井内 競馬 予想。 【競馬】競馬予想TVの井内ってなんでキムラ見下してんの?

井内利彰の予想 | 馬券総合倶楽部

井内 競馬 予想

市丸:当時の思い出のレースを教えてもらえますか? 井内:ナリタブライアンとマヤノトップガンの一騎打ちムードだった天皇賞(96年春、優勝馬サクラローレル)です。 サクラローレルは怪我があってまだ大成してしませんでしたけれど、「絶対この馬勝ちますから」と言いまくって。 「2強で決まれば、スポーツとしては面白いかもしれないけれど……」とか言って……、もうそのころはギャンブルが好きだったんですね(笑)。 市丸:それからJRDBに入られることになるのですが……。 井内:当時は実家に住んでいましたが、もし自分一人で暮らすことになったら「これはヤバイ」と思っていました。 一般企業に入るなら競馬を辞めるか、逆にもう競馬の仕事に就いてしまうかしかない、と。 市丸:それで、競馬のお仕事の方を選ばれたのですね。 井内:親は「競馬はちょっと……」という反応で、「どうしてもと言うなら止めないけれど、一般企業も受けるように」というようなことを言われました。 それで1社だけ証券会社を受験して、あとはスポーツ紙や専門紙など受けましたね。 市丸:いかがでしたか? 井内:証券会社は2次か3次くらいまでいったのですが、あまりやる気もなかったので落ちてしまいました。 また、当時その業界は大変な時期で、その会社もすぐ後につぶれてしまったんです。 また、専門紙なども、受け入れられる人数に限界があるのかな、という印象もありました。 市丸:そこからJRDBに入った経緯というのは? 井内:駐車場でバイトをしていた友達から、ある程度の人数で競馬に関わる会社を作るという話があることを聞いたんです。 このときに、JRDBの赤木(一騎)さんや、橋浜(保子)さんに初めてお会いしました。 やられていることがとてもすごくて、今まで自分は「お子様」だったと思わされましたね。 それで、ぜひ一緒にやらせていただきたいと思い、ちょうど卒業するタイミングで会社として設立されたので、JRDBで勉強させていただきました。 市丸:JRDBに入社されたのは何年のことですか? 井内:確か98年の4月だったと思います。 市丸:どのようなお仕事をされていたのでしょうか? 井内:最初は競馬場のパドックにも足を運んでいましたが、その後は中から情報発信をする仕事をしていました。 市丸:具体的にはどのような? 井内:1日中レースを見ていたこともありましたね。 レースを見て、どこでどの馬に不利があったとか、当時は「しんどいなあ」と思ったこともありました。 ただ、もし自分一人ではできなかったと思うのですが、会社で役割分担がある中で、経験豊富なスタッフの方に聞きながら勉強できたのは良かったですね。 ここで鍛えてもらっていなければ、今の自分はないと思います。 市丸:当時JRDBにいらっしゃった方では、さきほどお名前が挙がった赤木さんや、橋浜さんのほかには……。 井内:古谷(剛彦)くんは初期メンバーで……、AKBみたいな言い方ですけれど(笑)、学年は彼がひとつ下でしたが歳は一緒で、今でもイベントで一緒になるなど交遊があります。 大学生のときから地方競馬が大好きで「あんな感じ」でした(笑)。 市丸:テレビ東京に出演されたこともありましたね。 たまたま僕も同時期に出演したので、後に「競馬予想TV!」でお会いしたとき「あのときのテレ東の!」と思いました(笑)。 井内:ブラウン管に自分が映っているのを見て「すごいなあ」と思いました(笑)。 市丸:最初に「競馬予想TV!」に出演されたのは……。 井内:01年の12月です。 市丸:当時は橋浜さんが指数的なものを扱われていたと思いますが、井内さんは最初は……。 井内:最初から「調教捜査官」でした。 テレビに出る少し前くらいから「競馬王」で「調教Gメン」という連載がはじまり、それから橋浜さんの紹介でテレビには出演させていただくようになりました。

