クッキング パパ まこと。 クッキングパパ最大のタブー「夜の性活」に迫る!~妻の誘いを断らない男・荒岩の「営み名シーン」(澁谷 玲子)

クッキングパパの登場人物

クッキング パパ まこと

モテの秘訣は「自分好き」なこと! 自分に自信を持つ荒岩流モテ術は必見! 荒岩家は、みんなとにかくモテる。 荒岩はいかつく、「見るからにモテそう」なタイプとはほど遠いものの、なかなかにモテる。 数年間に渡って部下の木村夢子に思いを寄せられていたし、花椎商店街の定食屋・きんしゃい屋のママにひと目惚れされたりしている。 妻の虹子も負けてはいない。 虹子は80年代生まれの漫画キャラクターらしく「メガネを外すと案外美人」というギミックのキャラクター。 その美人っぷりは荒岩の部下の田中が思わず惚れかけるほどだ。 しかし、虹子は別に眼鏡ギャップキャラとしてのみモテているわけではない。 虹子は文化部の新聞記者。 虹子と一緒に五島列島のイシダイ釣りの取材に行った後輩・山岸は虹子のガッツあふれる仕事ぶりを見て、惚れかけている。 取材の帰り、山岸は荒岩家に招かれて虹子の釣ったイシダイを荒岩がさばいて姿造りにしたものをごちそうになるが、荒岩と虹子の仲のよさを見て静かに「あんなだんなさんがいたんじゃかなわないな……」と静かに身を引くのだ。 高校生になっても同じ水泳部の後輩女子・橋本から猛烈なアプローチを受けたり、大学生になっても同級生のあゆみちゃんに好かれたり、しまいにゃ母親と待ち合わせしているときに通りがかりの女性ふたりから逆ナンされたりしている。 まことに関しては、無差別に女性を引きつけるなにかがあるとしか思えないようなモテっぷりなのだ。 しかも60歳になるまで医療一筋で生きてきた吉岡氏が初めて恋をしたのがカツ代という、なんともロマンチックなシニア婚。 ここまでくると荒岩家のDNAにはモテが組み込まれているとしか思えない。 しかし、モテまくる荒岩家で唯一モテていない人物がいる。 娘のみゆきである。 みゆきだって、アクティブで友達も多く、人を喜ばせることが大好き。 明るくキュートな女の子だ。 なのに幼稚園のときに好きになったくにひろくんには失恋、小学校高学年になった今でも男女混合グループで遊んでいるが彼氏と言えるような男子はいない。 みゆき自身がまだ恋愛モードではないのもあるのだろうけど、一番仲のいい男友達の一樹からも、恋愛的なアプローチはなし。 小学生の頃からモテまくっていた兄のまことと比べると、うーん……。 小学生4~5年生(推定)のまことが、クラスの違うガールフレンド・さなえちゃんがクラスメイトの男子に猛烈なアプローチを受けているのを知り、「さなえちゃんが自分以外の男子にとられてしまうのでは……」と嫉妬と焦りで落ち込むというエピソードがある。 いまでこそモテモテなまことでも、こんなに悶々としている時期があったのだ。 さなえちゃんは学年一の美少女。 こんな気苦労も当然と言えば当然かもしれない。 そんなまことを静かに見守っていた荒岩だが、眠れない夜を過ごすまことに荒岩は「どうした 眠れないか? 昨日から元気がないなっ」と優しく声をかける。 まことはガールフレンドのさなえちゃんが他の男子と仲良くするのを見て悔しい、という気持ちを荒岩に打ち明けると、荒岩はこう言う。 「そりゃあ仕方がないな、さなえちゃんは誰としゃべっても誰と一緒に帰ってもいいんだし ただ ——そのことでおまえがショボくれてしまってはだめだっ!! まことのいいところがなくなる」 「元気がなくてうじうじとおちこんで暗いやつはさなえちゃんだけじゃなく誰からももてないぞ!さなえちゃんが誰と話したっていいじゃないかっクラスが違っても気にしないっ! まずまことが元気に輝いていないとなっ」 「そのためにはまずおいしいものをたっぷり食べてぐっすり眠るっ でないと出そうと思っても元気が出ないぞ!!」 この一点の曇りなき、なんだか凄みすら漂う正論はなんだろう……。 「病むな! いっぱい食え! よく寝ろ!」……まるで大一番を前にした柔道家に送るアドバイスのようだ。 つまり「心技体」の心と体を整える、まずはそれからだ荒岩は言っているのだ。 まるで武道の家元のようなモテ術ではないか。 このモテにつながるかどうかわからないようなモテ術に一瞬「なにを言ってるんだ……」と思ってしまうが、「相手の自由を尊重する。 嫉妬や疑心を無駄にこじらせない。 自分のよさを活かし、自信を持つこと。 それには元気でいることが一番大事!」という荒岩の言葉は、恋愛関係のみならず人間関係を築くにあたってとても大切な、基本とも言えることだ。 これらのことができずに小手先のモテスキルなど身につけても、お寒い結果になることは目に見えている。 少しでもモテたい人は、自己啓発本や恋愛マニュアル本をかなぐり捨て、荒岩のセリフにアンダーラインを引いて2、3回読み、ガッツリごはんを食べて早めに寝ることをお勧めする。 荒岩家はとにかく自分好き?.

