ソフトバンク iphone 機種変更。 【iPhone】機種変更時のメールの引き継ぎ・設定方法!

【iPhone→iPhone】機種変更でデータ移行を自分で簡単にできる方法は?

ソフトバンク iphone 機種変更

ショップと量販店の機種変更の違い ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアショップと量販店、基本的にどちらで機種変更をしても、新しいスマホの代金だけでなく頭金や手数料がかかったり、待ち時間がかかるため同じです。 違いは、『 データ移行』です。 家電量販店の場合は、基本的に自分でしてわからない場合はになります。 ショップでした場合、わからない場合は ショップの店員さんに教えてもらったりドコモならショップに 備え付けのドコピーでデータ移行をすることができます。 なので、データ移行が不安な人はショップでの機種変更をおすすめします。 お金と時間を節約したい方はこの後紹介するを検討して下さい。 機種変更以外に、ショップや量販店は違いがあります。 わかりやすく表にまとめました。 家電量販店の機種変更はおすすめは『どこで契約するか迷っている方』 家電量販店とはヤマダデンキやヨドバシカメラ、Ksデンキ、ビックカメラなどの電化製品を取り扱っているお店です。 家電量販店の場合、ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル・UQモバイルなど複数のキャリアを扱っています。 そのため店舗によっては キャリアメーカーを乗り越えて料金プランの全プランを熟知している方や販売してる端末機種全般に詳しいかたもいらっしゃいます。 ショップの場合、ドコモショップだとドコモには詳しいけどauやソフトバンクのことは知らない店員さんが多いです。 毎日、端末やキャリアのプランなどをお客様に説明しているから詳しくなるんでしょうね。 ただし、家電量販店の場合お店によっては人件費の面から携帯・スマホに詳しくない バイトを雇っていることもあります。 詳しく説明を聞きたいのに、アルバイトの人だった場合は携帯・スマホに詳しい担当の人を呼んでもらいましょう。 家電量販店のメリット・デメリット 家電量販店での機種変更のメリットとデメリットです。 こちらもわかりにく場所だけピックアップして詳しく説明します。 頭金とは一般的な、分割払いの頭金ではなく、手数料という意味です。 この手数料が量販店の利益になるため、量販店にとっては死活問題のため『料金表を見たら0円で契約できる』と思ったら頭金が0円の変わりに、オプションでアプリやタブレットをつけないといけないお店もあります。 頭金の相場は3,000円~10,000円(税抜き)です。 値引き交渉はできないので、量販店で購入する方は多めにお金を持っていてください。 一括0円・ポイント付きキャンペーンは注意 家電量販店だと、お店独自ポイントがついたり『0円・割引きキャンペーン』をやっているからお得と思っていませんか? 家電量販店独自ポイント付きキャンペーンは注意が必要です。 全員にポイントが付くのではなく 分割支払いをした場合ポイントはつかないので注意して下さい。 また、ポイントキャッシュバックをもらっても、頭金の手数料を支払うと大赤字ということもあります。 ポイント数も例えば10万円を一括購入の場合 ・10%ポイントの場合は1万円 ・1%ポイントの場合は1千円 新型iphoneは1台10万円以上するのに1%しかつかなかったら損した気分じゃないでしょうか。 その時によってつくポイントの数字が違うため買う前に確認してください。 データ移行は基本有料 量販店の場合、機種変更した後 のデータ移行は有料になります。 データ移行によって、古い端末に入っているデータを消してしまう可能性があるため有料になっています。 量販店大手のについては、有料になっています。 iPhoneのSIMフリー端末のみ購入なら量販店 2019年11月22日から家電量販店でもsimフリーiPhoneが販売されました。 ヤマダ電機オリジナルモデルの端末だと安い機種で、 1万円以下で購入できるのもあります。 ただし、iPhone11やProなどの最新モデルは発売されていません。 また、取り扱っている店舗が一部のため店舗によっては置いてない所もあるためSIMフリー端末が欲しい方はお店ごとにチェックをしてください。 