インターネット 回線 工事 不要。 選ぶならどっち?固定回線と工事不要インターネット それぞれの特徴とデメリットについて徹底解説

光回線で工事が不要な場合はある?費用を安く抑える方法も解説!

インターネット 回線 工事 不要

今の時代は固定回線要らず!? 月1,500円以上も安い、工事不要な高速インターネット 回線を徹底解説! インターネット回線の契約を検討している方の中には、「工事不要な回線では、速度や通信の安定性が不安」と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そのような方も、安心して下さい。 スマホやパソコンが当たり前となった今、ポケットWiFiなどの工事不要なインターネット回線も、 安さそのままに高速化、安定化してきているんです! そうは言っても、 実際に比較しないと不安という方もいらっしゃるはず。 そこで、世界最大のWiFiコミュニティFONが運営する当サービスJPWiMAXが、工事不要なインターネット回線と固定回線を比較し、おすすめの回線を徹底解説。 当ページで、「 お得」かつ「 快適」に利用できる、 あなたに合った工事不要なインターネット回線を見つけて頂くことができます。 早速、工事不要なインターネット回線がなぜおすすめなのか、固定回線との比較を見ていきましょう。 インターネットと言えば、家でケーブルを繋いで接続するんじゃないの? 中には、このようにお考えの方もいらっしゃるはずです。 それでは具体的に、工事不要なインターネット回線にはどのようなものがあるのか。 ここからは工事不要なインターネット回線の特徴と、これまで主流だった固定回線の比較を見ていきましょう。 工事不要なインターネット回線 工事不要でインターネット回線を利用する場合、ルーターと呼ばれる端末を経由し、スマホやパソコンなどをインターネット接続するのが一般的です。 その工事不要で、インターネット回線を利用する方法は以下の2種類。 ポケットWiFi• モバイルWiFiというのが正式名称ですが、現在は一般的にポケットWiFiという呼び方が認識されているため、当ページでもポケットWiFiと呼んでいきます。 自宅でコンセントに繋ぐだけでインターネット回線へ接続できるため、工事不要で簡単に安定したインターネット回線を利用することができます。 ポケットWiFiと比較して、ホームルーターは持ち運びができませんが、 通信速度や安定性が優れているというのが特徴です。 ポケットWiFiもホームルーターも、固定回線と比較して月額料金が安く、端末が届き次第、すぐに利用可能。 もちろん工事不要なため、固定回線のような「マンションの取り決めで工事ができなかった」などという事態を避けることができます。 しかし、 普段使う分には全く困らない速度ですが、固定回線の速度を超えるというのは現状難しいのも事実。 そのため、高速通信が必要となる株取引やリアルタイムのオンラインゲームをされる方には、工事不要なポケットWiFiなどではなく、固定回線がおすすめです。 固定回線と工事不要なインターネット回線を比較 それでは、具体的に固定回線と工事不要なインターネット回線の違いは、どれ程なのでしょうか。 固定回線と工事不要なインターネット回線の違いをまとめると、以下の通りです。 工事不要な インターネット 回線 固定回線 下り最大 通信速度 558Mbps 100Mbps〜2Gbps 月額料金 実質3. 固定回線と比較すると、最大通信速度は劣ってしまいますが、工事不要なインターネット回線も、以前と比較してかなり使いやすくなってきています。 3Mbps 皆さんが、どこでも快適にインターネット回線を利用することができるよう、ここまで高速化されてきています。 工事不要なため工事費、時間が余分にかからない• 端末が届き次第、すぐにインターネット回線を利用できる• 引っ越し、出張先でも工事不要ですぐ利用可能• 通信速度も改善されている• それでも不安であれば、契約前にレンタルも可能 それでは、具体的に工事不要なインターネット回線には、どのようなものがあるのでしょうか。 次からは、工事不要なインターネット回線を大手4社で比較していきます。 ポケットWiFiなら、ズバリ無制限のWiMAXがおすすめ 一言で、工事不要なインターネット回線とは言っても、その種類は様々。 au、ドコモ(docomo)、ソフトバンク(Softbank)などの大手携帯キャリアはもちろん、他にもY! mobileやWiMAXがあります。 その中でも、おすすめなのが WiMAX回線です。 利用可能なデータ通信量 1つ目のポイントは、インターネット回線、ポケットWiFiを使うにあたってのデータ通信量です。 WiMAX ドコモ ソフトバンク ワイモバイル データ通信量 無制限 制限 あり (契約 次第) 月間7GB 無制限 大手4社を比較し、工事不要なポケットWiFiでデータ通信量を無制限利用できるのは、WiMAXとY! mobileの2社。 