育休 中 給与。 育児休業(休暇)中の給料はどうなる? [結婚のお金] All About

育児休暇・休業中の給料・ボーナスは出ない?育休中にもらえるお金はいつ・どこから?

育休 中 給与

育児休業中の住民税は免除される? まず初めに、住民税の仕組みについて確認しておきましょう。 住民税は、 前年の1月1日~12月31日までの収入に対して計算され、その分を その年の6月~翌年5月までに支払う仕組みになっています。 (特別徴収、給与天引きの場合) つまり、現在、支払っている住民税は前年の収入に対して発生しているものなので、 育児休業を取得して会社から給与が支払われない期間中も住民税を支払う必要があります。 と言っても、 「そもそも給与がないから、天引きできないじゃん!」となりますよね? そこで育児休業中の住民税の支払いはどのようになるのか?確認していきましょう。 育児休業中の住民税の支払方法 住民税の支払方法には、毎月の給与や年金から天引きされる 「特別徴収」と納付書や口座振替による 「普通徴収」があります。 平成29年度から住民税の 特別徴収が徹底されていますので、通常だと会社は社員の毎月の給与から住民税を天引きし、市区町村へ納めることになっています。 しかし、育児休業中に給与がない場合は、社員の住民税を給与から天引きすることができません。 この場合は前年の収入に対しての住民税を、その年の 6月・8月・10月・翌年1月の 4回に分けて支払うことになっています。 ) 育児休業期間中は「普通徴収」に切替えてもらい、住民税を自分自身で支払うということですね。 ただし、1月1日~4月30日の間に育児休業を取得する場合は、基本的に「一括徴収」することになっています。 育児休業中に住民税が払えない場合は? 育児休業中に住民税の支払いが困難な場合は、支払いを後回しにできる 「猶予」制度を利用できる場合があります。 この猶予制度は、育児休業期間中に支払うことになっている住民税に対し、育児休業明け(職場復帰後)まで支払を待ってもらえる制度です。 6%で計算されますが、猶予期間中の延滞金は、 2分の1免除もしくは 全額免除されることになっています。 (免除額は市区町村ごとに決められています。 ) 育児休業中の住民税の猶予制度は、市区町村ごとに設けられている制度なので、お住まいの市区町村窓口で確認するようにしてください。

次の

育児休業(休暇)中の給料はどうなる? [結婚のお金] All About

育休 中 給与

法律的に勤務先の企業は、産休中の給与の支払い義務を負いません。 そのため、産休中は基本的に無給と定めている会社が多いようです。 産休中に給与やボーナスが支給されるかどうかは、企業によって異なります。 一部の会社では、産休中に一部給与やボーナスを支給する場合があります。 一定の出勤率を下回った場合はボーナスを支給しないという制度の企業もあるようです。 ボーナス額を決定する査定期間に、産休を含むかどうかも企業によって異なります。 勤務先の就業規則や制度を確認しておきましょう。 たとえば、東京都の公務員においては、産休は無給となっています。 また、看護師においても産休は無休となることが多いようです。 勤め先によって産休のときの給与やボーナスの支給について異なるものの、全体的に見ると給与が支払われず、ボーナスの支給額も下がることが多いといえるでしょう。 ・標準報酬月額 まずは、標準報酬月額を調べます。 標準報酬月額とは、毎年一回7月に、4月、5月、6月の3ヶ月間に勤務先から支払われた給与の平均額を「標準報酬月額表」の等級区分にあてはめて決定されるものです。 給与が21万~23万円の場合は、標準報酬月額が22万円となります。 23万~25万円の場合は24万円になります。 実際の給与よりも5,000~10,000円程度上下することがあると覚えておきましょう。 ・出産手当金の計算方法 1日あたりの出産手当金額は、支給を開始する日から12ヶ月前までの各月の標準報酬月額の平均値を30日で割った額の3分の2となります。 支給開始日以前の勤続年数が1年未満の場合には、各月の標準報酬月額の平均額と、28万円のうち少ないほうを元に計算します。 出産育児一時金は、「直接支払制度」を利用することが一般的です。 直接支払制度は、医療機関が「被保険者の代わりに出産育児一時金を申請し、直接受け取るための代理契約の締結」をする制度です。 医療機関と代理契約を交わすのみで、自ら健康保険組合に申請する必要はありません。 出産育児一時金は医療機関に対して支払われ、被保険者は実際の出産費用との差額を医療機関に支払うことになります。 小規模な医療機関では、直接支払制度ではなく「受取代理制度」が利用されることもあります。 受取代理制度を利用する場合は、医師による証明を受けた申請書を作成し、出産予定日の2ヶ月前以降に健康保険組合に事前申請を行います。 その後病院が健康保険組合に出産育児一時金を請求し、受給します。 直接支払制度と同様に、被保険者は出産育児一時金と実際の出産費用の差額を医療機関に支払うことになります。 どちらの制度も利用しない場合には、出産費用を退院時に支払った後で、自ら健康保険組合に支給申請を行います。 直接支払制度の代理契約を締結していないことを証明する書類と、出産費用の領収書・明細書のコピー、医師・助産師あるいは市区町村長から出産の証明を受けた健康保険出産育児一時金支給申請書を健康保険組合に提出します。 パートや派遣社員であっても、勤務先の健康保険に被保険者として加入していれば、基本的に出産育児一時金や出産手当金を受け取ることができます。 注意したいのが、国民健康保険に加入している場合や、夫や家族の健康保険の被扶養者であるケースです。 出産育児一時金は、国民健康保険に加入していても、家族の健康保険の被扶養者であっても受け取ることができます。 しかし、出産手当金はこれまでもらっていた収入を基礎として支払われる手当なので、勤務先の健康保険に被保険者として加入している場合が支払い対象となります。 国民健康保険に加入している場合や、夫や家族の健康保険の被扶養者である場合には、残念ながら出産手当金は支払われません。 パートやアルバイト、派遣社員といった雇用形態の人は、産休に入る前に自分がどの健康保険に加入しているか確認しておきましょう。