注意しておきたいのは一見安いプランに見えても、タブレットを割賦購入することが条件だったり、他のオプション契約が必須だったりして、契約する人主体ではなくショップの売り上げ優先でプランを勧められることがあります。 料金プランはただでさえ分かりにくいうえ、 最近は来店予約システムもできていますが、やっぱり 相談内容によるため前の方の話が長く待つことが多いです。 待ち時間も長いうえ料金プランや勧誘の話が長々と説明されると疲れて「わかった、わかった、契約する」と言ってしまいがちになってしまいます。 そのためあらかじめ料金プランを少しでも勉強しておいた方がショップの人の言いなりにならずに済みます。 営業終了時間も決まっています。 テナントなどに入っていると営業の延長ができないため機種変更の受付時間が決まっています。 ショップで機種変更をする場合は、営業終了時刻の1時間前に行くようにしましょう。 安く・時間も節約するならオンライショップでの機種変更 オンラインショップを初めて聞いた方もいらっしゃると思うので説明すると。 オンラインショップは、 各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が直接運営しているネットショップです。 オンランインショップなら直営店なので頭金がかかりません。 またドコモオンラインショップなら、頭金だけでなく事務手数料もかかりません。 広告がでることはあっても自分でクリックで選択をして選ばない限り、時間を無駄にすることはありません。 配送時間に間に合わない方は、ショップ受け取りというように選ぶことができます。 また、時間の面だけでなく新しいiPhoneやスマホを買ったけど操作がわからないと不安な時はキャリアショップにお届けにしてショップの店員さんにスマホの使い方を教えてもらうことができます。 ショップ受け取りにしたからといって、オンラインショップで購入の手続きをすれば頭金などの手数料はかからないので心配しないでショップ受け取りにして下さい。 ドコモ・au・ソフトバンクではオンラインショップで機種変更をした場合無料でできます。 メーカーによっては2,500円以上と送料の上限を決めている所もありますが、 機種変更の場合2,500円はかかるので送料は実質無料と考えて大丈夫です。 オンランインショップでもあるデメリット 何かとお得なオンラインショップでもでメリットはあります。 スマホの料金プランなどよくわからない, 自分に向いている機種がわからない。 そんな困った時もショップなら対面で教えてもらうことができます。 スマホやパソコンだと対面じゃないから疑問を解決できないと思っている方が多いです。 しかし、 オンラインショップでも相談や質問をすることはできるのです。 それが チャットです。 【ドコモスマホ版チャット】 オンラインショップ(ドコモ・au・ソフトバンク)では購入前でも事前にチャットで質問することができます。 私も実際にしたことがあるのですが、要点だけをわかりやすく説明してくれて、文字の打ち込みに自信が無い方も、チャットの担当の方はじっくり待ってくれます。 だから、料金プランも機種変更のお悩みも問題なく解決することができます。 だからか、人気の機種iphone8やiPhoneXや新型iphoneなど在庫ありになってもすぐに、在庫なしになってしまいます。 在庫が無い場合は、予約をして入荷したら連絡がもらえるのですが今すぐ欲しいという時は数日時間がかかってしまいます。 ただ、数日かかってもお金の面を考えるとやっぱりオンラインショップがお得なためほとんどの方は予約待ちをされます。 その 予約待ちの方から端末機種が配布されてしまうためオンラインショップの在庫無し状態が多いのです。 売れないからではなく、 オンラインショップは人気すぎて在庫がないのです。 まとめ スマホ・iphoneの機種変更は、ショップと家電量販店よりも安く・時間も節約するなら オンラインショップがお得です。 機種変更すると、毎日使うスマホやiphoneがパワーアップするから毎日の生活が今以上に楽しくなります。 しかし、後から時間やお金が大幅に節約ができたとわかったら悲しい気持ちになりますよね。 浮いたお金で、ケースや画面につけるフィルムも買うことができたな・・・。 そんな、後悔をしないためにも機種変更はオンラインショップでしてください。

