サーフェス 充電 されない。 サーフェスプロまたはサーフェスブックのバッテリーが充電されていない

充電でき……てねぇぇぇ! Surface 3で使える充電器・使えない充電器:検証(更新)

サーフェス 充電 されない

Surface Pro4が、電源につないでいるのに「充電していません」と表示されるうえ、さらに、「100%充電完了」と表示されるにも関わらず電源コードを抜くと落ちるという現象が起こっています。 Surface 充電していません 下のバーのバッテリーマークにカーソルを合わせると電源の状況が表示されます。 私の場合、このように「電源に接続: 充電していません」というようになります。 以前は、この表示になってもしばらくバッテリーで使ったりすれば充電されるようになったのですが、現在は全く充電されません。 Surface 充電完了 さらに不可解なことに、先ほどのバッテリーマークをクリックして出てくる詳細な情報を確認すると、「100%充電完了」と表示されるのです。 でも、ずっと0%だったはずなのです。 それが、あるタイミングで急に100%になったので、当然実際には充電されていないのでしょう。 電源を抜いてバッテリーで使おうとしたら、電源が落ちてしまいます。 Surface バッテリーレポート バッテリーについて調べていたら、バッテリーレポートなるものがあることが分かりました。 これは、コマンドプロンプトから表示することができます。 右クリックしただけで貼り付けられます)、 Enterキーを押すとこのような表示が出てきます。 パスをたどっていっても良いですが、コマンドプロンプト上で開いた方が楽でしょう。 パスを左クリックしながらなぞります(なぞっただけでコピーされています)。 先ほどと同様に右クリックで貼り付けて Enterキーを押すと、このような「Battery report」というタイトルの画面が表示されると思います。 私の場合、2018-08-31のところを見ていただきたいのですが、なんと、「Battery changed」となっています。 交換した扱いになっているのですね(分解もしていないし、修理に出してもないのに、そんな馬鹿な・・・)。 どうも、8月29日くらいから充電されなくなったなと思っていて、でもバッテリーで使えていたのですが、8月30日にはバッテリーが切れて、8月31日に電源につないで動画を長時間見ていたら、本体がかなり発熱して画面が震え出したのですが、そのタイミングでバッテリー交換した扱いになってしまったようです。 Surface 電源の設定 Surfaceは、通常高速スタートアップの設定になっています。 これは、シャットダウンしたときに、完全なシャットダウンではなくてスリープのような状態にするもので、起動が速くなります。 しかし、私のSurfaceはコードを抜いたら落ちてしまうので、これだと持ち運ぶ度に不正な終了をした感じになって都合がよくありません。 そこで、この設定を解除することにしました。 「設定」を検索して開いて 「システム」をクリックして、 「電源とスリープ」をクリックします。 関連設定のところにある「電源の追加設定」をクリックすると 電源オプションが開きます。 「電源ボタンの動作の選択」をクリックすると こんな画面が出てきます。 このシャットダウン設定の中の「高速スタートアップを有効にする(推奨)」を解除したいのですが、このままではグレーになっていて変更できません。 そこで、「現在利用可能でない設定を変更します」をクリックします。 すると先ほどのチェックが変更可能になるので、チェックを外して「変更の保存」をクリックします。 これで、シャットダウンしたときに、完全にシャットダウンされるようになったはずです。 ちなみに、PCのリフレッシュを試してみましたが効果はありませんでした。 復元ポイントが残っていたら復元もやってみたかったのですが、9月以降のものしかなかったためこちらは断念しました。 出荷時の状態も試してみたいのですが、Windows とOfficeのバージョンを保つためには一苦労必要そうで、できていません。

次の

Surface Pro 3が充電できなくて一瞬焦ったけど解決した話:追記→やっぱりダメ?

サーフェス 充電 されない

Battery Limit setting• 読み終わるまで 2 分• この記事の内容 Battery Limit option is a UEFI setting that changes how the Surface device battery is charged and may prolong its longevity. This setting is recommended in cases in which the device is continuously connected to power, for example when devices are integrated into kiosk solutions. How Battery Limit works Setting the device on Battery Limit changes the protocol for charging the device battery. The charge level reported in Windows will reflect this limit. Supported devices The Battery Limit UEFI setting is built into the latest Surface devices including Surface Pro 7 and Surface Laptop 3. Earlier devices require a , available through Windows Update or via the MSI driver and firmware packages on the. Check for the specific Surface UEFI version required for each supported device. Choose boot configuration, and then, under Advanced Options, toggle Enable Battery Limit Mode to On. Choose boot configuration, and then, under Kiosk Mode, move the slider to the right to set Battery Limit to Enabled. Choose Kiosk Mode, select Battery Limit, and then choose Enabled. Enabling Battery Limit using Surface Enterprise Management Mode SEMM or Surface Pro 3 firmware PowerShell scripts The Surface UEFI battery limit is also available for configuration via the following methods:• Surface Pro 4 and later• zip in the• Surface Pro 3• Using Microsoft Surface UEFI Configurator To configure Battery Limit mode, set the Kiosk Overrides setting on the Advanced Settings configuration page in SEMM Surface Pro 4 and later. Using Surface Pro 3 firmware tools The battery limit feature is controlled via the following setting: Name: BatteryLimitEnable Description: BatteryLimit Current Value: 0 Default Value: 0 Proposed Value: 0 Set this to 1 to enable Battery Limit.

