アルコール ジェル 容器。 アルコールを入れてもよい容器

【アルコールジェル携帯用まとめ】除菌・消毒ハンドジェルの大容量ボトルや詰め替え容器も!

アルコール ジェル 容器

感染症予防には手を清潔に保つことが大切です インフルエンザにノロウィルス、感染症が流行する季節になると様々な「抗菌アイテム」を目にします。 病気の予防には「うがい、手洗い」と言われますが、うがいよりも大半の感染原因は「手の清潔」が関係しているとも言われているくらい「手の清潔」は重要な予防対策なのだそうです。 以前にも同様の意味からを紹介しました。 意外にも、アルコール含有が高いことで手荒れの傷にしみたり、手荒れをの原因にもなることを心配する人が多い事を知りました。 また、お子様に使用するにはアルコールの含有も多いのでは? という声も。 そんな声を参考にさせて頂き、今回はアルコール含有が少なく手に優しい抗菌アロマハンドジェルの作り方を紹介します。 アルコールと水は一緒にすると化学反応をおこし白濁してしまいます。 アルコール含有が多い手作りのハンドジェルはどうしても白濁したものが出来上がりますが、アロマハンドジェルの場合はアロマオイル(精油)の抗菌、抗ウィルス効果が期待できることから、アルコールの量を減らし、白濁した感じを回避するために色付けしたものに仕上げました。 無水エタノールと精製水を合わせることでどうしても白濁してしまうので、白濁した感じが気になる方には少し色付けした方が見た目が可愛くなるので添加しています。 こちらを選んでいるのは、液体の色素なのでジェルに混ぜやすい為です。 ご心配な方は色素は使用せず楽しんでください。 色素についての詳細はリンクにてご確認ください。 水に溶けない性質を持っています。 アルコール含有が多いと溶けやすくなるので精製水が多いレシピの今回のジェルには活用しました。 1cc、0. 25cc、0. キサンタンガムは、実はとても身近に生活で触れているものです。 「ジャム」「焼肉のたれ」「ドレッシング」「お菓子」など「とろみ」のあるものはこれを使っているものが多いです。 「とろみ」繋がりで化粧品にもとても使われています。 とろみのある化粧水、ぷるぷるみずみずしいクリーム、美容液などラベルに表記されているのをチェックしてみると良いでしょう。 キサンタンガムとは、トウモロコシやキャベツなど植物のでん粉の糖類を、キサントモナス属性の微生物の菌を使って発酵して作る天然の多糖類なのだそうです。 この多糖類の特徴として増粘性を持つことから、食品や化粧品の「とろみ」を付けるために使われる、安全な植物由来の天然添加物ということです。 よって手作りアロマコスメの「とろみ」にも安全に使えますし、感染症予防に役立つ「手の消毒」に使う「抗菌アロマハンドジェル」には安全に使って頂けることが理解して頂けると思います。 小さなお子さんの手を消毒するのにも、安心して使うことが出来ます。 抗菌アロマハンドジェルの精油(アロマオイル)レシピについて 抗菌アロマハンドジェル作りにおいて精油の選択はとても大切です。 是非記事を参照して参考にしてください。 精油のレシピについてはにて紹介しています。 目的や使う人によっては、精油の濃度調節も必要な場合も考えられます。 また、インフルエンザやノロウィルス(胃腸の風邪含む)に役立つレシピなど、精油の滴数やレシピを考える上で大切な点を詳細記載していますので、お手数ですがを参照して頂けると幸いです。 抗菌アロマハンドジェルに役立つ精油については、「抗菌、抗ウィルス効果」に役立つ観点から、それぞれの効果効能について知って頂くとより役立つと思います。 別記事にて、精油の効果効能の詳細をまとめています。 安全に役立つアロマケアをお楽しみ頂くために、お手数ですが精油の効果効能に関して、上記リンクを必ず参照し、禁忌事項や効果効能についての知識を確認して頂くことをお願いいたします。 抗菌アロマジェルの作り方【注意点とまとめ】 手作りアロマクラフトは、料理と同じく自己責任で楽しむものです。 安全にアロマクラフト作りを楽しんでいただくために、の記事を最初に読んでいただくことをおすすめします。 また抗菌アロマハンドジェルは感染症予防や抗菌、抗ウィルス効果を期待して使うものなので、より安全にアロマケアを取り入れて頂くためにの記事も併せて参照していただくことをおすすめ致します。 抗菌アロマハンドジェルのレシピは、ローテーションできるように2通りのパターンで紹介しています。 手作りアロマクラフトの材料はナチュラルな素材であり、基本的に肌に優しいクラフトに仕上がりますが、全ての方の肌に合うとは限りません。 アレルギーのある方、敏感肌の方、トラブルが心配な方は、必ずパッチテストをしてから使用していただくことをお願いしています。 精油の効果効能に関しては、アロマテラピーを学ぶ上で必要な学術上の知識を参考に、抗菌アロマジェルに適していると思われる点を踏まえて紹介しています。 それぞれの効果効能は治療を目的としたものではありません。 精油の知識に関してご不明な点は、必ず身近に確認ができるアロマセラピストや、ショップの店員、専門家に確認し安全にアロマクラフト作りを楽しんでください。 精油1滴を、ティースプーン1杯くらいのお水で薄めて皮膚に塗布します。 他の材料は、そのまま直接塗布してください。 【関連記事】•