次の

第40回 競馬ライター 井内利彰さん(1/6ページ)|私の競馬はちょっと新しい|競馬情報ならJRA

井内 競馬 予想

1:井内利彰とは 競馬には予想のときに重視するファクターが数多く存在しますが、その中でも調教に注目した予想を披露しているのが 井内利彰です。 井内利彰は「競馬予想TV! 」に出演している人気予想家で、その競馬予想が気になっている方も多いのではないでしょうか。 井内利彰は1976年生まれで、大阪府出身です。 大学を卒業後に、株式会社JRDBへ入社しました。 現在はフリーとして活動していて、競馬誌の連載や書籍の執筆など、様々なメディアで活躍中です。 井内利彰が競馬に興味を持ったのは高校生の頃で、「ミホノブルボン」や「ライスシャワー」のレースをみたことがきっかけです。 競馬ファン歴が長い予想家で、その予想精度の高さには多くの競馬ファンが期待しています。 今回は、「競馬予想TV! 」などでも活躍中の人気予想家・井内利彰について、予想スタイルや予想の実力について検証します。 1-1:井内利彰の予想スタイルは? 様々なメディアで活躍中の井内利彰について、まず気になるのはその予想スタイルについてです。 井内利彰は数多くある予想ファクターの中でも、 調教を重視している予想家です。 井内利彰の鋭い視点での調教分析は、多くの競馬ファンが注目しています。 調教タイムを見るだけでなく、実際に目で見て感じたことを予想に反映しているところも凄いところです。 また、レースによって適切な調教があると考えていて、どのような調教を経てレースに臨んでいるかもポイントとしているようです。 調教は調子の良し悪しを判断するだけではなく、それぞれ出走するレースに適した調教であるかを判断しているのが他の予想家とは違う点となっています。 また、デジタルのデータだけでなく、アナログの要素も重視していて、デジタルのデータに「ひと押し」を加えることで予想の精度を高めているようです。 1-2:井内利彰の個人ブログが人気 井内利彰は調教を本格的に分析している予想家として注目を集めていますが、 個人ブログも人気となっています。 井内利彰のブログでは競馬に関する情報が満載で、予想に役立つ情報が盛りだくさんです。 人気予想家の競馬に関する考え方を学ぶことができる点が、人気の理由の一つとなっています。 競馬に関する愛も感じられるブログで、予想だけでなく競走馬やイベントなど様々なことについて触れています。 読み物としても非常に面白く、文才のある井内利彰がどのような記事を書くのが注目です。 「競馬予想TV! 」でも活躍中の井内利彰について気になっている方は、個人ブログについても是非閲覧してみてください。 2:井内利彰の予想の実力は?競馬予想結果を検証 井内利彰は調教を分析して予想をしている予想家ですが、気になるのはその予想の実力についてです。 予想が当たらなければ、参考にすることもできません。 そこで、井内利彰の競馬予想の結果について、実際の予想を元に検証していきます。 2-1:有馬記念の予想結果 まずは、井内利彰の有馬記念の予想結果について見ていきます。 2019年の有馬記念で、井内利彰は10番人気「エタリオウ」を本命にしていました。 結果は2番人気「リスグラシュー」が勝ち、「エタリオウ」は10着に敗れています。 対抗には7番人気「キセキ」を指名していてこちらも馬券には絡んでいないので、予想は外れという結果でした。 2019年有馬記念は、圧倒的1番人気だった「アーモンドアイ」が9着に敗れるという波乱の結末です。 予想をするのは、非常に難しいレースだったかもしれません。 井内利彰は10番人気「エタリオウ」と7番人気「キセキ」に重い印を打っていました。 予想が当たれば、高額配当が期待できたでしょう。 井内利彰は穴馬に印を打つことも多く、的中率は下がっても当ったときの配当が期待できる予想家です。 今後も高配当を的中させられるのが、注目です。 2-2:京都金杯の予想結果 続いて、2020年の京都金杯の予想結果について見ていきます。 レース結果は、1着「サウンドキアラ」、2着「ダイアトニック」、3着「ボンセルヴィーソ」です。 netkeiba. comで公開されていた井内利彰の買い目では、馬連、ワイド、三連複が的中していました。 10,000円の馬券購入に対して、払戻金は104,490円です。 94,490円のプラス収支になり、井内利彰の予想精度の高さがわかります。 