教師 仕事。 小学校教師の仕事とは? ~魅力と働き方改革~

小学校教師の仕事とは? ~魅力と働き方改革~

教師 仕事

中学校教師とはどんな仕事? 青春ドラマでも描かれる中学校教師がどのような仕事を行なっているか、具体的なイメージを持っている方も多くいますが、ドラマの世界の中学校教師とは少し仕事内容が異なるようです。 中学校教師が具体的にどのような仕事を行なっているのか詳しく紹介していきます。 専門科目を教える 中学校教師は小学校教師と異なりそれぞれ専門の科目を担当します。 国語の先生は国語のみ、数学の先生は数学と教える科目が限定されているため、他の科目を指導することができません。 ただし、教師の中には、さまざまな科目の免許を取得しているケースもあります。 このような先生は、担当する授業が回らない場合に特定のクラスだけ指導を行うことが可能です。 しかし、このようなケースはごく稀なので一般的には決められた教科を担当すると覚えておくと良いでしょう。 部活指導 教師の中には、部活動の教師を担当する方もいます。 部活指導は授業が終わったあとに担当することになるので、忙しい仕事の合間に指導しなければなりません。 現在部活動の指導をする教師に大きく負担がかかっているため、今後学校の指導方針が変われば部活指導のあり方が変わる可能性があります。 現在は、部活指導は残業手当に含まれないのでボランティアに近い状態で担当している教師も少なくありません。 しかし、好きなスポーツを指導することができるので、責任感を持って指導にあたる方も多くいます。 行事運営 学校にはさまざまな行事があります。 運動会、修学旅行、卒業式など季節に合わせた行事が多くあります。 これらの行事を円滑に行うために、教師は通常業務と並行して準備をしていく必要があります。 行事によって準備するものや、確認するものが異なってくるので、初めて担当する時は何をして良いかわからないという方もいます。 生徒に関する仕事 中学校教師は、思春期の不安定な時期の生徒と向き合う必要があります。 時には授業を中断して生徒に大切なことを教える教師もいます。 生徒が唯一接する大人なので、どのように生徒を成長させていくか中学校教師に託されています。 中学校教師の具体的な仕事内容 ここまでは、大まかな仕事内容を紹介しました。 中学校教師の具体的な仕事内容を掘り下げて紹介していきます。 専門科目の指導 中学校に進級すると、それまで楽しく学ぶ学習からより専門的な分野を学ぶようになります。 中学校時代にしっかり学習することで、高校、大学での学習に活かすことができます。 また、この時期に没頭した学習分野に出会うと、生徒の中にはその分野のスペシャリストになりたいと考えることもあります。 特に、研究者志望の生徒になれば中学生とは思えない専門的な知識の質問を投げかけることもあります。 このような時に、専門科目の教師としてどこまで指導できるか手腕が問われることがあります。 時には、課外授業として専門的な分野を生徒に教えることがあるので、生徒のやる気に答えられるような授業を心がけましょう。 部活指導で生涯が左右されることも 部活は、生徒にとって必要不可欠な活動です。 中には部活動を一生懸命取り組む生徒もいます。 そのため、指導する教師は生徒の情熱を後押しする必要があります。 生徒によっては、部活動の成績でレベルの高い高校へ進学する生徒もいます。 このような生徒は生涯に大きく影響するので、いい加減な指導をすることはできません。 生徒のレベルに合わせた指導はもちろんのこと、部活を通してどのような人物になりたいか導く必要があります。 休みでも時間を作る必要がある 教師として部活動の問題点として、休みが無いということです。 場合によっては休日も練習を行うことがあります。 どのようなスケジュールにするか、無理の無い程度に部活動の時間を設けるようにしましょう。 場合によっては、過度なスケジュールによって生徒が怪我をしてしまうこともあります。 生徒が怪我をしないようなスケジュールを組み、楽しくなおかつ真剣に打ち込むことができるような環境作りが求められます。 また、大会になると会場への引率をはじめ生徒の安全確保を教師が担当することになります。 遠征先でトラブルにならないよう配慮する必要があります。 生徒指導は悪い生徒を指導するだけではない 教師の仕事の中に、生徒指導があります。 生徒指導と聞くと、素行の悪い生徒を正しい方向に導くために指導を行うと思われがちですが、決してそうではありません。 生徒を正しい方向へ導くものは全て「生徒指導」になります。 例えば、生徒会長に就任した生徒がどのようなイベントを行いたいか、どのような運営をしたいか意見を聞きながら、正しい方向へ導くことも生徒指導です。 生徒指導は1人1人の成長によって異なります。 どのような指導をするかは教師に委ねられているので、生徒が道を外れないように正しい道へと導くことが問われます。 中学校教師の仕事のやりがい 中学校教師の仕事のやりがいはどのような点にあるのでしょうか。 中学校教師のやりがいについて解説していきます。 中学校教師のやりがいは次のようなものがあります。 成長を感じることができる 入学した当初は小学生同然で幼く見える生徒でも、時間が経過することに大人へと少しずつ成長していきます。 また、困難な問題に立ち向かって解決していく様子を見ていくと彼らが確実に成長していく様子を日に日に確認することができます。 親御さんよりも、間近で生徒の成長様子を確認することができるのは中学校教師の良い点であると言えます。 感謝される 素行の悪い生徒に対して厳しく接すると、罵声を浴びせられることもあります。 また最近ではSNSの拡散を恐れて生徒に対して思い切ったことを言えない場合もあります。 しかし、真摯に向き合うことができれば、生徒が卒業してから感謝されることがあります。 教師は卒業後に、その存在のありがたさに気づく生徒が多く、卒業後に教師の元を訪ね感謝を述べることもあります。 真摯に向き合えばいつか感謝される仕事でもあるので、諦めずに生徒と向き合うことが大事です。 生徒の一大決心を後押しする 生徒の中には、中学生時代に人生の大きな決断をする生徒もいます。 このような生徒がクラスの生徒からバカにされることもあります。 このような状況でも教師が自分の人生を通して生徒を後押しできれば、生徒が迷わず自分の決めた道に進むこともできます。 中学校教師はこのような状況に何度も出会うことがあるので、教師にとっては何気ない一言でも、生徒の人生を大きく左右することがあります。 人生に影響を与えることができる仕事も、中学教師だからこそできることです。

