ありがちな恋愛 ライブ。 【乃木坂46】「ありがちな恋愛」が解禁したのでその感想を述べる!

「恋愛依存症」の特徴・なりやすい人・別れ方16選|回避依存症との違いは?

ありがちな恋愛 ライブ

「ありがちな恋愛」が乃木坂46オールナイトニッポンラジオで解禁されました。 4枚目のアルバム「今が思い出になるまで」 2019 の収録曲となります。 作詞は秋元康さん。 オールナイトニッポンの公式ホームページによれば歌唱メンバーは、卒業した西野七瀬さんを除く「帰り道は遠回りしたくなる」の選抜チームになっています。 歌詞考察 振られて自虐的な「僕」 タイトルに恋愛、とありますから、男女関係を歌っているのがわかります。 付き合いたてなのか終わりかかっているのか想像しますが、どうやら恋愛を解消したことで心を痛めている「僕」の心境が歌詞となっているようです。 それがわかる歌詞に、 ありがちな恋愛の結末はどれも同じでそう知らぬ間にふたり別の道を行く、があります。 別の道を行くことが「ありがちな恋愛」の結末となっていますから、恋愛解消はありがちだということになります。 ありがちは、世間によくあることという意味ですね。 恋愛に限らず人間関係が長くつづかないのは、ありがちなことでした。 なぜ「ありがちな恋愛」の「僕」は「君」と関係が続かなかったのでしょうか。 大抵関係が長くなればなるほど、相手の好みがわかって行動パターンも読めるようになると、新鮮味が薄れてきます。 そういうことも含めてありがちなのかなと思います。 冒頭の歌詞は、 同じ方向に並んだ団地の窓にいくつ幸せが存在するか数えて、風に揺れている洗濯物の色味でどんな家族なのか分かる気がしてしまうよ僕が守りたいものそこにあるのか?通りかかった道端で考えた、となっています。 「僕」は道端で、団地の窓を眺めています。 そこで揺れている洗濯物に「君」との生活を想像したのでしょう。 ですが、「君」とは別の道を行くことが決まっていますから、未来を思い描くことはできないのですね。 別れることが決まっているのに、団地の窓を眺めて妄想に耽っている「僕」が不意に道端で我に返っている画が思い浮かびました。 となると、「君」との生活を想像する自分に呆れているようにも思えます。 だから、そんな妄想を抱いてしまうのも「ありがちな恋愛」だと言いながら、自分を卑しめているのでしょう。 だから、僕が守りたいものはそこにあるのか? と疑問を抱いたのでした。 同時に、いや別れているんだから守るも何もあったものじゃないとも考えたでしょう。 終わりに 道端で見かけた洗濯物に思いを馳せるくらいなので、「君」に対する未練は大きなものになっていそうです。 例えば、 ありがちなサヨナラはそれで良かったと言い聞かせて何回も後ろばっかり振り返るだけさ本当は納得できてないってことだろう後悔はいつだって意地との綱引き、という歌詞からは未練が感じられることでしょう。 もしかしたら、歌詞に登場する 団地の窓の洗濯物は、「君」と新しいパートナーのものなのかなとも思いました。 そう考えれば、 現実はいつだって退屈なものだ、となるのも納得できます。 「立ち直り中」の主人公は、かつての恋人であった「あなた」の家まで行ってしまいます。 この主人公も未練を引きずっていますから「ありがちな恋愛」の「僕」に重なりました。 終わり.

