美的 集団 株価。 東芝の白物家電事業を買収する「美的集団」とは何者か?=栫井駿介

ミデア・グループ/美的集団(Midea Group)

美的 集団 株価

日本人はドラスティックな変化を好まないような気がします。 現場に戸惑いはなかったのでしょうか。 林:組織を刷新した直後は確かにあったのかもしれません。 ですが成長していくためには意識を変えるしかなかった。 責任が明確になったことで経営幹部も含め、顔つきが変わっています。 事業部長の中には一人ひとりが経営者という意識が芽生えてきています。 買収から1年が経ちましたが、商品開発面などで変化は出てきていますか。 林:商品開発を事業部の直轄体制にしました。 本社にぶら下がるのは、数年先を見据えた要素技術の開発部門だけです。 かつては商品開発では様々な部門での相談が必要で、最終的に誰が判断するのかが不明瞭な部分もありました。 体制を変えてからは、事業部だけの判断で全てを決定できるようになりました。 少なくとも開発に関しては、スピード感が格段に高まっていると感じています。 (東芝時代のリストラもあり)開発人員は不足しています。 足りない部門には1~2割程度人員を増やしていきます。 開発費や宣伝広告なども必要であれば振り向けます。 美的と東芝ライフスタイルの連携は進んでいるのでしょうか。 林:1年だけで、美的と東芝ライフスタイルの間で50を超える共同開発プロジェクトが進んでいます。 ボツになった企画もありますがすでに10商品が誕生しました。 例えば今年7月に中国に市場投入したオーブンレンジなどがそうです。 美的と東芝とでは、文化や得意な技術力、開発のスピード感などあらゆるものが異なります。 現場では両社の開発陣が日々議論を重ねています。 ただし、まだ1年しかたっていません。 昔からパートナー関係はありましたが、一緒に開発するのは初めてなので時間は掛かるでしょう。 今後、より明確に効果は出てくるとみています。 あらゆるモノがネットに繋がる「IoT」の流れが家電業界にも押し寄せています。 林:東芝ライフスタイルも今年4月に「IoT推進室」を立ち上げました。 実は「IoT家電」については、東芝ライフスタイルよりも美的のほうが開発が進んでいますので、こうしたノウハウを逆輸入しようと考えています。 まだまだ少人数の組織ですが、美的の研究所と連携し、IoT家電のコンセプト作りを急いでいます。 現時点ではまだ、具体的な製品化のスケジュールは言えません。 IoTについても「これがいける」という商品は出ていません。 ですがトライアルは必要です。 いかにタイムリーに商品を投入していくかが重要になるでしょう。 まずはハードウエアにネット機能を入れるのも一つの手でしょう。 その後時期が来ればソフトをアップデートしていく。 変化にうまく対応していくことが鍵になるとみています。