次の

教師・教員の仕事が大変だと言われる激務度

教師 仕事

教師の仕事内容について 教師の仕事内容は勉強を教えることだけではありません。 小学校は全科目を担任教師が授業を行い、中学・高等学校は担当の教科の授業を行います。 教師は担当の授業の他に 生活指導・安全指導・登下校のサポート・部活動のサポートをします。 また、文科省の指導要領の改定で小学校から英語を習うようになり、さらに「ダンス」などと言う授業も新設されています。 大学の教育課程で履修したこと以外の科目追加があります。 その都度、追加科目を指導するため夜間・休日に研修を受けて、授業の準備をすることが求められます。 これから小学・中学・高校の仕事内容を説明していきます。 小学校教師の仕事内容 小学校教師の仕事内容は満6歳 1年生 ~満12歳 6年生 の児童に学習・生活指導を施して 豊かな人間性と個性を育てることです。 児童に勉強を教えることに限らず、人間形成・人格形成に大きな影響がある時期ですので、個性を伸ばして人間性豊かに育つよう指導することも大きな役割です。 また、授業・給食・ホームルームなどの時間以外にも数多くの業務があり、生徒帰宅後も多種多様な業務があります。 いじめが疑われる事項の対応やモンスターペアレントの対応をすることもよくあるケースと言えます。 中学校教師の仕事内容 中学校教師の仕事内容は専門教科の授業を行いながら 進路指導・生活指導を通して生徒の心のケアを担当します。 中学生から児童から生徒に移行します。 各試験の作成及び採点・部活動の指導・学校行事の準備・進路指導など業務は多岐にわたり、事務作業も増えていきます。 義務教育が終了するので進路指導は重要な業務です。 中学生は満13歳~満15歳と思春期で精神的に不安定になる因子を持つ生徒の良き総合職試験となり、中学校生活を安定したおくる支援をします。 また、部活動などが盛んになる中学校では、部活動の顧問を担当すると夜間や土曜日・日曜日の出勤を強いられるようです。 高校教師の仕事内容 高等学校教師の仕事は 学習指導要領に従い1年間の授業を組み立てます。 重要なポイントで演習問題の作成と定期中間・期末試験の問題作成と採点をします。 中学校と比較すると専門性が格段にアップしますので、専門知識を研鑽する必要があります。 さらに教科書改訂による授業内容が変動しますので、研修などに参加して専門性を高める必要があります。 また、満16歳~満18歳の難しい年齢層の生徒と向き合います。 生徒が何を悩んでいるかを察知し、必要があれば悩み解決の支援をします。 高等学校教師は生徒の気持ちや心理状況を把握して、適切な支援を行い指導することが求められます。 関連相談• 教師の学校以外の仕事について 教師は学校以外の業務を担当することがあるようです。 それは校務分掌のよる 格好運営業務です。 校務分掌とは学校内における運営上必要な業務で、児童・生徒の生活・進路の指導や時間割作成、保護者団体や同窓会などの外部団体との交渉及び調整などを行います。 学校・学校が関係した行事における提案から指導及び統括と常時実施される安全活動を担当し、多種多様な教育相談を受けます。 さらには地域で開催するイベントへの参加をするようです。 小学校教師の学校以外の仕事 小学校教師に学校以外の仕事内容を説明します。 授業の安定した進行や学校行事は計画・実施は学校内の業務です。 学校外の仕事は• 保護者からの過剰なクレーム対応に向かうことです。 一部の児童が因子となる学級崩壊の対応• いじめ問題の対応 が求められます。 小学校教師の中には精神疾患に罹患して休職や退職するケースが少なくないようです。 中学校教師の学校以外の仕事 中学校教師の学校以外の仕事内容を説明します。 中学校から部活動やクラブ活動が盛んになる学校があり、特に体育会の部活動・クラブ活動は他の学校との親善試合や公式戦などを引率するケースがあるようです。 また、中学校で義務教員が終了しますので、進路指導や進路相談を担当します。 高等学校へ進学する支援や、就職を希望する生徒の就職先の探索・紹介などを担当します。 進路や人間関係に不安を生じさせない配慮をしながら、心のケアを行うことも大切な役割です。 高校教師の学校以外の仕事 高等学校教師の学校以外の仕事内容を説明します。 