次の

充電ができない

サーフェス 充電 されない

国内LTE版のSurface 3発売から一週間、全日本のSurface 3ユーザーが直面しているであろう問題について、ここで解決しておきましょう。 Surface3の充電器はシリーズとして初めて、専用端子ではなく一般的なmicroUSBを採用してます。 microUSB採用のWindowsタブレットは以前からいくつかありますが、Surface 3の注意点はココです。 ヒントは純正充電器にあり。 省電力CPU搭載だけあって、充電器は非常にコンパクト。 充電器の見た目は、スマホやAndroidタブレット並みの小ささですが、1つだけ小さくないというか可愛くないところがあってですね。 ここです。 出力が2. 通常タブレットは2A出力程度までの充電器が多いので、この+0. 5Aは結構高出力。 実際に使用し始めてみるとその理由はすぐにわかります。 消費電力の関係で、一般的なUSB充電アダプターだと十分に充電ができないんですよ。 それどころか、充電しながら使っているのにむしろバッテリーが少しずつ減っていってしまう。 これは困りました。 こっそり充電をサボっているところ。 コンセントマークは表示されるので騙されがち。 微量充電はされてるので、スリープ状態ならちびちびと補充はされます。 実用性なし。 それなら、どんな充電器なら純正並みに使えるのか、手元にあるUSB充電アダプターを並べてみました。 ということで、それぞれの充電器の出力アンペア数をまとめてみます。 アンペア数別 4種類の充電アダプターで試す ・アップル純正iPhone用 1A ・アップル純正iPad用 2. 1A ・ソニーエリクソン(現ソニーモバイル) 850mA(手持ちで一番古いもの) ・Anker PowerIQ 6ポート 2. 4A ・参考:Surface 3純正13W電源アダプター 2. 5A さて気になる充電結果から。 まずアップル純正のiPhone用充電器。 出力は1Aなので、昨今のスマホ用としてもごく一般的なもの。 さっそく挿す。 家に3、4個転がってるよって人も多いかもしれないiPhone純正。 何を隠そう我が家にも5個あります。 ……ですよねー。 わかってましたよ、さすがにダメだろうって。 純正の半分以下の出力ですからね。 さ、次行こう。 ソニエリ。 出力850mA。 おそらくXperia acro用の充電アダプターだったような気がします。 これで十分だったとは時代を感じますね。 だよねーーー知ってた。 それでは、iPad用のものならどうか?これは結構本命。 2Aを微妙にこえる2. これくらいあれば充電できるんじゃないかな? 2. 1Aあるので出力は割とあります。 Surface純正よりは出力が低いが、なんとか充電は可能。 よっしゃーー!!!! 2Aといえば、一般的なAndroidタブレットでも、もちろんiPadでも十分充電できる出力。 前世代のAtomタブレットもこれだけあれば充電は問題なかったはず。 Surface3でも、一応は充電はできているようです。 ( 6月25日追記 iPad用充電器では電源環境により充電されない場合があることを確認しました。 おそらく差し込んだ電源タップからの電源供給が不安定などの理由だと思われます。 つまり、環境によって充電できたりできなかったりします。 一方、同じタップでも純正ACでは問題なく給電します) さて、「充電されていない」と認識される1A出力程度の充電器の場合どうなるか。 わずか30分ほど使っただけでも微減していってるのがわかりますし、画面輝度をあげるとさらに勢いよく減る印象があります。 残酷です。 1Aでは動作すらままならないなんて。 iPad充電器の好結果をみると、気になるのはAnker。 1ポートあたり最大2. 4Aまで出力でき、全ポート総合で12Aというかなりの出力ができます。 ただし、出力しすぎると保護回路が働いてポートが通電しなくなるらしいので、純正充電器の2. 5Aより0. 1A少ないことの何かが起こるのかどうか。 ぶっちゃけ、フルフルの2. 4Aを出力するのは少々怖いんです。 でも、挿す。 仕事だから。 各ポート最大2. 4A出力。 トータル12Aと圧倒的な出力。 サイズは純正ACに比べれば少々大きいですが。 「!!!!!!!!!!!」いけてる! やるじゃないか、Anker。 数時間充電させたところでも、通電が切れるようなこともないし、ひとまずは充電に使える、と判断して良さそうです。 そのうえで大事なポイントですが、価格でいえば、Surface 3の純正ACアダプターは5162円。 一方のAnkerは6ポート各2. 4A出力(最大12A出力)なのに3600円ほど。 ずいぶんとお安く仕上がります。 Surface 3を充電しながら他のスマホやタブレットの充電もできるわけで、なかなかやるじゃないか(2回目)。 たとえば、Ankerは自宅やオフィス使い、出先などの持ち歩き用には純正ACを使う、というのが賢い選択な気がしますね。 今回の教訓は、「Surface 3に社外品のUSB充電器を使いたいときは、 出力2A程度が必要出力2A以上が必要。 電源環境によっては2. 1A出力でも充電されない」ということで。 みなさんご注意ください。 出張や出先作業用にテキトーなUSB充電器を持ち歩いてると涙目な事態になりますから。 3,239円• 2,500円.

次の