ハガレン 作者。 鋼の錬金術師とかいうおっさんどもがやたらとかっこいい作品:MAG速

実は作者のエゴだらけ!?「鋼の錬金術師」にまつわる都市伝説

ハガレン 作者

はいどーもこんにちわ。 ぼくです。 今回は『()』の作者である『』先生の作品の紹介になります。 こちらの記事にもありますが、ぼくは荒川先生の作品が大好きです。 荒川先生のスゴイところは、『』のようなファンタも書けるし、現実世界のリアルな作品も書けるというところです。 つい先日、オタ友のMと漫画の話をしていたところ、ちょうどの話になりました。 そこで驚愕の事実が・・・ 普段萌え系や美少女が登場するアニメやマンガしか読まないMは 『』以外の荒川作品を知らなかったのです。 「の作者ってしか売れてないやろ?」 というMの発言に、温厚なぼくもこれはさすが 殺意が湧きましたね。 Mと話した後、その他の友人にも『荒川先生の漫画』について聞いたところ・・・以外を知ってたり知らなかったりとバラバラな感じでした。 こんなにも面白い先生の作品を知らないとは・・・ 人生8割損してますよ!!! ということで今回の記事を書くことにしました。 それでは続きをどうぞ!• 言わずと知れた超有名作品。 幼い二人の兄弟が死んだ母を生き返らせようとしてを使い、その失敗により体を失ってしまう。 その体を取り戻すため幻の術法『賢者の石』を探す旅に出るっていう話。 ダークファンタという設定らしいけど、そんなダークな感じはしない。 ただ、 話にいくつもの伏線が張られていて、読んでてめっちゃ面白いです。 途中世界崩壊みたいなヤヴァイ状態になるんですけど、最後の最後は超はっっぴーエンドなのでかなりおすすめ。 原作が『』の先生というすでに面白い予感しかしない作品。 大陸の中心で繁栄を極めた国家である『パルス王国』の若き、弱冠14歳の『』の初陣は、侵略してきたルシタニア軍と戦争だった。 無敗を誇るパルス軍は、戦の途中で発生した『謎の霧』や『仲間の裏切り』により敗北、その後王都までも陥落させられてしまう。 奇跡的に生き延びたは何とか仲間を集め、たった6人の仲間達と共に王都奪還を目指すっていう話。 原作があるにもかかわらず荒川先生の良さが失われていない。 むしろ原作の良さを更に高めているような気がする。 とりあえず読んでみろください。 絶対面白いから。 荒川先生のご実家の酪農などのお話。 と似ているけど、荒川先生のご実家で起こった実体験などが書かれています。 実家の牧場で作る話とか凄い。 さすが北海道。 北海道という土地柄や農家、酪農の実態などが面白おかしく書かれているのですが、その事がかなりリアルに描いてあるので実際にためになる話だったり勉強になる内容だったりします。 っぽい話の王道バトル漫画。 『タイトウ』っていう名前の青年が祝いに『賢嘉爛舞』って言う剣をもらう。 が、そっこーで剣を奪われて取り返しに行く話。 荒川先生が作画しているけど、原作は別人。 『黄金周』っていう直訳して『』っていう長期休暇みたいな名前の人が原作。 感じ今回紹介してる中で唯一荒川先生らしさが感じられない作品。 面白くなくはないけど『普通』。 ちなみに荒川先生はストーリーに全くかかわってないらしいです。 原作って大事なんだなーって思った作品。 終わりに 今回は『』で有名な荒川先生の作品を紹介しました。 どれもこれも素晴らしい作品ですよね! 一部感想がテキトーなのは気にしないで下さい。 ディスってるわけじゃないよ! 前々からずっと思ってたんですけど、荒川先生はファンタというか中世というか・・・そういう世界観の漫画を描かせると天才的に面白い気がするのはぼくだけですか? 何かそういう感じがします。