次の

アルコール消毒液の容器の材質や素材は何を選べばいいの?PE・PP・PVCの違いは何?

アルコール ジェル 容器

こんにちは。 きよです。 アルコール消毒液の詰め替え容器をお探しですか? ウイルスなどの感染予防には アルコール消毒が一番ですからね! そんなアルコール消毒液を大きな容器で買ってきてしまって使いづらいという方も多いことでしょう。 アルコール消毒液の詰め替え容器として 100均のスプレーボトルを選んでも大丈夫なのでしょうか? また、アルコール消毒液の詰め替え容器として100均のスプレーボトルを選ぶときにはどんな 素材や 材質がいいのでしょう? 今回は、アルコール消毒液の詰め替え容器として100均のスプレーボトルが使えるのか? また、100均のスプレーボトルを選ぶ時にどんな素材や材質のものを選べばいいのかをお伝えしていきます! スポンサーリンク Contents• アルコール消毒液の詰め替え容器100均のスプレーボトルで大丈夫? アルコール消毒液の詰め替え容器は100均で売っているものでもいいの? アルコール消毒液を詰め替えて別の容器に入れて使いたいと思った時に、まず 100均の容器を詰め替え容器として思い浮かべる方が多いと思います。 私も空の詰め替え容器が売ってある場所として100均がまっ先に思い浮かびました^^ しかし、お手頃な値段で手に入ることが魅力の100均の製品ですがアルコール消毒液の詰め替え容器として使っても大丈夫なのか心配になりました。。。 安い値段で売られている100均のプラスチック素材の詰め替え容器ですが、アルコール消毒液に使えるのか知りたくても材質表示がなくて確認できないものもありますね。 なので、100均の詰め替え容器はアルコール消毒液を入れても大丈夫な素材や材質なのかを調べてみました。 調べてみた結果は100均の詰め替え容器のほとんどが 「PET」という素材でした。 さらに「PET」というものはポリエチレンテレフタレートというアルコールに弱い素材でした。 ですから普通に売っている100均の詰め替え容器をアルコール消毒液の詰め替え容器として使うことはできないということのようです><。 ちなみにアルコール対応でない素材や材質の容器にアルコール 消毒液を入れてはいけない理由は「詰め替え容器の破損などのトラブルがある」からです。 「ひび割れ」「変色する」「溶ける」といったような不具合が発生するようです! 衛生的にするために使うアルコール消毒液ですから、そんなことがあったらなんだか嫌ですよね。。。 ですから、詰め替え容器が 高濃度のアルコール対応かどうかわからないときには、その詰め替え容器は使うのは控えたほうがいいのではないかなとかんじました。 スポンサーリンク アルコール消毒液の詰め替え容器でおすすめな100均のスプレーボトルは? それでは、アルコール消毒液の詰め替え容器として100均のスプレーボトルは使えないのでしょうか? セリアやダイソーなどの100均にはアルコール消毒液の詰め替え容器として使えるスプレー容器もちゃんとありました!! 100均の詰め替え容器の容量はどちらもは50mlで、 「アルコール液 対応」と書かれた小さなスプレー詰め替え容器です。 でも、素材や材質が気になるところですよね? 100均で見つけたスプレーボトルは、もちろん素材や材質にもアルコールに強いものが使われていたので、これなら安心して消毒液の詰め替え容器として使えると思います。 100均のダイソーのスプレー詰め替え容器の材質や素材はこのようになっています。 本体の材質:PP(ポリプロピレン)• ノズルの材質:PP(ポリプロピレン)• ノズルバネの材質:スチール お店によって置いているところとそうでないところがあると思いますが、100均のセリアでは400mlくらいのアルコール液対応のスプレーの詰め替え容器も販売しているそうです。 