次の

ソフトバンクで機種変更!iPhone8がお得になる方法とは

ソフトバンク iphone 機種変更

「 iPhoneからiphoneに機種変更するときのデータ移行って簡単?自分でできる方法はある…?」 という点が気になる人も多いと思います。 iPhoneからiPhoneに機種変更をした場合のデータ移行の心配は必要ありません。 2019年7月に新しいOSがリリースされたことにより、とても簡単にデータ移行をすることができるようになりました。 iPhone同士の直接転送 iCloudを使ってのデータ移行 iTunesを使ってのデータ移行 iPhoneからiPhoneにデータ移行をする方法は、以上の3種類があります。 Wi-Fi環境やパソコンも不要で、使っていたiPhoneと新しいiPhoneがあればすぐにデータ移行をすることができますよ。 この記事では、誰でもできる簡単なデータ移行の方法を実際の手順までお話しています。 iPhoneからiPhoneへ機種変を考えている人は参考にしてください。 iphoneへの機種変更の前に確認しておくこと 古いiPhoneから新しいiPhoneへデータ移行をするときに、まずは確認しておくべきことがあります。 Apple ID パスワード データ移行ではApple IDとパスワードの入力が必要ですので、データ移行の前に必ずApple IDとパスワードが間違っていないか確認しておきましょう。 Apple IDとパスワードの確認方法 Apple IDはiPhoneの設定画面からユーザー名をタップすることで、簡単に確認することができます。 ただし、パスワードについては、忘れてしまったら再設定する以外に方法がありません。 入力したパスワードが間違っていた場合は「 Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」という表示が画面下でてきます。 ここをタップすると新しいパスワードに変更することが可能です。 iPhoneからiphoneに「直接転送」でデータ移行する iPhoneでは、2019年7月にiOS12. 4がリリース。 iOS12. 4にバージョンアップすると、古いiPhoneから新しいiPhoneにすることが可能になりました。 以前は、データ移行のときiCloudやiTunesなどにデータをバックアップが必要でした。 iOS12. 4以降のバージョンではバックアップの手間なしで簡単にデータ移行をすることが可能です。 直接転送に対応しているiPhoneは、2013年に発売されたiPhone5s以降に発売されたすべての機種。 ほとんどのiPhoneユーザーがこの直接転送で、新しいiPhoneにデータ移行をすることが可能です。 直接転送をする前の準備 直接転送を行う前に古いiPhoneでいくつか準備があります。 古いiPhoneのOSが最新版にアップデートする モバイルSuicaを削除する LINEアプリなどのデータ引き継ぎをしたいアプリの引き継ぎ設定をする まずは、古い方のiPhoneが最新版のOSにアップデートしているかを確認してください。 OSが最新でない場合は、データ移行に失敗することがあります。 「設定」画面の「一般」項目から、「ソフトウェア・アップデート」で最新のOSになっているか確認をしましょう。 モバイルSuicaをApple Payで登録している場合は、削除しておかないと新しいiPhoneにモバイルSuicaが登録されません。 本体からモバイルSuicaの情報を削除しましょう。 そして、インストールして使っていた各アプリについても、それぞれで引き継ぎの準備が必要です。 LINEアプリやゲームアプリなど、機種変更してもデータを引き継ぎたいアプリは、事前に操作をしておかないとデータを引き継ぐことができないものがたくさんあります。 各アプリの設定ページなどから、機種変更のデータ引き継ぎというような項目を探して手順に沿って操作を行ってくださいね。 ここまで準備が終わったら、新しいiPhoneの電源を入れます。 古いiPhoneから新しいiPhoneに直接転送する手順 直接転送するときは、近くに旧iPhoneも置いてある状態で操作を行ってください。 1、新しいiPhoneを起動して、充電が十分にあるか確認する 転送途中に電池がなくなってしまったり、電源が落ちてしまうとデータ転送に失敗してしまう可能性があるので、充電が少なくなっている場合は 充電しながら操作を続けてください。 2、「新しいiPhoneを設定」という画面が表示されたら「続ける」をタップ ここでApple IDが表示されるので、間違いないか確認してください。 3、旧iPhoneのカメラが起動する 4、「新しいiPhoneをカメラに向けてください」と表示される このとき、新しいiPhoneの画面にはアニメーションが映し出されます。 