マイ ナンバーカード 写真。 マイナンバーカード申請〜パソコンからの申請編〜

証明写真機でマイナンバーカードが申請できる。どうやるのか方法を解説します

マイ ナンバーカード 写真

全国にあるDNP「Ki-Re-i」(マイナンバーカード申請機能付き)の証明写真機はより検索できます。 実際の証明写真機での手続き解説 それでは実際にDNPの証明写真機「Ki-Re-i」での手続きの様子を紹介したいと思います。 まずはメイン画面の真ん中にある「 マイナンバーカード交付申請用」というオレンジのボタンを押します。 次にマイナンバーカードの申請方法を選びます。 手間暇を考えると「この証明写真機から直接申請したい方」が絶対におすすめです。 私は証明写真機で申請までを直接行いたいので「この証明写真機から直接申請したい方」を選びます。 次にマイナンバーカードの交付申請に必要なものが表示されます。 必要なものは1つ。 個人番号カード交付申請書(通知カードがついてあったペラペラの紙)です。 あの紙に書いてある QRコードが必要になります。 次に再び申請の手順が表示されます。 交付申請書(表面)左下のQRコードをスキャナで読み取ります。 顔写真を撮影し、必要事項を確認すれば申請が完了します。 申請が完了すると、交付申請書確認証がプリントされます。 内容を確認すれば次へを押して進みます。 交付申請にあたり個人情報の取り扱いに同意します。 次に利用規約に同意します。 (全部で3ページあります) 証明写真機でのマイナンバーカードの交付申請は、15歳以上でないと1人で行うことはできません。 ここまでくると、ようやく交付申請書のQRコードを読み取ります。 QRコードは交付申請書の左下(切り取り線の上あたり)にあります。 QRコードのリーダーは証明写真機の上部にあります。 近づけすぎるとうまく読み取ってくれないので、適度に話しながらQRコードを読み取らせます。 あとはQRコードから読み取った申請書IDが交付申請書と同じかどうかを確認します。 この番号の確認作業は重要らしく、再び下7桁の確認を促されます。 ここまでくると、後は通常の写真撮影と同じです。 「レギュラー(800円)」「キレイ(1000円)」など好みに応じてタイプを選びます。 あとは成り行きに従っていけば写真撮影を行うことができます。 写真撮影が終了すると、交付申請の内容を確認します。 初期設定では• 署名用 電子証明書:希望• 利用者証明用 電子証明書:希望• 点字表記:希望しない となっています。 設定を変更するには右側の「内容の変更」を押して変更します。 ここでようやく個人番号カードの交付申請が完了します。 あとは後日はがきで交付通知書が送られてきますので、それと本人確認書類(運転免許証など)・通知カードをあわせて市区町村窓口へ持っていき交付を受けます。 すべてが完了すると証明写真機の受け取り口に「 交付申請確認証」が出てきます。 これは交付に必要なものではありませんが、忘れずにとっておきましょう。 これでマイナンバーカードの交付申請はすべて完了しました。 とても簡単だけど意外に時間はかかるので要注意 証明写真機でのマイナンバーカードの交付申請はとても簡単です。 ですが、上記の手続きを見ていただくとわかるように、 何かと規約などの同意ボタンが多くて時間がかかります。 通常の証明写真だと2~3分くらいで終わりますが、マイナンバーカードの交付申請は5分もしくはそれ以上は時間に余裕をもっておいた方がよいでしょう。 ただ… それでも他の申請方法よりも簡単なのは間違いないです。 マイナンバーカードの交付は市区町村窓口で忘れず行う これは私が勘違いしていたことなのですが、 マイナンバーカードの交付申請を行ったら自宅にマイナンバーカードが送られてくると思っていました。 ですが実際は、 マイナンバーカードの交付通知書が送られてきて、それと本人確認書類・通知カードをもって市区町村窓口に行かなければいけません。 結構めんどうですよね…。 とはいえ、交付通知書が送られてきたら後は取りに行くだけなので、忘れずに取りに行きたいと思います。 まとめ:機械での申請はとても便利なのでオススメ 以上、証明写真機でのマイナンバーカードの交付申請の方法をご紹介しました。 総合的な感想としては… めちゃくちゃ便利です! というよりは、 他の申請方法(郵便・スマホ)などは面倒でやってられません。 私のようなめんどくさがりの人には…ぜひとも証明写真機での申請をとてもおすすめしたいです。

次の

マイ ナンバーカード 写真 古いマイ ナンバーカードを郵送で...