今は欲しい人が沢山いるので、入荷してもすぐ売り切れてしまうみたいです><; アルコール消毒液の詰め替え容器が欲しい人は近所の100均のお店をこまめにチェックしてみてくださいね。 近所のダイソーやセリアなどの100均では化粧水やシャンプーなどの「詰め替え容器」が並んでいるところにありましたよ。 スポンサーリンク アルコール消毒液の詰め替え容器の素材や材質の選び方 次にアルコール消毒液の詰め替え容器の素材や材質の選び方についてです。 100均の詰め替え容器の素材や材質に多い 「PET」というのはポリエチレンテレフタレートというアルコールに弱い材質だということは先にお話ししましたよね? ですから基本的に 「高濃度アルコール対応」と書いてない100均の製品に多いPET素材の詰め替え容器はアルコール消毒液の詰め替え容器として使ってはいけないそうです。 焼酎やウイスキーのボトルでPETが材質のボトルがあるようですが、ボトルの内側をなにかでコーティングしてアルコールを入れても大丈夫なようにしてあるそうです。 私もそうですが素人レベルでは100均の製品に多いPET素材の詰め替え容器はアルコール消毒液の詰め替え容器として使わないと決めておいたほうがいいでしょう。 アルコール消毒液を入れる容器として適している素材や材質には一般的には主に次のようなものがあります。 PE(ポリエチレン)• PP(ポリプロピレン)• PVC(ポリ塩化ビニル*硬質のみ) でも、素材や材質に「PE」「PP」「PVC」と書いてあっても注意事項に 「水以外は使えません。 アルコールは不可です。 」と書いてあったり、 「低濃度のアルコールは入れて良くても、高濃度のアルコールは入れてはいけない」といった詰め替え容器もあります。 アルコール消毒液を詰め替え容器に入れてもいいかどうか判断するときには、材質を見るだけでなく 「注意事項」を良く読んで、高濃度のアルコールを入れてもいいものかどうか判断することが大切なようですね。 スポンサーリンク アルコール消毒液の購入はこちらから!! アルコール消毒液の詰め替え容器は100均のボトルで大丈夫なのか。 また、素材や材質の選び方についてお伝えしてきましたが、肝心なアルコール消毒液がなければ話になりませんね^^; しかし、買い物に行くたびにアルコール消毒液があるかどうか確認するのですが、近所のお店ではなかなかアルコール消毒液に出会うことができません><; そこで便利なのが、やっぱり ネットショップですよね!! アルコール消毒液を販売中のお店をいくつか紹介しておきます。 5個セットで販売されているのでご家族1人1本づつ持ち歩けます! スポンサーリンク まとめ 今回は「アルコール消毒液の詰め替え容器100均のボトルで大丈夫?素材や材質の選び方は?」ということでお伝えしていきました。 100均の詰め替え容器の材質や素材がPETのものがほとんどで、一部の商品を除いてアルコール消毒液の詰め替え容器としては使えないことがわかりました。 しかし、種類は少ないですがセリアやダイソーにも アルコール液対応の詰め替え容器が販売されていました。 素材や材質の選び方については PET素材の詰め替え容器はアルコール消毒液の詰め替え容器として使ってはいけないことがわかりました。 アルコール消毒液を入れる容器として適している素材や材質には「PE」「PP」「PVC」(*PVCは硬質に限る)と表示してあるものを選ぶと良いようです。 ただし、アルコール消毒液を詰め替え容器に入れてもいいかどうか判断するときには、材質を見るだけでなく 「注意事項」を確認することが大切です。

