ユニバーサル ミュージック ジャパン。 ユニバーサル ミュージック グループ

ワーナーミュージック・ジャパン

ユニバーサル ミュージック ジャパン

ドレイクやテイラー・スウィフトなどの有名アーティストの、ストリーミングでの人気の高まりを受けて、ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)の企業価値は333億ドル(3. 6兆円)にまで急上昇したと、ドイツ銀行が発表した。 UMGはアリアナ・グランデやザ・ビートルズ、ガンズ・アンド・ローゼズ、ジェイ・Z、ピンク・フロイド、クイーンやU2などの有名アーティストの楽曲の権利を保有する。 同社はフランスのメディア企業「ヴィヴェンディ(Vivendi)」の傘下にあるが、ヴィヴェンディの企業価値は283億ドルで、UMGの価値をわずかに下回っている。 ヴィヴェンディは昨年7月、UMGの株式の半分を売却する用意を進めていると述べた。 ドイツ銀行のアナリストは、UMGは今後のストリーミング市場の成長で、さらに企業価値を高めていくと見込んでおり、同社の株式にはかなりの高値がつきそうだ。 UMGはソニーミュージックやワーナーミュージックと共に、スポティファイの株式を保有しており、テック業界大手も株の取得に関心を示している。 ドイツ銀行によると、買い手候補にはアリババやテンセント、アマゾン、アップル、フェイスブック、グーグルらがあがっているという。 しかし、これらの企業による買収は、独占禁止法の観点から当局の規制を受ける可能性もある。 そんな中、有力候補とされるのがF1のフォーミュラ・ワングループや衛星ラジオのシリウスを傘下に持つリバティ・メディア(Liberty Media)だ。 仮にこの買収が成立すれば、リバティ・メディアがソニーやワーナーを上回る規模の、音楽エンタテインメント企業になる可能性もある。

次の

ユニバーサル ミュージック 藤倉 尚 現場、熱狂、絶対主義 ヒットで組織を結束させる!

ユニバーサル ミュージック ジャパン

概要 [ ] 1996年に、親会社のが傘下のに合わせて社名をユニバーサルと変更した際、音楽部門であるもユニバーサル ミュージック グループと改名した。 MCAは当時の6大メジャー・レーベルの一つだった。 1998年に、と合併したことによって、世界最大のレコード会社となった。 現在の会長兼CEOは、ルシアン・グレンジ Lucian Grainge。 はジェームス・ブラウンなど、マーキュリー・レコードはバーケイズ、カメオ、コンファンクシャンなど、モータウンはテンプテーションズなどの魅力的なカタログを保有している。 親会社であった(2000年に酒造会社だったの娯楽部門がと合併したもの)の娯楽部門は財務体質悪化の為、2004年にと合併、となったが、ユニバーサル ミュージック グループは合併の対象には入らず、現在もヴィヴェンディの傘下である。 2018年7月に売却案が出ており、時期は未定であるものの、ヴィヴェンディから離脱する予定。 2020年には、中国の複合企業が、ユニバーサルの一部を買う案が出ている。 日本では、同社の音楽作品は子会社のより発売されている。 ちなみに、、NBCユニバーサル傘下のジェネオン エンタテインメント(旧)とユニバーサル・ピクチャーズの子会社であるユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンが合併し、ジェネオン・ユニバーサルとなり、2016年より となり、「ユニバーサル」とそのシンボルマークである地球儀マークを冠する異なる企業グループによるレコード会社が並立することになった。 沿革 [ ]• 1995年 シーグラムが、MCAレコードやを擁するMCAを買収。 1996年 シーグラムが、旧MCAをユニバーサルと改名。 これに伴い、MCAレコードもユニバーサル ミュージックと改名。 1998年 シーグラムが、ポリグラムを買収し、ユニバーサルミュージックと統合。 2000年 シーグラムが、酒造部門と娯楽部門に分割され、前者をに、後者をヴィヴェンディに売却。 これによりヴィヴェンディ・ユニバーサルが誕生。 2004年 ヴィヴェンディ・ユニバーサルの娯楽部門はNBCと合併するが、ユニバーサル ミュージック グループ(UMG)はこの合併には参加せず。 年末より独立レーベルのの配給を開始。 2007年 の音楽出版部門であるミュージック・パブリッシングを買収、ヴィヴェンディ傘下のUMGに統合。 2011年 ヴィヴェンディがの音楽部門の買収をソニーと争い、最終的に獲得。 UMG傘下に統合させると発表した。 2015年 グループ再編。 UMGも実質北米の地域会社として他地域との連携を強化する。 主要なレーベル・グループ [ ]• ロスト・ハイウェイ・レコード• ユニバーサル・ナッシュビル• MCAナッシュビル• マーキュリー・ナッシュビル• クラシック部門• ユニバーサル ミュージック エンタープライズ• , リイシュー・レーベル• ユニバーサル・ミュージック・ラティーノ Universal Music Latino• ユニバーサル・サウス• ヴァーヴ・ミュージック・グループ Verve Music Group• ジャズ部門• グループ• ヴァージンEMIレコード• キャピトル・ミュージック・グループ• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

