エアコン室外機 カバー。 エアコンの室外機カバーは逆効果!?正しい使い方と注意点まとめ

エアコンの配管に化粧カバーは取り付けるべき?

エアコン室外機 カバー

エアコンの室外機カバーとは、室外機の上に取り付ける屋根のことを指します。 エアコン室外機に直射日光が当たっている人は、室外機カバーを取り付けることで、節電の効果を得ることができます。 本来、エアコンの室外機は、日陰に設置することが理想とされています。 直射日光の当たる場所に室外機を設置していると、室外機が温まり、エアコンの電力効率が低下してしまうからです。 そこで、室外機にカバーを取り付けると、カバーが日除けの役割を果たし、エアコンの電力効率低下を防ぐことができます。 しかし、 エアコンの室外機カバーはただ取り付ければ良いわけではありません。 室外機の当たる日差しの向きを計算し、適切なサイズのカバーを選ばなければ、エアコン室外機を日光から守ることができないからです。 そのため、エアコン室外機カバーの取り付けは、 エアコン本体の取付工事と一緒に、工事業者に依頼することがおすすめです。 エアコンサポートセンターの無料見積サービスでは、 専任のコールスタッフが、室外機カバーの取り付けに対応できる工事業者の中から最安値の業者をご紹介します。 このページの目次• エアコンの室外機カバーとは? エアコンの室外機カバーとは、下図のように室外機の上に取り付ける、屋根のようなものを指します。 この屋根をつけることで、エアコンの室外機が直射日光に当たるのを防ぎ、室外機本体や、周辺の空気の温度を下げることができます。 出典: エアコン室外機に取り付ける日よけカバーの省エネ効果 日よけカバーで室外機の温度を下げると、エアコンはより少ない電力で冷房能力を発揮することができます。 その結果、エアコンの室外機カバーをつけることで節電が可能になります。 そもそも冷房運転をしている時、エアコンの室外機は部屋の中にある空気の熱を外に逃がす役割を果たしてします。 しかし室外機に日光が当たり、本体や周辺の空気が熱くなってしまった場合、室外機は熱を捨てる際により多くのエネルギーが必要とします。 エアコンメーカーのダイキンは、直射日光が室外機に与える影響を以下のように説明しています。 <ダイキン工業より太陽熱が室外機に与える影響の説明> 出典: そのため同じようにエアコンの冷房を使っていても、室外機に日光が当たっている家のほうが、室外機を日陰においている家よりも高い電気代を支払うことになります。 上記のような事態を避けられるのが、室外機の日よけカバーです。 日除けカバーを室外機にかぶせると、室外機に直射日光が当たらなくなり、室外機やその周辺の温度は低くなります。 その結果、エアコン室外機は本来の電力効率を発揮できるようになり、電気料金の節約につながります。 室外機に日光が当たっている人は日除けカバーを取り付けて節電できる エアコンの室外機カバーを設置して節電効果が得られるのは、室外機を日光の当たる場所に設置している人です。 現在エアコンの室外機が直射日光に当たる場所に設置している人は、太陽熱のエアコンで室外機の電力効率が悪くなっています。 その太陽光を日除けパネルで防ぐことで、省エネ稼動が可能になり、電気料金の節約につながります。 しかし室外機が日陰に設置されており、太陽熱の影響を受けていない人は室外機カバーを購入しても省エネの効果はありません。 もしあなたの自宅のエアコン室外機に直射日光が当たってしまっている場合は、日よけカバーを取り付けて電気代を節約しましょう。 省エネになるエアコン室外機カバーの取り付け方3ポイント 省エネ効果を得るための室外機カバーを選ぶためには3つのポイントを確認しなければなりません。 カバーで室外機の側面を囲わないこと• エアコン室外機のサイズ、寸法• 室外機に当たる日差しの向き 以下ではそれぞれのポイントについて詳しく解説していきます。 カバーで室外機の側面を囲わないように取り付けること 室外機カバーには、大きく分けて2つの種類があります。 室外機の上に乗せる屋根型の日除けパネル• 室外機を囲う箱型のルーバー その中でも、今回ご紹介した電気代の節電に効果的なのは1の日除けパネルのほうです。 2のような、ルーバーと呼ばれる箱型の室外機カバーは、室外機の内部に砂や枯葉、昆虫といった異物の侵入から守ることができます。 