次の

【通販モノタロウ】

アルコール ジェル 容器

こんにちは。 きよです。 アルコール消毒液の詰め替え容器をお探しですか? ウイルスなどの感染予防には アルコール消毒が一番ですからね! そんなアルコール消毒液を大きな容器で買ってきてしまって使いづらいという方も多いことでしょう。 アルコール消毒液の詰め替え容器として 100均のスプレーボトルを選んでも大丈夫なのでしょうか? また、アルコール消毒液の詰め替え容器として100均のスプレーボトルを選ぶときにはどんな 素材や 材質がいいのでしょう? 今回は、アルコール消毒液の詰め替え容器として100均のスプレーボトルが使えるのか? また、100均のスプレーボトルを選ぶ時にどんな素材や材質のものを選べばいいのかをお伝えしていきます! スポンサーリンク Contents• アルコール消毒液の詰め替え容器100均のスプレーボトルで大丈夫? アルコール消毒液の詰め替え容器は100均で売っているものでもいいの? アルコール消毒液を詰め替えて別の容器に入れて使いたいと思った時に、まず 100均の容器を詰め替え容器として思い浮かべる方が多いと思います。 私も空の詰め替え容器が売ってある場所として100均がまっ先に思い浮かびました^^ しかし、お手頃な値段で手に入ることが魅力の100均の製品ですがアルコール消毒液の詰め替え容器として使っても大丈夫なのか心配になりました。。。 安い値段で売られている100均のプラスチック素材の詰め替え容器ですが、アルコール消毒液に使えるのか知りたくても材質表示がなくて確認できないものもありますね。 なので、100均の詰め替え容器はアルコール消毒液を入れても大丈夫な素材や材質なのかを調べてみました。 調べてみた結果は100均の詰め替え容器のほとんどが 「PET」という素材でした。 さらに「PET」というものはポリエチレンテレフタレートというアルコールに弱い素材でした。 ですから普通に売っている100均の詰め替え容器をアルコール消毒液の詰め替え容器として使うことはできないということのようです><。 ちなみにアルコール対応でない素材や材質の容器にアルコール 消毒液を入れてはいけない理由は「詰め替え容器の破損などのトラブルがある」からです。 「ひび割れ」「変色する」「溶ける」といったような不具合が発生するようです! 衛生的にするために使うアルコール消毒液ですから、そんなことがあったらなんだか嫌ですよね。。。 ですから、詰め替え容器が 高濃度のアルコール対応かどうかわからないときには、その詰め替え容器は使うのは控えたほうがいいのではないかなとかんじました。 スポンサーリンク アルコール消毒液の詰め替え容器でおすすめな100均のスプレーボトルは? それでは、アルコール消毒液の詰め替え容器として100均のスプレーボトルは使えないのでしょうか? セリアやダイソーなどの100均にはアルコール消毒液の詰め替え容器として使えるスプレー容器もちゃんとありました!! 100均の詰め替え容器の容量はどちらもは50mlで、 「アルコール液 対応」と書かれた小さなスプレー詰め替え容器です。 でも、素材や材質が気になるところですよね? 100均で見つけたスプレーボトルは、もちろん素材や材質にもアルコールに強いものが使われていたので、これなら安心して消毒液の詰め替え容器として使えると思います。 100均のダイソーのスプレー詰め替え容器の材質や素材はこのようになっています。 本体の材質:PP(ポリプロピレン)• ノズルの材質:PP(ポリプロピレン)• ノズルバネの材質:スチール お店によって置いているところとそうでないところがあると思いますが、100均のセリアでは400mlくらいのアルコール液対応のスプレーの詰め替え容器も販売しているそうです。 