一方、ドコモとソフトバンクは使えるデータ量に制限があります。 その、工事不要なインターネット回線を使うのであれば、 無制限利用できるWiMAXとY! mobileがおすすめです。 とはいえ、実はどちらも 3日間で10GB以上使ってしまった場合、速度制限となってしまいます。 その理由は、一部のへービーユーザーによって帯域を占有されてしまった場合、普段あまりデータ量を使わない一般ユーザーも混雑の被害を受けてしまうため。 つまり、皆さんが平等にインターネット回線を利用できるために、この制限が設けられています。 また、制限とは言っても、WiMAXが翌日18時から翌々日2時までの約8時間。 mobileが、翌日の18時から翌々日の1時までの約7時間と短時間です。 また、次項の速度比較でもお話しますが、速度の制限も非常に緩いもの。 そのため、どちらも 工事不要、かつ実質無制限でインターネット回線を利用することができるようになっています。 インターネット回線の通信速度 次は、工事不要なインターネット回線の速度を比較していきます。 とはいえ、どの回線の速度も実はかなり高速。 皆さんが、普段から使うスマホの速度が約100~200Mbpsであるため、WiMAX以外の回線でもその4倍以上の速度が出る計算となります。 ただし、WiMAXはau 4G LTE回線と組み合わせることができるハイスピードプラスエリアモードを利用した場合の通信速度という点は注意が必要です。 とはいえ、注目すべきは、先ほど簡単にお話した 速度制限時の速度。 ドコモとソフトバンクの速度制限時の速度は、128Kbpsです。 この128Kbpsという速度は、スマホが速度制限になった場合の速度と同じ。 つまり、ポケットWiFiであっても、スマホの速度制限時と同様、インターネット検索すら時間がかかってしまう程の速度となってしまいます。 一方、WiMAXとY! mobileの速度制限時の速度は1Mbps。 こちらは、Youtubeなどの動画でも、通常画質であれば問題なく視聴することができる速度です。 工事不要で、 速度制限時であっても高速なインターネット回線を利用できるという点も、WiMAXが実質無制限と言われおすすめさせて頂く理由の1つです。 利用料金 最後に、契約に際して、最も気になる方が多いポケットWiFiの利用料金です。 同じデータ量無制限のY! mobileと比較しても、その差は歴然。 ドコモのポケットWiFiの場合、最も高速通信が可能ですが、料金もその分かなり高い設定となっています。 工事不要なインターネット回線大手4社のポケットWiFiについての比較は、いかがでしたでしょうか。 工事不要なインターネット回線の中で 「データ量」「通信速度」「料金」を見ると、WiMAXが圧倒的に優れているということが、おわかり頂けたと思います。 最後に、大手4社の比較データをまとめたのでご参考にしてみて下さい。 それでは、ご自宅用のホームルーターであれば、どこがおすすめなのでしょうか。 ポケットWiFiでも比較した5社のうち、工事不要なホームルーターを発売しているのはWiMAXとソフトバンク。 そのホームルーターの種類は、以下の2種類となります。 Speed Wi-Fi HOME L02• Softbank Air ここからは、工事不要な自宅用インターネット回線であるホームルーターについて、ポケットWiFiと同様「データ量」「速度」「料金」の面から比較していきます。 利用可能データ量 まずは、ポケットWiFiと同じく、ホームルーターで利用可能なデータ通信量を見ていきます。 Speed Wi-Fi HOME L02 Softbank Air データ通信量 無制限 (3日で10GB) 無制限 ポケットWiFiとは違い、ソフトバンクもホームルーターではデータ量が無制限です。 ただし、ソフトバンクの公式サイトでは、以下のような注意書きも。 ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。 特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。 特定エリアおよび特定時間帯におけるネットワークの高負荷が一部のお客さまの利用によるものと考えられる場合であって、過去3ヵ月の利用状況からその再現性が非常に高いと判断されたときのみ、サービス安定提供のため、該当のお客さまに対する速度制限を行う場合があります。 softbank. そのため、WiMAXもソフトバンクも、工事不要なホームルーターで無制限にデータ量を利用することはできますが、公平性を保つために制限はかかってしまう可能性があるということになります。 そのため、データ容量に関しては、WiMAX、ソフトバンクどちらのホームルーターも大差なく利用することができる可能です。 