次の

クッキングパパのアニメ最終回のネタバレ紹介!最後の料理は?|ライトのよかよかビデオウェブ

クッキング パパ まこと

先見の明!「おにぎらず」のネタ元は20年以上前の本作! 一昔前は「男子厨房に入らず」なんて言葉を盾に料理を作らない男性が多かったようですが、今では男女共にキッチンに立って料理をする時代。 むしろ、美味しい料理を作れることは、男女を問わず、大きな特技として認められるようになりました。 しかし、今から30年前となるとまた話が違います。 1991年に刊行された第22巻に掲載されていて、20年以上も前のレシピが人気になったということで話題になりました。 その他にも昨今、人気となった台湾かき氷も20年以上も前に紹介されているなど、主夫の概念も含めて考えてみると、かなり時代を先取りしていたことになります。 料理界においての先見の明は同作が随一かもしれません。 1992年にはその人気もあってかアニメ化もしておりましたので、マンガを読んでいなくてもアニメを観たことがあるという方もいるのではないでしょうか。 さて、アニメに登場していた頃の荒岩一家はサラリーマンにして料理上手の一味に、新聞記者でバリバリのキャリアウーマンだけど家事はちょっと苦手な妻の虹子、そして小学生の長男・まことに、生まれたばかりの長女・みゆきの4人家族。 そこで荒岩家のイメージが止まったままになっている方々には衝撃的かもしれませんが、マンガの中ではまこともみゆきも成長し、まことは今や沖縄の大学を卒業し、さらには大阪の企業に就職が決まり、みゆきも中学生に成長。 まことの親友であるみつぐと付き合うも、いまだにまことへの恋心がくすぶっている素振りがあるので、外見上はさわやかだけど内面はドロドロの四角関係ができあがっているのも、ある意味、見どころです(笑)。 まことはまことで、大学時代はさなえと東京・沖縄という遠距離恋愛をしていたにも関わらず、就職先は東京でも地元でもなく大阪を選ぶというマイペースっぷり。 なぜ、これほどまでに長く人気を保てるのでしょうか。 作者のうえやまとち氏は毎週の忙しい連載の中でも、レシピを紹介する料理は実際に自分で作って写真を撮って試食をするというコダワリを持っているそうですが、おそらくそれだけが理由ではありません。 『クッキングパパ』は同じように長寿料理マンガとなった『美味しんぼ』と違って、派手な料理対決などは一切ありません。 ただただ、荒岩一家を中心とした人々の生活やその中で生まれる悩み、それを解決したときの喜び、それに似合う料理を紹介していくという一話完結のストーリーがほとんど。 けれど、その生活や日常というのは、読者である私たちが生きているリアルな人生そのもの。 後輩に初めての子どもが生まれる…、義理の父のことをまた一つ知ることができた…、そんな日常に生まれた喜びを一味たちは素直に料理として表現しています。 そして、ときには驚くようなアイディア料理が紹介されますが、そのほとんどは作って楽しく、食べて美味しいというもの。 日常のスパイスになるような料理が中心なのです。 日常の中で、食事は決して欠かせないものですよね。 それが、美味しくて笑顔に溢れるものならば、どんな日常にだって幸せを見い出せるはずでしょう。 これこそが『クッキングパパ』を読んでいる読者の目線であり、また読者が求めるものなのです。 『クッキングパパ』のストーリーは、誤解を恐れずに言えば、マンネリズムの極地でもあります。 けれど、そのマンネリこそが日常そのものであり、また偉大であると教えてくれて、そのマンネリを読者も受け入れているからこそ、ここまで長く愛されることになったのでしょう…! みなさんもマンネリの中で変わらない自分にやきもきしたりする前に、一度立ち止まってみてマンネリの中の幸せとは何かを考え直してみるのもいいのかもしれませんね。 <文/牛嶋健(A4studio)>.

