赤ちゃん 服装 季節。 【赤ちゃん夏の服装】肌着は着せる?外出時/自宅の違いなど

赤ちゃんの肌着と洋服の着せ方|ベビー肌着・ベビーウェアの着せ方がわかる!サイト

赤ちゃん 服装 季節

まだ寒い日もあれば、急に暖かい日も 出典: 春はけっこう寒暖差がある季節。 ぽかぽか暖かくおでかけが気持ちいい日もあれば、梅雨の季節に入って毎日雨が続いたりすると、肌寒い日もありますね。 春生まれの赤ちゃんには、よっぽど暖かい日以外は長袖を着せてあげましょう。 室内では短肌着+長肌着+ツーウェイオールがおすすめです。 ツーウェイオールは、ボタンの留め方でプレオールとしてもドレスオールとしても使えるタイプ。 家ではオムツ交換がラクなドレス型、外では脚がかくれるプレオール型 赤ちゃんのM字型の足に沿うように作られたカバーオール 、と使い分けができるので便利ですね。 おでかけ時には、おくるみや靴下を持って行き、その場に合わせて体温調節しましょう。 一緒についているかんたんに着せたり脱がせたりできるベストも、1枚持っていると便利でおすすめです。 汗にも冷房にも気をつける季節 出典: 夏生まれの赤ちゃんは、まずは室内の温度管理からたいへんですよね。 冷房や扇風機をつけないと暑すぎるし、かといって大人にとって心地よくても実は赤ちゃんは寒かったりすることも。 でも、暑めに設定すると今度は汗をかいてあせもができてしまったり。 まず肌着は短肌着か長肌着を着せ、汗をかいたらすぐに着替えさせてあげましょう。 最近は背中に入れてさっととりだして交換できる汗とりパッドも売られています。 肌着の上に着るのは、半袖のツーウェイオールがおすすめです。 おでかけですが、こちらも外はあんなに暑かったのに、お店や電車の中に入ると冷房で寒いくらい・・・なんてこともありますね。 やはりおくるみ、靴下は持って行きましょう。 脚がでている前開きロンパースなどを着せている場合は、レッグウォーマーもあるといいですよ。 また、日除けや汗を吸ってくれる効果があるので、ガーゼ生地などでできた帽子もおすすめです。 急激に寒くなることもあるので暖かめに 出典: 秋ははじめのうちは残暑もありますが、気がつけばどんどん日が暮れるのも早くなり、夕方から冷え込んでくる季節ですね。 外で過ごしていたら曇ってきて急に寒くなってきた、ということもありますので、おでかけの時には防寒に気をつけてあげるといいですね。 基本的には春生まれの赤ちゃんと同じく、室内では短肌着+長肌着+ツーウェイオールが過ごしやすいでしょう。 夕方からは気温に応じて、ベストやカーディガンなどの羽織りものを用意してあげましょう。 おでかけ時にはおくるみや靴下や帽子、また外の気温によっては、そろそろアウターやちいさな毛布を用意してあげてもいいかもしれませんね。 おでかけ時はもこもこアウターや毛布で防寒を 出典: 冬生まれの赤ちゃんは、できれば暖かい室内で過ごさせてあげたいですが、検診や上の子どもの通園やおでかけがあると、そうもいかないですよね。 室内ではこちらも春生まれ、秋生まれの赤ちゃんと同じ、短肌着+長肌着+ツーウェイオールで大丈夫です。 冬だから寒いかも…?と着せ過ぎないように気をつけてくださいね。 基本的には大人よりも1枚少なめで赤ちゃんは快適だといわれています。 おでかけの際には、カーディガンを着せたり、気温によってはもこもこの暖かいアウターを着せてあげましょう。 帽子や靴下も必須です。 また、おくるみのかわりに、もう少し暖かいブランケットがあるといいですね。 特にベビー用品を用意しなくても、大人用の大判ショールや小さなひざかけを使ってもいいと思います。 建物の中に入ったら暖かいので、その際にはアウターを脱がしてあげたりと調節が必要ですね。 まとめ 生まれてから生後3ヶ月くらいの赤ちゃんを対象に、季節ごとのおすすめの服装をご紹介しました。 おくるみ、靴下、ベスト、帽子はオールシーズン使えるアイテムなので、出産準備の時点でいくつか揃えておくと安心ですし、出産祝いのプレゼントにも最適ですね。 また、夏生まれのところで紹介したレッグウォーマーもおすすめアイテムです。 適温な室内であれば、ロンパースやボディスーツを着せてレッグウォーマーを履かせてあげると、ボタンはオムツ替えなら股下の3~4個のみですむのでちょっと楽ですよ。 お住まいの地域や赤ちゃんの発育、体質によって変わってくることもたくさんありますが、ぜひこれらを参考にして、ベビー服選びをしてみてくださいね。

次の

お宮参りの赤ちゃんの服装は?祝い着とベビードレスどっちがいいの?

