芸能人 ユーチューバー。 YOUTUBER(ユーチューバー)の年収給料や最新版年収ランキング1位~100位、ジャンル別【ゲーム実況・キッズ・有名ユーチューバー】年収|平均年収.jp

2020年 芸能人ユーチューバー登録者数ランキングTOP10 1位は?

芸能人 ユーチューバー

写真 本田翼(左)、中田敦彦 (c)朝日新聞社 世界最大の動画共有サービス「YouTube」で活躍するユーチューバーは今や子どもたちの憧れの職業。 2018年に参入したお笑い芸人・オリエンタルラジオの中田敦彦やカジサック(キングコングの梶原雄太)、女優の本田翼は、今や200万人規模の登録者数を誇る人気チャンネル。 6月19日にジャニーズ事務所を退所した手越祐也が開設したチャンネルは、わずか2週間ほどで130万人以上の登録者を集め、主な芸能人のチャンネル登録者数をまとめたランキングでは8位に躍り出た。 内容も様々だ。 中田敦彦は時事ネタや歴史などについて得意のプレゼン力を生かして解説する教育系の動画が人気。 一方、本田翼は趣味のテレビゲームをリアルタイムで配信する「ゲーム実況」という意外なジャンルでブレークした。 チャンネル登録者数291万人の中田を筆頭に、ランキング9位の草なぎ剛が108万人、10位の川口でも104万人と、登録者数100万人超の芸能人が続出していることがわかる。 ヒカキンやはじめしゃちょーなど登録者数が500万〜1千万人超にもなる業界の「トップ集団」にはまだ及ばないが、いずれその一角に食い込む芸能人ユーチューバーが出てきてもおかしくない。 登録者数220万人のママユーチューバーでYouTube専門家としても活動する「なーちゃん」は、こうした動きを脅威とは感じていないという。 「芸能人の参入でユーチューバーへの世間のイメージや認知が向上しますから、良いことと考えています。 2〜3年前まで『テレビタレントの下位互換』のイメージだったユーチューバーが、先駆者たちの努力はもちろん、芸能人が多数参入したこともあって、テレビとは異なるメディアの一つとして捉えられるようになってきました」 チャンネル登録者数180万人を超える美容系ユーチューバー「まあたそ」など人気ユーチューバーを抱える株式会社VAZの森泰輝社長は、芸能人進出の流れは必然だとしてこう語る。 「日本ではむしろ、遅かったくらいです。 アメリカなど海外のセレブはYouTubeチャンネルの立ち上げを4年以上前からやっていましたからね。 日本の芸能人は、一部の成功例が出てきてから後を追うように参入が増えている印象です」 では、芸能人がユーチューバーになるメリットは何か。 考えられる理由の一つは、ファンと直接コミュニケーションを図れることだ。 俳優の佐藤健のチャンネルではドラマの共演者をゲストに迎えてトークしたり、視聴者の質問に直接答えたりと「素」の顔が見られることで人気を博している。 所属事務所のアミューズでは仲里依紗、石田ニコル、三宅裕司などもチャンネルを展開。 同社マネージメント情報管理部の担当者はYouTubeについて「所属アーティストが、ファンの方により直接発信することができ、交流もできるメディアとして積極的に活用しております」と語る。 