泣く 子 と 地頭 に は 勝て ぬ 意味。 「 泣く子と地頭には勝てない」という言葉は、どちらの方には勝てないと...

【週刊実話】韓国のことわざ『泣く子は餅を一つ多くもらえる』のトンデモない意味

泣く 子 と 地頭 に は 勝て ぬ 意味

日本人はあまり勝負にこだわらない民族といってもいいだろう。 なぜこだわらないかというと、日本人は、勝敗というものは、いちがいにきめら れないと考えているからである。 勝ったと思っても、じつは負けていることがあるし、反対に、負けたといっても 意外にそれが勝利へ通じている場合があることをしっかり洞察しているのだ。 そこで日本人は「負ける」ことをしばしば戦術にする。 「おまけ」という日本語 が、それを雄弁に語っていよう。 「おまけ」とは、本来の商品に別の品物を加えて客に渡すこと、すなわち景品の ことである。 日本人ほど「おまけ」の好きな国民はいない。 日本人の商戦は「お まけ」から成っているといってもいいほどだ。 「おまけ」とは、いうまでもなく「お負け」、すなわち客に負けることであり、 負けることによって客に勝ち、さらに競争相手に勝つ戦略にほかならない。 「顔負け」という言葉も、相手に負けて恥ずかしい思いをするというのが原意で あろうが、それがしだいに相手の様子にあきれるという意味を強めていったのも 日本人独特の「負け」の意識といってよいだろう。 つまり、相手の様子にあきれ るというのは、相手の態度が常軌を逸しているためであり、これでは負けるのも 無理はない。 いや、むしろ負けるほうが正常なのだ、という暗黙の合点である。 したがって、これも「負けるが勝ち」の一例といえよう。 さらに「泣く子と地頭には勝てぬ」という諺も、日本人のそうした意識を巧みに 表現している。 地頭とは平安時代に荘園の領主が土地を管理するために置いた官職だが、このよ うな役柄はとうぜん領主にかわって権力をふるう人間を出現させる。 江戸時代に は知行地の徴租の権利を持つ旗本が地頭と呼ばれている。 彼らはその権力にもの を言わせて勝手なふるまいに及ぶことしばしばだったに違いない。 しかし、庶民はいかに理不尽な要求をつきつけられても抵抗することはできず、 結局は泣き寝入りするほかなかった。 庶民は負けたのである。 だが負けたといっても、彼らは心の内では勝った。 横暴な地頭を軽蔑することに よってである。 いくら条理をつくしてみたところで、相手は是非をわきまえぬ地 頭である。 だから威張りくさっている地頭は分別のない子供と同じなのであって、 「泣く子」にひとしいというわけである。 「名月を取ってくれろと泣く子かな」という句が一茶にはある。 子供とはそんな ものだが、地頭もそれと大差ないと庶民たちは見下していたのである。 と見てくると、日本語の「負ける」のなかには、つねに「勝つ」という意味がひ そんでいるのに気付く。 だから日本人は心の内にたっぷり優越感を抱きながら、 「負けた」というのである。 そして、自分で負けを強調すればするほど、それは 相手に対する勝利宣言となる。 つまり、「負けた」というのは、相手と次元がち がうので、それこそ相手にならないことの宣言なのだ。 別言すれば、日本語の 「負ける」は、相手にせず、と同義だといってもいい。 (森本哲郎「日本語表と裏」より) たしかに現代の「地頭」、官僚たちのふるまいには「泣く子」にも劣らぬ傲慢・ 不遜が見てとれる。 税金でメシを食う人びとに鉄槌を!.