ワーナーミュージック・ジャパン

ユニバーサル ミュージック ジャパン

株式会社ワーナーミュージック・ジャパン Warner Music Japan Inc. 略称 WMJ 本社所在地 106-0032 1丁目4-5 20F 設立 (ワーナーブラザーズ・パイオニア株式会社設立) 事業内容 音楽・映像ソフト制作及び販売、音楽著作権管理、原盤制作ほか 代表者 (代表取締役社長兼CEO) 堀切英明 (代表取締役 COO) 主要株主 関係する人物 サイモン・ロブソン (Warner Music Asia, 社長) (Warner Music Group, CEO) 外部リンク 株式会社ワーナーミュージック・ジャパン(Warner Music Japan Inc. )は、・傘下のの。 沿革 [ ]• の WP(Warner Pioneer)は、その名残である。 通称ワナパイ。 日本ではからデビューしていたの日本販売権を獲得。 英米のロックが主力のレコード会社であった。 - 渡辺プロダクションのがデビュー。 シングル部門の売り上げトップとなる。 在籍歌手を中心に、邦楽部門も軒並み好調な売り上げを見せる。 - 社名を「 ワーナー・パイオニア株式会社」に変更。 - 渡辺プロダクションがワーナーと並行する形で出資していた「」(現:)へ音源の発売権を一本化することを発表し、資本撤退。 - パイオニアが自社系列で音楽・映像ソフト制作に乗り出す方針を固め、設立の「レーザーディスク株式会社」を、「パイオニアLDC」(現:)に商号変更し、この年、正式に資本撤退。 新会社 WEA MUSICが設立される。 第一弾アーティストはで、代表は。 - 社名を「株式会社 ワーナーミュージック・ジャパン」(初代法人)に変更。 - 1990年設立の WEA ミュージックを吸収合併し、レーベルは wea japanに一本化。 ワーナーはグループの統括会社として機能。 の音楽・映像事業を譲受される。 - 邦楽の部門から完全撤退。 ら所属演歌歌手が他社への移籍を余儀なくされる。 - ソニー・ミュージックエンタテイメントから稲垣博司や橋爪健康などのエグゼクティブが大量にワーナーへ転籍。 ・・・らを他社から高額の移籍金で移籍させる。 - wea japanがワーナーに吸収され、発売元は ワーナーミュージック・ジャパンに変更される。 - 関連会社の株式会社、株式会社ワーナーミュージック・ジャパン、タイム ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社の3社が合併し、「 」となる。 - ワーナー・ブラザースの親会社である米国が音楽部門を分離・売却。 それに伴い、ワーナー エンターテイメント ジャパンも音楽ソフト部門を分離、社名が再び「 ワーナーミュージック・ジャパン」(2代目法人)となる。 - ワーナーミュージック・グループは、からまで同社役員会メンバーで取締役だったレン・ブラバトニクが代表を務める米投資ファンド アクセス・インダストリーズ社による約33億米ドルの買収を受け入れることで合意した。 5月 - 社名の『WARNER MUSIC JAPAN』の書体だけが変更され、ロゴマークに変更はない。 9月 - 同年の、 ワーナー・ミュージック・グループが、から、EMIレコードの一部門であるを買収したことに伴い 、日本でのEMIクラシックス(旧原盤を除く)や欧州のEMI(を除く)の販売権が、日本のユニバーサル ミュージックから移行される。 付で代表取締役会長兼CEOに小林和之が就任• - 代表取締役CFO兼COOに堀切英明が就任• アーティスト [ ] 2019年6月現在、五十音順。 2016年〜• 2015年〜• 2019年〜• 2005年〜• 2015年〜• 2017年〜• 2018年〜• 2016年〜• 2018年〜• 2013年〜• 2013年、2016年〜• 2012年、2017年〜• 2014年〜• 2017年〜• 2007年〜2009年、2014年〜• 2007年〜2012年• 2017年〜• 2013年〜• 2010年〜• 2015年〜• 2018年〜• 2017年〜• 2016年〜• 2013年〜• 2016年〜• 2017年〜• 2015年〜• 2017年〜• 2015年〜• 2013年〜• 2011年〜• 2019年〜• GO TO THE BEDS 2020年~• PARADISES 2020年~• 2016年〜• 2016年〜• 2016年〜• 2013年〜• 2015年〜• 2014年〜• 2016年〜• 2017年〜• 2006年〜• 2001年〜• 2013年• 2016年〜• 2011年〜• 2015年〜• 2011年〜• 2015年〜• 2016年〜• 2017年〜• 2014年〜• 2019年〜• 2016年〜• 2016年〜• 2019年〜• 2010年〜• 2007年〜• 2017年〜• 2010年〜• 1984年〜• 2018年〜• (旧:チームしゃちほこ、2012年〜)• 