3着になった「ボンセルヴィーソ」は、14番人気という低評価の馬でした。 14番人気の馬に印が打てるのは、調教内容を予想ファクターに組み込んでいるからです。 高配当を的中させている井内利彰は、多くの競馬ファンが話題にしている予想家となっています。 3:井内利彰の回収率は? 京都金杯でも予想を的中させている井内利彰ですが、気になるのはその回収率についてです。 回収率は予想がプラス収支となっているかを判断できる便利な指数で、予想家たちも回収率を気にして予想を展開しています。 井内利彰の気になる回収率については、馬券総合倶楽部というサイトで見ることができます。 しかし、井内利彰は誰も予想できない穴馬に印を打って、高額配当を的中させることがある予想家です。 一度高配当を的中させれば、回収率も大きく変わってきます。 井内利彰の回収率には、これからも注目する必要がありそうです。 4:井内利彰の予想が見られるサイト3選 井内利彰は調教を細かく分析し、本格的な予想を展開しています。 調教の内容は競馬初心者では把握が難しく、予想に取り入れるのは困難です。 そこで、井内利彰の競馬予想を参考にすることで、調教を予想に組み込んだ馬券を買うことができます。 井内利彰の予想が見られる3つのサイトを紹介するので、気になる方は是非チェックしてみてください。 4-1:馬券総合倶楽部 最初に紹介する井内利彰の予想が見られるサイトは、「 馬券総合倶楽部」です。 「馬券総合倶楽部」は株式会社ネットドリーマーズが運営する中央競馬予想サイトで、様々な予想家たちの予想を公開しています。 有料で提供する情報を利用するためには、情報料として月額100円 税別 ・477円 税別 ・953円 税別 ・1886円 税別 のいずれかを支払う必要があります。 決済方法はドコモケータイ払い・クレジットカード・WebMoney・auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いの5種類に対応しているので便利です。 「馬券総合倶楽部」の最も良い点は、予想成績を全てオープンに公開しているところです。 予想家たちの予想が的中しているのか確認ができるので、予想を参考にするかを判断することができます。 まずは成績を見て的中結果を確認し、参考にするかを検討してみてください。 4-2:netkeiba. com 次に紹介するサイトが、「 netkeiba. com」です。 「netkeiba. com」は国内最大級の競馬情報サイトで、豊富なコンテンツが人気となっています。 競馬ニュースやコラムなど様々なコンテンツが人気になっていますが、予想家たちの予想を見ることができる「 ウマい馬券」というコンテンツにも注目です。 こちらのコンテンツで井内利彰も予想を公開していて、2020年京都金杯でも予想を的中させていました。 予想を見るためにはポイントを購入する必要がありますが、知りたい情報をだけを見ることができる点は魅力です。 予想家の人数も多く、井内利彰以外にも注目の予想家がいるので、気になる方は「netkeiba. com」の「ウマい馬券」もチェックしてみてください。 4-3:万馬券ハンターいたち 最後に紹介する井内利彰の予想を見られるおすすめサイトが、「 万馬券ハンターいたち」です。 「万馬券ハンターいたち」は、様々な競馬評論家や芸能人たちの競馬予想をまとめているサイトです。 井内利彰の予想もまとめてあり、過去の予想結果についても確認できます。 「万馬券ハンターいたち」は、無料で見られるサイトです。 無料見られるサイトなので、チェックしておいて損はありません。 競馬評論家だけでなく、競馬芸人たちの予想も確認できるのでおすすめです。 まとめ 井内利彰は「競馬予想TV! 」を中心に、様々なメディアで活躍している予想家です。 調教分析を得意としていて、調教内容を加味した予想を披露しています。 調教は、数多くある予想ファクターの中でも重要な要素です。 しかし、調教の分析は簡単ではなく、競馬初心者には難しい部分があるでしょう。 そこで、井内利彰の予想を参考にして、調教内容を加味した馬券を買うという方法もあります。 井内利彰は調教タイムだけでなく、レースによって適切な調教があるかも重要だと考えています。 2020年京都金杯でも、予想を的中させ大幅なプラス収支を達成しました。 2020年も井内利彰の競馬予想から目が離せません。 井内利彰の予想を参考にして、高配当的中を狙ってみてください。