赤ちゃん 服装 季節

【紐で結ぶタイプ】 紐で結ぶタイプのボディースーツは、新生児に使いやすいものです。 赤ちゃんに触れるスナップは股下だけなので、肌にやさしく、生まれたての赤ちゃんにぴったりです。 お腹にかかる生地が二重になるので、腹部の保温にも役立ちます。 夏にクーラーのきいたお部屋でも赤ちゃんのお腹を守ってくれるので安心ですね。 【かぶせて着せるタイプ】 Tシャツのように頭からスポッとかぶせて着せるタイプのボディースーツは、首がすわったあとに着せやすくなります。 肩口が大きく開くので、着脱しやすいのが特長です。 インポートものやブランドものなど、色やデザインがかわいいものが多いので、夏はボディ肌着1枚でも外出できますよ。 ただし、首が安定しない新生児期には避けたほうが良いでしょう。 【スナップがついているタイプ】 前中央にスナップがついているタイプのボディースーツは、まだ寝返りやお座りができない赤ちゃんにおすすめです。 赤ちゃんの身体を最小限に動かすだけで、簡単に着脱できます。 スナップが多くて面倒くさいと感じるかもしれませんが、慣れてくれば手早くできますよ。 スナップボタンがどうしても肌に触れてしまうので、新生児期よりも少し肌が強くなる3ヶ月頃から着せるほうが安心です。 1歳くらいまで活躍する心強いアイテムです。 汗っかきな赤ちゃんの肌はデリケートなので、ベビー服の素材にこだわりたいものです。 吸水性や通気性にすぐれた、肌触りの良い天然素材のものを選んであげましょう。 おすすめは綿100%です。 ただし、ひと口に綿といっても、糸の太さや編み方で、フライスやスムースなどと呼び名が異なり、生地の厚みや手触りに違いが出てきます。 どのようなときに着せるのか、目的や用途によって使い分けてみましょう。 伸縮性や保温性も、ベビーウェアを選ぶ際のポイントです。 活発に動くようになる腹ばい期は、伸縮性があって赤ちゃんの動きをさまたげないものが良いでしょう。 肌寒い季節には、肉厚で伸縮性のあるニット素材や、保温性も高いニットキルトなどが適しています。 新陳代謝が活発な新生児は、おむつ替えと同じようにお着替えも頻繁です。 毎日のことなので、着替えのしやすいものを選んであげるとお世話が楽になります。 新生児期はあまり足の動きが活発ではないので、足が二股に分かれていないもので大丈夫です。 少し足の動きが活発になる2~3ヶ月頃、寝かせたまま着替えさせる時期には、スナップや紐で肩から足先まで大きく開くタイプがおすすめです。 首がすわり、身体が起こせるようになったら肩あきのシャツ、たっちできるようになったらパンツタイプなど、赤ちゃんの成長に合ったものを選ぶことで、お着替えが効率良くできます。 赤ちゃんの体形やママの好みなども考慮して、いろいろなものを試してみるのも良いかもしれませんね。 とにかく汗をかくこの時期は、こまめに服を取り替えてあげましょう。 あせも対策にもつながります。 薄手で風通しが良く、吸湿性にすぐれた素材のウェアを選んであげると安心です。 クーラーでの冷やし過ぎにも注意が必要ですね。 室温をチェックしながら、冷風には直接当たらないようにしてあげてください。 室内外での温度差が激しいので、カーディガンが1枚あると便利です。 冬の寒い時期でもすぐ汗をかいてしまうので、着せすぎは禁物です。 寒いときは新生児用のベストや胴着で調節、おでかけのときはアフガンや帽子などの小物をうまく使って対応しましょう。 室内で靴下をはかせると、赤ちゃんの動きをさまたげることがあるため、素足が基本です。 お出でかけのときは靴下をはかせてあげましょう。

次の

赤ちゃんの冬服の着せ方は?部屋着や肌着など服装のコツを教えて!