次の

乃木坂46 ありがちな恋愛の歌詞、選抜メンバー、センターは

ありがちな恋愛 ライブ

「ありがちな恋愛」が乃木坂46オールナイトニッポンラジオで解禁されました。 4枚目のアルバム「今が思い出になるまで」 2019 の収録曲となります。 作詞は秋元康さん。 オールナイトニッポンの公式ホームページによれば歌唱メンバーは、卒業した西野七瀬さんを除く「帰り道は遠回りしたくなる」の選抜チームになっています。 歌詞考察 振られて自虐的な「僕」 タイトルに恋愛、とありますから、男女関係を歌っているのがわかります。 付き合いたてなのか終わりかかっているのか想像しますが、どうやら恋愛を解消したことで心を痛めている「僕」の心境が歌詞となっているようです。 それがわかる歌詞に、 ありがちな恋愛の結末はどれも同じでそう知らぬ間にふたり別の道を行く、があります。 別の道を行くことが「ありがちな恋愛」の結末となっていますから、恋愛解消はありがちだということになります。 ありがちは、世間によくあることという意味ですね。 恋愛に限らず人間関係が長くつづかないのは、ありがちなことでした。 なぜ「ありがちな恋愛」の「僕」は「君」と関係が続かなかったのでしょうか。 大抵関係が長くなればなるほど、相手の好みがわかって行動パターンも読めるようになると、新鮮味が薄れてきます。 そういうことも含めてありがちなのかなと思います。 冒頭の歌詞は、 同じ方向に並んだ団地の窓にいくつ幸せが存在するか数えて、風に揺れている洗濯物の色味でどんな家族なのか分かる気がしてしまうよ僕が守りたいものそこにあるのか?通りかかった道端で考えた、となっています。 「僕」は道端で、団地の窓を眺めています。 そこで揺れている洗濯物に「君」との生活を想像したのでしょう。 ですが、「君」とは別の道を行くことが決まっていますから、未来を思い描くことはできないのですね。 別れることが決まっているのに、団地の窓を眺めて妄想に耽っている「僕」が不意に道端で我に返っている画が思い浮かびました。 となると、「君」との生活を想像する自分に呆れているようにも思えます。 だから、そんな妄想を抱いてしまうのも「ありがちな恋愛」だと言いながら、自分を卑しめているのでしょう。 だから、僕が守りたいものはそこにあるのか? と疑問を抱いたのでした。 同時に、いや別れているんだから守るも何もあったものじゃないとも考えたでしょう。 終わりに 道端で見かけた洗濯物に思いを馳せるくらいなので、「君」に対する未練は大きなものになっていそうです。 例えば、 ありがちなサヨナラはそれで良かったと言い聞かせて何回も後ろばっかり振り返るだけさ本当は納得できてないってことだろう後悔はいつだって意地との綱引き、という歌詞からは未練が感じられることでしょう。 もしかしたら、歌詞に登場する 団地の窓の洗濯物は、「君」と新しいパートナーのものなのかなとも思いました。 そう考えれば、 現実はいつだって退屈なものだ、となるのも納得できます。 「立ち直り中」の主人公は、かつての恋人であった「あなた」の家まで行ってしまいます。 この主人公も未練を引きずっていますから「ありがちな恋愛」の「僕」に重なりました。 終わり.

次の

「ありがちな恋愛」乃木坂46コール

ありがちな恋愛 ライブ

はじめに こんにちは、YUMAです! ついに乃木坂46の4thアルバム「今が思い出になるまで」のリード曲、「ありがちな恋愛」が公開されましたね!! 今回は、その感想について書いていきたいと思います。 ありがちな恋愛の概要 まずはこの曲に関しての情報をまとめます。 作詞:秋元康 作曲:杉山勝彦 編曲:野中"まさ"雄一収録メンバー:秋元真夏、生田絵梨花、伊藤理々杏、井上小百合、梅澤美波、大園桃子、齋藤飛鳥、斉藤優里、桜井玲香、佐藤楓、白石麻衣、新内眞衣、高山一実、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理、山下美月、与田祐希 作詞 作詞はもちろん秋元康。 今までで何曲作曲してんだこの人…笑。 作曲 そして作曲は杉山勝彦さん!!杉山勝彦さんと言えば、「制服のマネキン」「君の名は希望」「サヨナラの意味」「きっかけ」「僕がいる場所」「私のために誰かのために」etc…と数々の名曲を作曲してきたすごい人です。 オタクの多くは作曲が杉山勝彦さんと知っただけで神曲が来ると予想したのではないでしょうか。 杉山勝彦さんは「僕がいる場所」、「きっかけ」、「ありがちな恋愛」と、アルバム4作中3作のリードトラックを作曲しています。 そしてどれも超神曲!! 歌唱メンバー 歌唱メンバーは、22ndシングル選抜メンバーから卒業した西野七瀬、若月佑美、衛藤美彩の3人を除いた計18人。 この3人が一気にいなくなると寂しさを感じますね。 感想 逆再生のような音から始まり、サビのメロディーに続くイントロ。 この時点で僕は「あ、神曲だ」と思いました。 続いて爽やかなAメロからどこか寂しさを感じさせるBメロへ。 このBメロ大好きです。 サビは盛り上がりつつ儚げな感じがしました。 そしてラスサビでは杉山勝彦さん必殺の転調!!この転調ずるいわー笑。 全体を通して、まさに乃木坂らしさ全開の曲だなーという印象を受けました。 オタクからの評判も良いみたい! オタクちょろすぎ。 まとめ ということで、「ありがちな恋愛」はさすが杉山勝彦さん作曲という感じの神曲でした!!杉山さんは乃木坂っぽい雰囲気を出すのが本当にうまいなーという印象。 といっても、神曲なことに変わりはありません。 早くライブやTVでパフォーマンスを見てみたいですね! 関連記事 Psuke222.

次の