朝比奈 ミクル の 冒険 episode00。 朝比奈ミクルの冒険 (ADVENTURE of MIKURU ASAHINA) Episode X

朝比奈ミクルの冒険 (ADVENTURE of MIKURU ASAHINA) Episode X

朝比奈 ミクル の 冒険 episode00

このメイキングが原作第2巻の『 涼宮ハルヒの溜息 』にあたる。 OPはこの話のみ『 恋のミクル伝説 』であり、通常OPにいるメインスタッフなどはEDにに移されている。 EDは『 ハレ晴レユカイ 』であり、この話のみスタッフクレジットがスクロール。 オフィシャルファンブックによると、担当演出の山本氏は自分がやると言い出した以上、 自分で演出をやることになったが、プレッシャーでコンテが進まなかった日もあるという。 山本氏の大学生時代に監督した自主制作映画『 怨念戦隊ルサンチマン 』の経験が如何なく発揮されている。 作画陣も、撮影ミスを再現することにかなり苦労したとインタビューで語っていることも映像からわかる。 また自主制作映画のオマージュでもあると担当演出は語っており、 自主制作映画を制作した経験のある者にとっては評価が高い。 2009年度放送時では、メーテレ放送にて一部このようなテロップが表示された。 キョン:違う!! 次回、涼宮ハルヒの憂鬱第2話『 涼宮ハルヒの憂鬱 I 』。 お楽しみに。 動画ネタ ハルヒの撮った映画を放送するというこの回だが、 実は当初の内容はこうなっていた。 オープニング Youtube ニコ動画・映像なし ハルヒが撮った映画 ニコ動画 エンディング Youtube ニコ動画 …というネタ。 〜シリーズ全般情報〜• 〜人気コンテンツ〜• 涼宮ハルヒの 放映 〜アニメ映画〜 『 涼宮ハルヒの消失』 祝! 映画化決定!• 涼宮ハルヒの 映像 〜アニメ 第二期〜 『涼宮ハルヒの憂鬱』• 〜涼宮ハルヒちゃん〜 の憂鬱• 〜アニメ全般〜• 涼宮ハルヒの 書籍 〜書籍全般〜• 〜小説〜• ・・ ・・ ・・• 〜漫画〜• (みずのまこと)• (ツガノガク) ・・・・ ・・・• 〜洋書〜• 〜派生作品〜• 〜関連本〜• 涼宮ハルヒの 電波 〜ラジオ放送〜• 涼宮ハルヒの 遊戯• 〜家庭用ゲーム〜• 〜トレーディングカード〜• 〜非公式〜• 涼宮ハルヒの 音楽 〜サントラ・CD〜• 涼宮ハルヒの 商品 〜物語作品〜• 〜フィギュア他〜• 涼宮ハルヒの 同人 〜同人等〜• 涼宮ハルヒの 動画 〜ニコ動・Youtube〜• 涼宮ハルヒの 考察 〜考察・メモ等〜• 涼宮ハルヒの 雑記 〜その他の情報〜•

次の

涼宮ハルヒの憂鬱 第1話「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」

朝比奈 ミクル の 冒険 episode00

朝比奈ミクルの冒険 Episode:00とは、の短編およびのである。 では第6巻『』に収録。 『』では放送順の第1話(順の第11話)。 概要 がに向けて作った。 素人がやりがちなが多数あり、そのは全く修正されずにで上映された。 本作の初め、を作っていた経験を持つ精鋭の手により生み出された渾身のへっであり、そのの高いの低さは、をにするきっかけの一つとなった。 なお、これが一話なのは「・が版のを務めるとしたら、第一話には自分の作ったを放映するだろう」と言う理由だそうな。 OPは、曲はが歌う「」で、の導するへの恐怖か、または緊からなのかを震わせながら歌っている。 はのいくつかを繋ぎ合わせている。 EDは、曲は「」がのみ流れ、の「このはであり・・・」のが流れる。 はっなにでが流れる。 『』は、EDの途中までしか見る事が出来ない。 関連動画 版 - 朝比奈ミクルの冒険 - (元: 様) 関連商品 関連項目•