次の

荒川弘

ハガレン 作者

はいどーもこんにちわ。 ぼくです。 今回は『()』の作者である『』先生の作品の紹介になります。 こちらの記事にもありますが、ぼくは荒川先生の作品が大好きです。 荒川先生のスゴイところは、『』のようなファンタも書けるし、現実世界のリアルな作品も書けるというところです。 つい先日、オタ友のMと漫画の話をしていたところ、ちょうどの話になりました。 そこで驚愕の事実が・・・ 普段萌え系や美少女が登場するアニメやマンガしか読まないMは 『』以外の荒川作品を知らなかったのです。 「の作者ってしか売れてないやろ?」 というMの発言に、温厚なぼくもこれはさすが 殺意が湧きましたね。 Mと話した後、その他の友人にも『荒川先生の漫画』について聞いたところ・・・以外を知ってたり知らなかったりとバラバラな感じでした。 こんなにも面白い先生の作品を知らないとは・・・ 人生8割損してますよ!!! ということで今回の記事を書くことにしました。 それでは続きをどうぞ!• 言わずと知れた超有名作品。 幼い二人の兄弟が死んだ母を生き返らせようとしてを使い、その失敗により体を失ってしまう。 その体を取り戻すため幻の術法『賢者の石』を探す旅に出るっていう話。 ダークファンタという設定らしいけど、そんなダークな感じはしない。 ただ、 話にいくつもの伏線が張られていて、読んでてめっちゃ面白いです。 途中世界崩壊みたいなヤヴァイ状態になるんですけど、最後の最後は超はっっぴーエンドなのでかなりおすすめ。 原作が『』の先生というすでに面白い予感しかしない作品。 大陸の中心で繁栄を極めた国家である『パルス王国』の若き、弱冠14歳の『』の初陣は、侵略してきたルシタニア軍と戦争だった。 無敗を誇るパルス軍は、戦の途中で発生した『謎の霧』や『仲間の裏切り』により敗北、その後王都までも陥落させられてしまう。 奇跡的に生き延びたは何とか仲間を集め、たった6人の仲間達と共に王都奪還を目指すっていう話。 原作があるにもかかわらず荒川先生の良さが失われていない。 むしろ原作の良さを更に高めているような気がする。 とりあえず読んでみろください。 絶対面白いから。 荒川先生のご実家の酪農などのお話。 と似ているけど、荒川先生のご実家で起こった実体験などが書かれています。 実家の牧場で作る話とか凄い。 さすが北海道。 北海道という土地柄や農家、酪農の実態などが面白おかしく書かれているのですが、その事がかなりリアルに描いてあるので実際にためになる話だったり勉強になる内容だったりします。 っぽい話の王道バトル漫画。 『タイトウ』っていう名前の青年が祝いに『賢嘉爛舞』って言う剣をもらう。 が、そっこーで剣を奪われて取り返しに行く話。 荒川先生が作画しているけど、原作は別人。 『黄金周』っていう直訳して『』っていう長期休暇みたいな名前の人が原作。 感じ今回紹介してる中で唯一荒川先生らしさが感じられない作品。 面白くなくはないけど『普通』。 ちなみに荒川先生はストーリーに全くかかわってないらしいです。 原作って大事なんだなーって思った作品。 終わりに 今回は『』で有名な荒川先生の作品を紹介しました。 どれもこれも素晴らしい作品ですよね! 一部感想がテキトーなのは気にしないで下さい。 ディスってるわけじゃないよ! 前々からずっと思ってたんですけど、荒川先生はファンタというか中世というか・・・そういう世界観の漫画を描かせると天才的に面白い気がするのはぼくだけですか? 何かそういう感じがします。

次の

ハガレンの作者・荒川 弘先生の漫画まとめ。アルスラーン,銀の匙などを紹介

ハガレン 作者

キャリコネニュース 週刊少年ジャンプの人気漫画『鬼滅の刃』(作:吾峠呼世晴)が5月18日に惜しまれながら最終回を迎えた。 ところが、作者の吾峠氏が女性であることがネット記事で明かされると、波紋を広げることになった。 同作は、大正時代の日本を舞台に、身体破壊や人喰いなど残虐を極める「鬼」との戦いなど、少年誌ながらハードな描写もある。 作者が男性だと思い込んでいた読者も多かったらしく、一部からは「幻滅」「ガッカリした」といった声も挙がっていた。 しかし、少年誌の漫画家が女性であるということは、決してめずらしいことではない。 (文:ふじいりょう) 男性だと思っていた漫画家が実は女性だった、というケースで真っ先に思い当たるのは『金田一少年の事件簿』のさとうふみや氏。 週刊少年サンデーで連載が決まったのにあたり、ペンネームを男性名にしたというのは有名な話だ。 中略 吾峠氏のケースに一番近いのは、月刊少年ガンガンで連載されていた『鋼の錬金術師』の荒川弘先生だろうか。 本人自画像がホルスタインで「雌牛だから男性と思われていたことがカルチャーショックだった」と後に語っている。 読者側でも、一部ファンに批判的に捉えている反応はみられた。 ただ、当時はSNSがなく、作者が女性であることが驚きであっても、それを理由に叩くことが社会問題化されるほどではなかった。 アニメを観て、あとから漫画を追ったという人も多く、また「とりあえず『ジャンプ』に載っているから見た」という読者も相当数いる。 それだけライトなファンを抱えていて、一方でアンチも生まれる。 このアンチの存在がたまたま「作者が女性だと明かされた」というトリガーで ツイッター上に表出した捉えることもできそうだ。 だが、作品の好き嫌いを表明することは自由だし、シリーズ累計発行部数が6000万部を突破するというメガヒット作品には さまざまな読者がいて当然だ。

次の