平成34年 西暦何年。 西暦/和暦変換表

【20XX年⇔令和〇年】年号と西暦を変換する方法

平成34年 西暦何年

2019年は、4月30日に「平成」が終わり、5月1日から新しい元号「令和」がスタートしました。 近々免許証を更新したり、新たにカードを作ったり、あるいは新たに履歴書を書いたりする方もいるのではないでしょうか。 そんなとき、ついつい迷ってしまうのが年号と西暦の変換。 なかには、メモなどを取り出して細かく計算するという人がいたりして。 この変換、じつは簡単な計算式で変換できることをご存じでしょうか。 令和と西暦を変えるときには? はじめに明治、大正、昭和、平成の時代が西暦で何年を指すのかをおさらいしてみましょう。 ・明治:元年は1868年、1912年の明治45年まで ・大正:元年は1912年、1926年の大正15年まで ・昭和:元年は1926年、1989年までの昭和64年まで ・平成:元年は1989年、2019年の平成31年まで ・令和:元年は2019年。 令和は、その読みから簡単に換算することができます。 西暦下3桁から「018(レイワ)」を引き算すると、令和の年数が算出されます。 これは逆もしかりで、平成の年数を西暦に変える場合は12を引いて2000を足せばいいのです。 簡単ですね。 なお、2000年より前の場合は西暦に12を足した下二桁が平成の年数になります。 例えば以下のように。 終戦の1945年は昭和20年になります。 1955年は昭和30年、1965年は昭和40年、1975年は昭和50年、1985年は昭和60年です。 これでもうおわかりですよね。 昭和の年数を西暦に変える場合は1925を足せばいいのです。 こちらもとてもわかりやすいですね。 明治、大正と西暦を変えるときには? 明治の場合は、西暦に33を足して出た数字の下二桁が明治の年数、大正の場合は、西暦の下二桁から11を引いた数字が大正の年数になります。 いかがでしたでしょうか。 年号、西暦の簡単な変換方法は知っていると、とても便利ですよね。 書類などに書くときだけでなく、会話をする際の豆知識としてもぜひ役立ててみてください。

次の

西暦和暦年齢一覧表

平成34年 西暦何年

2019年は、4月30日に「平成」が終わり、5月1日から新しい元号「令和」がスタートしました。 近々免許証を更新したり、新たにカードを作ったり、あるいは新たに履歴書を書いたりする方もいるのではないでしょうか。 そんなとき、ついつい迷ってしまうのが年号と西暦の変換。 なかには、メモなどを取り出して細かく計算するという人がいたりして。 この変換、じつは簡単な計算式で変換できることをご存じでしょうか。 令和と西暦を変えるときには? はじめに明治、大正、昭和、平成の時代が西暦で何年を指すのかをおさらいしてみましょう。 ・明治:元年は1868年、1912年の明治45年まで ・大正:元年は1912年、1926年の大正15年まで ・昭和:元年は1926年、1989年までの昭和64年まで ・平成:元年は1989年、2019年の平成31年まで ・令和:元年は2019年。 令和は、その読みから簡単に換算することができます。 西暦下3桁から「018(レイワ)」を引き算すると、令和の年数が算出されます。 これは逆もしかりで、平成の年数を西暦に変える場合は12を引いて2000を足せばいいのです。 簡単ですね。 なお、2000年より前の場合は西暦に12を足した下二桁が平成の年数になります。 例えば以下のように。 終戦の1945年は昭和20年になります。 1955年は昭和30年、1965年は昭和40年、1975年は昭和50年、1985年は昭和60年です。 これでもうおわかりですよね。 昭和の年数を西暦に変える場合は1925を足せばいいのです。 こちらもとてもわかりやすいですね。 明治、大正と西暦を変えるときには? 明治の場合は、西暦に33を足して出た数字の下二桁が明治の年数、大正の場合は、西暦の下二桁から11を引いた数字が大正の年数になります。 いかがでしたでしょうか。 年号、西暦の簡単な変換方法は知っていると、とても便利ですよね。 書類などに書くときだけでなく、会話をする際の豆知識としてもぜひ役立ててみてください。

次の

平成西暦早見表|平成何年は西暦何年か変換

平成34年 西暦何年

運転免許証をお持ちの方は、 平成から令和に変わることで運転免許証の有効期限が幻の『 平成〇〇年まで有効』と書かれていますよね。 特別、何か手続きをしないといけない訳ではないのですが、私は『 平成35年まで有効』と書いてあります。 ってか、 それ、いつよっ! という方に 令和と 平成の早見表を作ってみました。 昭和、平成、令和の早見表 西暦 昭和 平成 令和 2019年 94年 31年 元年 2020年 95年 32年 2年 2021年 96年 33年 3年 2022年 97年 34年 4年 2023年 98年 35年 5年 2024年 99年 36年 6年 2025年 100年 37年 7年 2026年 101年 38年 8年 2027年 102年 39年 9年 2028年 103年 40年 10年 2029年 104年 41年 11年 2030年 105年 42年 12年 2031年 106年 43年 13年 2032年 107年 44年 14年 2033年 108年 45年 15年 2034年 109年 46年 16年 2035年 110年 47年 17年 2036年 111年 48年 18年 2037年 112年 49年 19年 2038年 113年 50年 20年 私の場合、 平成35年の運転免許証更新は 令和5年になります。 平成〇〇年から30を引くと令和〇〇年になります。 和暦とは元号のことですね。 ぱっと出てこず、 『あれ?平成なんねんだっけ??』 なんて恥ずかしい思いをしたこともありました。。。 >< 今のうちに令和の年がすぐ解るように考えてみます。 西暦に82を足すと令和の年がわかる 西暦に82を足した下2桁が令和の年です。 例えば、 西暦2050年に82を足すと2132となりますので下2桁、 32が令和の年です。 令和32年となります。 西暦から18を引くと令和の年がわかる 西暦に18を引いた下2桁が令和の年です。 例えば、 西暦2050年から18を引くと2032となりますので下2桁、 32が令和の年です。 令和32年となります。 『018』レイワと覚えると簡単ですね。 終わりに 運転免許証の場合、 1ヶ月ぐらい前から更新のハガキが届きますので、平成表記と令和がごっちゃになって更新忘れた!なんてことは無いですけどね。 ちなみに 西暦から 平成の年を調べる場合、.

次の