大川 隆 法 の 息子。 大川隆法

【削除確定】幸福の科学総裁・大川隆法氏の長男の宏洋登場!教祖や幹部は霊言を信じてるの?年間の総収入は○○億円!?暴露連発

大川 隆 法 の 息子

幸福の科学の息子と言えば、長男宏洋(ひろし)と三男大川裕太です。 大川隆法との対立を深める長男宏洋との争いは泥沼化、スピード離婚に関わらず公表しない三男大川裕太、息子たちによるスキャンダルは続くのか … 特集記事の目次はこちらからどうぞ。 長男宏洋(ひろし)の脱会や三男大川裕太の離婚問題など、火種の燻る 息子に頭を抱える父(大川隆法)の姿が思い浮かべます。 神vs神の息子、壮絶な親子喧嘩の決着の行方は如何に。 (ちなみに、息子でも次男大川真輝ネタは掲載していません) 目次はこちら• 幸福の科学とは 幸福の科学は仏教系の新興宗教です。 神の生まれ変わりとして大川隆法が開祖した仏法を土台にした新宗教です。 信者数は公表されていませんが、世界100カ国以上に会員組織があり、メディア展開も出版から映画まで幅広く手がけ、国政には未だ手が届かないものの政党(幸福実現党)を運営し地方では市区町村議数も僅かばかり獲得しています。 幸福の科学で有名なのは、大川隆法の行う霊言(イタコ芸)で、歴史上の偉人や世界中の有名人の霊を口寄せです。 独自の切り口によって時事問題や宗教的なメッセージを届ける姿は 信者から絶大な支持を集めています。 一方で、最近では実の息子である長男宏洋(ひろし)が教団から離反し、対立する親子の様子がマスメディアの餌食になっています。 幸福の科学の息子たち(神の息子) 幸福の科学(大川隆法)の息子は3人います。 長男宏洋(ひろし)、次男大川真輝、三男大川裕太です。 その中でも話題になり最も注目されている息子が長男宏洋です。 幸福の科学から脱会し息子という立場上、教団の内情を知る故にタブーと言われる情報を外部に公開し、父であり教祖である大川隆法と息子の対立が深まっています。 メディアからすれば、息子の情報は一種のスキャンダルに繋がる可能性も大きいため、長男宏洋の一挙手一投足に注目が集まっています。 また、最近では表舞台から姿を消していた息子の1人三男大川裕太にも注目が集まっています。 妻であり女優であった雲母との離婚問題や過去世が神様や天皇だったのに対し烏天狗に格下げされるなど息子に関する話題は尽きません。 息子;長男宏洋(ひろし) 幸福の科学の教祖大川隆法の息子として最も有名なのは長男宏洋です。 2018年に幸福の科学と決別した長男宏洋は、現在はです。 幸福の科学の息子という事で注目が集まり、教団内部の裏事情を暴露するなどして、息子でありながら幸福の科学から訴訟をされています。 神である大川隆法(親)vs長男宏洋(息子)という構図は親子喧嘩としてわかりやすく、今まで 秘密のヴェールに隠されていた大川隆法や幸福の科学の真実の一部を垣間見れ、幸福の科学アンチだけでなく宗教に関わらずファンを増やしています。 幸福の科学からの公式発表によると、長男宏洋は息子のため擁護する形となり休職中という扱いで、息子は清水富美加(千眼美子)に嫉妬し教団から離反した、現在の長男宏洋の言行は精神異常による虚言だと主張しています。 息子にしかわからない話も多いため、第三者からすれば真相を確認する手段がない訳ですが、この壮大な親子喧嘩の結末に関心が高まっています。 息子;三男大川裕太 現在、教団内にいる息子で最も注目されているのは三男大川裕太です。 注目されるきっかけとなったのは、息子の過去世を大川隆法が簡単に変えてしまった事です。 天照大御神や明治天皇、垣武天皇などと言われていましたが、今では富士山の鳥天狗や日本稲荷の狐などと格下げされてしまいました。 妻でありの看板女優の1人だった雲母との 離婚問題が表面化する前に息子を案じて教団側が手を打ったのではないかと言う噂も囁かれています。 幸福の科学は親であり神である大川隆法を始め、息子である長男宏洋に続き三男大川裕太も離婚をしています。 幸福を科学しようとする教団で連続する離婚問題にも色々と事情はあるのかもしれません。 ちなみに雲母との離婚は現時点で幸福の科学からの公式発表はされていません。 まとめ.

