静岡 おでん おがわ。 静岡おでん おがわ(地図/静岡/おでん)

ご当地グルメ宅配便「静岡おでんおがわ」ページ

静岡 おでん おがわ

こそ庶民の味 といえば、主に県の中部で食べられているご当地グルメの代表格。 古くから地元に根付いており、まさに庶民の味の象徴。 の鍋には、名物の黒はんぺんや地元産の練りものなど、がぎゅっと詰まっています。 の食を知るには、まずはを食べてほしい! 今回は、そんなの魅力を、創業70年の歴史を誇る「おがわ」さんに伺ってきたのですが、昔ながらのお店で、あつあつのおでんを食べたら、なんだかとてもほっこりした気持ちになりました。 そうか、これは「癒し」だ! 都会の喧騒に疲れたみなさん。 癒しを欲しているみなさん。 の名店「おがわ」さんでほっこり体験してみませんか? の火付け役は佐藤浩市さん!? の歴史は古く、戦後まもなく屋台から広まったとされ、次第に屋台から店舗、駄菓子屋に変化していったそう。 しかし、全国的にその名が知れ渡ったのは、実は10年ほど前とごく最近の話なのです。 ブームのきっかけは、佐藤浩市さん出演のキリン一番搾りのCMに、が登場したこと。 当時のキリンの社長さんが県出身だったことから、かなりがクローズアップされました。 ここからの知名度はぐんと上がったんですね。 「おがわ」とは? 「おがわ」さんは、浅間神社に続く浅間通り商店街にお店を構える老舗のおでん屋。 ご家族で営む懐かしさとぬくもりを感じるお店です。 お客さんも「おばあちゃんちに来たみたい」と言ってくださるそうですよ。 確かに「ただいま」と言いたくなる雰囲気。 平日は地元のお客さんで賑わいますが、土日は6〜7割が観光客だとか。 県外のみなさんにもは浸透してきているんですね。 地元ではかなりの有名店で、テレビや雑誌の取材は数え切れないほど。 芸能人のサインも壁一面に所狭しと飾られています。 ちなみに、説明不要の国民的アニメ「サザエさん」のオープニングに「おがわ」さんが登場したこともあります。 の定義 そもそもの定義ってなんでしょうね。 答えはお店の中にありました。 黒はんぺんが入っている• 黒いスープ(牛すじだし)である• 串に刺してある• 青のり・だし粉をかける• 駄菓子屋にある こんな特徴があります。 最後の「駄菓子屋にある」に関しては、現在ではそれほど厳格ではないそう。 市内の多くの居酒屋で、が提供されていますからね。 ちなみに、ではんぺんといえば、イワシなどの青魚が原料の黒はんぺんのこと。 市民が、白はんぺんを見て衝撃を受けるのは、あるあるネタです。 「はんぺんは黒でしょ?」と誰もが思っているんですよね。 スープはなぜ黒い?? のスープは黒いのが当たり前。 「おがわ」さんのスープも牛すじだしと醤油ベースのスープを長年継ぎ足しながら煮込んでいるので、このように黒いんです。 砂糖やみりんは一切使われていません。 というのも、オープン当時は、砂糖もみりんも高価だったから。 今でも同じやり方で、伝統の味を受け継いでいるんですね。 このスープには、牛すじや練りものから出る積年の旨みや甘みが、たっぷり詰まっています。 「おがわ」さんならではのこだわり 「おがわ」さんのおでんは、素材にもこだわっています。 牛すじは国産、黒はんぺんは市場に出回らない肉厚の産。 については、先代がおでんに適していると惚れ込んだ今金産のを、今でも変わらず使っているそうです。 を実食 「おがわ」さんで人気の牛すじ、黒はんぺん、大根、、しのだまきを食べさせてました。 牛すじはとても柔らかく、ほろっと簡単にほどけていきます。 黒はんぺんは本当に肉厚!市販のものはもっと薄いので、この厚さは「おがわ」さんならでは。 大根とは、良い意味で中までスープがしみ込んでいません。 それにより、大根はみずみずしさがあり、はホクホクで、素材本来の良さを感じ取ることができます。 (もしかしたら、来店時間によってネタの状態は違うかもしれません) しのだまきは、と鱈のすり身を合わせた練り物。 初めて食べましたが、とても相性が良いです。 は、スープが黒いので「味が濃いのでは?」と思いがちですが、実際に食べてみると、驚くほどにあっさり。 あっさりだけど、牛すじや練り物は旨みが凝縮されているので、箸が進みます。 かき氷と一緒に食べよう はかき氷と一緒に食べるのが常識。 おでんを食べ終わった後にかき氷を食べるのではなく、交互に食べます。 これは暑い夏でもおでんをおいしく食べられるようにという意味があるそうです。 「おがわ」さんでは、手作りシロップのかき氷があるので、ぜひおでんと一緒に注文してみてくださいね。 もちろんにも合います 「おがわ」さんではお酒も飲むことができます。 特におでんとはベストマッチに決まっています。 佐藤浩市さんのように、がむしゃらにおでんにかぶりつき、を飲めば幸せな気持ちになれることでしょう。 ちなみに「おがわ」さんのは、もちろんキリンです。 ひたむきに受け継いでいく 先代がよく言っていた言葉に「スープは生きている」という言葉があったそうです。 継ぎ足して作るスープは、火を入れないとダメになってしまう。 だから命を絶やさぬよう、毎日火を入れているのです。 スープの味もずっと変えていません。 今でも砂糖やみりんは使いません。 「先代の言葉を守ってやっているだけですよ」 「礎があったから今があるんです」 そう語る小川さん。 先代への感謝を口にする小川さんの目は優しくも力強く、私は胸が熱くなりました。 なるほど、このひたむきに受け継いでいく姿勢が、おでんに反映されているのか。 そう思ったら、幸せな気持ちでいっぱいになりました。 まとめ の「おがわ」さんは、ぬくもりが溢れる名店でした。 人に感謝しながら作るおでんは、やっぱり人に愛されるのでしょう。 朝食として仕事前に、子供たちのおやつに、夕飯のおかずに、人々が「おがわ」さんを訪れるそんな昔の風景が目に浮かぶようでした。 みなさんも「おがわ」さんで、に舌鼓を打ちながら、ほっこり優しい気持ちになってみてはいかがでしょうか。 お店の情報• 店名:おがわ• 住所:県市葵区馬場町38• 電話番号:054-252-2548• 営業時間:10:00~18:30(ネタがなくなり次第閉店)• 定休日:水曜日(祝日の場合は営業• 席数:24席• 支払方法:現金のみ(クレジットカード不可)• 喫煙席:全席喫煙可能• 駐車場:なし(近隣に有料駐車場あり) プロフィール はなげっくす 「グルメの魅力を伝えたい!」 Twitter:.