また、今回のコロナ禍のような平時ではない局面でこそ、YouTubeに利点があるという見方もある。 「芸能人や有名人の方にとっても、テレビ以外の発信の場を持つことは仕事面でもプラスに働くと思います。 何らかの事情でテレビに出られない状態となっても、YouTubeで知名度をキープできるのは大きなメリットです」(なーちゃん) 「闇営業」問題による活動自粛後、ユーチューバーとして復帰した宮迫博之などもこの例に当てはまる。 また、忘れてはならないのは金銭面のメリットだ。 YouTubeビジネスの肝は広告収入。 動画に差し込まれ、再生回数に応じて報酬が発生する。 その単価は俗に1再生あたり0. 05〜0. 1円程度と言われ、芸能人はより高待遇を受けるという話もある。 「一般人でもジャンルや再生地域によって様々で、1再生あたり0. 01〜2円程度と幅が大きいです。 『芸能人だから優遇される』というわけではありませんが、YouTube側がイメージ向上や訴求力アップを狙って『チャンネルを始めてほしい』と働きかけるケースがあり、その際、好条件を提示されるという話も聞きます」(同) 例えばランキング1位の中田敦彦が昨年9月20日に投稿した古事記に関する教育動画は20年6月現在、370万回以上再生されている。 この動画の1再生あたりの広告収入が仮に1円とすると、単純計算で370万円の収益が発生する。 1円だとしても37万円だ。 実際の収入額は不明だが、中田は100万回以上再生されている動画を100本以上有し、今なお新しい動画を作り続けている。 事務所との「取り分」の比率は様々だろうが、中田レベルの実績を残せれば、条件次第では1億円超の収益を得ることも夢ではない。 ただし、知名度に任せた運営をしても再生回数は伸びない。 視聴者のターゲットを絞る戦略も必要だ。 前出の森社長はこう語る。 「稼ぐためには芸能人うんぬんより、広告単価が高い視聴者層の時間を奪えるチャンネルであることが大切。 例えば化粧品は、10代より30代の女性が使うもののほうが高額なので、30代女性向けの化粧品を扱う企業の広告のほうが単価が高くなりやすい傾向です。 ライバル企業が多い業種なら、広告枠の競争も生じて単価がより上がるでしょう」 芸能人のYouTube進出は今後も加速するのか。 なーちゃんはこう語る。 「今後は芸能人がチャンネルを持つのが当然になるでしょう。 若い世代はテレビを見ずYouTubeを見るのが当たり前ですから、そうした層にアピールしたい芸能人の『テレビ離れ』が起こる可能性があります」 一方、森社長は、若者が中心だったYouTubeの視聴者層の変化を次のように予測する。 「ユーチューバーの個人チャンネルを登録して見る習慣はこれまで10〜20代にしかありませんでしたが、芸能人の参入により高年齢層のファンが流れてきて30〜60代の方にもチャンネル登録する習慣が広まる可能性が高い。 高年齢層向けのコンテンツを配信するユーチューバーが数字を取りやすくなるとも考えられます」 今後もさらなる激変が起きそうだ。

