イギリス ラグビー。 ラグビーW杯 イギリスが複数チーム出場は「なぜ?」

イギリスのラグビー代表はなぜ4チーム?理由を解説!

イギリス ラグビー

<目次>• ラグビー発祥の地であるイギリスでは、かつて「フットボール」というスポーツが広く行われていました。 しかしこのフットボールには統一されたルールがなく、街や学校ごとにそれぞれ独自のルールを作ってゲームを行っていました。 そのため、対外試合を戦う際は事前に両チームのキャプテン同士が話し合い、どのようなルールで試合を進めるかを決めていたそうです。 そのようにいくつもあるフットボールの中でラグビーの原型となったのは、ロンドンの北西約140キロメートルの場所に位置する「ラグビー校」というパブリックスクールで行われていたフットボールです。 このラグビーフットボールが各地に広まっていく中で、次第に基本的なルールが整備されていき、ほぼ現在のような形として完成したのが1871年。 ラグビーの国際統括機関であるIRB(International Rugby Board)は、これをラグビー競技誕生の年と定めています。 かつてはレフリーさえ置かず、キャプテン同士が話し合って決めたルールに基づいて自律しながらプレーしていたという背景から、ラグビーではルールを「守らなかったら罰を与えられるもの」ではなく、「ゲームを進める上で大切なものとして共有し、みずから守るもの」という「ロー」(Law/法律)ととらえる文化があります。 激しく体をぶつけ合う中でも遵法精神を維持し、正々堂々と競い合うことに、ラグビープレーヤーは昔から強い矜持を持っていました。 それが、ラグビーが「紳士のスポーツ」といわれる所以です。 日本では「ラグビー校でサッカーをしている最中に、ウェッブ・エリスという少年が突如ボールを持って走り出した」というエピソードが語られ、それがラグビーの起源であると認識されています。 しかし、そのエピソードが実話である証拠は、残念ながら残っていません。 エリス少年はラグビー校からオックスフォード大を卒業し、その後フランスで宣教師になったのですが、このエピソードが持ち上がったのは、彼が亡くなった後です。 ラグビーというスポーツを広く普及していくために、後の時代に作られたロマンティックな物語であるという説が、世界的には有力とされています。 ニュージーランドやオーストラリアが強い理由 ラグビーが行われるようになった19世紀後半はちょうど産業革命が終わった頃。 当時のイギリスは世界中に進出して植民地を拡大していました。 そして世界を舞台に仕事をしたり、国を守るために戦ったりする人々を教育する上で効果的であるということから、ラグビーは様々な学校へと広められました。 ラグビーでは激しい肉体的負荷がかかると同時に、頭を使うことも求められます。 知性と技術と体力を兼ね備えた人間を育てるために活用されたのが、ラグビーなのです。 また、イギリスが植民地化した世界中の地域でも、ラグビーは広められていきました。 ラグビーはその成り立ちからして人材育成に直結した競技であり、当時まだ未開の地だった各地で、肉体的にも精神的にもたくましく、かつ自律でき、組織で機能できる人材を育む上で、うってつけだったのです。 たとえば、現在世界ランキング1位のニュージーランドや2位の南アフリカ、3位のオーストラリアはいずれもかつてイギリスの植民地だった国であり、いまでは世界的な強豪国へと発展を遂げています。 なぜあの形? 楕円のボールの起源 ラグビーでは他のスポーツを見渡しても珍しい楕円のボールが使用します。 なぜ楕円球が使われるようになったかということについては、様々な説があります。 豚の膀胱を膨らませて使っていた、皮を縫い合わせる上でもっとも作りやすい形だった、ボールを手に持ってプレーする上で一番適した形だった、はたまたゲーム性を高めるためにどこへ転ぶかわからない形にしたかった等……。 しかし現在は、ラグビーという競技の特異性を明確にするために楕円球が使われるようになったとする説がもっとも有力です。 日本で一番知られているのは「豚や牛の膀胱説」ですが、実際に膀胱を膨らませると、ほぼ球体に近いものになります。 また実際、当時の丸いボールがこれまでいくつも発見されており、この説については根拠が薄いと考えられています。 ただこの件については、どの説も決定的な証拠が見つかっておらず、おそらく今後も明確な答えは出ないでしょう。 一方で、一般的な丸いボールではなく楕円球を使うことで、人々の興味を引きやすい側面があるのは確かです。 他にもこのような歴史的逸話がたくさん残されているのは、ラグビーの特徴と言えるかもしれません。 意外? 日本生まれのラグビー文化 ラグビーを語る上でよく耳にする言葉に、「one for all, all for one」(ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために)と、「ノーサイド」があります。 これらはラグビーの美徳を表す素晴らしい言葉であると私も強く認識していますが、実はこの言葉が使われているのは、世界中でも日本だけです。 「one for all, all for one」は、フランスの「三銃士」という物語の中で登場する有名な言葉です。 おそらくそれを読んだ日本のラグビー関係者が、「これで戦うんだ!」と引用したことから広まったと想像されます。 また「試合が終われば敵味方なく健闘を称えあう」という意味で使われる「ノーサイド」については、海外でラグビーをプレーされた方がアフターマッチファンクション(試合後に両チームの選手、スタッフなどで行われる簡単なパーティー)等のラグビー文化に感銘を受け、それを日本に持ち帰ったことから広まった言葉だと言われています。 これらはいわば「ジャパニーズ・ラグビー・カルチャー」というべきものですが、言葉としてはないだけで、海外でもラグビーに内在する美徳としてとらえられていますし、誰もが共有できるものです。 だからこそ日本のラグビーが世界に誇る文化として、前面に押し出していくべきだと考えています。 【関連記事】•

次の

ラグビーW杯 イギリスが複数チーム出場は「なぜ?」

イギリス ラグビー

/の選手がの選手にタックルしている。 ラグビー(: Rugby)は、中部のにあるを発祥地とする2つのコード(code、)、(13人制)と(15人制)を指す。 「 ラグビーフットボール(: Rugby football)」とも。 は通常である。 フィールド上の各サイドの人数やルールが異なる様々な派生競技が存在する。 ラグビーユニオンでは通常の15人制に加え(テンズ)、および(セブンズ)、ラグビーリーグでは通常の13人制に加え(ナインズ)、(セブンズ)の人気があり、各地で大会が開かれている。 7人制ラグビーユニオンは、、の正式種目である。 ラグビーリーグのルールに基づき、を安全なタグやタッチに置き換えたや、タッチラグビーを競技化したも広くプレーされている。 ラグビーは2つのチームに分かれて行われ、()のを奪い合って相手陣のインゴールまで運ぶ、あるいはH型のゴール上部に蹴り入れて得点を競うである。 発祥の競技ということもあって、(、、、、、。 この内イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズは と称される)ばかりでなく、(、、、、)および、で人気の競技である。 