次の

産前産後休業および育児休業中に給与を一部支給する場合、給付金との合計を最大にするには、いくらに設定すればよいですか?

育休 中 給与

育休中のお金事情を調べておくと、安心して育児に専念できる 育児休業とは、育児休業法の法律で認められたもので、原則として子が1歳に達するまでの間は労働者が取得できるものです。 パート、派遣、契約社員などの期間雇用者でも育児休業を取得できる場合があります。 1年以上同じ会社で働いており、子どもが1歳に達する日を超えて引き続き雇用される見込みがあれば、育児休業を取得できます。 また、男女を問わずに取得できます。 また、保育所に入所できないなどの特別な事情がある場合は、子が1歳6カ月になるまで育児休業が取得できると法律で定められています。 独自に、さらに育休を取れる制度を設けている会社もあり、中には、3歳まで育休が取得できるところもあります。 育児休業中の給料は? 記事「」 でご紹介しましたが、産前(予定日より6週間。 多胎妊娠の場合は14週間)、産後(分娩日の翌日より8週間)の休業である産休の時は、ほとんどの会社で給料は支給されませんでした。 育休中もほとんどの会社では、給料が支払われることはありません。 社会保険料の負担なし 産前産後休業の間は、健康保険と厚生年金保険料の負担もありませんでした。 育児休業中も引き続き、これらの社会保険料を支払わなくてもいいことになります。 社会保険料の負担はけっこう重いもの。 これがなければ、安心して育休がとれますね。 もちろん、健康保険も厚生年金も被保険者のままです。 保険証も使えますし、厚生年金にも加入している期間となります。 住民税は支払うことに 給料がゼロの場合は、所得税の源泉徴収はありませんが、住民税は支払わなくてはいけません。 住民税は前年の所得に対してかかってきますので、今年の収入には関係なく支払う必要があります。 注意しておきましょう。 雇用保険から育児休業給付金 産休中には健康保険から「出産手当金」が支給されていました。 育児休業中は、雇用保険から「育児休業給付金」が支給されます。 平成22年4月より育児休業給付金に一本化 育児休業中に支給される育児休業給付金ですが、平成22年4月に育児休業給付制度が改正されました。 平成22年3月以前は、「育児休業基本給付金」と「育児休業者職場復帰給付金」とわけて支給されていました。 職場復帰給付金は、職場復帰後6カ月がたった時点で支給されていたもの。 この職場復帰給付金が廃止され、従来の育児休業基本給付金と統合されたのです(総支給額は変わりません。 職場復帰後半年待たずに、給付金が一度に受け取れるということです)。 平成22年4月1日以降に育児休業を開始した人は、改正された育児休業給付金が支給されます。 給付金が受給できるのはこんな人 給付金が受給できるのは、育児休業を取得する人で、雇用保険の一般被保険者、また休業開始前の2年間に賃金支払基礎日数11日以上ある月(過去に基本手当の受給資格決定を受けたことがある方については、その後のものに限ります)が12カ月以上ある人です。 ただし、育休中に休業前の8割以上の給料が支払われている場合は、支給されません。 また、男女を問わずに支給されます。 給付金の支給期間は【原則として】子どもが1歳まで 支給される期間はいつまでかというと、原則として子どもが1歳になるまでです。 ただし、「パパ・ママ育休プラス制度」(父母ともに育児休業を取得する場合の育児休業期間を延長できる制度)を利用した場合は、1歳2カ月まで延長されます。 また、希望しているのに保育所に入所できないなど特別な事情がある場合は1歳6カ月まで支給されます。 ちなみに産前産後休業の期間は、この育児休業給付金は支給されません。 健康保険から出産手当金が支給されます。 支給額は賃金の67%(180日目まで) 育児休業給付金の支給額がいくらかも見ておきましょう。 平成26年4月1日以降に開始する育児休業からは、• このように、男女問わずに受給できる育児休業給付金。 休業前の半分ではありますが、少しは安心して育児に専念できるのではないでしょうか? 社会保険料の負担がないことも、忘れてはいけません。 出産前後はお金の出入りが多くなる時ですが、入ってくるお金をチェックして収支シミュレーションをしてみるといいですね。

次の