赤ちゃん 服装 季節

ツーウェイオールとは、ワンピースのように足を覆う形(ドレスオール)と、足の部分をボタンで留めたズボンのような形(カバーオール)の2通りで着ることができるベビー服です。 オムツ替えが多い新生児期には、足元が開いた状態でも着ることができるツーウェイオールがとても便利です。 ツーウェイオールには、カジュアルなデザインからワンピースのようにかわいいデザイン、また、タキシード風のデザインまで、さまざまなタイプがあります。 ワンピース風のデザインは、女の子らしいおしゃれを楽しめます。 タキシード風のツーウェイオールは、蝶ネクタイやベストがついたフォーマルなデザインなので、男の子におすすめです。 退院時のツーウェイオールは、ママやパパの好みや、退院後のイベントで使うことなども踏まえて、楽しく選びましょう! 退院時、赤ちゃんは何を着る?季節別のおすすめベビー服 出産から退院までの日数は、一般的には5日~10日ほど。 赤ちゃんは、数日で病院から初めて外へ出て、家族と一緒に家に帰ります。 産まれたばかりの赤ちゃんが安心して気持ちよく家に帰れるように、季節に応じた服装を選んであげましょう。 季節別のおすすめの着せ方 【春生まれ・秋生まれ】肌着を2枚重ねて長袖ツーウェイオールを着よう 春や秋などの過ごしやすい季節に生まれた赤ちゃんには、短肌着の上に、長肌着かコンビ肌着を重ねて着せた上で、長袖のツーウェイオールを着せましょう。 【夏生まれ】肌着2枚と薄手の長袖ツーウェイオールがおすすめ 夏生まれの赤ちゃんには、短肌着+長肌着かコンビ肌着を重ねた上に、薄手の長袖ツーウェイオールを着せましょう。 特に熱い真夏は、短肌着1枚と薄手の長袖ツーウェイオールでもOKです。 赤ちゃんの体温は高く汗をかきやすいため、真夏は2枚重ねれば十分でしょう。 【冬生まれ】肌着を2枚重ねて温かい素材のツーウェイオールを着せよう 寒い季節に生まれた赤ちゃんには、短肌着の上に、長肌着かコンビ肌着を重ねて着せた上に、温かい素材のツーウェイオールを着せましょう。 赤ちゃんを外に連れていくときには、その上から、厚手のおくるみを巻きましょう。 自動車やタクシーで自宅へ帰る時は、外気に触れるのは少しの時間なので、厚いおくるみを巻いて抱っこすれば十分です。 季節にかかわらず、おくるみかバスタオルを用意しよう 首や腰も座っておらず、体が不安定な新生児を抱っこして移動する時に必要なのが、おくるみです。 赤ちゃんを優しく包み込んで抱っこすれば、赤ちゃんもママも安心です。 おくるみは、赤ちゃんを包んだり、寝ている時やベビーカーでの移動中などに、ブランケット代わりにかけてあげたりするのに便利なアイテムです。 おくるみは、赤ちゃんのおくるみとして販売されているものだけでなく、大きめのバスタオルや、すでに持っている大きめのストールなどでも代用できます。 夏は薄手のおくるみだとさらにベターです。 冬は、厚手のおくるみや大きめのバスタオルで赤ちゃんを包めば十分なので、新生児期は、赤ちゃんの上着などは特に必要ないでしょう。 新生児の服は50~60センチサイズをセレクトしよう 新生児用のベビー服のサイズは、身長50〜60cm、体重は3〜6kgというサイズです。 退院時に着る服は、新生児の赤ちゃんに合うサイズを選んであげましょう。 長く着られるようにと、大きめのサイズを購入したくなってしまいますが、産まれたばかりの赤ちゃんは想像した以上に小さいです。 ただ、4kgほどで大きめに生まれた赤ちゃんや、生後1ヶ月の1ヶ月健診の頃には体重が5~6kg近くまで増える赤ちゃんもいます。 新生児用サイズはすぐに着られなくなってしまうケースもありますが、退院時に着るための1着だけでも、新生児用のサイズを購入してあげたいですね。 自家用車を使う場合は必ずチャイルドシートを使おう 赤ちゃんと一緒に退院して自宅に戻る時に、自家用車を利用する人も多いと思います。 自家用車に乳幼児を乗せる場合は、チャイルドシートを装着することが法律で義務付けられています。 赤ちゃんの安全のためにも、必ずチャイルドシートを設置し、赤ちゃんを乗せましょう。 また、タクシーやバスを使う場合は、乳幼児はチャイルドシートの装着は免除されています。 ただ、赤ちゃんの安心のため、座席に寝かせたりせずに、しっかり抱っこしていましょう。 セレモニードレスが便利!その後のイベントにも使える セレモニードレスとは、赤ちゃん用の晴れ着です。 産院から自宅に帰る時や、その後のお宮参りなどでも着ることができます。 