とりわけ諸国内ではやと並ぶ人気スポーツである。 は楕円形のボールを使う、タックルにより相手の前進を止めるなどラグビーと共通する特徴をもっていることから、古い時代に共通の起源をもつと考えられているものの、まったく別の競技である。 名称 [ ] 由来にあたる「」を意味する " Rugby(ラグビー)" との区別は、表記言語的にはの使用・不使用で明示されるが 、一般には特に区別されない。 また、「ラグビー」は英語で " rugger(ラガー)" ともいい、この語は「ラグビーをする人」をも意味する。 ただ、「ラグビーをする人」を意味する英語としては " rugby player" のほうが一般的である。 また、英語 "rugger" に由来するとしての「 ラガー」は、ほとんど後者の意味に限って通用し、後者の「 ラガーマン(: rugger man )」のほうが多く用いられる。 現代日本語では、ほとんどすべての場合「ラグビー」というが、(14年)ごろ以降 、(前)には「 ラ式蹴球(ラしきしゅうきゅう)」 が正式名称であったという。 また、戦局が悪化してが禁止され始めた(昭和18年)3月からまで使われた「 闘球(とうきゅう)」がある。 なお、のラグビーは例外的に現在も昔ながらの「蹴球部」()を名乗っている。 今でこそ「 蹴球」は の別名という認識が定着しているが、当クラブが創立された(32年)頃にはフットボール全般が「蹴球」で、ソッカー部(今でいうサッカー部)より数年早く創部されたラグビー部がその名を占有した( cf. 歴史 [ ] 「」も参照 ラグビーの起源は、「、の有名なであるでのの試合中、がボールを抱えたまま相手のゴール目指して走り出した」ことだとされている。 1840年頃にはボールを持って走る「ランニングイン」が確立して普及しだしたのは確かであるが、その第1号がエリス少年だったかどうかについては諸説ある。 しかし、エリスが最初にボールを持って走ったという証言が記してある文章が、ラグビーの起源を調べる上で最古の文献だということは間違いなく、起源と考案者を探る上で名前がわかっている人物はエリスただ一人である。 なお、エリス少年がルールを破ったとされるのは、ボールを手で扱ったことでなく、ボールを持って走った行為についてである。 その頃はまだ今でいうも生まれておらず、当時のフットボールでは手を使うこと自体はルールとして許されていた。 エリスは1806年に近郊で生まれ、ラグビー校では少なくとも3シーズン、フットボールをプレーしている。 に進み、卒業した後はとなり、病気療養のために渡った南フランスで65歳で没した。 南仏の小都市に墓地がある。 ラグビーとを愛したと伝えられている。 ラグビー校ではラグビーのルーツ以外にも多くの習慣が生まれており、イングランド代表の白いの元になった白いシャツとショーツと紺色のストッキング、ハーフタイムにサイドをチェンジする習慣、インターナショナル代表がかぶるキャップ、H型のゴールポスト、楕円球のボールなどラグビーの起源を示すような証拠が多くこの学校から生まれた。 ラグビーの源流である「原始フットボール」は中世に起源をさかのぼる。 数千人の大人数が手と足を使って村と村の対抗戦として原始的な「フットボール」を行っていた。 ちなみに1点先取で勝負を決めていたことから、長時間続けるために得点するのを難しくしようとが生まれ、今日のラグビーにもルールとして生き永らえている。 試合は祝祭でもあり、死者も出るほど激しかった。 19世紀に入り、ラグビー校や、ハロー校などでは学校ごとに独自のルールでそれぞれのフットボールを行なっていた。 それぞれ学校で違うルールの統一を目指した協議は長らく行われてきたが、1863年にのフリーメイソンズ・タバーンで(フットボール・アソシエーション)とにある12のクラブの間で会議が開かれ、12月までに6回のミーティングを持って統一ルールの作成を行った。 この統一ルール作成により近代が本格的に誕生した。 このとき、一部のクラブの代表が、ボールを持って走ること、ボールを運んでいる相手に(すねをけること)、トリッピング(引っ掛けてつまずかせること)およびホールディング(おさえること)を行うことが認められなくなったことに合意できず、FAを脱退した。 これがラグビーフットボールとアソシエーションフットボール(サッカー)が分岐した瞬間である。 そして、脱退した者たちによって、サッカーのFA(フットボール・アソシエーション、設立)に対抗して、で(RFU:ラグビーフットボール・ユニオン)が設立された。 発祥であるイギリスではからの間でも人気があり、その子息が通う名門校でも盛んに行われていることから「のスポーツ」とも称される。 ラグビーユニオンとラグビーリーグ [ ] 詳細は「」、「」、および「」を参照 ラグビーはでも指折りの地帯であるを中心とするイングランド北部の、地方ならびに南部で発展していった。 しかし、選手の労働会社などへの休業補償問題(現在も兼業しながらプレーする選手が多数だが、当時は今と違ってラグビーには契約が存在しなかった)がきっかけで、北部でRFUからの分裂が起き、22チームからなるプロリーグが発足した。 それ以降、世界にはラグビーという名のスポーツが2つあり、対戦()に代表される南部を母体とする主義をうたった組織は 、北部を母体とする報酬を目的とするものは と呼ばれるようになった。 日本でラグビーといえばラグビーユニオンのことである。 分裂した頃はルールは全く同一のものであったが、現在ではユニオンは15人制でリーグは13人制である。 ルール上最も異なっている点は、ラグビーリーグがフォワードの密集(、)を排除したことである。 プロ容認のリーグへのユニオン選手の流失が相次ぎ、リーグに移った選手はユニオンでのプレーを禁止されるなど長らくユニオンとリーグは対立状態にあった。 しかしなどをきっかけに120年以上アマチュア主義を守ってきたユニオンも1995年以降にプロを認めたこともあり、コーチ層での交流 (リーグのディフェンスシステムをユニオンに取り入れるなど)などからしだいに対立は緩和した。 現在は選手がユニオンとリーグを行き来することも多い。 現在、英国ではラグビーリーグとラグビーユニオンの両方のルールで前後半の試合を行うクロスコード・ゲームが行われることもある。 ラグビーユニオンとラグビーリーグの統合年表 [ ] 年 出来事 ルール 〜19世紀 1400- 1800年 多くの異なる種類の(ラグビーの先祖)が中で行われていた。 現代サッカーと異なり、ほとんどのフットボールの試合では手を使うことが許されていた。 1830年 ボールを持って走ることは1830年代にラグビー校で一般的になり、1850年代と1860年代にラグビースクールフットボールは連合王国中で人気となった。 1863年 ザ・フットボール・アソシエーション FA が結成され、FAとラグビーフットボールの間の分裂が正式なものとなった。 1864年 初のラグビークラブがとで結成され、その後1870年代と1880年代には、、で何百ものクラブが作られた。 1871年 ラグビー・フットボール・ユニオン(ラグビーフットボール協会、RFU)が創設され、 ()で21クラブによる会合が開かれた。 1871年 確認されている初の国際試合がイングランドとスコットランドの間で行われた。 1876年 ()の書簡が ()に掲載された。 この書簡ではラグビー校の生徒のウィリアム・ウェブ・エリスがボールを拾い上げたことがラグビーの発祥であると主張されている。 