ひとりひとりの生徒・親の三者面談・折衝があり、生徒が抱えている悩みと進路を親子・教師で共有して解決する必要があります。 生徒個々の悩み・進路が異なりますので細かい配慮が求められます。 高等学校を卒業して進学するケースが多いようですが、就職をする生徒もいます。 進路をスムーズに決めないと将来が大きく変化するので、進路相談は重要な役割です。 高等学校生徒は、大学生のように複数のエントリーができず、ひとり1社と決まっています。 就職する生徒には細心の配慮が求められ、部活動・クラブ活動が盛んな学校は、該当する部活動・クラブ活動に顧問の教師が必要です。 特に体育会系の部活顧問を拒む教師がいるようですが、若年層の先生に担当させる学校が多いようです。 全国大会やインターハイに出場する常連校の顧問は休みがないようです。 関連相談• 教師の忙しい時期について 学校の教師は授業をするだけが仕事ではありません。 むしろ授業以外の雑務の方が多いと言えます。 小学校教師の忙しい時期 小学校教師の忙しい時期は 12月であるようです。 小学校は12月にイベントが集中している学校が多いので、12月は猫の手も借りたい月になるようです。 中学校教師の忙しい時期 中学校教師が忙しい時期は3学期にあたる 1月~3月になり、特に3年生は進路を決定する学期になります。 高等学校への推薦入試や一般入試の対応と就職希望者への対応と大忙しの学期になるようです。 高校教師の忙しい時期 中学校教師と同様に高等学校教師が忙しい時期は3学期にあたる 1月~3月になります。 特に3年生は進路を決定する学期になります。 大学・各種専門学校や専修学校への推薦入試や一般入試の対応と就職希望者への対応と大忙しの学期になるようです。 関連相談• 教師の仕事の魅力について 教師の仕事の魅力とは、 学校で子どもたちと触れ合って学んでいくことが出来るということは何にも代え難い魅力ではないでしょうか。 小学校教師の仕事の魅力 小学校教師は児童と近い関係の中で長い時間を過ごしていきます。 その間では様々なことが起きますが、最終的には良い思い出として残ることです。 児童が以前はできなかったことが、いつの間いかできるようになり上達していることがよくあります。 児童の変化を実感することが魅力と言えるでしょう。 中学校教師の仕事の魅力 中学校教師は 生徒の成長が感じられることが魅力です。 生徒の中には真面目で聞き分けの良い子ばかりではなく、中には問題児も多く存在していますが、生誕から問題児であった訳ではありません。 何かの因子によって変異しているのです。 生徒も本質を掴んで一緒に課題をクリアすることで、問題児から解消することができます。 真面目で聞き分けの良い生徒から問題児とさる生徒と接して起動修正をして一緒に進路を見いだして成長していくことを感じることも教師の魅力と言えます。 高校教師の仕事の魅力 高校教師は 生徒の将来を見届けることができることが魅力です。 つっぱっていた生徒やんちゃの生徒も成人して大人になれば見違える成長を遂げます。 この高校生時代と成長した姿を見て「良かった」と気持ちになること魅力と言えます。 関連相談• 高校教師について 高等学校の教師は義務教育の教師ではなく授業や科目ごとに専門の教師が授業を受け持ちます。 高等学校から学力が伴わないと進級できず落第になるため、厳しい判断を下すことが求められます。 高校教師の年収はいくらなのか 高校教師の年収はいくらでしょうか。 公立の高校教師の平均月給は 約45万円程度で、年収換算すると 約600万円~約700万円になります。 公立高校の教師は地方公務員ですので、年功序列で昇給していきます。 また、福利厚生が充実しています。 高校教師に夏休みはある? 高校教師には生徒と同じように 夏休みはありません。 昔は生徒と同様に長い夏休みがあり日直の日だけ出勤すればよかったのですが、生徒の夏期講習や補習や教師の研修への出席などで夏休みはなくなりました。 休暇するときは有給申請をして取得します。 高校教師の仕事は大変? 高校生になるとコミュニケーション力が身に付きますので、基本的なマナーが身に付いている生徒が殆どです。 生活指導をする機会は少なく、進路相談や進路指導の比率が高くなるようです。