2015年〜• 2012年〜• 2014年〜• 2013年〜• 2017年〜• 2017年〜• 2005年〜• 2016年〜• 2016年〜• 1997年〜2001年、2017年〜• 2016年〜• 2015年〜• 2012年〜• 2017年〜• 2017年〜• 2015年〜• 2015年〜• 2015年〜• 2011年〜• 2017年〜• 2015年〜• 2017年〜• 2010年〜• 2010年〜• 2009年〜• 2014年〜• 2016年〜• 2018年~• 1981年〜1982年、2012年〜• 2016年〜• 2016年〜• 2016年〜• 1982年〜• 2017年〜• 2017年〜• 2017年〜• 2018年〜• 2015年〜• 2017年〜• 2013年• 1973年〜1976年• 2013年〜2014年• 2013年〜2016年 (解散)• 2004年 (解散)• 2011年〜2014年• 2004年〜2005年• 2010年〜2012年• 1991年〜1993年• 2006年〜2009年• 2007年〜2010年• 2004年• 2011年• シンガーズ• 2011年〜2013年• 1997年~1999年 (から移籍)• 2012年• 2015年• 2005年• 2007年• 2012年• 2011年• 2001年• 1997年〜1999年• 1972年〜1973年 (後に大塚博堂と芸名を変えてから再デビュー)• 2005年〜2008年• 1993年〜1997年• 1990年〜1991年• 2012年〜2013年• 2010年〜2013年• 2012年〜2013年• 春日はるみ 1973年〜? 1978年〜1979年• 2014年• 1999年〜2001年 (2002年活動終了)• 1977年〜? 2014年〜2016年• 1990年〜1994年 (解散)• 2013年〜2015年• 2001年〜2004年 (現在活動休止中)• 2013年• 2010年• 2010年〜2014年• 2011年〜2012年• 1984年〜1987年• 2000年〜2003年• 1973年〜1975年、1991年• 2012年〜2014年• 2010年〜2012年• 1974年〜1978年• 2004年〜2010年• 2010年〜2013年• 2011年〜2014年• 2008年〜2010年• 1999年〜2001年• 2009年• ()(Label:ELEKTRA)• 2012年• 2011年〜2013年• 1971年〜1979年• (2011年8月7日死去)• 2013年• 1983年〜1984年• 2013年• 原盤権についてはトライアングルプロダクション在籍時代の作品は当社単独で、在籍時代の作品は同社と共同で所有)• 2009年〜2010年• 2000年〜2003年• 1997年〜1998年• 1995年〜1998年• () 1998年• 1989年〜1999年• 2011年• 1990年〜1994年• 2005年〜2008年• 2002年〜2003年• 2012年• 2002年〜2008年• 1991年〜1992年• 1983年〜1984年• 2014年• 2013年〜2014年• 2015年• 2005年〜2006年• 2006年• (2007年〜2011年1月解散)• 2011年• 2008年〜2013年• 2007年〜2010年• 2005年〜2006年• 2013年〜2014年• 2006年〜2007年• 2011年〜2012年• 2005年〜2007年 (活動休止)• 2003年〜2004年• 2013年• 1986年• 2012年〜2015年• 2004年〜2005年 (解散)• 2008年〜2011年• 2011年• 2013年〜2014年• 1985年〜1988年• 1981年 (から移籍)• 1987年〜? (2000年〜活動休止。 活動再開後はインディーズで活動)• 羽田惠理香(現:、1996年)(解散以降、ポニーキャニオンから移籍)• 2008年〜2014年• 2015年• 1983年• 2012年〜2013年• 2008年• 2012年• に活動休止。 1976年〜1989年 (コロムビアから移籍)• 2015年• (黒夢のベーシスト) 1997年• 2013年〜2014年• 1997年〜2000年• 1988年〜1991年• 2014年• 2006年• 2011年〜2012年• 2001年〜2004年• 1993年〜2004年• 1989年〜1990年• 1979年• 1999年〜2012年• 2013年• 2002年〜2006年• 2012年• 2002年〜2003年、2013年• 2007年〜2014年• (1998年〜1999年活動終了)• 2004年〜2013年• 2015年• 2004年〜2009年 (2011年9月に音楽活動中断)• 2007年〜2012年• 1983年• 2012年〜2016年 (へ移籍)• 2011年〜2012年• (ワーナー・パイオニア時代、『』終了まで。 