次の

YOUTUBER(ユーチューバー)の年収給料や最新版年収ランキング1位~100位、ジャンル別【ゲーム実況・キッズ・有名ユーチューバー】年収|平均年収.jp

芸能人 ユーチューバー

写真 本田翼(左)、中田敦彦 (c)朝日新聞社 世界最大の動画共有サービス「YouTube」で活躍するユーチューバーは今や子どもたちの憧れの職業。 2018年に参入したお笑い芸人・オリエンタルラジオの中田敦彦やカジサック(キングコングの梶原雄太)、女優の本田翼は、今や200万人規模の登録者数を誇る人気チャンネル。 6月19日にジャニーズ事務所を退所した手越祐也が開設したチャンネルは、わずか2週間ほどで130万人以上の登録者を集め、主な芸能人のチャンネル登録者数をまとめたランキングでは8位に躍り出た。 内容も様々だ。 中田敦彦は時事ネタや歴史などについて得意のプレゼン力を生かして解説する教育系の動画が人気。 一方、本田翼は趣味のテレビゲームをリアルタイムで配信する「ゲーム実況」という意外なジャンルでブレークした。 チャンネル登録者数291万人の中田を筆頭に、ランキング9位の草なぎ剛が108万人、10位の川口でも104万人と、登録者数100万人超の芸能人が続出していることがわかる。 ヒカキンやはじめしゃちょーなど登録者数が500万〜1千万人超にもなる業界の「トップ集団」にはまだ及ばないが、いずれその一角に食い込む芸能人ユーチューバーが出てきてもおかしくない。 登録者数220万人のママユーチューバーでYouTube専門家としても活動する「なーちゃん」は、こうした動きを脅威とは感じていないという。 「芸能人の参入でユーチューバーへの世間のイメージや認知が向上しますから、良いことと考えています。 2〜3年前まで『テレビタレントの下位互換』のイメージだったユーチューバーが、先駆者たちの努力はもちろん、芸能人が多数参入したこともあって、テレビとは異なるメディアの一つとして捉えられるようになってきました」 チャンネル登録者数180万人を超える美容系ユーチューバー「まあたそ」など人気ユーチューバーを抱える株式会社VAZの森泰輝社長は、芸能人進出の流れは必然だとしてこう語る。 「日本ではむしろ、遅かったくらいです。 アメリカなど海外のセレブはYouTubeチャンネルの立ち上げを4年以上前からやっていましたからね。 日本の芸能人は、一部の成功例が出てきてから後を追うように参入が増えている印象です」 では、芸能人がユーチューバーになるメリットは何か。 考えられる理由の一つは、ファンと直接コミュニケーションを図れることだ。 俳優の佐藤健のチャンネルではドラマの共演者をゲストに迎えてトークしたり、視聴者の質問に直接答えたりと「素」の顔が見られることで人気を博している。 所属事務所のアミューズでは仲里依紗、石田ニコル、三宅裕司などもチャンネルを展開。 同社マネージメント情報管理部の担当者はYouTubeについて「所属アーティストが、ファンの方により直接発信することができ、交流もできるメディアとして積極的に活用しております」と語る。 また、今回のコロナ禍のような平時ではない局面でこそ、YouTubeに利点があるという見方もある。 「芸能人や有名人の方にとっても、テレビ以外の発信の場を持つことは仕事面でもプラスに働くと思います。 何らかの事情でテレビに出られない状態となっても、YouTubeで知名度をキープできるのは大きなメリットです」(なーちゃん) 「闇営業」問題による活動自粛後、ユーチューバーとして復帰した宮迫博之などもこの例に当てはまる。 また、忘れてはならないのは金銭面のメリットだ。 YouTubeビジネスの肝は広告収入。 動画に差し込まれ、再生回数に応じて報酬が発生する。 その単価は俗に1再生あたり0. 05〜0. 1円程度と言われ、芸能人はより高待遇を受けるという話もある。 「一般人でもジャンルや再生地域によって様々で、1再生あたり0. 01〜2円程度と幅が大きいです。 『芸能人だから優遇される』というわけではありませんが、YouTube側がイメージ向上や訴求力アップを狙って『チャンネルを始めてほしい』と働きかけるケースがあり、その際、好条件を提示されるという話も聞きます」(同) 例えばランキング1位の中田敦彦が昨年9月20日に投稿した古事記に関する教育動画は20年6月現在、370万回以上再生されている。 この動画の1再生あたりの広告収入が仮に1円とすると、単純計算で370万円の収益が発生する。 1円だとしても37万円だ。 実際の収入額は不明だが、中田は100万回以上再生されている動画を100本以上有し、今なお新しい動画を作り続けている。 事務所との「取り分」の比率は様々だろうが、中田レベルの実績を残せれば、条件次第では1億円超の収益を得ることも夢ではない。 ただし、知名度に任せた運営をしても再生回数は伸びない。 視聴者のターゲットを絞る戦略も必要だ。 前出の森社長はこう語る。 「稼ぐためには芸能人うんぬんより、広告単価が高い視聴者層の時間を奪えるチャンネルであることが大切。 例えば化粧品は、10代より30代の女性が使うもののほうが高額なので、30代女性向けの化粧品を扱う企業の広告のほうが単価が高くなりやすい傾向です。 ライバル企業が多い業種なら、広告枠の競争も生じて単価がより上がるでしょう」 芸能人のYouTube進出は今後も加速するのか。 なーちゃんはこう語る。 「今後は芸能人がチャンネルを持つのが当然になるでしょう。 若い世代はテレビを見ずYouTubeを見るのが当たり前ですから、そうした層にアピールしたい芸能人の『テレビ離れ』が起こる可能性があります」 一方、森社長は、若者が中心だったYouTubeの視聴者層の変化を次のように予測する。 「ユーチューバーの個人チャンネルを登録して見る習慣はこれまで10〜20代にしかありませんでしたが、芸能人の参入により高年齢層のファンが流れてきて30〜60代の方にもチャンネル登録する習慣が広まる可能性が高い。 高年齢層向けのコンテンツを配信するユーチューバーが数字を取りやすくなるとも考えられます」 今後もさらなる激変が起きそうだ。

次の

芸能人ユーチューバー登録者数ランキング[1]