ホームルーターの通信速度 次に、工事不要で利用できるホームルーターの通信速度です。 一方、速度制限時に関しては、SoftbankAirの速度は公表されていません。 そのため、ポケットWiFiと違い、速度制限時の速度は比較できませんが、通常時の下り最大速度を比較すると、 WiMAXのホームルーターの方が高速で通信が可能となっています。 利用料金 最後に、WiMAXとソフトバンクのホームルーターの利用料金について、それぞれ比較していきます。 一方、ソフトバンクのホームルーターの料金は一律4,880円。 利用料金では、WiMAXと1ヶ月1,500円程の差、1年で18,000円程の差が出る計算です。 ソフトバンクと比較し、高速通信かつ1年で18,000円程も安く利用できるのであれば、工事不要なホームルーターもWiMAXで間違いなしです。 ホームルーターの比較データは以下の通りとなるので、こちらもご参考にしてみて下さい。 とはいえ、WiMAX回線を販売するプロバイダ(代理店)は数多く、どこで契約しようか悩まれている方もいらっしゃるでしょう。 WiMAXのプロバイダ間では、どこも本家UQWiMAXが使っている回線と同じ。 そのため、通信速度やエリアなどサービスに違いはありません。 そのため、比較するポイントはただ1つ。 「 いかに安い金額で使えるのか」という点です。 そこで、ここからはどのWiMAXプロバイダが最安で契約できるのかについて、各社の料金を比較していきます。 まずは、WiMAXの料金を知る上では欠かせないキャンペーン内容からご紹介していきます。 キャッシュバック WiMAXプロバイダで人気となっているキャンペーンの1つ目が、キャッシュバックです。 中には、 3万円を超える高額キャッシュバックを行うプロバイダもあり、WiMAXプロバイダの中でも非常に人気の高いキャンペーンとなっています。 ただし、高額キャッシュバックキャンペーンには落とし穴も。 実は、お得なキャンペーンである反面、受け取りが1年先であったり、受け取り期間に制限があったりと、受け取ることができなかったという人が続出しています。 その理由は、ずばり受け取り手続きの複雑さ。 受け取りが契約から約1年後であったり、受け取り期間が1ヶ月間に限定されていたりと、受け取りに条件があります。 キャッシュバックを行っているプロバイダで契約する場合は、その点もしっかり理解した上で契約するようにしましょう。 月額料金割引 一方、受け取り忘れのリスクを取りたくないという方におすすめなのが月額料金割引です。 月額料金割引であれば、自動で毎月の料金から割引されるため、キャッシュバックのように受け取りを忘れるということは絶対ありません。 キャッシュバックと比較するとお得感という点では劣るものの、月々の支払いが安くなるため確実かつお得にWiMAXを利用したいという方には月額料金割引がおすすめです。 WiMAXプロバイダの実質料金を比較 それでは、キャッシュバックキャンペーンと月額料金割引はどちらがお得なのでしょうか。 実際に、業界で最高額キャッシュバックを行うGMOとくとくBBと、月額料金割引で業界最安級となるBroadWiMAXの料金を比較してまいります。 上記の通り、WiMAXプロバイダで最安値となるのは、高額キャッシュバックを行うGMOとくとくBBです。 ただし、前述した通り高額キャッシュバックは受け取りを忘れてしまうリスクがあります。 そのため、確実に安い料金でWiMAXを契約したいという方は、BroadWiMAXのような月額料金割引キャンペーンのプロバイダを選ぶようにしましょう。 最後に、工事不要なインターネット回線、WiMAXがどのような方に喜ばれているのかを具体的にご紹介します。 こんな方におすすめ!工事なしのインターネット回線 ここまでご説明してきた工事不要なインターネット回線のWiMAX。 より具体的に、どのような方におすすめなのか最後にご紹介していきます。 料金をとにかく安く抑えたい やはり、皆さんが気になるポイントはその利用料金。 工事不要なWiMAXなら、費用面がかなりお得。 工事費がない上に、前述した通り、月額の利用料金も安く抑えることができます。 WiMAXなら新社会人や学生など、 一人暮らしの方でも安心して、工事不要な高速のインターネット回線を利用することが可能です。 忙しくて立ち合いが難しい方 共働きの夫婦の方など、普段忙しくされているという方にも工事不要なインターネット回線がおすすめ。 工事が必要な固定回線ですと、どうしても 工事の立ち合いが必要となってしまいます。 その点、工事不要なインターネット回線WiMAXなら、立ち合いの必要はありません。 また、申し込みも簡単。 ほとんどのWiMAXプロバイダは、WEBで申し込みが可能です。 わざわざ、家電量販店などのお店へ足を運ばずとも、インターネット回線を利用することができます。 