次の

静岡民のリアルな庶民グルメを楽しもう!静岡おでん「おがわ」のアツアツおでんと黒いスープは旨くて安くて最高だ

静岡 おでん おがわ

静岡おでん文化を発信する 葵区の定番駄菓子屋おでん店 葵区馬場町、静岡浅間神社前の商店街『浅間通り』にある駄菓子屋系おでんの老舗。 1948年創業、静岡おでん文化の創成期からあるお店です。 店主の名物おばちゃんとその家族で経営しており、おでんの他におにぎり・かき氷なども提供。 駄菓子屋系の店舗ながらアルコールも豊富に扱っています。 地元の方も、観光の方も幅広い世代に愛される、静岡おでんの人気店。 お店選びに迷ったらまず候補にしていただきたい定番のお店です!• 広告 店舗紹介 おがわ:雰囲気 外観 朱色の暖簾が目印の外観。 静岡おでんがメインですが、たばこの販売や入口のショーケースにはおにぎり中心に並びます。 ものすごくレトロで海の家のような内装です。 入口すぐにおでん鍋。 静岡おでんはいくつかのルールが決まっていますが、お鍋の形はお店によってさまざま。 駄菓子屋系静岡おでんのお店は家庭的な鍋のスタイルも多いですが、おがわさんはコンビニなどでも見る定番の形ですね。 壁一面のサイン 左側の壁にはテレビ局や有名人のサインがずらり!全国ネットの番組で静岡おでんが取り上げられる際には大体おがわさんが登場します。 静岡おでんを伝えるうえでの広告塔のような存在とも言えますね。 中には15年以上前のサインもありました。 おがわ:メニュー 豊富なメニュー おでんコーナーと右側のカウンター上にドリンクやかき氷メニューが揃っています。 おでんメニューは豊富な定番種と少しの変わり種。 かき氷も年中注文でき、こちらも種類豊富ですね。 またこういうお店では珍しく、アルコールメニューがレストラン並みに揃っています。 おでんにはかき氷が定番? 静岡おでんと富士山かき氷 おがわさんの店頭には『静岡市ではおでんとかき氷を一緒に食べるのが常識!』と看板が掛けられてます。 他の店では聞いたことのない話な訳ですが。 それがおがわさんのスタイルならと、今回は定番のおでん3種と、静岡らしい富士山かき氷を一緒に注文してみました。 静岡おでん3種 黒いスープでしっかり煮込まれて真っ黒なのが静岡おでんの特徴ですね。 それでいて味は濃すぎず薄過ぎず、そのまま食べてもつまみにもピッタリな逸品です。 黒はんぺん 定番の黒はんぺん。 店によっては独特の磯の香りが気になる場合もあり、初体験の方は選んだお店によって印象が変わるかと思いますが、おがわさんでは非常に癖の少ない食べやすい品種を使用していました。 ただし静岡おでんと言えば黒はんぺんですので、まずは挑戦していただきたい一品ですね。 コリコリした魚介軟骨の食感、出汁をたっぷり吸ってジューシー&身厚です! 大根 厚切りで形もしっかりした大根は、静岡おでんの中でも特に他のおでんとのビジュアル差が分かりやすい一品。 黒く濃くついた茶色はしょっぱそうに見えますが、見た目よりはさっぱり。 それでいて出汁はたっぷり吸っているので、噛み締めると素材の甘さと出汁の旨味が口いっぱいに広がる逸品です。 こちらは他のおでんとの比較にも是非。 牛すじ 牛すじはどのお店でも他の種に比べて割高ですが、静岡おでんのルールに牛すじで出汁を取るとあるくらいに重要な種です。 しっかり出汁の浸み込んだ牛すじは身がぷるぷる。 とろける柔らかさとコリコリした噛み応えのある食感のどちらも損なわれない絶妙な煮加減です! おがわさんの牛すじは小さめですが、噛んでも噛んでも出汁が出続けるようなジューシーさ。 静岡おでんを満喫するなら必ず食べて欲しい逸品ですよ。 おでんと一緒に富士山氷 富士山氷 ブルーハワイシロップたっぷりできれいな富士山色、上からは練乳だけでなく、ラムネもかけられておりさわやかな味わいです。 炭酸が入っている訳ではありませんが。 近年定番の頭もキーンとしない高級かき氷とは違った、昔ながらの定番の氷ですね。 結局なぜおでんとかき氷なのかは謎ですが、熱々なおでんと冷たいかき氷を交互に食べると、味覚が研ぎ澄まされてより美味しくなったような気がします。 うどんを氷水洗いするみたいな感覚で、急激な温度変化にヒントがあるのでしょうかね?よくわかりませんが、おがわさんではこれが常識!是非お試しください! 店舗情報 店名 静岡おでん おがわ 住所 〒420-0867 静岡市葵区馬場町38 連絡先 054-252-2548 駐車場 なし 定休日 水曜日 営業時間 10:00~18:30(ネタがなくなり次第終了) 詳細 なし 関連記事 静岡市内のおでん店はこちらから! sakuyaoi.