芸能人 ユーチューバー

HIKAKINさんなどの実力のあるyoutuberの登場により、芸能人達がその存在を知るキッカケになったこと。 「なりたい職業ランキング」で小中学校でトップ3内に入り、社会的にも 認知されるようになったこと。 HIKAKINさんはフジテレビ系 「ダウンタウンなう 」に登場した際、坂上忍さんに耳打ちで収入を教えた所 「ふざけんなよ!」と坂上忍さんが怒ったことがありましたね。 相当稼がれているはずの坂上忍さんも、驚くぐらい稼いでいることが判明しました。 としての推定年収は20-30億円。 推定資産50億円。 恐らくテレビ業界全ての女優俳優芸人を入れてもヒカキンに収入の面で勝てる人は居ないかと。 調べた所uuum以外の会社では大株主では無いようですが資産運用などをしている可能性もあるので正直未知数。 — 畑田 真弥 masamasamoney これだけのメリットがあったら、やるに越したことはないですよね! 芸能人はテレビで培われた力があるので、この新しいyoutubeビジネスに余裕で参加したのでしょう。 また、テレビで売れていない・最近見なくなった芸能人にとっては、自分をアピールできる場所であるので、そういう方の多くが参加しています。 テレビしかなかった時代と比べ、売れていない人にとっての チャンスの場があることは、すごく良いことだと思いました。 芸能人のyoutube進出状況は? 芸能人のyoutubeの進出はどんどん広がっています。 初期にyoutubeをやり始めた芸能人は、 所ジョージさん 世田谷一郎 が有名ですね。 収益目的ではなく、所さんの趣味の延長みたいな感じで自身の作った楽曲をひたすら挙げているというチャンネルです。 スポンサーリンク 芸能人youtuber嫌いなど批判や失敗事例もチェック!! そんなyoutubeに多く進出してきている芸能人ですが、視聴者からは 厳しい意見が出てきています。 芸能人のyoutuberが嫌いと言っている人もいて、芸能人だからと言ってyoutubeで売れるとは 限らないですね。 なぜ芸能人youtuberは嫌われるのか、芸能人youtuberの失敗事例も合わせて調査しました。 芸能人youtuber嫌いなどの批判とは 芸能人youtuberが嫌いと言っている人の 理由としては、 テレビ番組の「作られた ヤラセ感」から離れてきたというものです。 売れているyoutuberは皆、 自然体 でリアルな情報を発信していて、そこがyoutubeの良さであるそうなのです。 芸能人がYouTubeに動画投稿してYouTuberと名乗っていることに違和感を覚える。 それってただ単に芸能人がYouTubeを始めただけであって、僕らが応援してきたYouTuberとはなんか違うんだよなあ。 別に嫌いなわけでもないんだけどね。 なんとなく。 youtuberが一般的でない頃に多くの芸能人 主に芸人 が、当時 のyoutuberを 批判 していたことも、一つの原因だと思います。 youtuberの知名度が上がってから、こぞってyoutubeに参加する芸能人は汚いと感じているのかもしれませんね。 「芸能人はyoutubeに来るな」という声も挙がっていました。 そんな意見に対して、タレントの 藤田ニコルさんは、 「youtuberだってテレビに出てるし、お互いがwinwinな関係でやっていけばいいのに」と仰っています。 確かに芸能人がyoutubeに来たところで迷惑なことはないですし、いろいろなチャンネルがあるのは面白くて良いことだと思いますけどね。 芸能人youtuberの失敗事例 これまで多くの芸能人がyoutubeに参加していますが、ほとんどが 失敗している状況です。 ウッチャンナンチャン内村光良さんは 「自分がYouTuberになるなら全レギュラーを 降りるぐらいの覚悟が必要 」と言わせるほど、違った難しさがあることが伺えます。 例えばヒロシさんのキャンプ動画などはリアリティと癒やされる空気感があり、テレビでは出せない魅力があります! スポンサーリンク まとめ 芸能人youtuberが嫌われる主な原因は、テレビに飽きた・もしくは好きじゃない人がyoutubeの空気感を壊しているから嫌いなのではと感じました。 youtube特有の自然体でリアリティのあるチャンネルであれば、芸能人でも高評価であり、登録者数も多いのかもしれません。 「芸能人がyoutubeをすれば売れるだろう」と自分も思っていたので、正直テレビとyoutubeでこれほどの違いがあるとは思いませんでした! youtuberも楽な仕事では無いのですね。 個人的には好きなテレビ番組を見た後に、その番組のyoutubeチャンネルで未公開などの動画を見るのが好きなので、こういったチャンネルが増えてほしいなと思います。 テレビ朝日系「大田松之丞」は、違法アップロードの防止のために自らyoutubeチャンネルを開設して、番組では乗せることの出来なかったトークを公開していますね。 これがすごく面白いので、他のテレビ番組も是非ともマネして欲しいです! テレビとyoutubeの連動でもっと楽しくなると思うので、とても期待しています。 プロである芸能人が今後youtubeでどのように活躍されるのか楽しみです! 参考 Wikipedia Yahoo! ニュース.

次の