1895年のラグビー協会の調査では証拠はないとされたが、この神話を不朽のものとすることが決定された。 1876年 ()がヨークシャーのラグビークラブによって始まった。 この大会は決勝よりも多くの観客を集めた。 1877年 選手数が1チーム20人から15人に減少した。 1883年 初のがイングランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズの間で行われた。 1886年 大部分がで構成される北部クラブの高まる優越性を危惧して、南部が主体のラグビーフットボール協会は厳格なアマチュアルールを導入した。 1888年 1888年と1889年に、ニュージーランド先住民フットボールチームがブリテン、オーストラリア、ニュージーランド遠征を行った。 1892年 [ ]とリーズのラグビーフットボールクラブが選手の休業保障を行ったことによって、プロフェッショナリズムの非難が向けられた。 しかしラグビー・フットボール・ユニオン RFU 自身も、1888年ブリテン諸島代表のオーストラリア遠征や、1904年にイングランドと対戦したニューサウスウェールズのHarry Hamillに対する支払いを認めている。 1893年 ヨークシャーのクラブは選手の休業保障として6を支払うことを提案したが、RFUはこの提案を否決した。 これによって北部のクラブおよび選手による試合の中止が広がっていった。 1895年 ラグビーフットボール界の分裂の結果、ノーザン・ラグビー・フットボール・ユニオン NRFU が結成された。 この分裂には、労働者階級の北部チームの成功や、入場料を徴収した競技場でのラグビー試合のRFUによる禁止命令、クラブがアマチュアリズムを受け入れなかった場合のRFUからの除籍に対する恐れ、選手が仕事を休んでラグビーの試合に出場した際の休業保障の開始など多くの要素が作用している。 同じような動きは他の国々でも存在した。 22のクラブがハダーズフィールドのジョージホテルで会合を開きNRFUが結成された。 ハダーズフィールドでの初会合から15年以内に、200以上のクラブがRFUを脱退しNRFUに加入した。 リーグ・ ユニオン 1896年 が初のノーザン・ユニオン・チャンピオンシップで優勝した。 マニンガムは1903年にアソシエーションフットボール()に転向し、となった。 リーグ 1896年 が創設され、開始から成功を収めた。 がを10対3で破り、初の勝者となった。 リーグ 1897年 試合をより興奮するものにするため、ノーザン・ユニオンはラインアウトを廃止し、全てのゴールの得点を2点に減らした。 ラインアウトはタッチラインからのパントに変更された。 トライは3点を与えられた。 リーグ 1898年 ノーザン・ユニオンにプロフェッショナリズムが導入された。 このプロフェッショナリズムは厳密にパートタイムであり、選手は他の「きちんとした」仕事を持っていることが義務付けられた。 リーグ 1900年 ラグビーユニオンが1900年の夏季に採用された。 これは1924年のに終了した。 ユニオン 20世紀前半 1901年 ラグビーリーグのラインアウトに代わるパントアウトの導入実験がわずか4年で終了した。 現在はボールがアウト・オブ・プレーになるとでリスタートされる。 リーグ 1904年 ラグビーリーグの初の国際試合がで行われ、イングランドが他国合同チームに3対9で敗れた。 リーグ 1905年 ウェールズが初遠征を行ったラグビーユニオンのニュージーランド代表にかろうじて勝利した。 この試合は「 ()」と呼ばれた。 ユニオン 1906年 イングランドは(として知られる)南アフリカとラグビーユニオンの試合を初めて行った。 南アフリカが黒人選手がプレーすることに抗議した後、 ()がイングランドチームから外された。 ユニオン 1906年 ジェームス・ピータースはイングランド代表としてスコットランドと戦い、初の黒人ラグビー選手となった。 ユニオン 1906年 ラグビーリーグにおいて、よりクリエイティブなプレーのためのスペースを与えるために選手数が15人から13人に減らされた。 タックル後の試合再開の形としてプレー・ザ・ボールの初期の形が導入された。 リーグ 1907年 ラグビーリーグがおよびに広まっていった。 ニューサウスウェールズ・ラグビー・フットボール・リーグがのBateman'sホテルで創設された。 ニューサウスウェールズ・ラグビー・リーグは故障した選手に対する保障問題でオーストラリアン・ラグビー・ユニオンと喧嘩した後に、8チームで開始した。 初優勝はサウス・シドニーが果たした。 ラグビーリーグはとでの主要なフットボール競技としてラグビーユニオンに取って代わっていった。 リーグ 1907年 ニュージーランドラグビーリーグチームがブリテンへ遠征を行った。 ニュージーランドの郵便局員 ()によって組織されたニュージーランド遠征チームは、彼らのオープン・プロフェッショナリズムのために母国のメディアに「オール・ゴールズ All Golds 」との汚名を着せられた。 彼らはシドニーとブリテンではラグビーユニオンのルールで試合を行い、オーストラリアの偉大な選手である ()に遠征に加わるよう説得した。 彼らは初のに2対1で勝利したが、バスカヴィルは帰国中にのため25歳で死去した。 リーグ 1908年 初のオーストラリア遠征チームがブリテンを訪れた。 ()は、チャンピオンシップ、チャレンジカップ、ヨークシャーカップ、ヨークシャーリーグの4つのトロフィー全てを手にした初のクラブとなった。 ハンスレットはラグビーリーグ初期の主要な選手である ()に率いられた。 リーグ 1910年 ラグビーユニオンのホーム・ネイションズ・チャンピオンシップがフランスの参加によりとなった。 ユニオン 1910年 初のノーザン・ユニオンのによる遠征がオーストラリアおよびニュージーランドへ行われ、シドニーとで行われたテストマッチに勝利した。 リーグ 1912年 がブリテン諸島およびフランスに遠征した。 遠征チームはイングランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、フランスのヨーロッパ5チーム全ての勝利する「グランドスラム」を達成した。 ユニオン 1914年 の ()が1シーズン100トライを記録した。 ブリテン代表遠征チームはテストマッチ3連戦の最終戦でオーストラリアに14対6で勝利し、 ()を勝ち取った。 最後までこの試合に残っていたのはわずか10人であり(選手交代は認められていなかった)、 ()のテストマッチとして知られるようになった。 リーグ 1922年 ノーザン・ユニオンはラグビー・フットボール・リーグと改名した。 この組織名がオーストラリアにおけるこのスポーツの名称としても以後使用されるようになった。 リーグ 1925年 ラグビーユニオンののブリテン、フランス、カナダ遠征が行われた。 ニュージーランド人達は遠征中無敗を誇り、「The Invincibles(無敵)」の称号を得た。 ユニオン 1929年 初の決勝がで行われた。 41,500人の観衆の前でが ()に13対2で勝利した。 リーグ 1930年 ファイブ・ネイションズとは別にラグビーユニオンヨーロピアンカップが始まった。 この大会は第二次世界大戦で中断された。 