今後も引っ越しする可能性がある また、現在のマンションや戸建てのご自宅から今後引っ越す可能性があるという方も、工事不要なインターネット回線WiMAXで間違いなしです。 というのも、固定回線は最初の1度だけでなく、 引っ越し先でも工事が必要。 その度ごとに、時間、工事費がかかってしまいます。 その点、工事不要なインターネット回線であれば、引っ越し先はもちろん、外出先でも簡単、かつすぐに利用可能です。 もちろん、ご自宅でしかインターネットを使わないという方には、コンセントに繋ぐだけのホームルーターもあります。 将来も見越して、契約をするのであれば、やはり工事不要なインターネット回線がおすすめとなります。 家族全員での利用は不向き? 工事不要なインターネット回線で注意したいのが、お子様など含め家族全員でインターネットを利用する場合。 例えば、両親がパソコンで動画を視聴、お子様がスマホを利用するなど、それぞれがインターネット回線を利用すると大量にデータ量を使うことになります。 そのため、WiMAXの3日間10GBという条件をすぐに超えてしまう可能性があります。 そのような方には、 WiMAXの複数台契約がおすすめです。 WiMAXのキャンペーンであれば、契約台数に対して適用されるため、契約すればする程お得に利用できます。 また、1人に1台とまでいかなくても、ホームルーター1台、ポケットWiFi端末を数台というように自宅用と持ち出し用で、分けて使うということも可能です。 家族全員で大容量使うという場合でも、 WiMAXを複数台契約することで、工事不要でお得にインターネット回線をご利用頂くことができます。 いかがでしたか。 今までインターネット回線と言えば、光回線などの固定回線が一般的でした。 しかし、現在では工事不要、持ち運び可能なインターネット回線の種類も増え、 1人1台持つことが主流とまでなってきています。 インターネット回線の開設を検討されている方は、 工事不要で料金も安く、無制限と使い勝手の良いWiMAXを契約してみてはいかがでしょうか。 jp 1onepiece. jp」からの受け取りができるようにしてください。 なお、当社から領収書再発行はいたしませんので、ご了承くださいませ。 1~2営業日(土日祝日を除く)以内にご対応させていただきます。 以降のお支払いについては、ご利用の月の前月払いとなります。 ご注意事項• jp 1onepiece. jp」からの受け取りができるようにしてください。 なお、当社から領収書再発行はいたしませんので、ご了承くださいませ。 1~2営業日(土日祝日を除く)以内にご対応させていただきます。 以降のお支払いについては、ご利用の月の前月払いとなります。

次の

騙されるな!固定回線より、工事不要WiFiインターネットがオススメな理由(au/ソフトバンク/docomo)

インターネット 回線 工事 不要

このページの目次 CLOSE• インターネット回線(光回線)で行う工事について 光回線工事は、フレッツ光を提供しているNTTが行うことがほとんどです。 実際には、NTTから委託された業者が工事に来ます。 工事自体は1時間前後で終了することがほとんどですが、通常立ち会いが必要になります。 なので、工事する場合には事前に工事の日程などを打ち合わせをして、家にいるようにしなくてはいけません。 その程度で終わる工事なので、作業はそれほど複雑ではありません。 ただ、建物の構造によって手順は少し変わってきます。 大まかな手順は、近くに電柱(電柱がない場合は地下)から光ファイバーのケーブルを室内に入れて完了です。 状況により変わるのが、外から中に入れる部分です。 通常はエアコンダクトの穴や既存の電話線の配管などを利用して部屋の中に引き込みます。 しかし、それらが使えなかった場合には、壁にケーブルを通す穴を開けて室内に引き込みます。 そこまで完了すると、壁に光コンセントと呼ばれる差込口ができていて、そこからONU(光回線終端装置)と呼ばれる機器に光ファイバーの線が繋がりれます。 この装置が、デジタルデータを光に変えたりその逆のことをしたりしています。 最後に、業者がきちんと通信できるのを確認したら、工事は終了になります。 大家さんに許可が必要な理由 賃貸で工事を行うには、大家さんの許可が必要です。 理由としては、場合によっては壁に穴を開ける必要があるため、小さいとはいえ建物に傷をつけることになるからです。 また、工事の際には高所作業車などと一緒に複数人の作業者が来ます。 大家さんや管理会社が何も知らないで、そういった作業員が来ているのを知ったらびっくりしてしまいますからね。 不要なトラブル予防のためにも、しっかりと連絡をして許可をもらうようにしましょう。 まれに、工事を許可しない大家さんや管理会社があります。 そういった場合の対処法は後ほど紹介します。 インターネット回線を契約するのに工事が不要な場合とは 上記のように大家さんに許可がもらえなかった場合や、そもそも工事が不要な場合があります。 