次の

「調教Gメン」井内利彰の予想が凄い!人気予想家の実力は?

井内 競馬 予想

1:井内利彰とは 競馬には予想のときに重視するファクターが数多く存在しますが、その中でも調教に注目した予想を披露しているのが 井内利彰です。 井内利彰は「競馬予想TV! 」に出演している人気予想家で、その競馬予想が気になっている方も多いのではないでしょうか。 井内利彰は1976年生まれで、大阪府出身です。 大学を卒業後に、株式会社JRDBへ入社しました。 現在はフリーとして活動していて、競馬誌の連載や書籍の執筆など、様々なメディアで活躍中です。 井内利彰が競馬に興味を持ったのは高校生の頃で、「ミホノブルボン」や「ライスシャワー」のレースをみたことがきっかけです。 競馬ファン歴が長い予想家で、その予想精度の高さには多くの競馬ファンが期待しています。 今回は、「競馬予想TV! 」などでも活躍中の人気予想家・井内利彰について、予想スタイルや予想の実力について検証します。 1-1:井内利彰の予想スタイルは? 様々なメディアで活躍中の井内利彰について、まず気になるのはその予想スタイルについてです。 井内利彰は数多くある予想ファクターの中でも、 調教を重視している予想家です。 井内利彰の鋭い視点での調教分析は、多くの競馬ファンが注目しています。 調教タイムを見るだけでなく、実際に目で見て感じたことを予想に反映しているところも凄いところです。 また、レースによって適切な調教があると考えていて、どのような調教を経てレースに臨んでいるかもポイントとしているようです。 調教は調子の良し悪しを判断するだけではなく、それぞれ出走するレースに適した調教であるかを判断しているのが他の予想家とは違う点となっています。 また、デジタルのデータだけでなく、アナログの要素も重視していて、デジタルのデータに「ひと押し」を加えることで予想の精度を高めているようです。 1-2:井内利彰の個人ブログが人気 井内利彰は調教を本格的に分析している予想家として注目を集めていますが、 個人ブログも人気となっています。 井内利彰のブログでは競馬に関する情報が満載で、予想に役立つ情報が盛りだくさんです。 人気予想家の競馬に関する考え方を学ぶことができる点が、人気の理由の一つとなっています。 競馬に関する愛も感じられるブログで、予想だけでなく競走馬やイベントなど様々なことについて触れています。 読み物としても非常に面白く、文才のある井内利彰がどのような記事を書くのが注目です。 「競馬予想TV! 」でも活躍中の井内利彰について気になっている方は、個人ブログについても是非閲覧してみてください。 2:井内利彰の予想の実力は?競馬予想結果を検証 井内利彰は調教を分析して予想をしている予想家ですが、気になるのはその予想の実力についてです。 予想が当たらなければ、参考にすることもできません。 そこで、井内利彰の競馬予想の結果について、実際の予想を元に検証していきます。 2-1:有馬記念の予想結果 まずは、井内利彰の有馬記念の予想結果について見ていきます。 2019年の有馬記念で、井内利彰は10番人気「エタリオウ」を本命にしていました。 結果は2番人気「リスグラシュー」が勝ち、「エタリオウ」は10着に敗れています。 対抗には7番人気「キセキ」を指名していてこちらも馬券には絡んでいないので、予想は外れという結果でした。 2019年有馬記念は、圧倒的1番人気だった「アーモンドアイ」が9着に敗れるという波乱の結末です。 予想をするのは、非常に難しいレースだったかもしれません。 井内利彰は10番人気「エタリオウ」と7番人気「キセキ」に重い印を打っていました。 予想が当たれば、高額配当が期待できたでしょう。 井内利彰は穴馬に印を打つことも多く、的中率は下がっても当ったときの配当が期待できる予想家です。 今後も高配当を的中させられるのが、注目です。 2-2:京都金杯の予想結果 続いて、2020年の京都金杯の予想結果について見ていきます。 レース結果は、1着「サウンドキアラ」、2着「ダイアトニック」、3着「ボンセルヴィーソ」です。 netkeiba. comで公開されていた井内利彰の買い目では、馬連、ワイド、三連複が的中していました。 10,000円の馬券購入に対して、払戻金は104,490円です。 94,490円のプラス収支になり、井内利彰の予想精度の高さがわかります。 3着になった「ボンセルヴィーソ」は、14番人気という低評価の馬でした。 