ユニオン 1930年 ラグビーリーグのブリテン代表とオーストラリア代表のテストマッチ第3戦が0対0の引き分けに終わった後、前例のない第4戦がで行われた。 ブリテン代表は3対0で勝利しThe Ashesを手にした。 ユニオン 1932年 夜間照明の下で初のラグビーリーグの試合が開催された。 リーグ 1933年 大晦日、フランスにおける初のラグビーリーグの試合が、イングランドとオーストラリアの間で行われた。 フランスはプロフェッショナリズムの申し立ての真っ只中にありラグビーユニオンのファイブ・ネイションズから除外されていたことから、新しいスポーツを受け入れようとしていた。 リーグ 1934年 元ラグビーユニオン代表の ()によってフランスでラグビーリーグが設立された。 1939年までにフランスリーグには225クラブが所属した。 リーグ 1934年 フランスはパリで初めての国際試合を行いイングランドに32対21で敗れた。 リーグ 1941年 フランスは敵国との繋り(フランスはドイツおよびイタリアの占領下にあった)を理由にラグビーリーグを禁止した。 ラグビーリーグの資金および資産は全て没収されるかラグビーユニオンのクラブに渡った。 ラグビーユニオンは無傷であり、ラグビーリーグに奪われた競技場のほとんどを取り返した。 今でもラグビーリーグのクラブの資産は彼らに返還されていない。 リーグ・ユニオン 1943年 ()陸軍ラグビーリーグチームとノーザン・コマンド陸軍ラグビーユニオンチームはでラグビーユニオンルールで戦い、ラグビーリーグ側が18対11で勝利した。 次の年は三軍統合ラグビリーグチームが三軍統合ラグビーユニオンチームを15対10で破った。 1996年に交流が再開されるまでリーグ対ユニオンの試合はこれらだけであった。 リーグ・ユニオン 1944年 ヴィシー政権の崩壊により、フランスにおけるラグビーリーグの禁止令が解除された。 リーグ 1945年 ()がでラグビーリーグデビューを果たした。 16年間に渡って、ビーヴァンはウォリントンで620試合に出場し740トライを上げた。 キャリア通算トライ数は796。 しかし、故郷のオーストラリア代表としてプレーすることはなかった。 リーグ 1946年 ()がチャンレジカップ決勝のマン・オブ・ザ・マッチに初めて手渡された。 の ()が初の受賞者となった。 1942年に交通事故で死亡した ()は1907年ニュージーランド代表遠征チームの一員であり、サルフォードを1928年から1940年まで指揮した。 リーグ 1946年 この年は史上最も有名なラグビーリーグ遠征が行われた。 ライオンズはでオーストラリアへ航海した。 オーストラリアを横断する5日間の旅で、 ()に率いられたチームはテストマッチを2勝1引き分けで終えThe Ashesを保持した。 リーグ 1950年 からのイタリアチームがイングランド北部へと遠征した。 イタリアは後に国内大会やオーストラリアとの試合を行ったが、この活動は1962年に途絶えた。 リーグ 20世紀後半 1951年 ()が開始した。 ユニオン 1951年 南アフリカラグビーユニオン代表がブリテン諸島およびフランスへ遠征した。 南アフリカは二度目のファイブ・ネイション・グランドスラムを達成した。 ユニオン 1951年 活動を終えてからちょうど10年後、フランスはオーストラリアでの初のラグビーリーグシリーズに勝利した。 フランスは1955年にも再び勝利を収めた。 リーグ 1951年 ラグビーリーグの ()はあらゆるスポーツの中で初のグレートブリテン代表の黒人選手となった。 リーグ 1952年 ラグビーユニオンのヨーロピアンカップが再開した。 ユニオン 1953年 英国陸軍通信部隊で兵役を果たしていたウェールズ人の若者、 ()がウィガンでデビューした。 彼はイギリスの最多トライ数の記録を持っており、全世界ではビーヴァンに次いで第2位である。 リーグ 1954年 イングランドブラッドフォードOdsalスタジアムで行われた ()決勝は102,569の観衆を集め、ラグビーユニオン・ラグビーリーグを含むラグビーフットボールの試合の新記録を打ち立てた。 リーグ 1954年 初の(ユニオンも含めて初)がフランスで開催された。 パリ、で行われた決勝では、グレートブリテン代表がフランス代表を16対12で破り優勝した。 リーグ 1956年 がニュージーランドに遠征した。 南アフリカはニュージーランドに対して遠征で初めての敗戦を喫した。 ユニオン 1957年 オーストラリアがラグビーリーグ・ワールドカップ第2回大会で優勝した。 リーグ 1958年 ラグビーリーグテストマッチ第2試合でグレートブリテン代表はオーストラリア代表に25対18で勝利した。 この試合では健康なグレートブリテン代表はピッチに8人しかいなかった。 ()は腕を骨折しながら77分間プレーした。 リーグ 1960年 グレートブリテンが第3回ラグビーリーグ・ワールドカップで優勝した。 リーグ 1964年 ラグビーリーグで初めて選手交代が認められたが、ハーフタイム前に負傷した選手に限られていた。 リーグ 1966年 は、ボールを保持したチームには3度のプレー・ザ・ボールが認められ、4度目のタックルでスクラムが組まれるルールを導入した。 次の年に南半球はこのルールを採用した。 1972年には6度の攻撃権が認められるようになり、1983年にスクラムはボールの引き渡しに変更された。 リーグ 1967年 プロラグビーリーグは減少する観客を呼び戻す試みで、他のスポーツに先駆けて主な試合日を日曜日とした。 この試合は最もドラマティックな幕切れとなった。 ウェイクフィールドの ()が逆転のためのゴール近くからの簡単なコンバージョンを試みたが失敗し、リーズが11対10で勝者となった。 リーグ 1968年 ラグビーユニオンで選手交代が初めて認められた(負傷選手のみ)。 ユニオン 1969年 スクリングボクスがブリテンとアイルランドに遠征した。 この遠征はに対する抗議を受け、以後南アフリカはアパルトヘイト廃止までヨーロッパ遠征を行わなかった。 ユニオン 1969年 ラグビーリーグはイギリスの大学のスポーツとしてついに認められていった。 リーグ 1970年 グレートブリテン代表はオーストラリアとのテストマッチの後半2戦に勝利しThe Ashesを得た。 リーグ 1970年 イングランドで開催されたラグビーリーグ・ワールドカップは少ない観客しか集めることができなかった。 オーストラリアが優勝した。 リーグ 1971年 ニュージーランドがブリテンでのラグビーリーグシリーズで初めて勝利した。 リーグ 1971年 ラグビーユニオンのがオーストラリアとニュージーランドに遠征した。 このライオンズはニュージーランドでのテストシリーズで勝利した唯一のチームである。 ユニオン 1971年 スプリングボクスのオーストラリア遠征は抗議活動を受けた。 ユニオン 1972年 タイムキーパーとサイレンがラグビーリーグに初めて導入された。 リーグ 1972年 グレートブリテンがフランス・ラグビーリーグ・ワールドカップで再び優勝した。 リーグ 1973年 がでを破った。 ユニオン 1973年 多くのアマチュアリーグ・クラブが消滅していることに対するRFLの軽視に抗議して、草の根レベルでラグビーリーグを運営するため ()が設立された。 両者の再統一には30年を要した。 リーグ 1974年 ラグビーユニオンのライオンズが南アフリカに遠征した。 