また、光回線にするなら許可や工事が必要でも、それ以外の方法で工事をなくしてしまう方法があります。 インターネット対応賃貸 そもそも借りた住まいが、インターネットに対応している物件の場合は、すでにインターネットに繋ぐ方法があったりします。 いくつかパターンがあるので、それぞれ紹介します。 アパートやマンションでインターネットの工事が完了済みの場合 フレッツ光にはマンションなどの集合住宅向けの光回線があって、すでにその工事が済んでいる場合は、改めて工事は不要になります。 イメージはこういう感じで、住宅の共有スペースまで光回線を引き込んで、そこから各戸へ配線をしているパターンです。 NTTなどの光回線業者との契約は必要ですが、工事が済んでいるので開通までは短いです。 前の住人が工事済み 賃貸なので、前に住んでいた人が大家さんなどと話をしてすでに工事が済んでいる場合があります。 通常であれば、工事したものを撤去してから退去するのはかなり稀なケースなので、室内に光コンセントなどがあればラッキーです。 すでに工事済みの可能性が高いです。 NTTに問い合わせると、工事済みか調べてもらえます。 工事済みであれば光回線業者と契約をするだけで使えるようになります。 工事が不要なだけで、ONUは必要になるため契約して当日というわけには行きませんので、今すぐ使いたい場合であれば注意してください。 モバイル回線なら工事不要です 大家さんや管理会社の許可がもらえなかったときには、インターネットをモバイル回線で行うという方法があります。 スマホでテザリングするという方法もないわけではないですが、容量の問題があるのでモバイルルーターを使ったモバイル回線のほうが良いでしょう。 モバイルルーターは月の使用量が無制限のプランがあります。 光回線と比べても費用は安いです。 ただ、光回線に比べると速度が出ないことと、選ぶ回線にもよりますが多少の制限があります。 メリットとデメリットを理解して使えば、モバイル回線も十分に検討する余地がありますよ。 光回線とモバイル回線どっちがおすすめ?選ぶ基準について どちらがおすすめかは使い方によります。 光回線の方が良い人は、たくさんの人数で同時にインターネットに接続したい人です。 回線速度が早く、完全に無制限で使用することができるのが理由です。 回線の速度は、同時に使うのであれば一人あたりに均等に分けられるので、もともとが高速の光回線なら一人あたりの通信速度を確保できます。 もとが100Mpbsの速度で通信できる環境であれば10人(10台の通信機器)で同時接続しても、一人あたり10Mbps確保できます。 また、複数人で同時使用するということは、通信量もそれなりにしようしますので、このあと書くモバイル回線の制限も気にする必要がなくなります。 一方モバイル回線についてですが、選ぶ機種にもよりますが、持ち運びができるのが一つの利点です。 持ち運べることの利点ですが、家のネット環境が持ち出せます。 それによってスマホの通信量を減らすことができます。 もっと容量が少ない契約に変更できるので、スマホの通信費を減らすことができます。 外で使えるということは、パソコンなどを持ち歩く人にとってもメリットがありますね。 モバイル回線自体の費用も光回線よりは安いので、スマホと合わせれば通信費を大きく削減できますね。 ただ、注意点としてはモバイル回線の代表WiMAXを例にすると、3日間で10GBの通信量の制限があります。 月全体では無制限になっているので、気をつけるのは3日間の通信量です。 制限自体は、スマホと比べるとゆるくて18時〜26時の間で、速度も1Mbpsなので制限がかかっても使いものにならないということはないです。 ちなみにスマホの制限時の速度は128kbpsなので、同じ制限時でも8倍以上の速度が出ます。 制限の時間も特徴的で、スマホなどは1日制限されますが、WiMAXなら18時〜26時に制限がかかるので日中は無制限になっています。 自宅でしか使わないという人であれば、ホームルーターという選択肢もあります。 回線はモバイル回線なので、工事は必要ありません。 モバイルルーターとの違いは設置型で外で使うことが考えられていない点と、接続できる台数です。 モバイルルーターは同時に接続できるのが10台程度なのに対して、ホームルーターは30台と接続できる台数が多いです。 家族で使うことを想定しているのであれば、持ち歩くことも無いでしょうし接続台数も増える傾向にあるのでホームルータータイプが良いでしょう。 光回線とモバイル回線のそれぞれのおすすめはコレ! 光回線もモバイル回線も取扱業者が多数あります。 料金やサービスを比較しておすすめの業者をピックアップしてみました。 光回線 NTTのフレッツ回線を直接申し込むより、それを借りてサービスを展開している光コラボの方がお得 モバイル回線 broadWiMAX UQモバイル.