しかし室外機を四方から覆ってしまうため、室外機の熱をこもらせてしまいます。 そうすると、節電のためには室外機の周りの温度を下げなければならないのに対し、ルーバーの場合は室外機の周りの温度を上げてしまうことになるため、省エネには逆効果となります。 節電のための室外機カバーを購入する場合は、エアコンの屋根のみになっている日除けパネルを選びましょう。 エアコン室外機のサイズ、寸法 エアコン室外機のサイズを測りましょう。 どれほど良い室外機カバーを買ったとしても、サイズが合っていないのでは意味がありません。 屋根型の日除けパネルを買う際に測るべきエアコンの部分は以下の通りです。 両辺ともに、室外機よりも大きい室外機カバーを選ぶことが最低条件です。 室外機に当たる日差しの向き 室外機にあたる日光の向きによっては、室外機よりもかなり大きいサイズのカバーを選んだほうが良い場合があります。 室外機の設置場所によっては、上面以外の面が直射日光に当たり室外機の温度を上げてしまっている場合もあるからです。 例えば室外機の前面に日光が当たっている場合には、奥行きが室外機よりも長いものを選びましょう。 室外機よりもカバーが前にせり出すように設置すると、室外機のファンの面にも日陰を作ることができ、さらに効率的に室外機の温度を下げることができます。 そのため、自宅の室外機にどの方向から日光が当たっているのかをチェックし、その面に影が作れるように、寸法を考えて室外機カバーを選びましょう。 室外機カバーのDIYは省エネには逆効果 最近ネット上では室外機カバーをすのこで自作する方法が多数紹介されています。 DIYですのこを箱型にし、そのまま室外機を覆ってカバーにする方法です。 しかしこれは省エネには逆効果になってしまいます。 前述のルーバーと同じように、DIYで箱型カバーを作った場合、カバーが室外機の四方を覆ってしまいます。 その結果、室外機の温度が上がり、電力効率は悪くなってしまいます。 また、DIYで屋根型の日除けパネルを作る場合も、室外機との固定が難しく、作業には手間がかかります。 室外機カバーは安価で販売されているため、DIYで作るよりも購入してしまったほうが早く、確実に省エネ効果を得ることができます。 室外機カバーの代わりに取り付けることができるもの 室外機カバーは専用で販売されているもの以外でも、様々なもので代用が可能です。 以下は日除けカバーの代用品の一例です。 すだれ、よしず• 植物 エアコンの節電のため日除けカバーに求められる機能は、室外機に日陰を作ることのみです。 そのため専門の商品でなくても代用ができるのです。 例として、すだれを使って室外機の上面と前面を覆う、効果的な室外機カバーを作った方の写真をご紹介します。 <すだれで室外機カバーを自作した方の例> 出典: このようにすだれを室外機の上にかけ、前面にも垂らすようにすれば、エアコンの上面だけでなく前面にも日陰を作ることができるため、さらに電力効率をアップされることができます。 さらにもう一つおすすめなのが植物を使った室外機カバーです。 左図のように植物で緑のカーテンを作り、室外機を覆うことで、日光を遮断し、すだれと同様の効果を得ることができます。 出典: まとめ エアコンの室外機が日光に当たる位置にある場合は、室外機カバーを使うことで電気代を節約できます。 室外機カバーで節電をするためには、以下の3点を確認して、日除けカバーを選びましょう。 カバーで室外機の側面を囲わないこと• エアコン室外機の横幅・奥行を測り、両辺ともにより大きなサイズのカバーを選ぶこと• 室外機に当たる日差しの向きを見て、日光が当たる面に影が作れるサイズを選ぶこと 室外機カバーを使ってエアコンの室外機に日光が当たるのを防ぎ、電気効率を上げて賢く節約をしましょう。 工事対応エリア 北海道・東北• 北陸・甲信越• 九州・沖縄• エアコンサポートセンターは、エアコンの取り付け・取り外し・引越し・移設工事の見積もりの依頼が一括でできます。 一括見積もりでは、複数のエアコン工事業者から工事の見積もり費用を集めたのち、最安値の工事業者をお客様にご案内いたします。 その他にも、工事費込みでエアコンを激安価格にて販売しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

