腱鞘炎。 腱鞘炎の症状とは

腱鞘炎に効く筋膜・骨格アプローチ総まとめ

腱鞘炎

手首が痛い、指が曲がらない、それは腱鞘炎の症状かもしれません。 腱鞘炎と聞くと、なんだか程度の軽い病気で簡単に治りそうなイメージを持っていらっしゃる方も多いのではないかと思います。 しかし、腱鞘炎と言う名前が聞いた感じのイメージが軽そうだからといって甘く見てはいけません。 いかに腱鞘炎と言えど症状が悪化すれば、最悪の場合筋肉が固まって手首や指が動かせなくなったり、手術を受けないといけない場合やその後遺症で悩まされたりと、手が不自由な生活を送るはめになってしまいます。 軽そうな病気といえども、甘く見ていては大きな事故に繋がります。 腱鞘炎は絶対に軽視せずしっかりと治すようにして下さい。 すでに腱鞘炎の症状でお悩みの方も、正しい知識を身に付けてそんな悩みから解放されましょう! sponsored link 腱鞘炎という言葉をご存知の方は多くても、実際にどのような症状で何が原因でどう治療していけば良いのか、詳しくご存知の方はそう多くはないと思います。 腱鞘とは腱の鞘(さや)と書き、刀でいうところの鞘の役割をしていることから名付けられています。 当然腱があるところには腱鞘はありますので、足首や肩にも腱鞘は存在しています。 しかし一般的には手首や指の方が使う機会が多いので、腱鞘炎と言えば手首や指の腱鞘炎を指し、一般的に連想されるようになったのです。 この腱の鞘、腱鞘が炎症を起こしていることを腱鞘炎と呼ぶわけですが、さて一体どのような病気なのでしょうか。 詳しく説明していきましょう。 その症状や状態、程度によって選択される療法は違います。 またかかりつけの担当医師によっても、治療法は変わってくることもあります。 治療法に納得できない、または満足できないという場合も当然あります。 従って少しばかり大袈裟かもしれませんがセカンド・オピニオンという手段を取ることも、またひとつです。 どんな病気であれ治すのであれば、自分の納得のいく満足できる方法で治す方が良いでしょう。 ここでは腱鞘炎の治療について詳しく説明していきます。

次の

腱鞘炎予防のために今すぐやってほしい3つのこと

腱鞘炎

炎症を起こしている部分を触ったり動かすと痛みを感じ、腱に近い部分の関節を少しでも動かすと引きつるような強い痛みを伴う事が特徴です。 また、腱鞘炎は炎症部分に液体が溜まっていることもあるため、目に見えて腫れがみられる場合もあります。 このように症状は炎症部分の痛みと腫れを伴う事や、炎症部分の動かしにくさが現れるのが腱鞘炎の特徴です。 また、腫れは見られないけれど起床時に患部が不自然に曲がった状態になり、動かずに固まっている状態になることもあります。 この場合は暖めながらゆっくりと動かしたり、自然に解消されることが多いですが、何かを掴んでいるような形というような恐らく腱鞘炎の原因になったのではと思わしき動作と同じ姿勢になっている事が多いようです。 実は腱鞘炎は、炎症がひどくなり腫れが現れるまで悪化する以前にも、前兆の症状をあらわしていることもあります。 最近、酷使している手首がだるい動きにくいといった症状を感じている場合や、関節に違和感がある、熱を帯びている感じがある人。 また、指などの関節を動かすのにきしみを感じたり、不自然な音がする場合は、特に注意が必要です。 腱鞘炎の原因は、関節への負荷のかけすぎが多く関係しています。 最近増えているのがデータ入力系の作業のような、パソコンのキーボードを長時間打ち続けている事が多い人のトラブル。 長時間のパソコン入力や、指や手首に繰り返し負荷が続いているかたは、特に腱鞘炎に注意してください。 少し痛いけど大丈夫と軽く考えていると、関節の軽い痛みが次第に重症化し慢性的な腱鞘炎に発展することもあります。 特に痛みを感じる箇所は、日常的にも稼動の多い箇所。 思わぬ腱鞘炎が、仕事や生活のリズムを乱す原因になってしまうことになるかもしれませんよ。

次の

狭窄性腱鞘炎について

腱鞘炎

腱鞘炎の症状 腱鞘炎の症状は大きく6段階に分類されます。 レベル1 筋肉にこり、だるさ、痛みのような違和感があったり、筋肉が動かしにくいような状態です。 レベル2 手足の使用時に筋肉が痛みます。 瞬間的な痛みが出る状態です。 レベル3 瞬間的な痛みから、使用後もずきずきと痛みが続く状態です。 また患部が熱を帯びたような状態です。 レベル4 シャツのボタンをかけたり、包丁で野菜を切っているときに痛みが出てくるなど、日常生活でも、特定の行動において支障がでてくる状態です。 レベル5 あらゆる行動において痛みが生じ、日常生活にも支障が出てきます。 お箸を持つことさえもままならない状態です。 レベル6 何もしていなくても常に痛みがある状態です。 腱鞘炎の原因 腱鞘炎の主な原因は、手足を使いすぎることで腱や腱鞘に負担をかけてしまいます。 職業柄常にデスクワークやパソコンを使っていたり、もしくは作家や芸術家のようにペンや筆を使うことが多かったり、主婦であれば家事で手を使っていたりすると、腱鞘炎になりやすくなります。 また、更年期の女性や妊娠・出産期の女性もかかりやすいと言われております。 その他にも、ストレスにより自律神経が乱れ、それによりホルモンバランスが崩れ、血行が悪くなり、腱鞘炎になりやすい体質になってしまうこともあります。 時折作業を中断し、筋肉を休ませて、腱鞘炎にならないように注意しましょう。 腱鞘炎の場合、保存的治療をとることが多いですが、何度も繰り返し腱鞘炎を発症してしまう場合、慢性化している場合は手術も治療法に挙げられます。 手術も入院は必要とせず、日帰りで行えます。 手法 内容 日帰り 投薬療法 鎮痛剤の服用の他に湿布薬があります。 市販されているものは効果が弱いものが多いので、相談したうえで処方してもらいましょう。 可能 固定法 テーピングを使って、指や手足などの患部を固定する方法です。 腱鞘炎がひどくならないようにするため安静にさせます。 固定用のサポーターもあります。 可能 温熱治療 痛む部分に超音波やレーザーを当てることで、痛みを和らげます。 患部を温めることで、血行を良くし、緊張をほぐします。 痛みを伴うこともありません。 可能 ステロイド注射 腱鞘炎の痛みが激しいときに行う治療です。 直接患部に薬剤を注入し、痛みを劇的に抑えます。 しかし、この治療には免疫不全や糖尿病など様々な副作用が伴いますので、受ける際はよく医師と相談しましょう。 可能 腱鞘切開術 局所麻酔を行い、皮膚を切開し、皮下の腱鞘を切除し、腱を解放する手術です。 これにより確実に腱鞘炎を治療することができます。 手術時間も15分ほどで終わり、入院も必要ありませんが、リハビリは必要です。 可能 内視鏡手術 局所麻酔を行い、皮膚を3mmほど切開し、そこから内視鏡の管を挿入します。 発症部分を見つけ、管を通しメスで腱鞘を切除します。 切開する箇所も小さな傷ですむので、術後の縫合も必要としません。 こちらも短時間で終わり、その日のうちに帰ることができますが、やはりリハビリは必要です。

次の