次の

中国株チャート ( 000333 ) 美的集団【売付のみ】

美的 集団 株価

こんにちは、中卒くんです。 今回はひさしぶりに銘柄観察をしてみたいと思います。 中卒くんはむずかしいことは嫌いなので、 銘柄研究とか 銘柄分析とか言いません。 銘柄観察です。 それでは観察いってみましょう。 前回のテンセントにつづきまして今回は 美的集団 midea group を見ていこうと思います。 ちなみにミディアではなく、マイディアと読むそうです。 どうでもいいですけど。 なお、中卒くんは2018年02月13日現在、美的集団は持っていません。 最近まで保有してました。 美的集団とはどんな会社か? まず、美的集団 びてきしゅうだん の沿革と事業内容について紹介します。 名称 美的集団 英語名 Midea Group 上場先 シンセン コード SZSE 000333 設立 1968年 所在地 広東省仏山市順徳区美的工業園 従業員数 10万 代表者 方洪波 Paul Fang 売上 1590. 4億人民元 総資産 1760億人民元 創業は1968年、ご近所の住民が集まってガラス瓶やプラスチックの蓋を製造していたそうです。 その後自動車部品を製造。 1980年には扇風機の製造を開始し、家庭用電化製品事業に参入。 このころに「美的」という名前を使い始めました。 85年にはエアコンを製造、90年に日本の東芝と技術提携。 93年には日本企業と提携して炊飯器などの製造にも着手。 90年代を通じ、コンプレッサーやモーター技術を日本企業から導入して開発力を引き上げました。 その後、中国国内外のライバルを買収することにより開発力と商品構成を拡充。 現在、世界で二番目に大きな総合家電メーカーでシェアは4. 6% 英調査会社ユーロモニター調べ。 ちなみに一番は同じく中国企業の海爾 ハイアール 、三洋電機の買収で日本でもお馴染みですね。 買収戦略にも積極的です。 2016年3月には東芝から537億円で白物家電部門を買収。 以前から東芝製家電製品の製造を美的が担っていたそうなので、企業価値を推し量りやすかったのかもしれません。 これによって開発力とブランド力を手に入れました。 また、同年6月にはドイツの産業用ロボット・FAメーカーのKUKA クーカ を約50億ドルで買収します。 このKUKAという会社、日本ではあまり馴染みのない企業ですが、欧州の産業用ロボット市場ではスイスのABB社と並ぶ超名門です。 しっかりとした数字を持っているわけではありませんが、導入企業の数ではABBを圧倒するはずです。 しかもドイツ政府が国家プロジェクトとして推し進めるインダストリー4. 0 AIやIoTを用いた生産革命 の総本山みたいな企業なわけで、最初にこの報道を聞いた時にはメチャクチャ驚きました。 最初は飛ばし記事だと思いました。 政府が介入して買収がポシャるんじゃないかとも思っていました。 あっけなく買収オッケーになりましたけど・・・本当にそれでいいのか?と今でも不思議に思っています。 とりあえず、札束積まれてポンッと買収されちゃいました。 政界的にも大きく荒れた事案だったようです。 2015年に美的はKUKAからFA機器、ロボットを一括して導入しました。 その利便性が気に入ってKUKA本体の買収に乗り出したようですが、以下の動画で実際にロボットが工場でどう使われているのかわかります。 凄まじいですね… 世界のエアコン生産のうち、中国で生産されるものは全体の7割ほどと言われています。 美的はそのうちの2割強程度のシェアがあるそうです。 こういった自動化した工場で作られているなら、期間工を集めて作ってきた日本の家電メーカーは太刀打ちできないのも当然でしょう。 ちなみに、美的集団は日本の安川電機とも協業関係にあります。 安川電機が中国市場を攻略する際に美的と組んだらしいのですが・・・いつか技術をまるまる吸い取られてポイッされてしまうんじゃないかと心配になりますね。 さて、次の項目では経営指標やバリュエーションなどについてみていくことにします。 経営指標・バリュエーション まずは財務状況をみていきます。 2016年度アニュアルレポートを参考にします。 midea. pdf の108頁から111頁までがBSで、112頁から113頁までがPL、116頁から118頁までがCashFlowになっています。 まずはPL 営業利益率は10. 9%です。 家電メーカーとしては高い方ですが、それほど良いものではありません。 税金がやたら少ないです。 軽減税率などが適用されているのでしょうか? 一般管理費はふつーです。 販売費および発送費がけっこうかかっています。 原価の一割強をのせています。 家電量販店やネット通販サイト タオバオなど? にインセンティブが多く支払われているのでしょうか。 とりあえず、長くなりすぎたので今回はここまで。 つづきは明日に回します。 こんばんは、中卒くんです。 つづきは明日に回します。 以下の動画のマシンのように、かなり設備投資に力を入れているので 固定資産は210億人民元 約3570億円 です。 KUKAや東芝ライフスタイルを買収しているわりには、Goodwill のれん は1000億円程度でしかありません。 かなり控えめに、堅実に見積もっているようにみえます。 long-term employee benefits payableってのは年金給付債務みたいなもんでしょうか?それにしてはやたら少ないです。 244億円程度しかありません。 中国は企業年金制度が未熟だと聞きますが、そういうことでしょうか? 少数株主持ち分が約1割強あります。 いろいろと資本関係が複雑そうです。 建設仮勘定は100億円程度でしかありません。 右肩上がりの企業にしてはちょっと意外です。 とりあえず言えることとしては BS、PLでみるかぎりかなり健康的な経営をしている会社だと思います。 事業内容についてもみてみます。 33 0. 05 0. それよりも、料理用家電や掃除機などが分類される小型機器部門、洗濯機や冷蔵庫の伸びが大きいことに気づきます。 また、家電やロボット向けのモーター、物流部門の伸びも期待できるようです。 売上を所在地別に見てみます。 しかし、伸び率でみるならば中国国内の伸びよりも国外の伸びが上回っています。 いずれこれは逆転するでしょう。 時間の問題だと思います。 従業員の構成については以下のとおりです。 生産部門の人員が82240人、営業職3576人、研究開発職8741人、金融部門1080人、管理職781人。 開発に力を入れているのが人員バランスからもよくわかります。 学士15591人、修士と博士が2177人です。 学士の多くが生産現場で使われているようです。 ロボットの扱いなどには相応のスキルが必要だからでしょうか。 つぎに、バリュエーション面から観察してみましょう。 参考にするのは4-tradersです。 元データはロイターです 年度 2017e 2018e PER 21. 4 17. 2 11. 9 PBR 4. 93 4. 27 営業利益率 8. 23 9. 33 純利益率 7. 36 8. 10 Operating Leverage 0. 38 2. 18 Financial Leverage -0. 69 -0. 94 ROA 8. 76 9. 32 ROE 24. 8 26. 56倍程度、2017年のCashFlow per shareは4. 71 million CNYが市場コンセンサス。 財務が安定していて、かつキャッシュフローを生み出す力がしっかりしていますので、配当も安定して増加傾向にあります。 2014 2015 2016 2017e 2018e 2019e 0,67 0,80 1,00 1,10 1,42 1,62 最後にチャートを確認してみましょう。 日足 んー・・・もう一度下押ししそうな?急いで買う必要もないかな?というチャートにみえます。 ただ、これは需給要因なのですが、MSCI Emerging Market Indexの運用が拡大した場合には、間違いなく美的集団などは買い圧力が強まるのではないかと思っています。 約50000億ドルの日本市場や香港市場31932億ドルよりも大きいのです。 2017年データ 今までは市場の開放性の低さからインデックス採用を見送られてきましたが、徐々にではあるものの、中国本土A株の比率は引き上げられていく方向にあります。 そうしたなかで、美的集団やその他多くのブルーチップ銘柄は、他市場よりも良好なリターンを提供してくれるのではないか?と予想しています。 といいつつ、中卒くんはまだ美的集団を買い戻していません 2018年2月20日午前3時現在 ウォッチはしています。 チャートブレークするか、深押ししたら買っていきます。 とりあえず、今回の記事は終わりです。