次の

大川隆法の妻と息子と娘について!離婚理由と再婚についてもリサーチ!

大川 隆 法 の 息子

さん hiroshi19890224 がシェアした投稿 - 12月 31, 2017 at 10:14午後 PST 明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 さて、年始早々ではありますが皆様に御報告がございます。 私、大川宏洋は2017年12月31日をもってニュースタープロダクションとのタレント契約を終了いたしました。 そして、宗教法人幸福の科学の職員も今月いっぱいで 退職させていただくことになりました。 本日1月1日よりは、幸福の科学から離れて、 いち俳優・脚本家として芸能活動を続けていきます。 説明しなければならないことが多々ありますので、少しずつお伝えさせていただければと思います。 今、お伝え出来ることがあるとすれば。 不祥事等は一切起こしておりません。 表向きにはこの1ヶ月半の間は「体調不良による休養」という発表がなされておりましたが、 これは事実ではありません。 そして、出来ることであれば、もっとニュースタープロダクションでの仕事を続けていきたかったです。 Instagram、facebook、twitterのアカウントは、今後もこのアカウントをそのまま使わせていただきます。 色々ありました。 これからも色々あると思います。 しかし今後は、やりたい仕事を自由に出来るようになりましたので、自分にとって更に大きく飛躍するチャンスだと考えています。 これまでご支援下さった方々には、本当に感謝してもし切れない気持ちでいっぱいです。 これからも、個人として芸能活動を頑張ってまいりますので、何卒、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 平成30年元日 大川宏洋 ニュースタープロダクションの皆様に、お別れのメッセージを贈らせていただきます。 もう会って話すことも難しいでしょうし、グループLINEもすぐ消されてしまう可能性があるので、SNSでのお伝えになって… — 大川宏洋 hiroshi19890224 ニュースタープロダクションの皆様に、お別れのメッセージを贈らせていただきます。 もう会って話すことも難しいでしょうし、グループLINEもすぐ消されてしまう可能性があるので……(2018年1月8日12:47) 大川隆法氏の前妻・大川きょう子氏脱会との違いは? 仮にも幸福の科学会員である私にとって、大川宏洋氏脱会のニュースは衝撃的でした。 大川隆法氏の前妻である 大川きょう子氏が教団を追放された時のことがデジャブしました。 その際は、なぜ大川きょう子氏と離婚して教団を追放したのか、大川隆法氏が書籍等で説明しています。 追放の理由は、 「大川きょう子氏には様々な問題があり、大川隆法氏の活動の妨げになっていたから」というもの。 私自身、「きょう子氏は教団職員等に対して異常に厳しい。 きょう子氏が嫌で職員を辞めた人もいる」という話を過去に聞いていたため、納得しました。 幸福の科学では 『愛を与えること』の大切さを説いているので、離婚前からきょう子氏との結婚について違和感を感じていたのが本音です。 実際、きょう子氏と離婚してから、大川隆法氏の活動は目覚ましいものでした。 