ピアプロ。 ピアプロコラボ第3弾!セガプライズ「初音ミク スーパープレミアムフィギュア」衣装デザイン募集のお知らせ

初音ミクたち『ピアプロキャラクターズ』と「PERSON'S」のコラボ商品5種の受注を開始!!アニメ・漫画のコラボグッズを販売する「ARMA BIANCA」にて|株式会社arma biancaのプレスリリース

ピアプロ

株式会社アルマビアンカ(本社:東京都中野区、代表取締役:坂井智成)は「コラボレーションによる新たな価値の創造」をコンセプトにしたグッズを企画販売するサイト「ARMA BIANCA」にて初音ミクたち『ピアプロキャラクターズ』と「PERSON'S」のコラボ商品の受注を7月10日 金 より開始いたしました。 カセットテープのモチーフに名前やナンバリングを組み合わせたデザインを散りばめ、キャラクターのシルエットをレイアウトし、キャラクターからイメージしたカラーリングで仕上げています。 社員証や名刺を入れるのに最適なクリア窓付き1ポケットタイプで、便利なリールストラップ付きです。 通勤通学など、日常生活の様々なシーンでご活用ください。 カセットテープのモチーフや音符などをレイアウトし、キャラクターからイメージしたカラーリングで仕上げています。 少し大きめのマグカップで、飲み物をたっぷりと入れることができます。 お部屋やオフィスなど、日常生活の様々なシーンでご活用ください。 カセットテープのモチーフに名前やナンバリングを組み合わせたデザインをレイアウトしています。 ケース内で揺れ動くネオンサンドと背景カラーが美しいグラデーションを演出し、暗闇ではケース内がほのか光ります。 お手元で作品の世界観をお楽しみください。 PERSON'Sのアーカイブデザインのロゴマークや初音ミクのシルエット、ネクタイ、ネギなどのモチーフを散りばめて、キャラクターからイメージしたカラーリングで仕上げています。 丈夫で汚れにくいビニール素材で、小物などを収納してかさばらず持ち運びいただけます。 背面は半透明となっており、中身を確認しやすくなっています。 日常生活の様々なシーンでご活用ください。 PERSON'Sのアーカイブデザインのロゴマークや初音ミクのシルエット、ネクタイ、ネギなどのモチーフを散りばめて、キャラクターからイメージしたカラーリングで仕上げています。 反対面には初音ミクのナンバリングをプリントしました。 書類整理に使ったり、お部屋に飾ったり、キャラクターとの日常をお楽しみください。 そんな小さな思いのもと1976年パーソンズは生まれました。 以来、アートやグラフィックなど様々な手段でブランドの世界観を表現してきました。 「明るく、元気に、健康的」の基本コンセプトのもと、派手なカラーや楽しいイラストが特徴的な商品を多数展開。 カジュアルなライフスタイル全般をサポートするブランドです。

次の

ピアプロ (ぴあぷろ)とは【ピクシブ百科事典】

ピアプロ

株式会社arma bianca 「ARMA BIANCA」にて初音ミクたち『ピアプロキャラクターズ』と「PERSON'S」のコラボ商品5種の受注を開始いたします。 株式会社アルマビアンカはオリジナルグッズを展開する通販サイト、「ARMA BIANCA」にて初音ミクたち『ピアプロキャラクターズ』と「PERSON'S」のコラボ商品5種の受注を開始いたします。 株式会社アルマビアンカ(本社:東京都中野区、代表取締役:坂井智成)は「コラボレーションによる新たな価値の創造」をコンセプトにしたグッズを企画販売するサイト「ARMA BIANCA」にて初音ミクたち『ピアプロキャラクターズ』と「PERSON'S」のコラボ商品の受注を7月10日 金 より開始いたしました。 カセットテープのモチーフに名前やナンバリングを組み合わせたデザインを散りばめ、キャラクターのシルエットをレイアウトし、キャラクターからイメージしたカラーリングで仕上げています。 社員証や名刺を入れるのに最適なクリア窓付き1ポケットタイプで、便利なリールストラップ付きです。 通勤通学など、日常生活の様々なシーンでご活用ください。 カセットテープのモチーフや音符などをレイアウトし、キャラクターからイメージしたカラーリングで仕上げています。 少し大きめのマグカップで、飲み物をたっぷりと入れることができます。 お部屋やオフィスなど、日常生活の様々なシーンでご活用ください。 カセットテープのモチーフに名前やナンバリングを組み合わせたデザインをレイアウトしています。 ケース内で揺れ動くネオンサンドと背景カラーが美しいグラデーションを演出し、暗闇ではケース内がほのか光ります。 お手元で作品の世界観をお楽しみください。 PERSON'Sのアーカイブデザインのロゴマークや初音ミクのシルエット、ネクタイ、ネギなどのモチーフを散りばめて、キャラクターからイメージしたカラーリングで仕上げています。 丈夫で汚れにくいビニール素材で、小物などを収納してかさばらず持ち運びいただけます。 背面は半透明となっており、中身を確認しやすくなっています。 日常生活の様々なシーンでご活用ください。 PERSON'Sのアーカイブデザインのロゴマークや初音ミクのシルエット、ネクタイ、ネギなどのモチーフを散りばめて、キャラクターからイメージしたカラーリングで仕上げています。 反対面には初音ミクのナンバリングをプリントしました。 書類整理に使ったり、お部屋に飾ったり、キャラクターとの日常をお楽しみください。 そんな小さな思いのもと1976年パーソンズは生まれました。 以来、アートやグラフィックなど様々な手段でブランドの世界観を表現してきました。 「明るく、元気に、健康的」の基本コンセプトのもと、派手なカラーや楽しいイラストが特徴的な商品を多数展開。 カジュアルなライフスタイル全般をサポートするブランドです。