次の

ミデア・グループ/美的集団(Midea Group)

美的 集団 株価

中国・美的集団出身で、東芝ライフスタイル副社長を務める林南氏(写真:陶山 勉、以下同) 日本だと美的集団(マイディアグループ)という企業名を聞く機会はあまりありません。 まずは美的がどんな企業か解説して下さい。 林:確かに、今回東芝(の白物家電部門)と一緒にならなければ、日本の方には馴染みが薄い企業でしょうね。 中国では自社ブランドで展開していますが、海外では家電メーカーへのOEM(相手先ブランドによる生産)供給が中心です。 中国や家電業界での知名度はありますが、今まで日本ではブランドを掲げたビジネスをしていませんでしたから。 美的の創業は1968年で、家電事業には80年代に扇風機で参入しました。 16年12月期の売上高は約1600億元(約2兆6000億円)でしたが、17年上期(1~6月期)は、M&A(合併・買収)効果もあり半期で1244億元と日本円で2兆円を突破しました。 大きなズレがなければ、今期は売上高4兆円の大台突破が見えています。 昨年6月末に東芝の白物家電事業を買収しました。 狙いは何だったのでしょうか。 林:美的は事業拡大戦略として、大きく3つの柱を掲げています。 最初が「プロダクトリーダーシップ」。 メーカーなのでモノを提供する力を高めていきたい。 次が「オペレーションイノベーション」。 日本語でいうと効率経営です。 そして最後が「グローバル」です。 繰り返しになりますが、今までの海外ビジネスはOEMが中心でした。 世界中の有名な家電ブランドを持つ企業に商品を提供してきました。 今後、美的としてさらなる成長を遂げるには、OEMからブランドビジネスをグローバルに展開していく必要がある。 こうした成長戦略を模索しているときに東芝グループとの「縁」があったというわけです。

次の