離婚前までは説法は年に1回程度だったのが、 年に何十回も説法をするように。 ちなみに、離婚前は、説法をリアルタイムで聞くための奉納額もありえないほど高かったです。 私もかなりの額をお布施しましたが、離婚後はどんどん安くなりました。 今回の騒動について大川隆法氏からの説明は? 話は脱線しましたが、大川宏洋氏の教団退職について、きょう子氏と同じような理由があるとは思えません。 いえ、宏洋氏に様々な問題があったと考えたくはありません。 今後、大川隆法氏が今回の件について 理由を明かしてくれるだろうと信じています。 幸福の科学に貢献していた大川宏洋氏について、大川隆法氏が何も語らないのでは信仰厚い会員たちも不安になるはずなので。 現状では、大川宏洋氏が 『(映画で)教団のPRだけではなく、もっと自由に表現をしていきたい』と主張し、大川隆法氏を激怒させたという噂が出回っています。 こんなささいな理由で退職させるのは不合理だと考えますが、早く理由を説明しないと本当のように思えるのが怖いです。 願わくば、大川隆法氏には一日も早く今回の件について説明されることを希望します。 このままでは、新作映画「さらば青春、されど青春。 」安心して観られないですよ。 大川宏洋氏の2018年1月31日投稿(2018. 14追記) 大川宏洋氏の新しい投稿です。 どうもスッキリしない内容ですね。 2018. 5時点で削除されていたので、以下にコピーした内容を記載しています 色々と情報が出回っているようなので、一度整理しておきます。 1月末で幸福の科学を退職する予定だったのですが、少し 延期してもらうことになりました。 2月末まで仕事が入っている関係で、諸々の身辺整理や手続きが間に合わないため、少しだけ待ってもらうことにしました。 退職するという結論に変わりはありません。 役職が変わったのは、弟の真輝君が配慮して動いてくれたからです。 旅立ちの餞として、ありがたく受け取らせていただきたいと思います。 真輝君、ありがとう。 映画『さらば青春、されど青春。 』関連の仕事につきましては、いち役者として公開が終了するまで携わらせていただくつもりです。 関係者の皆様には、ご心配をおかけして大変申し訳なく思っております。 私としては、けじめをつけるべき所はつけ、筋を通すべき所は通して、自分のやるべき仕事を全うしていきたいと思っております。 今後とも精一杯精進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。 写真はマーライオンパークからマリーナベイサンズの全景です!男2人ですが、イイ雰囲気になりました。 笑(2018年1月31日) 大川宏洋氏がYouTuberデビュー?(2018年8月23日追記) 驚きのニュースが飛び込んできました。 なんと、大川宏洋氏がYouTubeでユーチューバーデビューしたとのこと。 早速拝見しましたが、16分もある動画で見応え充分でした。 内容は、幸福の科学の大川隆法氏の息子であることを 自虐ネタにするなど、かなり衝撃的です。 笑いもあり、話上手で、頭の良い人だな~という印象を受けました。 幸福の科学会員は必見ですね! ( 注:「宏洋です。 youtube始めました!... 」は、第三者による著作権侵害の申し立てにより削除されました。