『』以降は)• 2008年• 2001年〜2008年 (へ移籍)• 2004年• 2012年• 1985年〜1996年• 2013年• 2000年〜2003年• 2004年• 2001年〜2018年• 2013年〜2015年• 2012年• 1995年〜1996年• 1995年〜1997年• (2007年〜2011年12月活動休止)• 2002年〜2003年• 鷲と鷹• RVCとワーナー時代のはが所有。 ) 社内レーベル [ ] 消滅レーベルも含む。 Records• A'zip Music• Atlantic Japan• DREAM MACHINE• east west• ENTRANCE• FUELED BY MENTAIKO(とのジョイントベンチャー )• Futurista• GARLAND• Jupiter• NAT• Organon• PASION RECORD! (のプライベート・レーベル)• PHOTON• PLANETS• Real Note• River Way(のプライベート・レーベル)• root of style(のプライベート・レーベル)• SAMURAI ROCK(のプライベート・レーベル)• SPROUSE• TRINITAS• TACO RECORDS(のプライベート・レーベル)• - 高橋優・きゃりーぱみゅぱみゅらが所属• VYBE• WARNER SUNSET• WEA Japan• World art(の自主レーベル) 販売委託レーベル [ ]• RODIO 〜今も聞こえる笑い声〜(Dear namijin Ver. 初音ミク WPCL-11058 オリコン最高101位• Keep Love Together feat. The BIG ROOM Family a. 初音ミク WPCL-12021 WPCL-12022 オリコン最高65位• 初音ミク、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、KAITO、MEIKO• 初音ミク• 鏡音レン• 初音ミク、巡音ルカ• 初音ミク• 教えて! ) feat. 鏡音リン、鏡音レン• 初音ミクの消失(feat. 石川綾子 ヴァイオリン ver. 鏡音リン、鏡音レン• 重音テト• まさに・・・まさに・・・女神サマ!! 初音ミク• 初音ミク• 鏡音リン• Calc. 巡音ルカ• 初音ミク• 初音ミク• 未来序曲• ハジメテノオト• 初音ミクの消失• ロミオとシンデレラ• 裏表ラバーズ• 結ンデ開イテ羅刹ト骸• ODDS&ENDS〜こっち向いて Baby〜罪の名前• Starduster DISC 2• 炉心融解〜ココロ〜悪ノ娘〜悪ノ召使〜ロストワンの号哭• FREELY TOMORROW〜ビバハピ• からくりピエロ〜ドレミファロンド• ウミユリ海底譚〜ヒビカセ〜ゴーストルール• 千本桜• ぽっぴっぽー• Tell Your World• メルト 2017年02月22日 WPCL-12462 オリコン最高41位• ガッツだぜ!! UNDER THE PRETENSE Remixed by YOW-ROW• Dance naked,Under the moonlight. 元プロ野球選手のが、球界引退後に入社したパイオニアから出向して社員として在籍し、営業や制作ディレクター等を務め、その後取締役となる。 ワーナーブラザーズ・パイオニア設立前の日本における(現在のワーナー・レコード)の販売権はからは傘下の日蓄工業、からは東芝音楽工業(後の東芝EMI、現在の )にあった。 同じをルーツに持ち音楽事業も手がけるとは資本関係はない。 2014年にワーナー・ブラザースが事業整理し、ワーナーミュージックを売却しているため。 関連項目 [ ]• - かつての同社の社員で、現在はの社長。 - 2013年より業務提携。 脚注 [ ] []• その後、同社の家庭用AV事業は機能子会社の「パイオニアホームエレクトロニクス株式会社」への移管を経て、3月より「」の機能子会社の「」に再び移管された。 現在は持株会社制に移行。 米国本社でのディスク原盤製造の撤退に伴い、パイオニアLDCを通じての販売元としての契約は後に同社の後身であるが2017年秋まで担当していた。 尚、1997年より、規格品番がWP〇Vに該当される作品は発売元がワーナーミュージック・ジャパンになっている。 THE WALL STREET JOURNAL 日本版. 2013年2月8日. 2014年8月7日閲覧。 2017年6月1日. 2017年6月1日閲覧。 「あいたいよ」と「京都哀愁」の2枚のシングルのみの在籍• レーベル名は本家ワーナーミュージック内のレーベル「」のオマージュ• 先述した通り1990年のパイオニアの資本離脱により商標が使用できなくなったため。 外部リンク [ ]• warnerclassicsjapan -• - チャンネル• warnermusicjapan. intl -.

次の