が悪名高い遠征である。 ユニオン 1974年 ラグビーリーグのによる得点が2点から1点に減点された。 リーグ 1975年 ウェールズとイングランドが別々のチームでラグビーリーグ・ワールドカップに参加し、両半球で数カ月に渡ってプレーした。 オーストラリアがイングランドに1ポイントリードしトロフィーを手にした。 リーグ 1976年 ラグビーユニオンニュージーランド代表(オールブラックス)が南アフリカに遠征した。 南アフリカとスポーツで交流することを禁じた IOC の決定に反抗したニュージーランドの1976年夏季からの追放をIOCが拒否したことから、28の国(アフリカのほとんどの国)がモントリオールオリンピックをした。 ユニオン 1978年 ラグビーユニオンニュージーランド代表がブリテンおよびアイルランドに遠征した。 ニュージーランドはイングランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズを破り初めてグランドスラムを達成した。 ユニオン 1980年 ロンドンにラグビーリーグクラブ、が結成された。 9,500人以上の観客が初試合に訪れ、に勝利した。 フラムは初シーズンの終りに昇格し、昇格や降格、ホームの移転を経て、現在もとして存続している。 リーグ 1980年 オーストラリアで出身州別のラグビーリーグチームが対戦する形式(クイーンズランド出身の選手とサウスウェールズ出身の選手が相対する)が作られた()。 1982年から、3試合シリーズとして行われており、世界最強・最も厳しいラグビーと認識されている。 リーグ 1981年 オーストラリアでラグビーリーグに「」が導入された。 リーグ 1981年 スプリグボクスがニュージーランドに遠征した。 ユニオン 1981年 国際ラグビー評議会によってアパルトヘイト政策を廃止するまで南アフリカのラグビーユニオン国際大会への参加が禁止された。 ユニオン 1982年 トンガ、フィジー、サモアによるラグビーユニオンの開催 ユニオン 1982年 ラグビーリーグオーストラリアチームの遠征において初めて全試合に勝利し、「The Invincibles(無敵)」として知られるようになった。 リーグ 1983年 ラグビーリーグのトライが4点に加点された。 6度目のタックルによるポゼッション移行の導入やスクラムの下図を劇的に減少させたことで、試合の性格は大きく変化した。 退場に値しない反則に対してシン・ビン(一時的な退場)が導入された。 リーグ 1983年 ラグビーリーグの他国リーグ間の移籍が解禁された。 リーグ 1984年 オーストラリアラグビーユニオンチームのブリテンおよびアイルランド遠征。 オーストラリアはイングランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズを破り初めてグランドスラムを達成した。 ユニオン 1987年 ニュージーランドとオーストラリアで開催された初のでニュージーランドがフランスを29対9で破り優勝した。 ユニオン 1987年 アマチュアレベルにおける2つのルール間の「自由通路」が導入されたが、個々の場合の区別は継続した。 ユニオン・ リーグ 1987年 RFUはラグビーユニオンに108のリーグのおよそ1000クラブが参加する昇格・降格ありのピラミッド型(the Courage Leagues)を導入した。 ユニオン 1988年 ラグビーリーグのウィガンがを32対12で破り、チャレンジカップ8連覇のスタートを切った。 ()、 ()、 ()といった選手を擁した現代的なタレント揃いのチームは10年間リーグを支配し、この期間に3度ワールドカップで優勝した。 リーグ 1989年 初の公式でが ()を30対18で破った。 リーグ 1990年 ロシアでラグビーリーグが始まった。 ロシアは2000年ワールドカップに出場し、クラブもチャレンジカップに出場した。 リーグ 1990年 ラグビーリーグにブラッド・ビン(Blood-bin)が導入された。 リーグ 1990年 フランスのラグビーリーグの名称への「ラグビー」の使用禁止が解除された。 リーグ 1991年 ブリテン諸島とフランスで開催された第2回ラグビーユニオンワールドカップ決勝(ロンドン、)でオーストラリアがイングランドを12対6で破った。 ユニオン 1992年 アパルトヘイトの廃止によりスプリングボクスが国際ラグビーユニオン界に復帰した。 ユニオン 1992年 で行われたラグビーリーグワールドカップ決勝は73,631人の観衆を集め、オーストラリアがグレートブリテンを10対6で破った。 リーグ 1992年 ()が世界記録の440,000ポンドの移籍金によりウィドネスからウィガンへ移籍した。 リーグ 1993年 アメリカ合衆国は初のラグビーリーグ国際試合でカナダを54対14で破った。 リーグ 1994年 ()議員はラグビーユニオン側のラグビーリーグのアマチュア選手に対する差別を禁止する法案を提出した。 ユニオン・ リーグ 1994年 イギリスの三軍はラグビーリーグをスポーツであると認めた。 ラグビーリーグは軍において他のスポーツと同じ立場を得た。 リーグ 1995年 国際ラグビー評議会はラグビーユニオンが「オープン」プロフェッショナルスポーツであると宣言した。 これによって、試合に関係する全ての支払いや手当の制限が撤廃された。 ユニオン 1995年 南アフリカで開催された第3回ラグビーユニオンワールドカップにおいて、で行われた決勝で、延長戦の末に南アフリカがニュージーランドを15対12で破った。 ユニオン 1995年 ブリテンでワールドカップが復活し、ラグビーリーグ百周年が祝われた。 ウェンブリーで行われた決勝でオーストラリアがイングランドに16対8で勝利した。 フィジー、トンガ、南アフリカ、西サモアは本大会に出場したが、アイルランド、スコットランド、アメリカ合衆国、ロシア、、、は ()に参加した。 リーグ 1995年 ラグビーユニオンのヨーロッパ12クラブによって争われるが作られた。 ユニオン 1995年 オーストラリアにおけるテレビ放映権に関する紛争の一部として、イギリスのRFLはからラグビーリーグのを新設する87百万ポンドのオファーを受けた。 リーグ側は夏シーズン制に移行することを承諾し、 ()がイギリスのトップクラブに加わり14チームが参加した。 リーグ 1996年 RFLはラグビーリーグのスーパーリーグにビデオ判定を導入した。 リーグ 1996年 オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの間で争われるラグビーユニオンのが始まった。 ユニオン 1996年 イングランドのユニオンおよびリーグのそれぞれトップクラブであるとが、それぞれのルールで試合を行うという歴史を作った(を参照)。 最初の試合はマンチェスター、においてリーグルールで行われウィガンがバースに82対6で勝利した。 2週間後、リターンマッチがトゥイッケナムにおいてユニオンルールで行われ、バースがウィガンに44対19で勝利した。 リーグ・ ユニオン 1998年 オーストラリアにおいて、 ()が終わりを迎え、 ()と ()は彼らの大会を融合させてを作ることで合意した。 リーグ 1998年 およびにおいてラグビーセブンズ競技が始まった。 ユニオン 1999年 が始まった。 