次の

初音ミクたち『ピアプロキャラクターズ』と「PERSON'S」のコラボ商品5種の受注を開始!!アニメ・漫画のコラボグッズを販売する「ARMA BIANCA」にて:時事ドットコム

ピアプロ

概要 [ ] ピアプロはクリプトン・フューチャー・メディア(以下クリプトン)が2007年8月に発売した音声合成ソフトを利用した創作活動の盛り上がりを受け、そうした消費者生成メディア()を推進する、クリエイターの創作の場として に開設された。 ピアプロという名前は「ピアプロダクション()」を略したものである。 初音ミク発売当時、ソフトの歌声を用いた楽曲やキャラクターのイラストなど様々な創作活動が行われる中、他者の作品を第三者が無断で自分の作品内に使用し、トラブルになるケースもしばしば見られたと言う。 一方で、こうしたトラブルは、ほとんどの場合コミュニケーション不足を解消することで未然に防げるとも考えられた。 ピアプロは投稿されたイラスト、楽曲などの作品を、非営利などの条件下で会員同士で融通し合うことが出来ることを特徴としており、これによりネット上に投稿された他のクリエイターの作品の無断での二次利用といったような権利上のグレーゾーンを排し、健全なCGM文化の活性化を目指している。 ピアプロに投稿された初音ミクのイラストと、自作の楽曲を組み合わせ、で作品を発表する、といったような活用が可能で、複数の会員同士のコラボレーションによる創作活動も行われる。 ただし、サイトの意図とは異なり単なる素材置き場、あるいはコミュニケーションサイトと見ている会員もいるという。 投稿作品 [ ] 投稿できる作品は会員自身の作成した音楽、イラスト、テキスト、モデルで、これらは会員のオリジナル作品か適法に権利処理されていることが保障されたものでなければならない。 これは、ピアプロの投稿作品が会員間で二次利用されるものであるためとされ、作品を投稿する際には繰り返し注意喚起がされる。 なお、初音ミクをはじめとする製品のキャラクターのについては、クリプトンが権利を持つ「」、「」、「」、「」、「」の他、クリプトンが許諾を受ける形でやなど他の企業から発売されている製品のキャラクターを元にした作品の投稿も可能となっている(詳細はを参照)。 また、ピアプロに投稿されている作品の元にして創られた作品については、「創作ツリー」という機能を使い、元の作品との紐付けを行うことで投稿可能となっている。 投稿する際に作品に付けられる、作品を利用する会員に対するライセンス条件については、作品の改変を許すかを選択するようになっているなど(CC)を意識したものであるが、クリエイティブ・コモンズではに反しないといった条件が付けられなかったことから独自のものとなった。 各投稿作品のページには作品を利用した際のお礼が言えるよう「使わせてもらいました」と報告する欄が設置されている。 また、クリエイティブ・コモンズとの違いとしては、クリエイティブ・コモンズでの「NC」に当たる営利利用の不可がデフォルトとなっていることや、クリエイティブ・コモンズでは2. 0以降必須となっている「BY」に当たる著作権者の氏名表示が選択可能となっているという特徴もある。 作品の利用者に対するライセンス条件のクリエイティブ・コモンズとの違い (ただし、ピアプロではこれら以外に公序良俗に反しないといった条件もある) 表示(BY) 非営利(NC) 改変禁止(ND) 継承(SA) ピアプロ投稿作品 選択 必須 選択 非採用 必須 選択 選択 選択 公式コラボレーション [ ] ピアプロでは会員同士の投稿作品の利用だけでなく、テレビ局、出版社、フィギュアメーカー、菓子メーカーといった様々な企業、団体とのによるユーザー作品の発信、商品化も行われている。 