マイ ナンバーカード 写真

マイナンバーカード マイナンバーカードの取得率は約15%程度だという。 今回のことで急速に取得率が上がっていると思うが、実はまだ持っている人のほうが少ないものだったのだ。 そうした中、追い打ちをかけるかのように住民にマイナンバー(個人番号)を知らせるための紙製のカードである「通知カード」が、5月下旬に廃止されるとのがあった。 ただし、当面の間は、通知カードに記載された氏名、生年月日、住所などに変更がない限り、引き続き通知カードをマイナンバーを証明する書類として使えるという。 マイナンバーカード、4つの申請方法 の発行までにはすでに1カ月以上を要するというが、今後のことも考えてこれを機にマイナンバーカードの申請をしてみることにした。 申請の流れ どの方法で申請するかを考えたところ、すでに写真(画像)を持っていること、PCでは申請書ID(半角数字23桁)の入力が必須になるが、スマートフォンからであればQRコードを読み込むだけで済むことからスマートフォン申請を試すことにした。 撮影や画面ショットを撮りながらだったのである程度時間がかかったが、通常ならば5分程度、もし撮影を別途するならばプラス撮影時間程度で終了できる程度の簡単な手続きだった。 文字入力も名前やメールアドレス程度なので、スマートフォンからでもストレスなく申請できるだろう。 スマホでのオンライン申請の手順 ここからは、スマートフォンでの申請の手順を紹介する。 申請にあたっては、マイナンバー通知カードとともに送られてくる「個人番号カード交付申請書 兼 電子証明書発行申請書」、写真画像が必要になる。 なお写真は、最近6カ月以内に撮影したもので、正面・無帽・無背景()でなければならない。 取得する過程で分かったことだが、ファイル形式はjpegで、カラーモードはRGBカラー(CMYKカラー等は不可)、ファイルサイズは20KB~7MB、ピクセルサイズは幅480~6000ピクセル、高さ480~6000ピクセルという条件がある。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

マイナンバーカードをオンライン申請するときにハマったトラップ

マイ ナンバーカード 写真

全国にあるDNP「Ki-Re-i」(マイナンバーカード申請機能付き)の証明写真機はより検索できます。 実際の証明写真機での手続き解説 それでは実際にDNPの証明写真機「Ki-Re-i」での手続きの様子を紹介したいと思います。 まずはメイン画面の真ん中にある「 マイナンバーカード交付申請用」というオレンジのボタンを押します。 次にマイナンバーカードの申請方法を選びます。 手間暇を考えると「この証明写真機から直接申請したい方」が絶対におすすめです。 私は証明写真機で申請までを直接行いたいので「この証明写真機から直接申請したい方」を選びます。 次にマイナンバーカードの交付申請に必要なものが表示されます。 必要なものは1つ。 個人番号カード交付申請書(通知カードがついてあったペラペラの紙)です。 あの紙に書いてある QRコードが必要になります。 次に再び申請の手順が表示されます。 交付申請書(表面)左下のQRコードをスキャナで読み取ります。 顔写真を撮影し、必要事項を確認すれば申請が完了します。 申請が完了すると、交付申請書確認証がプリントされます。 内容を確認すれば次へを押して進みます。 交付申請にあたり個人情報の取り扱いに同意します。 次に利用規約に同意します。 (全部で3ページあります) 証明写真機でのマイナンバーカードの交付申請は、15歳以上でないと1人で行うことはできません。 ここまでくると、ようやく交付申請書のQRコードを読み取ります。 QRコードは交付申請書の左下(切り取り線の上あたり)にあります。 QRコードのリーダーは証明写真機の上部にあります。 近づけすぎるとうまく読み取ってくれないので、適度に話しながらQRコードを読み取らせます。 あとはQRコードから読み取った申請書IDが交付申請書と同じかどうかを確認します。 この番号の確認作業は重要らしく、再び下7桁の確認を促されます。 ここまでくると、後は通常の写真撮影と同じです。 「レギュラー(800円)」「キレイ(1000円)」など好みに応じてタイプを選びます。 あとは成り行きに従っていけば写真撮影を行うことができます。 写真撮影が終了すると、交付申請の内容を確認します。 初期設定では• 署名用 電子証明書:希望• 利用者証明用 電子証明書:希望• 点字表記:希望しない となっています。 設定を変更するには右側の「内容の変更」を押して変更します。 ここでようやく個人番号カードの交付申請が完了します。 あとは後日はがきで交付通知書が送られてきますので、それと本人確認書類(運転免許証など)・通知カードをあわせて市区町村窓口へ持っていき交付を受けます。 すべてが完了すると証明写真機の受け取り口に「 交付申請確認証」が出てきます。 これは交付に必要なものではありませんが、忘れずにとっておきましょう。 これでマイナンバーカードの交付申請はすべて完了しました。 とても簡単だけど意外に時間はかかるので要注意 証明写真機でのマイナンバーカードの交付申請はとても簡単です。 ですが、上記の手続きを見ていただくとわかるように、 何かと規約などの同意ボタンが多くて時間がかかります。 通常の証明写真だと2~3分くらいで終わりますが、マイナンバーカードの交付申請は5分もしくはそれ以上は時間に余裕をもっておいた方がよいでしょう。 ただ… それでも他の申請方法よりも簡単なのは間違いないです。 マイナンバーカードの交付は市区町村窓口で忘れず行う これは私が勘違いしていたことなのですが、 マイナンバーカードの交付申請を行ったら自宅にマイナンバーカードが送られてくると思っていました。 ですが実際は、 マイナンバーカードの交付通知書が送られてきて、それと本人確認書類・通知カードをもって市区町村窓口に行かなければいけません。 結構めんどうですよね…。 とはいえ、交付通知書が送られてきたら後は取りに行くだけなので、忘れずに取りに行きたいと思います。 まとめ:機械での申請はとても便利なのでオススメ 以上、証明写真機でのマイナンバーカードの交付申請の方法をご紹介しました。 総合的な感想としては… めちゃくちゃ便利です! というよりは、 他の申請方法(郵便・スマホ)などは面倒でやってられません。 私のようなめんどくさがりの人には…ぜひとも証明写真機での申請をとてもおすすめしたいです。

次の