夢 たちばな ビレッジ。 初心者にオススメのキャンプ場「福岡県:夢たちばなビレッジ]バンガロー編

福岡県八女市「夢たちばなビレッジ」手作りピッツアがバリ旨っ!!

夢 たちばな ビレッジ

イン時間が早めなので、昼からゆっくり楽しめますね デイキャンプ利用について 利用時間は、 9:00~16:30です。 日帰り料金 中学生以上 300円 3歳以上 200円 3歳未満 無料 BBQ台 持込 1,000円 レンタル品 テント、タープ、テーブルセット、BBQコンロ、調理器具など種類豊富です。 ゴミ回収について ゴミは基本 持ち帰りですが、有料で回収もしていただけます。 受付で専用ゴミ袋(1枚300円)を購入します。 灰や燃え力スは、場内の 炊事棟に灰捨て場があるので、そちらへ捨てましょう。 ペットの同伴 介護犬以外のペットの同伴は禁止です。 焚き火/花火 直火は 厳禁です。 焚火台を使用しましょう。 花火は、手持ち花火のみ夜21時まで楽しむことができます。 また、電源利用料は宿泊料に含まれています。 売店/自動販売機 管理棟で、 キャンプ用品や 日用品が多数販売されています。 薪は 1束300円です。 木炭や着火剤も販売されています。 中段の食器は、レンタルで1枚25円です。 受付のすぐ横には自動販売機もあります。 管理棟前の広場 管理棟前の広場には、川沿いに建つ東屋があります。 BBQやイベントなど、多目的に利用できるようです。 写真の木陰の感じを見てもわかる通り、とても 雰囲気が良かったです。 もうひとつの東屋には、本格的な ピザ窯が! オートサイトエリア側には、すべり台などの 遊具もありました。 水遊びエリア 夢たちばなビレッジの中を流れる小川です。 水深が浅いので、小さなお子さんでも水遊びが楽しめそう。 水も 透き通っていて、非常に キレイでした!5月中旬~6月上旬には ホタルが見られるそうです。 小川をまたぐように吊り橋が掛かっています。 この吊り橋、意外と 揺れます!.

次の

初心者にオススメのキャンプ場「福岡県:夢たちばなビレッジ]バンガロー編

夢 たちばな ビレッジ

先日利用した 夢たちばなオートビレッジの住所は、 福岡県八女市立花町白木3720 エリア的には「柳川・八女・筑後エリア」になります。 車でのアクセスは、 九州自動車道八女ICより、国道442号線を経由し、県道4号で玉名方面へ進み、約20分。 ナビで近くに来ると、 右側に黄色い看板が見えるので、 その瞬間に速攻で曲がって入ります。 曲がって、左手にこんな感じで管理棟があります。 この右側の所に車を停められるスペースが並んでいるので、そこで車を停めるか、 管理棟を過ぎてすぐに左に入って バンガロー利用者専用駐車場があるので、3台駐車できるので、そこが止められれば、そこに駐車して受付を済ませるのがオススメです。 ちなみに、オートサイトの入口は、この管理棟の手前から入っていきます。 施設についての情報は、 以前テントサイトを利用したときに紹介した キャンプ場の記事と内容が重複してしまいますので、そちらをご参照ください。 過去記事: 今回は、バンガローにスポットを当てて紹介させていただきます。 4番の奥に進み、裏に5番と6番があるようです。 今回、私たちは3番を案内されました。 バンガロー前のスペースは、1番と2番は狭く、3番と4番は割と広く使えそうですが、 タープを広げるにはギリギリか?という広さでした。 ただ、バンガローに屋根付きのウッドデッキテラスがあるので、 雨キャンプでも安心してバーベキューが楽しめます。 ウッドデッキテラスの広さはこんな感じでセットできるイメージです。 バンガロー前には、1棟につきテーブルセット(移動可能)がついているので、 晴れの時はここに座ってバーベキューなど楽しめますね! ウッドデッキテラスには照明がついています。 ちょうど焚き火台テーブルで焚き火台をセットした場所に照明があたっていました。 特に何もないのに、入った瞬間に暴れまわって楽しそうな子供達 笑 広さ的には、奥がバンガローの形状的にも斜めの傾斜になってデッドスペースになりますが、荷物を置くスペースとして使えば問題ない感じでした。 ホームページには「内部は6畳程度の広さ」と書いてましたが、このデッドスペースを抜けての6畳くらいのイメージで、思ったより広い!というのが印象でした。 普通はバンガローにエアコンってないっていうイメージですが、ここのキャンプ場は標高が高いところではないので、夏場は暑い、ということからエアコンがあるのではないかと勝手ながら推測しています。 四の五の言わず、 エアコン完備はありがたいですね バンガロー内は、エアコンの下あたりの位置に電源が3口ありました。 5名での利用だったので、銀マットを2枚重ねて3列敷き詰めて寝ました。 ホームページ説明で「薄いマットを置いている他は特に何もありません。 夏はタオルケット等を持ち込んで下さい。 」と書いていたのでシュラフを持って行き、タオルケット代わりに使いました。 バンガロー内から見た、ウッドデッキテラス。 家族5人でバンガローに一気に駆け込む、 サザエさんのエンディング曲のイメージです 笑 そうすると、急いで入るので長男と次男あたりが無駄に焦って、靴を脱ぐときにコケて砂がちょっと入ってしまいますが、 そこは、 このホウキで掃除してね、と設置されてるので最後に綺麗にして後にする。