次の

#60 新章編第11話❲泣く子と地頭には・・・・❳

泣く 子 と 地頭 に は 勝て ぬ 意味

ことわざ辞典などを引きますと、この言葉の解説として「道理の通じない相手には、黙って従うしかないことのたとえ」みたいなことが書いてあると思います。 これをそのまま受け取るならば、「泣く子」と「地頭」は並立的な存在であり、どちらがより強いとか重い意味だということはないでしょう。 これが、「両者がセットになって『理不尽な存在』を象徴している」という説です。 ですから例えば、仕事の取引先が無理無体な要求をゴリ押ししてきた時、「いやあ、泣く子と地頭には勝てないからねえ」などと同僚に言うとすれば、その時は「泣く子」と「地頭」に意味的な軽重、強弱はありません。 しかし、実際の使われ方を考えると、上記のような用法はそれほど多くないのでは?というか、現実にそういうシチュエーションで使っているのを聞いたことがありません。 このことわざを使うのは、実際にはそのほとんどが「子供が泣いているとき」なのではないでしょうか?先だって話題になった漫画家のさかもと未明さんのような状況になった時、「いやあ、泣く子と地頭(略)」となだめるような。 このような使い方であれば、より勝てないと言わんとしている対象はむろん「泣く子」です。 「親の意見と茄子の花は百にひとつの無駄もない」というのが「親の意見は大事だ」ということ意味であるように、「理屈と膏薬はどこにでも付く」というのが「何にでも理屈は付けられるものだ」と言っているように。 これが「『地頭』は『泣く子』の引き合いに出されている」説です。 つまりこの場合は「泣く子には勝てん」と言っているのです。 というわけで、この言葉が言われる時の状況によるのではないでしょうか。

次の

【週刊実話】韓国のことわざ『泣く子は餅を一つ多くもらえる』のトンデモない意味

泣く 子 と 地頭 に は 勝て ぬ 意味

韓国の文喜相 ムン・ヒサン 国会議長が「天皇が謝罪すれば、慰安婦問題はすぐ解決する」と言ったが、天皇が謝罪すれば、日本は最期を迎えることは「河野談話」が証明している。 今日の慰安婦問題で、韓国をつけ上がらせた元凶として名高い「河野談話」は、韓国側から「強制性があったことを文言に入れてくれさえすれば、問題は一区切りできる、未来志向の関係が築ける」と言われ、慰安婦証言の裏付けも取らないまま発表してしまったことが、現在まで続く大問題にまで発展してしまった。 このことは、2014年4月2日に国会で行われた当事者の石原信雄元官房副長官 当時 の証言でも明らかだ。 「韓国には『泣く子 駄々をこねる子 は餅を一つ多くもらえる』ということわざがある。 一つの要求に応じれば、それを既成事実としてさらなる要求をしてくるのが韓国という国であることを、日本人は忘れてはいけません。 かつて李明博大統領は『日本はかつてほど強くない』という発言をしましたが、事大主義 強国になびく の韓国からすると、弱い国に対しては徹底的に嫌がらせをするのが当たり前のことなのです。 現在の文在寅大統領も『日本は米国に何も言えない国』と見下しているからこそ、反日をこれでもかと食らわせてくるのです」 韓国ウオッチャー 徴用工、慰安婦、竹島問題など日本と韓国の両政府間で、「完全かつ最終的に」 1965年日韓請求権協定 、「最終的かつ不可逆的に」 2015年日韓慰安婦合意 解決したはずの約束や合意が守られない現実を前に、多くの日本人は困惑している。 日本政府は韓国に抗議するときによく「遺憾」を口にするが、韓国語の「遺憾 ユガム 」は日本語よりはるかに軽いニュアンスで、だから官邸が「遺憾」を繰り返したところで、韓国人は日本人の怒りの程度を理解できていない。 1998年に小渕恵三首相と金大中大統領 ともに当時 が合意し発表した日韓共同宣言以後、日韓は互いに経済的なパートナーだという意識を生んだが、日本語でパートナーと言えば、未来永劫の共存共栄を前提とすることを意味する。 が、韓国語のパートナーという意味は、「今だけのパートナー」というニュアンスが強い。 「韓国は、自分にとって役に立たなくなれば、それまでの縁をあっさりと切ってしまうという社会なのです。 ですからかつてパートナーだった日本は、成長した韓国にとってもう必要ない国なのです。 だからこそ日本企業から徴用工問題で、むしり取っても後に何の禍根も残さないと考えているわけです」 同・ウオッチャー 日本では「泣く子と地頭には勝てない」ということわざがある。 韓国は地頭だということを頭入れておかなければならない。 週刊実話 2019年03月29日 22時20分 泣く子と地頭には勝てぬ 【読み】なくことじとうにはかてぬ【意味】泣く子と地頭には勝てぬとは、道理の通じない者や権力者にはどうやっても勝てないから、無理を言われても従うしかないということ。 【泣く子と地頭には勝てぬの解説】 【注釈】道理の通じない赤ん坊(泣く子)や権力者(地頭)とは、いくら争っても無駄であるということから。 地頭とは、平安・鎌倉時代に荘園を管理し、税金を取り立てていた役人のこと。 権力を振りかざして横暴を働いていた。 「泣く子と地頭には勝たれぬ」とも。

次の