次の

【エアコン室外機カバー】はあった方がいいの?無い方がいいの?

エアコン室外機 カバー

エアコンの室外機カバーは、外から見た時の景観を良くする効果はありますが、 エアコン使用時はかけないほうが良いんです。 エアコンメーカーのダイキンも、エアコン使用時には、室外機のカバーは外して使用することを推奨しています。 出典: エアコン使用時にカバーをかけるとエアコンの効率が悪くなってしまう エアコン使用時にカバーをかけると、 エアコンの効率が悪くなり、余分な電気代がかかってしまいます。 エアコン暖房時 エアコンの暖房運転中は、室外機は外の空気中の熱を吸い込んで、室内の冷たい空気を室外機から外に吐き出すことで、部屋を暖かくしています。 室外機にカバーをかけてしまうと、室外機から吐き出した冷たい空気が、室外機の後ろに回りこみ、室外機がこの冷たい空気を吸い込むことになるため、暖房の効率が落ちてしまいます。 エアコン冷房時 エアコンの冷房運転中は、室外機は部屋の中の熱を外に捨てるために放熱をしています。 室外機にカバーをかけてしまうと、放熱をさまたげることになり余分に電気を使うことになります。 エアコン効率を良くするための、室外機周りの整え方 冬のエアコン暖房時、雪がたくさん降る地域にお住まいの場合は、防雪フードや防雪ネットで室外機の雪対策をしましょう。 雪による目詰まりや付着での運転効率低下を防ぐことができます。 夏のエアコン冷房時は、室外機カバーをかけるのではなく、すだれなどで日陰を作り、室外機に直射日光が当たらないようにしましょう。 無駄な電力消費をなくし、電気代を節約することができますよ。 また、冬も夏も、室外機の周りに植木鉢などものを置かないように気をつけましょう。 草なども刈り取り、風通しを良くしておきましょう。 冬 防雪フードや防雪ネットで室外機の雪対策をする 室外機周りに植木鉢などものを置かないようにし、風通しをよくする 夏 すだれなどで日陰を作り、室外機に直射日光が当たらないようにする 室外機周りに植木鉢などものを置かないようにし、風通しをよくする エアコンの室外機カバーはエアコンを使わない時期の使用がおすすめ エアコンの室外機カバーについてご説明しました。 室外機カバーはおしゃれで目隠しにもなりますが、エアコンを使わない時期の使用がおすすめです。 エアコン使用時はカバーをつけずに、室外機周りの風通しを良くし、効率が落ちないようにしましょう。 無駄な電気代をかけずに節約もできますよ。 家庭の電気代を節約するために、電力会社選びをはじめませんか? エアコンを使う時期は電気代が気になりますよね。 高い電気代に悩んでいるなら、電力会社のプランを見直しましょう。 自分にぴったりなプランを使うだけで、電気代を今よりも安くすることが可能です。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