次の

賃貸はインターネット工事許可が必要?理由と工事不要な場合とは!

インターネット 回線 工事 不要

光回線は… ・賃貸だとオーナーの許可を取る必要がある ・開通まで早くても2週間~1ヵ月程度時間がかかる 工事を避けたい人は、WiMAXを使うのがいいでしょう。 WiMAXは、UQ WiMAXがCMでおなじみですが、 同じ品質で利用できる より安価なWiMAXがあります。 それが カシモWiMAXです。 UQ WiMAXとカシモWiMAXの金額の比較は以下のとおりです。 UQ WiMAX カシモWiMAX 月額料金 3,880円 1,380円~ 端末代 15,000円 0円 初期費用 なし 0円 カシモWiMAXで利用できる端末・回線速度・エリア等はUQ WiMAXと変わらないので 安心ですよ。 気になる人は一度公式サイトをのぞいてみましょう。 新しくネット環境を整える際は「固定回線」か「モバイルルーター」を選ぶ必要がある みなさんが自宅で利用できるネット回線は、「固定回線」と「モバイルルーター」の2種類です。 それぞれに特徴があり、合う人合わない人がいるのでくわしく見ていきましょう。 モバイルルーターの特徴 モバイルルーターは、LTEやAXGP、WiMAXといった電波を利用する無線インターネット通信サービスです。 名称から想像できるとおり、モバイルルーターは携帯できるサイズの端末を使って通信を行います。 この 携帯性が、モバイルルーター 最大の特徴でありメリット。 カバンや服のポケットに入れて持ち歩けば、 外出先でもインターネットが使えます。 また、近年のモバイルルーターは、回線速度が高速です。 契約するサービスによっては、 1Gbpsの高速通信を利用できます。 さらに、モバイルルーターが1台あれば、20台程の機器デバイスと接続することが可能。 自宅のインターネット回線としての利用にも十分対応できます。 つまり、固定回線をひかなくても、普段使いであれば工事不要なWiMAXを選択するのもいいでしょう。 モバイルルーターの中でおすすめは、 カシモWiMAXです。 カシモWiMAXは、キャッシュバックキャンペーンなどはありませんが、 月額料金が安く、 端末代と送料が0円になるキャンペーンも行っています。 月間データ容量に上限がない「ギガ放題」プランの料金は以下のとおりです。 契約月 料金 1ヶ月目 1,380円 2~24ヵ月目 3,580円 25ヵ月目以降 4,079円 光回線は、通常4,000円~5,000円ほどの相場なので、それと比べるとカシモWiMAXの料金の安さが魅力的に感じられますね。 カシモWiMAXの申込は、3ステップで完了します。 Webから申込• 端末の受取(最短翌日発送)• 簡単な設定で利用開始 申込前には、月額料金や、端末代等の初期費用を画面上で確認できます。 事前にいくら請求されるかわかるので、Web申込でも安心ですよ。 利用する端末で迷ったら、最大速度が一番大きい「 W06」を選ぶと、高速通信が期待できますよ。 光回線の特徴 固定回線の中でも、光回線は光ファイバーケーブルを使ったインターネット回線サービスです。 最大の特徴は 通信速度の速さ。 Gbpsクラスの高速通信を、移動距離にともなうロスを生じることなく家庭に届けることができます。 回線速度はサービスによって異なりますが、2020年5月現在、オーソドックスなプランで通信速度が速いのは、 NURO光の 下り最大2Gbpsです。 NURO光に次いで速度が速いのは、フレッツ光ネクストやauひかりなどの人気回線。 上り下り最大1Gbpsを実現しており、大容量コンテンツの利用もスムーズに行えるようになっています。 ちなみに、下り1Gbpsとは、CD1枚分のデータを約4秒でダウンロードできる通信速度です。 実測でこうした速度が出るわけではありませんが、光回線を利用すれば、高画質動画やオンラインゲームといったサービスも快適に楽しめます。 光回線は、データ通信量無制限で利用可能です。 ファミリー世帯が利用する固定回線としては、ベストな選択といってよいでしょう。 ただし、光回線を家庭に導入するには、 回線工事が必要となります。 回線工事を受けるには予約が必須。 また、宅内工事当日は、回線契約者もしくはその家族の立ち会いが必要です。 光回線は魅力の多いインターネット回線サービスですが、利用開始までに手間がかかる点がネックといえます。 