次の

クッキングパパ

クッキング パパ まこと

先見の明!「おにぎらず」のネタ元は20年以上前の本作! 一昔前は「男子厨房に入らず」なんて言葉を盾に料理を作らない男性が多かったようですが、今では男女共にキッチンに立って料理をする時代。 むしろ、美味しい料理を作れることは、男女を問わず、大きな特技として認められるようになりました。 しかし、今から30年前となるとまた話が違います。 1991年に刊行された第22巻に掲載されていて、20年以上も前のレシピが人気になったということで話題になりました。 その他にも昨今、人気となった台湾かき氷も20年以上も前に紹介されているなど、主夫の概念も含めて考えてみると、かなり時代を先取りしていたことになります。 料理界においての先見の明は同作が随一かもしれません。 1992年にはその人気もあってかアニメ化もしておりましたので、マンガを読んでいなくてもアニメを観たことがあるという方もいるのではないでしょうか。 さて、アニメに登場していた頃の荒岩一家はサラリーマンにして料理上手の一味に、新聞記者でバリバリのキャリアウーマンだけど家事はちょっと苦手な妻の虹子、そして小学生の長男・まことに、生まれたばかりの長女・みゆきの4人家族。 そこで荒岩家のイメージが止まったままになっている方々には衝撃的かもしれませんが、マンガの中ではまこともみゆきも成長し、まことは今や沖縄の大学を卒業し、さらには大阪の企業に就職が決まり、みゆきも中学生に成長。 まことの親友であるみつぐと付き合うも、いまだにまことへの恋心がくすぶっている素振りがあるので、外見上はさわやかだけど内面はドロドロの四角関係ができあがっているのも、ある意味、見どころです(笑)。 まことはまことで、大学時代はさなえと東京・沖縄という遠距離恋愛をしていたにも関わらず、就職先は東京でも地元でもなく大阪を選ぶというマイペースっぷり。 なぜ、これほどまでに長く人気を保てるのでしょうか。 作者のうえやまとち氏は毎週の忙しい連載の中でも、レシピを紹介する料理は実際に自分で作って写真を撮って試食をするというコダワリを持っているそうですが、おそらくそれだけが理由ではありません。 『クッキングパパ』は同じように長寿料理マンガとなった『美味しんぼ』と違って、派手な料理対決などは一切ありません。 ただただ、荒岩一家を中心とした人々の生活やその中で生まれる悩み、それを解決したときの喜び、それに似合う料理を紹介していくという一話完結のストーリーがほとんど。 けれど、その生活や日常というのは、読者である私たちが生きているリアルな人生そのもの。 後輩に初めての子どもが生まれる…、義理の父のことをまた一つ知ることができた…、そんな日常に生まれた喜びを一味たちは素直に料理として表現しています。 そして、ときには驚くようなアイディア料理が紹介されますが、そのほとんどは作って楽しく、食べて美味しいというもの。 日常のスパイスになるような料理が中心なのです。 日常の中で、食事は決して欠かせないものですよね。 それが、美味しくて笑顔に溢れるものならば、どんな日常にだって幸せを見い出せるはずでしょう。 これこそが『クッキングパパ』を読んでいる読者の目線であり、また読者が求めるものなのです。 『クッキングパパ』のストーリーは、誤解を恐れずに言えば、マンネリズムの極地でもあります。 けれど、そのマンネリこそが日常そのものであり、また偉大であると教えてくれて、そのマンネリを読者も受け入れているからこそ、ここまで長く愛されることになったのでしょう…! みなさんもマンネリの中で変わらない自分にやきもきしたりする前に、一度立ち止まってみてマンネリの中の幸せとは何かを考え直してみるのもいいのかもしれませんね。 <文/牛嶋健(A4studio)>.

次の