2008年7月に行われたシンポジウムにおいてクリプトン側はピアプロでこうした企業とのコラボレーションを行うことについて「ユーザーが制作したものを具体的な商品として落とし込んでいく実験」とし、自分あるいは自分の仲間の創作物が商品化されることを体験し慣れてもらうことや、ユーザー同士での作品の制作や発表の様々な可能性をピアプロを通して体験してもらうといった狙いを明らかにしている。 2009年7月にから発売された初音ミクを主役とする用ゲームソフト「」ではピアプロで募集した曲、イラストが多数く使用された。 また、 やクリエイティブ・コモンズ・ジャパン の事業との公式コラボレーションも行われている。 なお、外部企業とのコラボレーション以外に、クリプトン自体も2008年9月に開始した携帯電話用サイト「初音ミクモバイル」でのコンテンツの配信や 、同年12月に開始した音楽レーベル「KarenT(カレント)」を通じた楽曲配信 など、VOCALOID関連の作品の商品化に取り組んでいる。 キャラクターのライセンス [ ] クリプトンではユーザーの創作活動を後押しするため、イラストやアニメーションの作成といったようなVOCALOIDのキャラクターの改変、二次創作を原則的に認めており、「」とそれに基いた「」をピアプロ内で公開し、ライセンスの内容に沿ったものであればキャラクターの非営利での利用を許諾されることを明示している。 なお、ピアプロ・キャラクター・ライセンスという名前ではあるが、このライセンスについてはピアプロ会員以外でも適用を受けられる。 また、PCLやガイドラインでは対価を徴収するような形でのキャラクターの利用は認められていないが、などでの個人やによる非営利、有償の二次創作物の頒布の実情やニーズに対応するため、ピアプロでは非営利、有償の利用について複雑な手続きや内部審査無しで利用申請を行える「」という仕組みが提供されている。 なお、非営利利用については、公式キャラクターイラストの(CCL)のCC BY-NC 3. 0(表示 - 非営利 3. 0)でのライセンスも行われており、PCLだけでなく、CCLに基づいた利用も可能である。 これは、PCLが日本の国内法に準拠し日本語で記述されたものであることから、日本国外での需要に対応するためである。 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ] []• クリプトン・フューチャー・メディア. 2010年1月3日閲覧。 野津誠 2007年12月3日. INTERNET Watch. 2010年1月3日閲覧。 ITmedia News. 2009年12月30日閲覧。 ITmedia News ITmedia. 2009年12月30日閲覧。 初音ミク as an interface」『情報処理』第53巻第5号、、2012年4月15日、 480頁。 根津禎「実録 開発物語 パソコン用歌声合成ソフト「初音ミク」 最終回 みんなのミクになってみた」『日経エレクトロニクス』2008年3月10日 973 、、 123-127頁、。 クリプトン・フューチャー・メディア. 2010年11月16日閲覧。 岡田有花 2008年7月23日. ITmedia News ITmedia. 2009年3月1日閲覧。 永沢茂 2008年7月23日. INTERNET Watch インプレス. 2009年12月30日閲覧。 アイ・アール・アイ コマースアンドテクノロジー. 2009年11月30日. 2009年12月30日閲覧。 ITmedia News ITmedia. 2009年12月25日. 2010年1月3日閲覧。 ITmedia News ITmedia. 2008年6月24日. 2010年1月3日閲覧。 ケータイ Watch. 2008年9月18日. 2009年12月30日閲覧。 ITmedia News ITmedia. 2008年12月8日. 2009年12月30日閲覧。 ITmedia News ITmedia. 2012年12月17日. 2012年12月17日閲覧。 外部リンク [ ]• piapro -• - チャンネル.

次の