次の

大川隆法の嫁&息子と娘まとめ!離婚した元妻との間に子供5人

大川 隆 法 の 息子

「宏洋の人生ゼンツッパ!! 」抜粋 大川宏洋は幸福の科学の職員を辞めている。 教団の仕事は一切していない。 幸福の科学とは無関係。 大川宏洋は幸福の科学の信者ではない。 三帰誓願を自分はやっていないので、幸福の科学の信者でもない。 大川隆法の5人の子供全員も三帰誓願をやっていない。 幸福の科学の職員は法律上ボランティアと同じで雇用契約も結んでいないので、勝手に辞めても問題ない。 ゲートボール同好会を自由に辞めていいのと同じ。 大川宏洋は、大川隆法を神と思ったことは一度もない。 戸籍上の父親。 大川隆法と幸福の科学は、大川宏洋にとって過去の遺物。 そもそも、教義の内容に賛同できない部分がたくさんある。 大川隆法と考えを合わせないといけないのが一番合わなかった部分。 価値観を1つにしないといけないというのが気持ち悪く、生理的に無理だった。 例えば、「大川隆法が清水富美加が世界一かわいい」といったら、それに合わせないといけない。 価値観を強要する世界観はおかしい。 根本的な考え方が合わない。 大川隆法や幸福の科学と関わるのは時間の無駄で不毛なことなので関わらない。 幸福の科学の被害者の会のようなところに手を貸す気もない。 新しい教団を作る気もない。 アンチの活動をしたいわけではなく、自分のやりたい映画監督などの仕事をしたい。 清水富美加の芸能界脱退(出家事件)には納得できなかった。 大人としてやってはいけないことをした。 辞めるなら筋を通すべきだった。 清水富美加はジャンヌ・ダルクのような演出はすべきでなかった。 大川隆法総裁が扇動した。 DAIGOの霊言は名誉毀損そのもの。 大川隆法は北川景子の大ファンだから、公私混同しているだけ。 世の中に迷惑かけるようなことはしないでくれ。 自分は仕事の予定もいっぱい入っているんで、これ以上幸福の科学には関わらない。 これからはエンタメ関係の仕事に関係することをしていく。 サンデー・ジャポンから仕事が欲しい。 大川宏洋氏の幸福の科学に対する誤解 ・・・ いや、これはちょっとまずいですね。 幸福の科学が、というよりも大川宏洋氏が。 というのも、大川宏洋氏は、わざわざ動画で 「自分は、大川隆法氏の教えを理解していなかった」 ということを暴露しているから。 それは 『大川隆法と考えを合わせないといけないのが一番合わなかった部分』という一言に現れています。 そのような決まりは、幸福の科学の教えにありません。 大川宏洋氏の明らかな誤解です。 私からすると、 「えっ!?何を一人で勘違いしてるの!?(苦笑)」というレベル。 「大川隆法と考えを合わせなさい」なんて、聞いたことも読んだこともありません。 まさか、大川隆法氏の実子ともあろう人が全く教えを理解していないとは衝撃でした。 幸福の科学の教えは、個性を尊重し、互いに愛し合い・生かし合い・許し合うこと。 多様性の尊重こそ、幸福の科学の特長。 大川隆法氏が神なのかどうかは私にも分かりませんが、嘘はいけません。 今回のYouTubeを観て、大多数の幸福の科学信者は絶句したことでしょう。 大川宏洋氏は、「幸福の科学と自分は関係ない」と宣言することで、社会に受け入れてもらおうとしているのかもしれません。 まぁ、動画の最後で芸能界に媚びを売りまくっているところを見ると、 大川宏洋氏がその程度の人物ということが分かりました。 嘘をつくのは許せませんが、あまりにも父親が有名なのもかわいそうですね。 以上 大川隆法氏の意味深な寄稿が話題! 2018年9月20日に発刊された幸福の科学の小冊子「幸福の科学No. 380」で、 大川隆法氏の 意味深な寄稿がありました。 以下が大川隆法氏の「心の指針166」の内容です。 親子の逆転 同じ家族として過ごした親子なのに、 どうして気立ても、 才能も違っていくのだろうか。 魂の違いといってしまえば、 それまでなのだが、 どうしても、 この世では親子の秩序が、 優先するような気がして、 納得がいかないものだ。 旧い言葉では、 「鳶が鷹を生む」 ということもある。 平凡な親から非凡な子が生まれるたとえだ。 逆もまた真なりで、 非凡な親から平凡な子が生まれることもある。 あるいは運命のいたずらかとも思うが、 光が強ければ、 闇もまた強し、という気がする。 ただ、単に、 上下の問題だけではなく、 異質としかいいようがない場合もある。 とにかく世の中は一筋縄では行かぬ。 いっそのこと家族を、 動物園にたとえて、 上下ではなく、 違いを楽しんだ方がよいかもしれない。 違いがあるから、生まれてくる意味もあるんだ。

次の