ユニオン 1999年 ウェールズで開催された第4回ラグビーユニオンワールドカップ、カーディフで行われた決勝でオーストラリアがフランスを35対12で下した。 ユニオン 2000年 IRBは南半球のスーパー12で試みた後、国際ラグビーユニオンに「シン・ビン」と「テレビジョン・マッチ・オフィシャル」 TMO を導入した。 ユニオン 2000年 ラグビーユニオンのカリッジリーグはチューリッヒ・プレミアシップとなった。 ユニオン 2000年 ラグビーユニオンのファイブ・ネイションズはイタリアの参加によりとなった。 ユニオン 2000年 スタジアムオーストラリアの世界記録109,874人の観衆の前で、ニュージーランドはオーストラリアをかろうじて破った。 ユニオン 21世紀 2001年 ラグビーユニオンのライオンズによるオーストラリア遠征が行われた。 ワラビーズはライオンズに初めて勝利した。 ユニオン 2003年 ラグビーユニオンのがカナダ、アメリカ合衆国、イングランド・サクソンズ(イングランド)と招待国1チーム(後に3チーム)によって始まった。 ユニオン 2003年 オーストラリアで開催された第5回ラグビーユニオンワールドカップ、シドニー、スタジアム・オーストラリアで行われた決勝で、イングランドは延長戦の末にオーストラリアを20対16で破った。 ユニオン 2003年 ラグビーリーグのヨーロッパ全土への振興のために () RLEF が作られた。 リーグ 2006年 フランスのチームにラグビーリーグのスーパーリーグライセンスを与えられた リーグ 2007年 フランス、スコットランドおよびウェールズで開催された第6回ラグビーユニオンワールドカップ決勝、において、南アフリカがイングランドを15対6で破った。 ユニオン 2008年 ラグビーリーグは2000年大会以来のワールドカップを開催した。 リーグ 2011年 ニュージーランドで開催された第7回ラグビーユニオンワールドカップ決勝、、において、ニュージーランドがフランスを8対7で破った。 ユニオン 2011年 14チームが2013ラグビーリーグワールドカップの出場権を得た: オーストラリア、イングランド、ニュージーランド、サモア、ウェールズ、フィジー、フランス、パプアニューギニア、アイルランド、スコットランド、トンガ、クック諸島、イタリア、アメリカ合衆国。 リーグ 2012年 トライネイションズがアルゼンチンを含んで拡大し、ラグビー・チャンピオンシップに改称された。 ユニオン 2015年 ニュージーランドが第8回ラグビーユニオンワールドカップ決勝でオーストラリアを34対17で下し、初の連覇を達成した。 ユニオン 2016年 アメリカ合衆国のの初開催シーズン。 PROラグビーはわずか1シーズンで解散した。 ユニオン 2016年 夏季オリンピックで競技が開始。 ユニオン 2017年 が初の完全なプロラグビーリーグチームとなった。 リーグ 2018年 の初開催シーズン。 アメリカ合衆国とカナダのラグビーユニオンチームが参加。 ユニオン 各国におけるラグビーの協会 [ ] ラグビーユニオン [ ] はプロ競技およびアマチュア競技として行われ、次に示す ティア1の実力が抜きんでている。 、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、、 () ティア2および ティア3には、次の国々の協会がある。 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、、、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 () ラグビーユニオンはに本部を構えるによって統括される。 ニュージーランド、南アフリカ、ウェールズ、フィジー、トンガ、 ()の国技である。 ラグビーユニオンは世界中で最も人気のあるラグビーのルールである。 として知られる7人制ラグビーユニオンは、2016年のリオデジャネイロオリンピックから導入されている。 ラグビーリーグ [ ] ラグビーリーグもまたプロ競技およびアマチュア競技として行われており、世界レベルではによって統括されている。 次の国々にはアマチュアおよびセミプロの競技会がある。 ()、 ()、 ()、 ()、、 上記に加えて、次の2つの主要なプロリーグがある。 オーストララシアの、ヨーロッパの ラグビーリーグ代表チームの実力は、次の国々が抜きん出ている。 、、 その他の南太平洋およびヨーロッパの国々も、 ()および ()にそれぞれ参加している。 ルール [ ] 詳細は「」および「」を参照 ラグビーユニオンとリーグに共通する特徴的な要素には、楕円形のボールの使用や前方へボールを投げることの禁止があり、選手が陣地を得る方法はボールを持って走るかボールを蹴るかしかない。 ラグビーリーグではユニオンと分離し以降、より速いペースのよりトライを指向した試合とする目的でルール改正が行われている。 ユニオンとリーグの主な差異には、リーグが13人制でユニオンが15人制であること以外には、タックルとその直後のプレーがある。 ユニオンの選手はタックルに続いてボールの支配を争い、状況に応じて、あるいはが発生する。 リーグの選手はタックルの後にボールの支配を争わず、プレーは「プレー・ザ・ボール」によって続く。 リーグでは、6回のタックルの前に得点することができなければ、ボールは相手チームに移る。 ユニオンは6回タックルのルールはなく、ボールのポゼッションを維持している限り得点するまで無制限にタックルを受けることができ、反則はとられない。 ユニオンのには、相手選手のパックをボールのポゼッションのために互いに押し合う「」や、に対して垂直に平行なラインで並んだ両チームの選手がタッチから投げられたボールをキャッチしようと試みる「」がある。 リーグのルールにはスクラムはまだ存在しているが、関与する選手が少なく、争われることもほとんどないため重要性が大幅に減少している。 セットプレーは一般的にプレー・ザ・ボールの状況から開始される。 ラグビーリーグのポジションの多くはと同様の名称および要件を有しているが、ラグビーリーグにはが存在しない。 文化 [ ] ホームカントリー [ ] イングランドでは、ラグビーユニオンは「支配者層」のスポーツとして広く認められており、主におよびに属する人々によってプレーされる。 例えば、や(グラマースクール)の多くの生徒はラグビーユニオンをプレーする。 しかし、(総合制中等学校)でも人気を得てきている。 このステレオタイプにもかかわらず、ラグビーユニオンは特にでは全ての階級で人気がある。 は労働者階級のクラブの典型例である。 対照的に、ラグビーリーグは伝統的にのスポーツとして見られてきた。 ラグビーユニオンに対する上流階級ステレオタイプのさらなる例外はウェールズである。 ウェールズではラグビーユニオンは伝統的に休日にプレーする炭鉱労働者や産業労働者からなる小さな村のチームと結び付いてきた。 において、ラグビーユニオンは国や宗派の壁を越えた求心力であり、ラグビーユニオンのアイルランド代表はとの統一チームである。 オーストラリアでは、ラグビーユニオンおよびラグビーリーグの人気は、、に集中している。 イングランドと同様の階級間の障壁がリーグとユニオンの間には存在し、これはラグビーユニオンが私立学校で支持され発展してきていることで促進されている。 