次の

夢たちばなビレッジ

夢 たちばな ビレッジ

先日利用した 夢たちばなオートビレッジの住所は、 福岡県八女市立花町白木3720 エリア的には「柳川・八女・筑後エリア」になります。 車でのアクセスは、 九州自動車道八女ICより、国道442号線を経由し、県道4号で玉名方面へ進み、約20分。 ナビで近くに来ると、 右側に黄色い看板が見えるので、 その瞬間に速攻で曲がって入ります。 曲がって、左手にこんな感じで管理棟があります。 この右側の所に車を停められるスペースが並んでいるので、そこで車を停めるか、 管理棟を過ぎてすぐに左に入って バンガロー利用者専用駐車場があるので、3台駐車できるので、そこが止められれば、そこに駐車して受付を済ませるのがオススメです。 ちなみに、オートサイトの入口は、この管理棟の手前から入っていきます。 施設についての情報は、 以前テントサイトを利用したときに紹介した キャンプ場の記事と内容が重複してしまいますので、そちらをご参照ください。 過去記事: 今回は、バンガローにスポットを当てて紹介させていただきます。 4番の奥に進み、裏に5番と6番があるようです。 今回、私たちは3番を案内されました。 バンガロー前のスペースは、1番と2番は狭く、3番と4番は割と広く使えそうですが、 タープを広げるにはギリギリか?という広さでした。 ただ、バンガローに屋根付きのウッドデッキテラスがあるので、 雨キャンプでも安心してバーベキューが楽しめます。 ウッドデッキテラスの広さはこんな感じでセットできるイメージです。 バンガロー前には、1棟につきテーブルセット(移動可能)がついているので、 晴れの時はここに座ってバーベキューなど楽しめますね! ウッドデッキテラスには照明がついています。 ちょうど焚き火台テーブルで焚き火台をセットした場所に照明があたっていました。 特に何もないのに、入った瞬間に暴れまわって楽しそうな子供達 笑 広さ的には、奥がバンガローの形状的にも斜めの傾斜になってデッドスペースになりますが、荷物を置くスペースとして使えば問題ない感じでした。 ホームページには「内部は6畳程度の広さ」と書いてましたが、このデッドスペースを抜けての6畳くらいのイメージで、思ったより広い!というのが印象でした。 普通はバンガローにエアコンってないっていうイメージですが、ここのキャンプ場は標高が高いところではないので、夏場は暑い、ということからエアコンがあるのではないかと勝手ながら推測しています。 四の五の言わず、 エアコン完備はありがたいですね バンガロー内は、エアコンの下あたりの位置に電源が3口ありました。 5名での利用だったので、銀マットを2枚重ねて3列敷き詰めて寝ました。 ホームページ説明で「薄いマットを置いている他は特に何もありません。 夏はタオルケット等を持ち込んで下さい。 」と書いていたのでシュラフを持って行き、タオルケット代わりに使いました。 バンガロー内から見た、ウッドデッキテラス。 家族5人でバンガローに一気に駆け込む、 サザエさんのエンディング曲のイメージです 笑 そうすると、急いで入るので長男と次男あたりが無駄に焦って、靴を脱ぐときにコケて砂がちょっと入ってしまいますが、 そこは、 このホウキで掃除してね、と設置されてるので最後に綺麗にして後にする。

次の