14番人気の馬に印が打てるのは、調教内容を予想ファクターに組み込んでいるからです。 高配当を的中させている井内利彰は、多くの競馬ファンが話題にしている予想家となっています。 3:井内利彰の回収率は? 京都金杯でも予想を的中させている井内利彰ですが、気になるのはその回収率についてです。 回収率は予想がプラス収支となっているかを判断できる便利な指数で、予想家たちも回収率を気にして予想を展開しています。 井内利彰の気になる回収率については、馬券総合倶楽部というサイトで見ることができます。 しかし、井内利彰は誰も予想できない穴馬に印を打って、高額配当を的中させることがある予想家です。 一度高配当を的中させれば、回収率も大きく変わってきます。 井内利彰の回収率には、これからも注目する必要がありそうです。 4:井内利彰の予想が見られるサイト3選 井内利彰は調教を細かく分析し、本格的な予想を展開しています。 調教の内容は競馬初心者では把握が難しく、予想に取り入れるのは困難です。 そこで、井内利彰の競馬予想を参考にすることで、調教を予想に組み込んだ馬券を買うことができます。 井内利彰の予想が見られる3つのサイトを紹介するので、気になる方は是非チェックしてみてください。 4-1:馬券総合倶楽部 最初に紹介する井内利彰の予想が見られるサイトは、「 馬券総合倶楽部」です。 「馬券総合倶楽部」は株式会社ネットドリーマーズが運営する中央競馬予想サイトで、様々な予想家たちの予想を公開しています。 有料で提供する情報を利用するためには、情報料として月額100円 税別 ・477円 税別 ・953円 税別 ・1886円 税別 のいずれかを支払う必要があります。 決済方法はドコモケータイ払い・クレジットカード・WebMoney・auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いの5種類に対応しているので便利です。 「馬券総合倶楽部」の最も良い点は、予想成績を全てオープンに公開しているところです。 予想家たちの予想が的中しているのか確認ができるので、予想を参考にするかを判断することができます。 まずは成績を見て的中結果を確認し、参考にするかを検討してみてください。 4-2:netkeiba. com 次に紹介するサイトが、「 netkeiba. com」です。 「netkeiba. com」は国内最大級の競馬情報サイトで、豊富なコンテンツが人気となっています。 競馬ニュースやコラムなど様々なコンテンツが人気になっていますが、予想家たちの予想を見ることができる「 ウマい馬券」というコンテンツにも注目です。 こちらのコンテンツで井内利彰も予想を公開していて、2020年京都金杯でも予想を的中させていました。 予想を見るためにはポイントを購入する必要がありますが、知りたい情報をだけを見ることができる点は魅力です。 予想家の人数も多く、井内利彰以外にも注目の予想家がいるので、気になる方は「netkeiba. com」の「ウマい馬券」もチェックしてみてください。 4-3:万馬券ハンターいたち 最後に紹介する井内利彰の予想を見られるおすすめサイトが、「 万馬券ハンターいたち」です。 「万馬券ハンターいたち」は、様々な競馬評論家や芸能人たちの競馬予想をまとめているサイトです。 井内利彰の予想もまとめてあり、過去の予想結果についても確認できます。 「万馬券ハンターいたち」は、無料で見られるサイトです。 無料見られるサイトなので、チェックしておいて損はありません。 競馬評論家だけでなく、競馬芸人たちの予想も確認できるのでおすすめです。 まとめ 井内利彰は「競馬予想TV! 」を中心に、様々なメディアで活躍している予想家です。 調教分析を得意としていて、調教内容を加味した予想を披露しています。 調教は、数多くある予想ファクターの中でも重要な要素です。 しかし、調教の分析は簡単ではなく、競馬初心者には難しい部分があるでしょう。 そこで、井内利彰の予想を参考にして、調教内容を加味した馬券を買うという方法もあります。 井内利彰は調教タイムだけでなく、レースによって適切な調教があるかも重要だと考えています。 2020年京都金杯でも、予想を的中させ大幅なプラス収支を達成しました。 2020年も井内利彰の競馬予想から目が離せません。 井内利彰の予想を参考にして、高配当的中を狙ってみてください。

次の