上記の地域では、ラグビーユニオンが上・中流階級のスポーツ、ラグビーリーグが労働者階級のスポーツと認識されているのに対して、ニュージーランド、ウェールズ、パリを除くフランス、、、、、アイルランドの、は例外であり、ラグビーユニオンは労働者階級に人気がある。 それにもかかわらず、ラグビーリーグは () やオーストラリアのニューサウスウェールズ州およびクイーンズランド州 では労働者階級のスポーツとして認識されている。 ニュージーランドでは、ラグビーリーグは下流階級あるいはの西部の郊外に住む下流階級を示す「westies」や最近ではラグビーリーグが人気のあるオークランド南部の貧困地域のスポーツといまだに多くの人によって考えられている。 イギリスでは、ラグビーユニオンのファンはこのスポーツの別称として「rugger」という用語を用いることがある。 ニュージーランド人は通常ラグビーのことを「footy」あるいは「football」と呼び、ラグビーユニオンを指す場合は「ラグビー」あるいは「ユニオン」、ラグビーリーグは「ラグビーリーグ」あるいは「リーグ」と呼ばれる。 アメリカ合衆国では、ラグビーをプレーする人々は「ruggers」と呼ばれることがある。 その他の国 [ ] フランスでは、ラグビーは広くプレーされており、スペインとフランスとの間の境界領域に沿った、、地域に強い伝統がある。 また、19世紀に英語話者の入植者によってラグビーが伝えられた南アフリカでは、ラグビーは非常に人気がある。 イギリス人入植者はラグビーをオーストラリアおよびニュージランドに伝えた。 ラグビーはフィジー、サモア、トンガなどポリネシアの国々に広まって人気を博している。 ラグビーユニオンはアメリカ州やアジアの一部でも同様に成長し続けている。 季語 [ ] としての「 ラグビー」は、の季語(三冬の季語)である。 また、「ラグビー」を親季語とする子季語に「 ラガー」がある。 水牛歳時記によれば、ラグビーがに詠まれるようになったのは時代になってからとのこと。 特に、が昭和初期にラグビーの句を連作したことがきっかけになって定着したといわれている。 例句 - ラグビーの 肉搏 う つひびき 吾が聞きぬ 山口誓子• 例句 - ラグビーの 野辺も稲城も 狐色 山口誓子• 例句 - ラグビーや 青雲一抹あれば足る• 例句 - ラグビーや 敵の汗に触れて組む 『昨日の花』• 例句 - 枯草に ラグビーの血の乾かざる 日野草城 『昨日の花』• 例句 - ラガーらの そのかち歌のみぢかけれ• 例句 - ラガーらの のごとく円となる• 例句 - ラグビーや 緑の大地あるかぎり 『初雁』 関連競技 [ ]• (15人制ラグビー)• (13人制ラグビー)• (セブンズ)• (車いすラグビー) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 出版社の異なる複数の日本語辞書に「ラガーマン(英語表記)rugger man」などと記載されており、ではないようであるが、少なくとも "rugger man" は英語話者に広く通用する英語ではない。 『精選版 』の1925年刊行の大増補改版に付属する「新らしい言葉の字引」が、少なくとも同社における初出である。 日本の資料ではしばしば「エリス少年がサッカーの試合中にボールを持って走り出した」という記述が見受けられるが、これは両者の祖である「原始フットボール」を指している英文中の「football」という単語を「サッカー」の別称である「フットボール」との混同に由来する誤解である。 そもそも当時はまだサッカーとラグビーは未分化であり、両者が完全に分かれたのもそれより40年経った後のことである。 分類名はによってまちまちであるが、「人事」も「行事」も「生活」も、要するに「人が生きるうえで行う事柄」全般を指す。 出典 [ ]• 2019年10月10日閲覧。 コトバンク. 2019年10月1日閲覧。 『デジタル』、『』第3版、小学館『精選版 』. コトバンク. 2019年10月1日閲覧。 三省堂『大辞林』第3版、小学館『精選版 日本国語大辞典』. コトバンク. 2019年10月1日閲覧。 コトバンク. 2019年10月1日閲覧。 水牛歳時記(公式ウェブサイト). 双牛舎. 2019年10月1日閲覧。 2019年9月30日閲覧。 コトバンク. 2019年10月1日閲覧。 コトバンク. 2019年10月1日閲覧。 コトバンク. 2019年10月1日閲覧。 Sam Larner 2019年7月17日. 2019年11月3日閲覧。 David Hinchliffe 1994年6月26日. The Independent. 2011年11月25日閲覧。 Kemp, Stuart 2007年8月24日. Reuters. 2011年5月30日閲覧。 Irb. com. 2011年5月30日閲覧。 Phillips, Buchler. Appendices to the Minutes of Evidence to Select Committee on Culture, Media and Sport. Sommerville, D. 1997. The Encyclopedia of Rugby Union. Aurum Press, UK. 2005. "Australian Nationalism and Working-Class Britishness: The Case of Rugby League Football. " History Compass, Vol. 3, No. Collins, T. 1998. Rugger:• :Rugger "Slang or colloquial alteration of RUGBY in the sense of 'Rugby football'. Freq. attrib. rugger-tackle". Tony Collins, , BBC sound recording with written transcript, and a comment in prose by Jonnie Robinson, Curator, English accents and dialects, British Library Sound Archive. The New Zealand Pocket Oxford Dictionary. きごさい歳時記. 2019年10月1日閲覧。 関連項目 [ ] が多すぎます。 関連の深い項目だけに絞ってください。 必要ならばとして独立させることも検討してください。 ( 2020年4月) で 「 ラグビー」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの リーグ [ ]• (RFL)• (Japan RL)• チーム• - 毎年スーパーリーグのグランドファイナルが開催される。 - 毎年チャレンジカップの決勝が開催される。 ユニオン [ ]• チーム• (、年齢別代表、女子代表など)• RWC - ,• Asian 5 Nations• (U20世界ラグビー選手権)• (旧 近鉄花園ラグビー場)• - その他 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語) -• (日本語) -• (英語) -• (日本語) -.

