプランとなります。 プラン名 月に使えるデータ量 月額料金 データプラス ギガライト・ギガホとシェア 1,000円 データ容量はギガホ・ギガライトから流用! データプラスは、ギガホやギガライトを契約していないと利用することができません。 なぜなら、 同名義で契約しているギガホ・ギガライトとデータ容量をシェアする必要があるためです。 データプラス単体では、 月に使えるデータ量はゼロとなります。 スマホとタブレットを1台ずつ契約した場合 画像引用元: 左側の「通常」では、スマホとタブレットそれぞれでギガホ・ギガライトを契約しています。 月額料金は約10,000円。 かなり高いですよね。 一方、右側の「データプラス」では、スマホの契約はギガホのままで、タブレットの契約のみデータプラスに変更しています。 その結果、月額料金は約6,000円に。 4,000円の差は大きいですよね。 このように、データプラスをうまく活用すれば、データを大量に使いながらも、タブレットなどの月額料金を大幅に抑えることができるのです。 データプラスの解約金 2019年10月1日の変更により、データプラスは2年定期契約がなくなり、 解約金はなくなりました。 ただし、2019年9月30日以前に契約している場合は、これまで通り10,450円の解約金がかかります。 プラン変更時に注意してください。 料金は旧プランと変わりませんが、データプラスと同じく 2年定期契約と解約金がなくなりました。 プラン名 月に使えるデータ量 月額料金 ケータイプラン 100MB 1,200円 月に使えるデータ量が少なく、音声通話が多い方向けのプランといえます。 音声オプションの料金や無料通話の内容は、ギガライトやギガホと同様です。 プラン名 月に使えるデータ量 月額料金 キッズケータイプラン データ通信利用不可 500円 キッズケータイプランの対象と条件 キッズケータイプランの対象機種は以下のとおりです。 契約する新料金プランと割引:ギガライト 1GB未満 、スマホおかえしプログラム• 契約する旧料金プランと割引:ベーシックパック 1GB未満 、スマホおかえしプログラム• 通話プランなど:最安のプランを採用• 購入する端末:iPhone 11 64GB• 端末支払い回数:24回払い 両者ともに契約するのは最安プランです。 では、両者の月額料金を見ていきましょう。 月額で約1,200円、年額で14,000円ほど新プランの方が安くなりました。 つまり、ドコモでiPhone 11を使う場合、最安で済ませたいなら新料金プランを選んだ方が良いという結果になりました。 一人用のプラン比較(大容量プラン) 次は、大容量プランの比較です。 契約内容は下記のとおりです。 契約する新料金プランと割引:ギガホ、ギガホ割、スマホおかえしプログラム• 契約する旧料金プランと割引:ウルトラデータLLパック、ずっとドコモ割 プラチナステージ 、スマホおかえしプログラム• 通話プランなど:最安のプランを採用• 購入する端末:iPhone 11 64GB• 端末支払い回数:24回払い 両プランとも、月に使えるデータ量が30GBもある大容量プランになります。 また、適用できる割引サービスも豊富ですね。 では、両者を比較していきましょう。 機種変更の場合、プランはそのままでいいと思う方もいるかと思いますが、お得になる可能性があるので、プランの見直しをおすすめします。 家族用のプラン比較(最安プラン) 次は、家族4人でドコモと契約した場合の比較です。 契約内容は下記のとおりです。 家族4人で契約• 契約する新料金プランと割引:ギガライト(1GB未満)、みんなドコモ割、スマホおかえしプログラム• 契約する旧料金プランと割引:ベーシックシェアパック(4人で5GB)、ずっとドコモ割プラス プラチナステージ 、スマホおかえしプログラム• 通話プランなど:最安のプランを採用• 購入する端末:iPhone 11(64GB)• 端末支払い回数:24回払い では、両者の料金を比較してみましょう。 新料金プランの方が、月額で約3,000円、年額で約40,000円ほど安いという結果になりました。 ベーシックシェアパックの旧料金プランの方が使えるデータ通信量が1GB分だけ多いことも起因しているかもしれません。 