渋谷うなぎ。 お品書き<本店>|鰻 渋谷 松川 (うなぎ しぶやまつかわ)| 東京・渋谷、老舗の鰻と和食,日本料理

お品書き<本店>|鰻 渋谷 松川 (うなぎ しぶやまつかわ)| 東京・渋谷、老舗の鰻と和食,日本料理

渋谷うなぎ

ひょうたん屋 1丁目店 うな重特上 銀座一丁目にある「ひょうたん屋 1丁目店」。 入口右手の焼き場前にカウンター席と奥にテーブル席がある。 歯ごたえのある皮と肉厚でプリプリとした身は、一口ごとに広がる脂の旨味がありボリューム満点だ。 タレは、甘すぎず程よく辛めで蒲焼とタレの相性も良くご飯がすすむ。 カウンター席に座れれば、炭火での「焼」の作業を見ながらうな重を楽しめる。 姉妹店である「」では、蒸さないうなぎを酒の肴に一杯飲みたい人におすすめだ。 2015年11月にオープン、際コーポレーションが展開する関西風地焼専門店だ。 古民家を移築したようなレトロモダンな雰囲気の店内には、テーブル席個室、座敷席などを備える。 かなり歯ごたえのあるブリブリッとした食感でマニアックな関西風の蒸さないうなぎが楽しめる。 「白焼き蒲焼食べ比べ」では関西風の蒲焼と白焼きの食べ比べができる。 2Pサイズという大きなうなぎにこだわり、一切一切れにガツンとくる力強さがある。 蒲焼は、たまり醤油、ザラメなどで調合した甘め濃厚なタレ。 白焼きは、皮をパリッと仕上てあり身は甘く濃厚、噛みしめた時にうなぎのパワフルさを感じる。 テーブル席、カウンター席、座敷席を備えている。 日本酒へのこだわりがあるお店で、カウンター席の上には日本酒の一升瓶が並ぶ。 身の表面の照り感もあり、やや弾力のあるプリッとクニュっとした食感。 皮はパリッと焼かれ、身と皮がハラッっとはがれる感じで、脂の旨味甘みを楽しめる。 タレはほんのり甘めで蒲焼とタレ、ご飯とのバランスが良い。 こちらでは、蒸を入れた関東風か蒸さない関西風か選ぶことができる。 お酒に合わせたり、その日の気分で選べるのも嬉しい。 入口左側には一枚板のカウンター5席と座敷席、テーブル席がある。 お好みで蒸した関東風、蒸さない関西風を選ぶことができる。 関西風でしたら、カブト 頭 付けましょうか? 身は分けますか? 焼きは強めにしますか? 店主がお好みを聞いてくれ、写真のような蒲焼が登場する。 そんな店主とのやりとりも楽しい。 カブト 頭 付のうなぎは大迫力、頭からかぶりついてもよし、ブリブリの身は噛めば噛むほど味わい深い。 ワサビや山椒でアクセントをつけ、味の変化も楽しめる。 店主と相談しながら自分らしいうなぎの楽しみ方を見つけられるかもしれない。 "うなぎラーメン"を出す店としてテレビなどでも紹介されている。 店内は居酒屋風、もともと関東風のうなぎを出していたが、お客さんの要望を聞いているうちに、蒸さない関西風のうなぎも出すようになったという。 蒸さない関西風白焼きは、皮はパリッと仕上げてあり、身の表面はサクサク。 ややプリッとした柔らかな身は、うなぎ本来の旨味とジューシー感を楽しめる。 ねぎポン酢でいただく夏季限定の"鰻冷しゃぶ"は、うなぎの皮も一緒にしゃぶしゃぶにしているので、プリプリの食感と濃厚感が楽しめクセになる一品だ。 モダン和風の内装のお洒落な店内は、カウンター、テーブル、小上がり席がある。 こちらも、蒸した関東風、蒸さない関西風を選ぶことができる。 面白いのが裏メニューのひとつ、通称「あぐり重」は関東風と関西風の蒲焼が同時に楽しめる。 お重の手前が蒸さないうなぎ、奥が蒸したうなぎ、ご飯には甘めのタレをまぶし、蒸したうなぎには辛めのタレ、蒸さないうなぎには甘めのタレがかかっていて複雑な味わい。 柔らかく仕上げた身と表面のサクサク感とジューシー感が楽しめる。 うなぎの創作料理もいろいろあり"うなぎの皮焼き串"は、鮭などの魚の皮が好きな人におすすめ。 ヒレ焼とも違うこってり感が楽しめる。 こちらは蒸さないうなぎなのだがプリッとした食感ではなく、トロッとした身が特徴的。 1948年 昭和23年 に初代が創業したころから蒸さない蒲焼のスタイルを現在の三代目若店主が受け継いでいるという。 店主が焼きはじめると、身の表面にフツフツとして脂が出てくると同時に、身がふっくらとしてくる。 照りと艶、ふっくらとトロッとした食感にボリューム感もあるがくどすぎない。 タレは、ややコクのあり甘め、東京では珍しい甘めのタレだ。 愛知や岡谷あたりの蒸さない地焼うなぎとも違う珍しいタイプだ。 蒸さないうなぎも、焼き方によってプリプリにもトロッとした身になるのだ。