当サイトがおすすめする光回線はNURO光とドコモ光、ソフトバンク光です。 光回線が気になる人は関連記事も読んでみてくださいね。 はこちらから はこちらから はこちらから 固定回線とモバイルルーターの工事費はどれくらい違うのか? 前節で触れたとおり、固定回線を利用するには 回線工事が必要となります。 このため、固定回線の利用にかかる初期費用には、工事費を含めなければなりません。 固定回線の工事費は、契約するインターネット回線によって異なります。 一例として、NURO光・フレッツ光ネクスト・auひかりの工事費をチェックしてみましょう。 インターネットの工事費 NURO光 40,000円 フレッツ光ネクスト 18,000円 auひかり 37,500円 NURO光は、工事費を40,000円に設定しています。 ただし、NURO光の工事費は、キャンペーン適用により実質無料にできます。 ただ、こうした実質無料化できる工事費は、回線解約時に一括清算が必要となる場合があるので要注意です。 フレッツ光ネクストの工事費は18,000円。 支払いは、初回3,300円、2回目以降550円の30回分割払いで行います。 auひかりの工事費は37,500円と、フレッツ光ネクストの倍以上。 ちなみに、auひかりの工事費は、光ネットと光電話を同時に申し込むことで実質無料にすることが可能です。 月々625円の割引という形で、工事費の支払いをカバーできますよ。 以上のように、光回線を利用するには工事費の支払いが必要となります。 一方で、 モバイルルーターは 工事費が0円。 そもそも 工事なしで利用できるため、工事費が発生することはありません。 初期費用として必要となるのは、3,000円の契約事務手数料ぐらいのものです。 端末についても、無料で利用できるケースが大半を占めます。 回線の利用開始に必要な費用は、固定回線よりモバイルルーターの方が安価だといってよいでしょう。 工事がある場合とない場合のネットが利用できるまでの期間の違い 前節で述べたとおり、固定回線には回線工事が必要であり、モバイルルーターは工事なしで利用できます。 申込を行ってからネットを利用できるようになるまでの期間は、両者でどの程度違うのでしょうか。 まず、光回線の申し込みから利用開始までは、 2~4週間程度かかることが一般的です。 3月から4月にかけての引越シーズンとなると、申し込みが殺到するために利用開始までの期間がより長くなる傾向があります。 光回線は利用開始までの期間が長くなりがちです。 「 利用開始までに3ヶ月以上かかった」とするユーザーの声も多いことから、申込から1ヶ月程度で利用できればラッキーだといえそうです。 多くの場合、回線工事の日取りが決まらないことにより、利用開始までの期間が長引きます。 といっても、通信事業者が日程調整をサボっているわけではありません。 通信事業者の判断だけでは、工事日程を決められない場合があるのです。 たとえば、回線を引くために必要な電柱の使用許可がなかなか下りない場合は、工事日程の調整に入ることができません。 電柱所有者であるNTTの対応が遅く、工事日程を決める段階まで話が進まなくなるのです。 このほか、着工中に問題が見つかって、工事がいったんストップする場合もあります。 たとえば、電柱から引いたケーブルが、どうしても他人の土地の上を通過してしまうようなケース。 こうしたケースでは、空中権の問題をクリアするまでは工事が再開されません。 以上のような問題が発生しやすいため、光回線の開通は遅くなりがちです。 これに対して、回線工事の要らないモバイルルーターは、スムーズに利用を始めることができます。 早い場合なら、 申し込み翌日にルーターが手元に到着。 あとは初期設定を行うだけで、 すぐにインターネットに接続できるようになります。 手早くネットの利用を開始したいなら、光回線よりもモバイルルーターを選んだ方がよさそうです。 モバイルルーターのメリット ・ 回線工事なしですぐに利用を始められる ・端末によっては回線速度が十分 高速 ・接続がかんたんで配線不要 ・携帯型端末なら 外出先に持ち出しも可能 回線工事なしで利用をスタートできる点が、モバイルルーターを選択することで得られる大きなメリット。 「 引越後すぐにネットを使いたい」といった場合に、モバイルルーターは役立ちます。 