家族用のプラン比較(大容量プラン) では、最後に家族4人で大容量プランを利用した場合を比較していきましょう。 家族4人で契約• 契約する新料金プランと割引:ギガホ、ギガホ割、みんなドコモ割、スマホおかえしプログラム• 契約する旧料金プランと割引:ウルトラシェアパック100、ずっとドコモ割 プラチナステージ 、スマホおかえしプログラム• 通話プランなど:最安のプランを採用• 購入する端末:iPhone 11 64GB• 端末支払い回数:24回払い では、両者の料金を比較していきます。 使えるデータ容量も新料金プランの方が多いので、機種変更時には新料金プランに変更しましょう。 2020年2月開始のドコモ新割引サービスとは? ここからは、2020年2月に提供をスタートした割引サービスについて解説します。 1万円以上お得になるものや、対象範囲が広いキャンペーンもあるので、ぜひ確認しましょう。 どちらもドコモオンラインショップ限定のキャンペーンです。 iPhone 11• iPhone XR• AQUOS sence3• Xperia 5• 街中のドコモショップではキャンペーンが適用されないので、この機会にドコモオンラインショップでの機種変更を試してみましょう。 変更前のドコモの旧料金プランと割引はどうだった? ドコモの旧プランは、「一人用」と「家族用」に分けられていました。 まずは一人用の料金プランです。 新料金プランと最も異なるのは家族用プランで、上表の使用できるデータ量を家族でシェアする形となります。 基本的に一人用の料金プランよりはお得であるため、「 ドコモは家族に強い」と言われるようになりました。 旧プランでは通話プランでも料金が発生 現在のギガホ・ギガライトは通話プランが込みの料金です。 しかし、旧プランでは、上述したプラン以外にも下表の料金がかかりました。 プラン名 月額料金 内容 シンプルプラン 980円 家族間国内通話:無料 上記以外の国内通話:30秒につき20円 カケホーダイ ライトプラン 1,700円 1回5分以内の国内通話:無料 1回5分以上の家族間国内通話:無料 1回5分以上の家族以外への国内通話:30秒につき20円 カケホーダイ プラン 2,700円 国内通話無料 最も安いシンプルプランでも、980円が月額料金に加算されます。 この料金の加算があるため、 旧プランは新料金プランよりも料金は高めです。 従来の割引サービスについて 従来のドコモには数多くの割引サービスが存在しましたが、本記事では下記の2つをピックアップしました。 月々サポート:24カ月間、通信料金を大きく割引するサービス• 端末購入サポート:機種代金を大幅に割引するサービス これまで見てきたとおり、料金プランだけを比較すると 新料金プランの方が安くなります。 しかし、上記の2つの割引額は非常に高く、これを考慮したトータルの料金額にも大きな影響を及ぼすでしょう。 本記事ではそこをしっかりと数字で比較し、新料金プランがどれだけ安くなったかを明らかにしていこうというわけですね。 なお、上記の2つの割引は基本的に併用できません。 端末購入サポートが適用できるスマホはかなり限られており、その分 割引額は非常に高額です。 逆に月々サポートは多くの端末に適用できる反面、割引額は端末購入サポートよりは少ないといった傾向がありました。 本記事の比較では、割引効果が高い端末購入サポートの方を採用して新料金プランと比較していきます。 スマホの料金プランはギガライト・ギガホの2種類のみとシンプル• プラン料金に適用できる割引も豊富• スマホの機種代金はスマホおかえしプログラムが条件も簡単でおすすめ• 2019年10月1日からは解約金がたった1,100円に• 機種代金の割引は旧プランの方が良かった 大きな変更点は解約金が格段に安くなったことと、料金プランがシンプルになったということでしょう。 注意すべき点は「月々サポート・端末購入サポート・docomo with」の割引がなくなったため、機種代金のユーザー負担が大きくなったことです。 スマホおかえしプログラムやなどを使ってその分の負担を軽くすることが現状一番お得にドコモを使う方法かもしれません。