今は欲しい人が沢山いるので、入荷してもすぐ売り切れてしまうみたいです><; アルコール消毒液の詰め替え容器が欲しい人は近所の100均のお店をこまめにチェックしてみてくださいね。 近所のダイソーやセリアなどの100均では化粧水やシャンプーなどの「詰め替え容器」が並んでいるところにありましたよ。 スポンサーリンク アルコール消毒液の詰め替え容器の素材や材質の選び方 次にアルコール消毒液の詰め替え容器の素材や材質の選び方についてです。 100均の詰め替え容器の素材や材質に多い 「PET」というのはポリエチレンテレフタレートというアルコールに弱い材質だということは先にお話ししましたよね? ですから基本的に 「高濃度アルコール対応」と書いてない100均の製品に多いPET素材の詰め替え容器はアルコール消毒液の詰め替え容器として使ってはいけないそうです。 焼酎やウイスキーのボトルでPETが材質のボトルがあるようですが、ボトルの内側をなにかでコーティングしてアルコールを入れても大丈夫なようにしてあるそうです。 私もそうですが素人レベルでは100均の製品に多いPET素材の詰め替え容器はアルコール消毒液の詰め替え容器として使わないと決めておいたほうがいいでしょう。 アルコール消毒液を入れる容器として適している素材や材質には一般的には主に次のようなものがあります。 PE(ポリエチレン)• PP(ポリプロピレン)• PVC(ポリ塩化ビニル*硬質のみ) でも、素材や材質に「PE」「PP」「PVC」と書いてあっても注意事項に 「水以外は使えません。 アルコールは不可です。 」と書いてあったり、 「低濃度のアルコールは入れて良くても、高濃度のアルコールは入れてはいけない」といった詰め替え容器もあります。 アルコール消毒液を詰め替え容器に入れてもいいかどうか判断するときには、材質を見るだけでなく 「注意事項」を良く読んで、高濃度のアルコールを入れてもいいものかどうか判断することが大切なようですね。 スポンサーリンク アルコール消毒液の購入はこちらから!! アルコール消毒液の詰め替え容器は100均のボトルで大丈夫なのか。 また、素材や材質の選び方についてお伝えしてきましたが、肝心なアルコール消毒液がなければ話になりませんね^^; しかし、買い物に行くたびにアルコール消毒液があるかどうか確認するのですが、近所のお店ではなかなかアルコール消毒液に出会うことができません><; そこで便利なのが、やっぱり ネットショップですよね!! アルコール消毒液を販売中のお店をいくつか紹介しておきます。 5個セットで販売されているのでご家族1人1本づつ持ち歩けます! スポンサーリンク まとめ 今回は「アルコール消毒液の詰め替え容器100均のボトルで大丈夫?素材や材質の選び方は?」ということでお伝えしていきました。 100均の詰め替え容器の材質や素材がPETのものがほとんどで、一部の商品を除いてアルコール消毒液の詰め替え容器としては使えないことがわかりました。 しかし、種類は少ないですがセリアやダイソーにも アルコール液対応の詰め替え容器が販売されていました。 素材や材質の選び方については PET素材の詰め替え容器はアルコール消毒液の詰め替え容器として使ってはいけないことがわかりました。 アルコール消毒液を入れる容器として適している素材や材質には「PE」「PP」「PVC」(*PVCは硬質に限る)と表示してあるものを選ぶと良いようです。 ただし、アルコール消毒液を詰め替え容器に入れてもいいかどうか判断するときには、材質を見るだけでなく 「注意事項」を確認することが大切です。

次の