次の

朝比奈ミクルの冒険 Episode00

朝比奈 ミクル の 冒険 episode00

概要 学園祭で上映される自主制作映画「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」の内容。 朝比奈みくるが演じる、未来から来た戦うウエイトレスと長門有希演じる、魔法を使う悪い宇宙人との戦いを描いたものである。 収録巻数 「」朝比奈ミクルの冒険 Episode00 考察 非常に作りこみが細かいという印象を受ける。 素人がよく行いそうなミス(シナリオの矛盾や表現方法のパターンが少ないなど)がたくさんあり、山本寛の「自主映画全体へのオマージュです」という発言に恥じない内容になっている。 では、なぜこの朝比奈ミクルの冒険 Episode00が第1話目に来たのか?実際に何も知らない視聴者から見れば、最後のシーンまでどのようなアニメか内容が掴めない。 ではなぜなのか? それは、シリーズ演出の山本寛が、『「超監督」涼宮ハルヒは自作映画を第1話にするのではないか? 』と考えたのも理由の一つと挙げている事からもキャラクター(この場合はハルヒ)を意識した作品作りを心がけていた事が伺える。 また、監督の石原立也は、放送順を時系列順と異なるものにした理由を、「原作に忠実」と「原作ファンに対するサプライズ」を両立させるためだと語っている。 そう考えると、この第1話の与えたインパクトは非常に大きいものとなったはずである。 一方で、新規ユーザーの取得が難しい構成ではないか?という批判もあったが、実際にアニメ放映と同時にライトノベルの売り上げが増えた事から考えても、自分の知らない部分はライトノベルを購入すれば補完出来るという意識をユーザーに持たせる事に成功したのではないかと考えられる。 マーケティングの観点から見ても、この第1話は非常に面白く、興味深いものである。 変更点• キョンの語りの一部変更。 原作では「どこからか響く声」となっていたハルヒの声が実際に音声として聞こえる。 アニメオリジナル• 「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」の冒頭に「恋のミクル伝説」が流れる。 原作ではCMとだけ語られ、飛ばされていた「大森電器店」と「ヤマツチモデルショップ」のCMが実際に流れる。 ただし、CMの内容は「溜息」のCM撮影で語られたものと同じである。 DVDの変更点 <作画関係>• カットのつなぎを治したなど、細かい修正のみで大きな変更や追加はなし。 むしろ「ミス」が演出な部分が非常に大きいので、修正が加えられなかったと考えられる。 <セリフ関連>• キョンの愚痴が多少追加されている。 イツキがミクルにキスをしようとするシーンでは、間が若干長くなっている。 ミクルがイツキの家に幼な妻をしているシーンで、料理をするシーンが追加されている。 ミクルがイツキの高校に転校してきたシーンで、校内を歩いているシーンが追加されてている。 ミクルとユキとの戦闘シーンに住宅街でのワンシーンが追加されている。 DVDチャプター• アバン• なし 使用サントラ 0:00~1:29「恋のミクル伝説 テレビサイズ 」サントラ01収録 1:30~2:55「のどかな商店街」サントラ01収録 2:56~5:37 SE 5:38~6:11「ユキ登場!」サントラ01収録 6:12~10:24 SE 10:25~10:28「ミクル変身!そして戦闘!」サントラ01収録 10:29~10:55 SE 10:56~11:37「ピンチっぽい!」サントラ01収録 11:38~12:38 SE 12:39~12:44「アイキャッチ」サントラ01収録 12:45~16:19 SE 16:20~16:52「ミクルとイツキのほのぼの同棲」サントラ01収録 16:53~16:59 SE 17:00~17:36「ユキとミクルの心理戦」サントラ01収録 17:37~18:08「ミクル変身!そして戦闘!」サントラ01収録 18:09~19:53 SE 19:54~20:20「ミクル変身!そして戦闘!」サントラ01収録 20:21~21:42 SE 21:43~22:00「大団円」サントラ01収録 22:01~23:10「エンドロール」サントラ01収録 23:11~24:15 ED 24:16~24:31『冒険でしょでしょ?予告アレンジ』サントラ02収録 その他 <演出・小ネタ関連>• OPが「冒険でしょでしょ?」ではなく「恋のミクル伝説」になっている。 ED映像は専用の物で、他とは異なっている。 演出には山本寛が学生時代に「愛國戰隊大日本」を元にして「怨念戦隊ルサンチマン」という自主制作映画を作った経験が生かされている。 <パロディ関連>• 小泉と長門の掛け合いのシーンで小泉の動きが古畑任三郎の動きを真似ているように見える。 おそらくパロディであると思われる。 次回予告 <TV版>• キョン:「ハルヒ、ところで、今回は第何話だ?」• ハルヒ:「次回、涼宮ハルヒの憂鬱第1話。 キョン:「違う!! 次回、涼宮ハルヒの憂鬱第2話『涼宮ハルヒの憂鬱 I』。 お楽しみに。 」 <DVD版>• 有希:「次回、涼宮ハルヒの憂鬱第1話、『涼宮ハルヒの憂鬱 I』。

次の