回線速度が十分に速いことも、モバイルルーターのもつメリットです。 先にも触れましたが、モバイルルーターの回線速度は440Mbps以上が標準的となっています。 利用する端末によっては、より速い速度での通信も利用可能。 ストレスなくインターネットを利用できます。 配線なしで端末に接続できる点も、モバイルルーターのもつメリット。 端末への接続は基本的に無線LANで行うので、複雑な配線を敷設する必要がありません。 無線LANの接続作業も、説明書に従えば簡単に完了します。 さらに、携帯型のルーターなら、外出先に持ち出すことも可能。 出先でノートパソコンやタブレットを利用する際に、大いに役立ってくれます。 以上のメリットをもつモバイルルーターですが、以下にあげるデメリットには注意しなければなりません。 モバイルルーターのデメリット ・無線通信なので不安定になりやすい ・場所によっては電波が入りにくい場合がある ・混雑回避のための速度制限がある 固定回線と違い、モバイルルーターは無線電波を使ってインターネットへの接続を行います。 このため、使用状況によっては、通信が不安定になる場合があるので注意が必要です。 また、利用する場所によっては電波が入りにくい場合があり、インターネットの利用に不便を感じる可能性があります。 優れたモバイルルーターも、電波が入らなければ機能を活かすことができません。 もう一つ注意したいのが、速度制限。 データ容量の上限がないプランでも、 3日間で10GB以上利用すると、速度制限がかかります。 速度制限と聞くとネットが全く使えなくなるイメージを持つかもしれませんが、制限時間や制限後の通信速度について正しく知っておけばそれほど怖くありません。 速度制限がかかるのは、超過した日の翌日18時~深夜2時まで。 日中は速度制限の対象ではありません。 自宅にいる夜間は通信制限がかかってしまうものの、日中に仕事や学校で利用する分には制限がかかりません。 また、制限後の通信速度はおおむね1Mbpsです。 スマホの場合、データプランの容量を超過した時は、速度は128kbpsに落ちてしまうので、WiMAXならスマホの約7倍のスピードで利用できます。 1Mbpsあれば、YouTubeを標準画質レベルで問題なく視聴可能です。 LINEやSNS閲覧などであれば、問題なく利用できるでしょう。 WiMAXが速度制限を行うのは、ネットワークの混雑回避のためです。 制限のおかげで通信環境の安定供給が実現できているとも言えます。 WiMAXの速度制限について、利用前に正しく理解しておきたいですね。 工事不要でおすすめのネット環境について 工事不要のネット環境を構築するなら、月間データ通信量の制限がなく通信速度の速いモバイルルーターを契約する必要があります。 そこでおすすめしたいのが、WiMAXの ギガ放題プランです。 WiMAXのギガ放題プランは、 月間データ容量に上限はありません。 たっぷりインターネットが楽しめます。 ギガ放題プランにも、混雑を避けるために3日間で10GBという制限はありますが、通常のインターネット利用なら速度制限が課される心配はほぼないでしょう。 気になるWiMAXの通信速度は、下り440Mbpsから機種によっては最大1Gbpsを誇ります。 光回線と比べて遜色のない通信速度を実現しています。 以上の特徴をもつWiMAXのギガ放題プランは、 月々1,380円から利用可能です。 電波が入りにくい場合の対処法 WiMAXはメリットが多い反面、屋内の通信に弱いというデメリットをもっています。 電波が障害物に阻まれやすく、利用する地域によっては屋内で十分に通信速度が出ない場合があるのです。 しかしご安心を。 モバイルルーターの電波の弱さは、 中継機を利用することでカバーできます。 中継機とは、家庭のコンセントに接続することで、モバイルルーターの電波状態を改善してくれる機器です。 中継機の実売価格は4、5千円程度。 WiMAXを契約して「電波が弱いな」と感じた場合は、中継機を導入してみてくださいね。 まとめ この記事では、固定回線とモバイルルーターの特徴やメリットを紹介し、どちらを選べばよいか解説してきました。 「 すぐにネット環境を整えたい」人にはモバイルルーターをおすすめします。 中でも、モバイルルーターのカシモWiMAXなら、インターネットの 工事が不要で 即日開通も可能です。

次の