タキシードのようなベストがついたデザインのベビードレスもあるので、フリルのついたドレスを男の子に着せるのが抵抗があるという方にはこのタイプがおすすめです。 出産予定日が近づいてきたら、赤ちゃんをお祝いする日をイメージしながら、妊娠中に出産準備品として用意しておくのもいいですね。 出産祝いにおねだりしたい!人気ブランドのセレモニードレス 楽天市場などのネット通販サイトやベビー用品専門店でも、たくさんの種類のセレモニードレスが売られていますが、やっぱり人気ブランドのセレモニードレスには憧れますよね。 ファミリアやミキハウスといったブランドのセレモニードレスは、上質な刺繍やレースがあしらわれて、高級感たっぷり。 価格は高めですが、こだわり派のママはぜひチェックしてみましょう。 また、オーガニックコットンを使った綿100%のセレモニードレスも人気です。 初めての晴れ着は、肌に優しい素材を使ったものを選びたい!という方におすすめです。 親戚や両親など、赤ちゃんの誕生を心待ちにしている方から、出産祝いの希望を聞かれた時に、おねだりしてみるのもいいかもしれませんね。 セレモニードレスは肌着の上に着用しよう セレモニードレスを着る時には、その下に着るための肌着も用意しましょう。 寒い冬は、短肌着と長肌着を重ねて着て、その上からセレモニードレスを着用すると安心です。 また夏は、長肌着1枚を着てその上にセレモニードレスを着用しましょう。 退院時に着ることができるか産院に確認しよう 産院によっては、退院時にセレモニードレスを着ることを断られるところもあります。 セレモニードレスは、ツーウェイオールなどの普通のベビー服に比べて着用に時間のかかるため、退院する人が集中すると、それぞれの赤ちゃんに着せることが難しい、という理由です。 もちろん、退院のタイミングでドレスを着せてくれる産院もありますので、退院時の赤ちゃんの服装の希望を事前に伝えておきましょう。 サイズは50~60サイズで生後1ヶ月頃まで使える セレモニードレスはさまざまなタイプや金額のアイテムがありますが、高価なものだと1万円を超えるものもあります。 決して安い買い物ではないので、退院時だけではなく、できれば何度か着たいですよね。 とはいえ、長く着られるようにと大きめを買うと、まだ体が小さい新生児にはぶかぶかになってしまいます。 そのため、大きめのものを買うのは控えて、50〜60cmサイズを購入しましょう。 また、セレモニードレスは50〜70cmというサイズ設定の商品もあります。 このサイズを選ぶとさらに安心です。 一般的には生後30日に行うお宮参りのタイミングでは、ほとんどの赤ちゃんは、50〜60サイズ、または50〜70cmサイズのドレスを着用できます。 退院時もお宮参りの時も、たくさん写真を撮ります。 セレモニードレスは、ジャストサイズで着るのが一番かわいいです。 写真として後に残るものなので、ぴったりのサイズを選んであげましょう。 ただ、お宮参りのタイミングは地域によっても異なります。 生後30日~100日の間に行うことが多いですが、寒い時期を外して暖かくなってから行うケースなどもあります。 特に大きく生まれた赤ちゃんや、お宮参りのタイミングが決まっていない場合は、退院時の服装とお宮参りの際のセレモニードレスは分けて考えたほうがベターです。 次のイベントまで1ヶ月以上間が開く場合は、赤ちゃんの服は、お祝いをするタイミングの体型に合ったものを準備してあげましょう。 手作りベビードレスは愛情たっぷりで思い出に お洋服を作るのが得意な方は、手作りのベビードレスを赤ちゃんに着せてみてはいかがでしょうか。 私が出産した病院で仲良くなったママの赤ちゃんは、お祖母様が作ってくれたドレスを着て退院していました。 愛情がたくさん込められた手作りのドレスを来て、記念すべき退院の日を迎えられたことは、赤ちゃんにとっての一生の思い出になるでしょう。 ベビー服や赤ちゃんのドレスの作り方をまとめたムックや書籍を参考にしてもいいですね。 型紙がついた便利な本もありますので、ソーイングが得意なママはチャレンジしてみましょう! 退院時の服装はしっかり用意して、一生の思い出に花を添えよう! 退院時の赤ちゃんの服装は、肌着の重ね着やおくるみなどで防寒・暑さ対策をしっかりしてさえいれば、自由です。 家族が赤ちゃんのことを考えて選んであげた服であれば、何でも思い出に残ることでしょう。 退院の日がとっても素敵な日になるように、快適で、それぞれの家族らしい服装を選んで、赤ちゃんを気持ちよく家に迎えてあげましょう!.

次の