次の

【東京】絶品うなぎ4選!絶対外さない名店を厳選!

渋谷うなぎ

ひょうたん屋 1丁目店 うな重特上 銀座一丁目にある「ひょうたん屋 1丁目店」。 入口右手の焼き場前にカウンター席と奥にテーブル席がある。 歯ごたえのある皮と肉厚でプリプリとした身は、一口ごとに広がる脂の旨味がありボリューム満点だ。 タレは、甘すぎず程よく辛めで蒲焼とタレの相性も良くご飯がすすむ。 カウンター席に座れれば、炭火での「焼」の作業を見ながらうな重を楽しめる。 姉妹店である「」では、蒸さないうなぎを酒の肴に一杯飲みたい人におすすめだ。 2015年11月にオープン、際コーポレーションが展開する関西風地焼専門店だ。 古民家を移築したようなレトロモダンな雰囲気の店内には、テーブル席個室、座敷席などを備える。 かなり歯ごたえのあるブリブリッとした食感でマニアックな関西風の蒸さないうなぎが楽しめる。 「白焼き蒲焼食べ比べ」では関西風の蒲焼と白焼きの食べ比べができる。 2Pサイズという大きなうなぎにこだわり、一切一切れにガツンとくる力強さがある。 蒲焼は、たまり醤油、ザラメなどで調合した甘め濃厚なタレ。 白焼きは、皮をパリッと仕上てあり身は甘く濃厚、噛みしめた時にうなぎのパワフルさを感じる。 テーブル席、カウンター席、座敷席を備えている。 日本酒へのこだわりがあるお店で、カウンター席の上には日本酒の一升瓶が並ぶ。 身の表面の照り感もあり、やや弾力のあるプリッとクニュっとした食感。 皮はパリッと焼かれ、身と皮がハラッっとはがれる感じで、脂の旨味甘みを楽しめる。 タレはほんのり甘めで蒲焼とタレ、ご飯とのバランスが良い。 こちらでは、蒸を入れた関東風か蒸さない関西風か選ぶことができる。 お酒に合わせたり、その日の気分で選べるのも嬉しい。 入口左側には一枚板のカウンター5席と座敷席、テーブル席がある。 お好みで蒸した関東風、蒸さない関西風を選ぶことができる。 関西風でしたら、カブト 頭 付けましょうか? 身は分けますか? 焼きは強めにしますか? 店主がお好みを聞いてくれ、写真のような蒲焼が登場する。 そんな店主とのやりとりも楽しい。 カブト 頭 付のうなぎは大迫力、頭からかぶりついてもよし、ブリブリの身は噛めば噛むほど味わい深い。 ワサビや山椒でアクセントをつけ、味の変化も楽しめる。 店主と相談しながら自分らしいうなぎの楽しみ方を見つけられるかもしれない。 "うなぎラーメン"を出す店としてテレビなどでも紹介されている。 店内は居酒屋風、もともと関東風のうなぎを出していたが、お客さんの要望を聞いているうちに、蒸さない関西風のうなぎも出すようになったという。 蒸さない関西風白焼きは、皮はパリッと仕上げてあり、身の表面はサクサク。 ややプリッとした柔らかな身は、うなぎ本来の旨味とジューシー感を楽しめる。 ねぎポン酢でいただく夏季限定の"鰻冷しゃぶ"は、うなぎの皮も一緒にしゃぶしゃぶにしているので、プリプリの食感と濃厚感が楽しめクセになる一品だ。 モダン和風の内装のお洒落な店内は、カウンター、テーブル、小上がり席がある。 こちらも、蒸した関東風、蒸さない関西風を選ぶことができる。 面白いのが裏メニューのひとつ、通称「あぐり重」は関東風と関西風の蒲焼が同時に楽しめる。 お重の手前が蒸さないうなぎ、奥が蒸したうなぎ、ご飯には甘めのタレをまぶし、蒸したうなぎには辛めのタレ、蒸さないうなぎには甘めのタレがかかっていて複雑な味わい。 柔らかく仕上げた身と表面のサクサク感とジューシー感が楽しめる。 うなぎの創作料理もいろいろあり"うなぎの皮焼き串"は、鮭などの魚の皮が好きな人におすすめ。 ヒレ焼とも違うこってり感が楽しめる。 こちらは蒸さないうなぎなのだがプリッとした食感ではなく、トロッとした身が特徴的。 1948年 昭和23年 に初代が創業したころから蒸さない蒲焼のスタイルを現在の三代目若店主が受け継いでいるという。 店主が焼きはじめると、身の表面にフツフツとして脂が出てくると同時に、身がふっくらとしてくる。 照りと艶、ふっくらとトロッとした食感にボリューム感もあるがくどすぎない。 タレは、ややコクのあり甘め、東京では珍しい甘めのタレだ。 愛知や岡谷あたりの蒸さない地焼うなぎとも違う珍しいタイプだ。 蒸さないうなぎも、焼き方によってプリプリにもトロッとした身になるのだ。

