ラジオ イムノアッセイ。 ProQuantum High

2)エンザイムイムノアッセイ(EIA) (検査と技術 16巻7号)

ラジオ イムノアッセイ

ユーロピウム Euに代表されるランタニドは、通常の蛍光物質と比較し蛍光寿命が非常に長いという特徴があります。 この特徴を利用した時間分解蛍光測定では、通常の蛍光が消光した後(図1;400msec. )に測定を開始し、一定時間内(図1;800msec. まで)の蛍光量の測定を行います。 さらに、ランタニドはストークスシフト(Euの場合、励起波長 340nm, 蛍光波長 615nm)が非常に広いという特徴をも持ち合わせているため、通常の蛍光特性をもつバックグラウンドの影響を最小限に抑えることができます。 図1 ランタニドキレートからの蛍光は、従来の蛍光物質からの蛍光の少なくとも200,000倍の寿命があります。 すなわち、障害となる非特異的な蛍光(青)が消光したのちに測定(赤部分)を行います。 ランタニドイオンの長寿命かつ広いストークスシフトの能力を生化学領域で最大限に発揮させたのがWallacランタニドキレートです。 Wallacランタニドキレートは、無蛍光と蛍光の二つのキレートカテゴリーに分類されます。 無蛍光キレートは、DELFIAタイプのアッセイに用いられます。 これはバインディング反応後の洗浄(分離操作)ののち、増強試薬を添加(増強操作)し、強度の蛍光を持つキレートを形成すべくキレート剤の交換を行います。 蛍光キレートは、分離操作および増強操作の必要のないホモジニアスなタイプのアッセイに用いられます。 DELIFAは、通常の蛍光を用いたアッセイで高感度化の障害となったバックグラウンドの蛍光を最小限に抑えることができます。 したがって、通常の蛍光アッセイでは不可能であった領域まで検出限界を下げることができました(図2)。 更に、蛍光波長、蛍光寿命のそれぞれ異なる4つのランタニド、ユーロピウム Eu、サマリウム Sm、テルビウム Tb、ディスプロシウム Dyを用いることにより、非ラジオアイソトープでは不可能であった多重標識アッセイをも可能にしました(図3)。 図2 時間分解蛍光法によるDELFIA Euキレートは、従来の蛍光と比較し高感度アッセイを実現します。 図3 4種のランタニドを蛍光寿命および蛍光波長のうえから明確に識別できるように開発されました。 DELFIA アッセイ•

次の

中外医学社

ラジオ イムノアッセイ

A powerful innovation in protein quantitation Invitrogen ProQuantum immunoassays are designed for easy-to-run, high-performance, target-specific protein detection, with no proprietary instrument to purchase. Utilizing proximity-based amplification technology, ProQuantum assays offer the analyte specificity of antibody—antigen binding with the signal detection and amplification capabilities of qPCR to achieve a highly sensitive assay. ProQuantum assays can also typically detect lower levels of protein with lower sample consumption than traditional methods. To learn more about the technology and benefits of ProQuantum high-sensitivity immunoassays, how easy it is to run an assay and how they can help you in your research, download the ProQuantum high-sensitivity immunoassays brochure or watch the instructional video by clicking the appropriate button below:• High-sensitivity—detect low levels of proteins with greater sensitivity than traditional methods Figure 1• Fast, easy workflow—typically 2 hours from sample to answer, no wash steps, and a single 1-hour incubation• No proprietary instrument to purchase—runs on any real-time PCR instrument• —comprehensive data analysis and statistical group—wise comparison ProQuantum immunoassays utilize a matched pair of target-specific antibodies each conjugated to a DNA oligonucleotide. This platform leverages the sensitivity and large dynamic range of Applied Biosystems TaqMan real-time PCR technology. During antibody—analyte binding, the two DNA oligos are brought into close proximity, which then allows for ligation of the two strands and subsequent creation of template strand for amplification Figure 2. ProQuantum Software analyzes target-specific protein quantitation results for all ProQuantum high-sensitivity immunoassay kits. The software provides end-to-end support starting with step-by-step guidance to prepare an assay run including setting up the standard curve and plate layout for 96- or 384-well plates. The analysis features include standard curve qualification, with built-in outlier detection, interpolation of unknown samples for quantitation, and group-wise statistical analysis. Easily design your experimental 96 or 384-well plate run with automatic calculations for standard curve dilutions and suggested plate plans• Get customized reaction volumes and lab instructions based on your plate plan Cloud only• 4 or 5PL algorithm standard curve fit with built-in outlier detection• Easily view unknown sample concentrations from standard curve graphs or in table format• Statistical group-wise comparison• Export data to. pdf,. xls or GraphPad Prism To try the software with a ProQuantum data file, use this to upload. Please click on create experiment Figure 4 , Type in for the autopopulated default settings, select duplicate and click next. Create a new plate plan according to this image Figure 5 by typing in the number 30 in the Samples text box. Then, import the. eds file Figure 6 and select your plate plan to apply for analysis. This fact sheet provides the rationale behind the environmental claim that Invitrogen ProQuantum Immunoassay Kits generate less waste and have more sustainable packaging than traditional ELISA kits. To learn more• Popular• Popular• Most Popular Products• Most Popular Categories• Order Tools• Product Documentation• Other Product Information• Product Support• Educational Resources•

次の

イムノラジオメトリック・アッセイ

ラジオ イムノアッセイ

ユーロピウム Euに代表されるランタニドは、通常の蛍光物質と比較し蛍光寿命が非常に長いという特徴があります。 この特徴を利用した時間分解蛍光測定では、通常の蛍光が消光した後(図1;400msec. )に測定を開始し、一定時間内(図1;800msec. まで)の蛍光量の測定を行います。 さらに、ランタニドはストークスシフト(Euの場合、励起波長 340nm, 蛍光波長 615nm)が非常に広いという特徴をも持ち合わせているため、通常の蛍光特性をもつバックグラウンドの影響を最小限に抑えることができます。 図1 ランタニドキレートからの蛍光は、従来の蛍光物質からの蛍光の少なくとも200,000倍の寿命があります。 すなわち、障害となる非特異的な蛍光(青)が消光したのちに測定(赤部分)を行います。 ランタニドイオンの長寿命かつ広いストークスシフトの能力を生化学領域で最大限に発揮させたのがWallacランタニドキレートです。 Wallacランタニドキレートは、無蛍光と蛍光の二つのキレートカテゴリーに分類されます。 無蛍光キレートは、DELFIAタイプのアッセイに用いられます。 これはバインディング反応後の洗浄(分離操作)ののち、増強試薬を添加(増強操作)し、強度の蛍光を持つキレートを形成すべくキレート剤の交換を行います。 蛍光キレートは、分離操作および増強操作の必要のないホモジニアスなタイプのアッセイに用いられます。 DELIFAは、通常の蛍光を用いたアッセイで高感度化の障害となったバックグラウンドの蛍光を最小限に抑えることができます。 したがって、通常の蛍光アッセイでは不可能であった領域まで検出限界を下げることができました(図2)。 更に、蛍光波長、蛍光寿命のそれぞれ異なる4つのランタニド、ユーロピウム Eu、サマリウム Sm、テルビウム Tb、ディスプロシウム Dyを用いることにより、非ラジオアイソトープでは不可能であった多重標識アッセイをも可能にしました(図3)。 図2 時間分解蛍光法によるDELFIA Euキレートは、従来の蛍光と比較し高感度アッセイを実現します。 図3 4種のランタニドを蛍光寿命および蛍光波長のうえから明確に識別できるように開発されました。 DELFIA アッセイ•

次の