次の

ラグビー校

イギリス ラグビー

Rugby School モットー Orando Laborando : 「祈ることで、働くことで」 創設 種別 および 宗教 Headmaster Peter R. Green 創設者 Lawrence Sheriff 所在地 Lawrence Sheriff Street 州 CV22 5EH イングランド : URN 学生数 850人 性別 共学制 年齢 13—18 寮 15 スクールカラー 、と緑 Former Pupils Old Rugbeians School Song Floreat Rugbeia ウェブサイト ラグビー校(ラグビーこう、Rugby School)は、英国王室エリザベス女王1世の時代、1567年に創立されたで最高峰の(名門私立学校)の1つである。 13歳から18歳までのの(寄宿学校)で、などと並んで、卒業生がや、の大学に進学する最難関進学校として知られる。 「ザ・ナイン」と呼ばれる英国トップ校9校のうちのひとつ。 定員は850名で、ほとんどの全員の生徒がで描かれるようなハウスと呼ばれる寮で暮らしている。 200ヘクタールの広大なキャンパスには、学校が街を形成し、ラグビーフィールドが14面、ポロフィールドが6面など充実したスポーツ施設、劇場、教会、模擬国会、サイエンスセンター、外国語センター、デザイン&テクノロジーセンター、アートセンターなどの施設がある。 年間の学費は、寄宿生で35,000ポンド。 1823年、同校が球技の発祥の地となったことも有名。 歴史 [ ] の御用商人として豪商に成長したローレンス・シェリフが1567年、ラグビー校を創設した。 当初は、ラグビーとそれに隣接するブラウンスオーバー村の若者達を教える、無料の小学校であった。 17世紀後半、教養を身につけさせたいと思う富裕層の子供たちの寄宿学校に発展していこうとしたが、上手くいかず近隣の子供たちの学校のままに留まった。 1823年、この学校でという少年がフットボールのルールを勘違いして、ボールを両手で抱え込んでエンドラインの向こう側まで持ち込んだことから、というスポーツが誕生したという逸話がある。 しかし、当時ラグビー校のフットボールに定まったルールはなく、ボールを手に持って運んでいいかどうかは試合前に話し合いで合意されていたため、この逸話は真実であるとは考えられていない。 エリスは1816年から1825年まで在学し、卒業後は聖職者となっている。 開戦時の英国首相である(Arthur Neville Chamberlain,1869-1940)もまたラグビー校で学んだ。 1828年から1842年まで、19世紀の英国を代表する偉大な教育者といわれたが校長を勤めた。 彼はラグビー校をイギリスの学校制度にとって模範となる学校に変革した。 その全人教育的な教育原則は、英国ボーディングスクールの生活をいきいきと描いたの長編小説『』(1857年)によって、「キリスト教的紳士」の理想と共に世界的に有名になった。 『トム・ブラウンの学校生活』はのちにハリー・ポッターの原型となったともいわれる。 1975年からは、男女共学制へ移行。 1967年には、創立400周年を迎え、とフィリップ殿下が学校を公式訪問した。 2017年には、同校初の海外インターナショナルスクール、を開校した。 寮(ハウス) [ ] の「ハウスシステム」をはじめたのはラグビー校が最初で、このシステムの成功により、、など他の私立学校にも浸透し、イギリス独特ののスタイルになった。 ラグビー校には15の寮があり、女子寮はミストレス、男子寮はハウスマスターと呼ばれる寮長が学生のケアを行っている。 それぞれの寮には、紋章と寮のカラーがある。 女子寮 [ ]• ディーン - 1978年創設。 アールデコの建築が美しい最初の女子寮。 ルパートブルック - 1988年創設。 スポーツセンターと音楽学校の両方に近接。 ブラッドリー - 1992年創設。 学校の中心部に位置し、2013年に改装された。 チューダー - 2002年創設。 2年目以降は個室が与えられる。 グリフィン - 2003年創設。 最大の庭を持つ最小の寮。 スタンレー(上級生用) - 1992年創設。 赤レンガ造りのビクトリア様式と1950年代の折衷建築。 サウスフィールド(通学生用) - 1993年創設。 ビクトリア様式の建物。 男子寮 [ ]• スクールハウス - 1750年創設。 ラグビー校が現在の場所に移動したときの建物。 コットン - 1836年創設。 木製の教師の部屋と大きな裏庭がある。 キルブラッケン - 1841年創設。 裏庭はバーベキューやゲームの場となる。 スクールフィールド - 1852年創設。 学校が所有する最初の寮。 ミシェル - 1882年創設。 静かで実り多い果樹園がある。 シェリフ - 1930年創設。 大きくて魅力的な中庭がある。 ホワイトロウ - 1936年創設。 男子寮の中で最大規模。 タウン(通学生用) - 1567年創設。 球技を生んだが、メンバーだった。

次の