次の

静岡おでん おがわ[静岡市葵区]|アットエス

静岡 おでん おがわ

「おがわ」は懐かしの雰囲気 静岡の浅間神社へ続く浅間通り商店街。 駿府城公園寄りの4番街に「おがわ」はあります。 えんじ色の暖簾が目印。 店内は、おばあちゃんちのような懐かしさを覚える雰囲気で、リラックスムードで過ごせます。 雑然としていますが、昔やっていたお菓子屋の名残がところどころにあって、歴史を感じますね。 多くの芸能人が「おがわ」のおでんを口にしています。 サインがズラリ。 静岡おでんはなぜ黒いのか? 静岡おでんがなぜ黒いスープなのかご存知でしょうか?「おがわ」では、牛すじだしと醤油ベースのスープを長年継ぎ足しながら煮込んでいるので、このような黒い色になるのです。 一見すると「味が濃そうだな」と思いますが、実は驚くほどにあっさり。 これは実際に味わっていただければわかります。 「おがわ」のメニュー 「おがわ」のおでんは、期間限定のものを含めて22種類ほどあります。 遅い時間になると、売り切れになるおそれがあるので、早めに訪れることをおすすめします。 お酒もあるので、ぜひおでんと合わせてみてください。 ビールとおでん最高でしょう。 静岡おでんはかき氷と一緒に食べるのが普通(食べたことないけど)。 「おがわ」には、自家製シロップのかき氷があります。 アンチ合成着色料のわたしとしては、自家製シロップはかなり嬉しいですね。 焼きそば・おにぎり・団子なども売っています。 静岡おでんを実食! さあ、静岡おでんを食べましょう。 牛すじ・黒はんぺん・じゃがいも・大根・しのだまき、人気の5品をいただきました。 ちなみに、おでんの上にかかっているのはこれです。 だし粉(かつお節を粉状にしたもの)と青のり。 これにより、おでんの旨味がより一層増します。 牛すじは歯がなくても大丈夫!それぐらいやわからい! 黒はんぺんは、市場に出回らないぶ厚いやつ!スーパーで売っているのはもっと薄いです。 じゃがいもはホクホクで、大根はみずみずしさがありました。 これは見事に素材の良さをダイレクトに感じることができます。 ちなみに、先代の頃からずっと、じゃがいもは北海道今金町のものを使っているとか。 しのだまきって知っていますか?鱈のすり身と油揚げを合わせた練り物。 お初でした。 お店の情報 店名 おがわ 住所 静岡県静岡市葵区馬場町38 電話番号 054-252-2548 営業時間 10:00~18:30(ネタがなくなり次第終了) 定休日 水曜日 座席数 24席 タバコ 不明 駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり) 静岡市葵区馬場町38 「おがわ」のここがおすすめ 「おがわ」のおすすめポイントをまとめてみました。 静岡おでんは見た目からは想像できないくらいあっさり。 おばあちゃんちのようなあったかい雰囲気が心地良い。 自家製シロップのかき氷は一緒に合わせたい。 まとめ おすすめ静岡おでんの名店「おがわ」は、とてもあったかい雰囲気で心が癒されました。 おでんはあっさりしていて食べやすかったですね。 静岡の中心市街地には、おでん横丁を中心に、静岡おでんのお店がたくさんあるので、はしごしてみるのもおもしろいです。

次の