次の

ドコモの「しっかり料金シミュレーション」が便利

ドコモ シミュレーション

スポンサーリンク ドコモ料金シミュレーション違う謎確認方法 ドコモの利用料金を見直したい時に便利なのがドコモホームページにある料金シミュレーションです。 ですがこの料金シミュレーションを利用しても実際の料金と異なることもあると思います。 その主な理由はオプション・シミュレーションの入力内容の2つです。 料金プランの内容と実際の金額が異なる場合、オプションの内容が異なることが考えられます。 このシミュレーションではspモードやiモードの料金しか計算されていません。 必要なオプションをつけている場合にはその料金をシミュレーション結果の金額に加算して比較してみてください。 それでも合わない場合には、余計なオプションがついていないか確認してみましょう。 確認方法やオプション解約方法は次の章にてご紹介します。 次に確認していただきたいのがシミュレーションの入力内容です。 このシミュレーションの入力時にまずわかりづらいのが『ずっとドコモ割』の部分です。 ずっとドコモ割はフリーコースかずっとドコモ割コースかの選択や、利用料金への割引かポイント還元なのかの選択があります。 またパケットパックの選択肢でdポイントクラブのステージの選択を忘れずに行いましょう。 現状のずっとドコモ割の設定が何になっているのかを把握していない方は、初期状態のずっとドコモ割コースで料金への割引の設定になっていることが多いです。 何も手を加えていない状態がそれだからです。 dポイントクラブのステージなど、実際の状態はMy docomoのサイトから『契約内容の確認・変更』から確認できます。 料金が合わない場合には確認してみましょう。 また機種変更ありでシミュレーションをしている場合には、下取りの状態で内容が変わる場合があります。 このシミュレーションで下取りを有りにすると、端末の分割代金から下取り額を割り引いて計算されています。 ですが機種変更をドコモオンラインショップで行うと、下取りはポイントで還元されます。 端末代金からは割引されません。 その違いによってシミュレーションと実際の料金に差が出ます。 スポンサーリンク ドコモの料金を安く変更する為には ドコモの利用料金を安くする為にはまず余計なオプションがついている場合には解約しましょう。 料金シミュレーションの結果画面からMy docomoへアクセスできます。 ここから『契約内容の確認・変更』の項目から何のオプションがついているのか確認ができ、不要な場合にはそのまま解約の処理ができます。 オプションによっては月ごとの1ヶ月分に料金が発生しますが、タイプによっては日割り計算でやめることができます。 日割り計算ならなるべく早く手続きを行っておいた方がいいですし、月ごとの料金なら月末付近まで利用してから解約した方がお得感がありますよね。 解約画面に日割り計算されるかどうかが表示されますので確認してから解約するかどうか決めてもいいかもしれませんね。 次にずっとドコモ割の件ですが、利用料金への割引よりもポイント還元の方が少しお得です。 ですが期間・用途限定ポイントな為利用料金への割引にはあてられません。 他の用途で利用するしかありません。 どちらがいいかはお好みだと思います。 最後に下取りプログラムの部分ですが、料金シミュレーション同様に端末代金から割引を受ける為にはドコモショップ等の店頭で購入する必要があります。 ですが頭金や手数料を考えるとドコモオンラインショップで購入した方が安いことが多いです。 店頭の端末金額がオープン価格であるため一概には言い切れませんが・・・ ドコモオンラインショップで下取りに出すと、後日dポイントにて還元されますがこれは基本料金等への割引として利用ができるポイントです。 その為ポイントでもらっても月の負担を安くすることもできますから、そこも含めて検討してみていただくといいと思います。 最後に ドコモ料金シミュレーションを利用する場合には、実際の料金と違うことはよくあります。 ですがそれは間違いではなく、実際と異なっている部分があるだけです。 謎の部分をしっかり確認してみてください。

次の