次の

非常勤日本語教師は「仕事の掛け持ち」必須??お給料事情について解説します!

教師 仕事

仕事内容 体育教師の仕事は規定されたカリキュラムに応じて、バスケットボールや体操などの運動競技を指導・教育することです。 生徒が適切に運動できるように手本を見せ、安全に配慮しながら授業を進行していきます。 また、運動を実際に行う「体育」の他に「保健」の授業も担当します。 心肺蘇生法や性教育など、人が生きていくうえで欠かすことのできない知識と技能を教授することも大事な仕事のひとつです。 生活指導について 体育教師は鍛え上げられた屈強な体格の人が多く、物理的に生徒を威圧できるため生活指導部に配属されることが多いようです。 体育教師と生活指導部は今も昔も太いパイプで結ばれ、生徒の健全な学生生活を守り続けています。 部活動について 体育教師はほとんどがスポーツの経験者です。 その経験を活かして、多くの体育教師がクラブの顧問として指導を行っています。 また、クラブの顧問として指導者になりたいがために体育教師を目指す人も多いようです。 体育教師のなり方・仕事のつき方 収入について 体育教師が勤務している、中学校・高等学校の年収データを掲載しています。 体育教師といっても教科が異なるだけで一般の教師と年収に違いはありません。 700万円前後が体育教師の年収となります。 小学校・中学校教師の平均年収 小学校・中学校教師の平均年収です。 4歳 36万7201円 5万3239円 42万440円 166万738円 670万6018円 平成25年 43. 6歳 36万7031円 5万2724円 41万9755円 149万4328円 653万1388円 平成24年 43. 8歳 36万8725円 5万3172円 42万1897円 150万1953円 656万4717円 平成23年 43. 8歳 37万1303円 5万3609円 42万4912円 167万8402円 677万7346円 平成22年 43. 9歳 37万2202円 5万6346円 42万8548円 169万2765円 683万5341円 平成21年 43. 9歳 37万5768円 5万9613円 43万5381円 180万6831円 703万1403円 平成20年 43. 8歳 38万2959円 6万2029円 44万4988円 200万2446円 734万2302円 平成19年 43. 8歳 38万8212円 6万1726円 44万9938円 202万4721円 742万3977円 高校教師の平均年収 高校教師の平均年収です。 8歳 41. 1歳 43. 6歳 勤続年数 16. 1年 12. 5年 15. 0年 労働時間 166時間 165時間 166時間 超過実労働時間 2時間 2時間 2時間 平均月収 45万円 38. 8万円 43. 1万円 平均賞与(ボーナス) 181. 5万円 152. 5万円 172. 6万円 平均年収 721. 5万円 618. 1万円 689. 8万円.

次の