次の

うなぎ 花菱

渋谷うなぎ

【東京】絶品うなぎ4選!絶対外さない名店を厳選! 2018. 11 江戸の下町情緒を残す東京には、うなぎの名店が数多くあります。 お店の前を通れば漂ってくる、反応せずにはいられない食欲をそそられる香ばしいタレの香り。 一度は行きたい老舗店からお手頃なお店など、美味しいうなぎが食べられるオススメのお店を厳選してご紹介します! うなぎ秋本【麹町】 都内では数少ない「数奇屋造り」の風情ある老舗うなぎ店 うな丼 3,800円 茶室風の様式を取り入れた建築「数奇屋造り」の店構えで、オフィス街の一角にあるとは思えない、ほっと落ち着ける雰囲気の「うなぎ秋本」。 うなぎは静岡・宮崎・鹿児島県の生産者から直接仕入れた安心・安全なもので、創業より100年以上愛され続け、代々受け継がれてきた秘伝のタレで丁寧に色よく照りよく焼き上げられます。 タレはご飯によく合う甘めの仕上がりです。 都心にいながら江戸情緒を感じる、ゆったりとした時間を過ごすことができ、個室もあるので、接待や家族との大切な会食など、シーンに応じて利用することができますよ。 安土桃山時代から江戸初期にかけて流行した建築様式「数奇造り」のお店。 その日に仕込んだ新鮮なうなぎをまるごと1匹蒸して、余分な脂を落としてから焼くのでふっくらとした仕上がり。 コク深いタレとのバランスも最高です。 また、うなぎ専門店だからこそ味わえる、希少なレバーやかぶとなど、色々な部位の串焼きメニューもあり、部位ごとにそれぞれ異なる味わいを堪能できます。 特製ポン酢でさっぱりと仕上げた「うなぎのたたき」もお店オススメの一品です。 赤坂に本店を持ち、東京、神奈川、千葉、大阪に6店舗を持つ、大正12年創業の江戸前うなぎ料理専門店。 その日に仕入れた新鮮な活きたうなぎは、職人が丁寧に捌いてからふっくらと蒸し、香ばしく焼き上げられます。 こちらは江戸前伝統のあっさりとした辛口のタレ。 名物の「ひつまぶし」は、まずはそのままで、次にネギやのりなどの薬味と一緒に、そして特製だし汁でお茶漬けにと3通りの食べ方で楽しむことができますよ。 また、全国各地から取り寄せられた数々の銘酒、うなぎの各料理にあわせて厳選したワインなどもあり、うなぎを肴に贅沢なひとときを過ごせます。 問屋ならではの目利きで仕入れた極上のうなぎを、富士山麓の南アルプス伏流水で寝かせる事で旨味を極限まで引き出してから出荷。 職人が一尾ずつ違いを見極めて丁寧に焼かれるうなぎは、表面はこんがり、中はふんわりトロトロの仕上がりに。 おすすめメニューの「大富士」は、大振りの鰻を丸ごと1尾分使った、ごはんが見えないほどたっぷりの鰻が重ねられた大満足の一品! 近年、うなぎの稚魚シラスうなぎの不漁が深刻な問題となっていますが、この店では1尾1尾を大切に、使う尾数を減らすため、小さいうなぎは使用せず、普通は破棄されがちな鰻の頭やヒレ、骨なども手間暇をかけて美味しいうな串や骨せんべいに加工して、夜のお酒のアテとして提供するなど、「うなぎ愛」に溢れています。

次の