エアコンの室外機カバーおすすめ5選【手軽なアルミシートから丈夫な商品まで】

エアコン室外機 カバー

【室外機とは】 エアコンは 室内機と 室外機の2つが1セットとなっています。 室内機から外に繋がっている機械。 これが 室外機です。 音はうるさいし、熱は放出するし、見栄えも悪い。 そう思っていらっしゃる方は多いはずです。 一戸建ての方や、デザイナーズマンションに住んでいらっしゃる方は特にそう思われるはずです。 そうでなくても何とか出来るならしたいものですよね? 実は【エアコン室外機カバー】は「あっても」「なくても」 どちらにもメリットとデメリットがあるのです。 私は両方を徹底的に比較検討した結果 「あった方が良い」という結論に達しました。 私と同じように 【エアコン室外機カバー】を 取り付けようか悩んでいる方の参考になれば幸いです。 せっかくにお庭も むき出しの室外機で雰囲気が台無しと感じる方も多いのではないでしょうか。 私としては家に帰って来る度に 『室外機の周りどうにかならないかな?』 という気持ちになっていました。 気にしない人からすれば『気にしすぎ』と思ってしまうでしょうが、 自分の城はやっぱり完璧にしたいものなのです 笑 自宅の見た目を気にする方にとっては 【エアコン室外機カバー】は付けた方が良いでしょう。 いかがでしょうか。 むき出しの室外機が置いてある場合とカバーがある場合ではお庭の景観、 イメージが異なりますね。 【メリット2】電気代の節約ができる 室外機は室内機が吐き出す室内の空気熱を外に捨てる役割を果たしています。 現在ご利用の室外機は、こんな状況になったりしていませんか? 室外機に 直射日光が当たりっぱなしになっている 地面に反射した 太陽の光に照らされている このような状況だと室外機のまわりはとても温度が高くなっている環境です。 そうすると室外機が熱を捨てられなくなり、 多く電気を使う事になってしまいます。 夏場のエアコンの電気代はバカになりません。 何年も使っていくものですので、これは出来れば押さえたいところ。 室外機カバーをすることで直射日光を軽減して室外機やまわりの温度上昇を和らげることができます。 しかしここは注意が必要なところです。 室外機の周りを囲ってしまうと放熱の妨げになり効率を悪くしてしまうんです。 せっかく一度捨てた熱を再度取り込んでしまうことで効率を落としてしまうんですね。 室外機カバーをつける事で 直射日光を防ぐことにはなり、それが 節電につながる。 けれど室外機を 覆う事で熱が逃げにくくなり涼しくする力が弱くなってしまう。 というのが正しい認識のようです。 じゃあ室外機カバーの場合どうしたらいいの!? エアコンメーカーは次のように推奨しています。 つまり室外機から離れた場所にすだれやシートのような物で日陰を作ることですね。 【メリット3】雪から守る 積雪時は積もった雪が 室外機のふき出し口を塞いでしまうということもあるかもしれません。 室外機カバーをつけることで積雪時に 室外機まわりに雪が積もるのを軽減することができます。 ここまでで、よしっ、室外機カバー買おうと思った方は是非無料のサンプルをご利用ください。 ガーデンライフ彩の室外機カバーは樹脂製です。 【エアコン室外機カバー】を取り付けた際のデメリット 【デメリット1】冷房の力が若干弱くなる 室外機がエアコンの熱を捨てる時、吹き出し口に物があったりすると 熱を逃がし切れなくなる場合があります。 捨てた熱をまた吸い込んでしまうと、部屋を涼しくする力が弱まってしまいます。 私はそこまで冷房が強くなくて良い派なので、これに関しては問題になりませんでした。 よく隠すことを重視しすぎて板の隙間があまりないような室外機もよく見かけます。 見栄えはよくても 実は室外機にとってよくなかったりするんですね。 ガーデンライフ彩の室外機カバーは 隙間を大きくして、さらに天板にも隙間をつくりました。 天板にもしっかりと熱の逃げ道がありますね。 実際にエアコン稼働中に室外機の天板付近に手をあてましたが、天板の隙間からもしっかりと熱風がでていました。 熱の逃げ道をしっかりと確保するよう心がけて設計しました。 【エアコン室外機カバー】を取り付けない際のメリット 【メリット1】冷房力が弱くならない エアコンの熱を捨てる際に、周りに遮る物が全くないため冷房の力は衰えません。 暑がりの人にはこちらの方が向いているかもしれません。 【エアコン室外機カバー】を取り付けない際のデメリット 【デメリット1】見た目が良くない 家の見た目にこだわるのであれば、 室外機を隠してしまいたい気持ちになるのではないでしょうか。 せっかく拘って造ったお庭の雰囲気が室外機で台無しという事もありそうです。 上の写真を見てどっちでもいいじゃん!? と思った方は無理して付けなくてもよさそうですね。 【デメリット2】室外機に直射日光が当たり効率が悪くなる 先に説明したように直射日光や反射熱で室外機の周りが高温の可能性があるからです。 エアコンは通常10年以上は使うものですので、電気代が安く済むに越した事はありません。 できる限り室外機が日陰になるようにしましょう。 『自宅の見た目は良くしたい』 『ガンガン冷えなくても涼しければOK』 『室外機への積雪を軽減したい』 こういう方は【エアコン室外機カバー】は あった方が良いでしょう。 逆に 『見た目は気にしない』 『キンキンに冷えなけば絶対にイヤ』 こういう方は【エアコン室外機カバー】は なくても良いかもしれません。 エアコンの効率や電気代に関しては、 室外機に日陰を作るメリットと 排出熱が逃げにくくなるデメリットの一長一短です。 せっかくなので豆知識も披露できたらと思います。 自然の日傘効果といったところです。 もう一つの日陰の作り方の豆知識をお教えします。 それは… フェンスを設置する事です。 エアコンメーカーの推奨通り、日かげを作る、室外機の側面を覆わない、理想的な方法かもしれません。 室外機カバーとフェンスは同じ材質ですので両方設置して統一感のあるガーデンにするのもアリですね。 プランター付きフェンスだと大きすぎる…そう感じた方にお勧めなのが スタンド式フェンス! 室外機を囲わなくても室外機のそばに置くだけで視線が自然とフェンスに向きますのでお勧めですよ。 室外機カバーをつける事で 家を客観的に眺めた時に、見た目が良くなったと気持ちが良くなりました。 その際は安っぽい素材ではなく見た目もおしゃれな 樹脂製の室外機カバー がお勧めです! 【エアコン室外機カバー】はあった方がいいの?無い方がいいの? について徹底的に検証してきましたが参考になったでしょうか? ガーデンライフ彩ではお庭をオシャレに彩るオリジナルブランド 【】を展開しております。 お気軽に樹脂板の無料カラーサンプルをご利用ください。 カテゴリ: UPDATE:• カテゴリ一覧• カテゴリを選択• 月別アーカイブ• 年月を選択•

次の