5、 旧iPhoneのカメラを新しいiPhoneの画面に表示されているアニメーションにかざす 6、認証されたら新しいiPhoneにパスワードを入力する Apple IDのパスワードを入力してください。 7、Face IDなどの設定を進める 8、「データを転送」という画面になったら「iPhoneから転送」を選択する 9、利用規約へ同意し、各種設定を行う 10、データ転送が開始される 11、新しいiPhoneが再起動になる 12、再起動後、旧iPhoneでインストールしていたアプリが新しいiPhoneにインストールされていく 13、データ移行完了 14、各アプリを起動して、データ引き継ぎに必要な操作を行う 以上で直接転送は完了します。 写真や動画、連絡帳などもすべて転送されています。 文字だと面倒なことをしているように思うかもしれませんが、実際に操作しているのは カメラで画像をうつす パスワードを入力する ことくらいです。 データ移行が完了していますので、難しい操作なしで誰でも簡単にデータ移行ができます。 設定を引き継ぐなら続けてクイックスタートを行う データだけでなく設定も引き継ぎたいという場合は、クイックスタートで簡単に設定を引き継ぐことができます。 2017年にリリースされたiOS11以降なら、旧iPhoneの設定をそっくりそのまま新しいiPhoneに移行してくれるクイックスタートが利用できます。 新しいiPhoneで初期設定を進めていくと、自動でクイックスタートの画面が表示れます。 旧iPhoneと新しいiPhoneを近づけて、直接転送と同じように旧iPhoneのカメラで新しいiPhoneの画面のアニメーションをかざすだけで簡単に移行できます。 iphoneからiphoneに「iCloud」でデータ移行する パソコンがなくてもiPhoneだけでデータ移行を可能とするのが、を使ったデータ移行です。 iCloudはappleのネットワークサーバー上にデータを保存しているサービス。 新しいiPhoneにした後もiCloudに保存してあるデータはApple IDとパスワードで簡単に読み込むことができます。 1、旧iPhoneをWi-Fiに接続 2、旧iPhoneで「設定」画面を開き「ユーザー名」から「iCloud」を選択し、「iCloudバックアップ」という項目をタップする 3、「iCloudバックアップ」をオンにして、「今すぐバックアップを作成」をタップする このとき、iCloudに十分な空き容量がない場合はバックアップをすることができません。 容量を追加してから再度やり直しをしてください。 4、新しいiPhoneを起動して初期設定をすすめていく 5、「クイックスタート」画面が表示されたら「クイックスタート」を利用して設定する 6、バックアップ選択画面が表示される 自分が復元したいデータを選択してください。 7、iCloudからデータ移行が開始される 以上がiCloudを利用したデータ移行の手順です。 iCloudにバックアップさえしていれば、あとはクイックスタートを活用することで簡単にデータ移行が完了します。 iCloudの容量に余裕があれば簡単に移行することができますので、直接転送に失敗したときなどはこちらの手順を活用してくださいね。 iphoneからiphoneに「iTune」でデータ移行をする パソコンを持っている人は、iCloudの代わりにを使ってデータ移行をする方法もあります。 iTunesとはAppleが提供している無料ソフト。 音楽や動画、写真、連絡帳などさまざまなデータをバックアップしておくことができたり、アプリを購入してインストールしたりすることができます。 iTunesを利用することで、パソコン上にiPhoneのデータをバックアップしておくことが可能。 パソコンとiPhoneを繋いでデータ移行をすることもできます。 iPhoneのLightningケーブルでiPhoneとパソコンを繋ぐだけで接続することができます。 なので、Wi-Fi設備がなくてiCloudでデータ移行ができなかった人は、こちらのiTunesを利用してデータ移行をすることが可能です。 iTunesのデータ移行の手順 1、旧iPhoneとパソコンをLightningケーブルで接続する 2、パソコン上のiTunesでiPhoneを選択する 3、バックアップの画面が表示されたら、「このコンピュータ」「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックが入っていることを確認して「今すぐバックアップ」をクリック パスワードの設定画面が表示されたら、好きなパスワードを設定してください。 4、バックアップが完了したら、新しいiPhoneとiTunesを接続する 新しいiPhoneが接続されると、「新しいiPhoneへようこそ」という画面がパソコンに表示されます。 5、「このバックアップから復元」にチェックを入れたら、バックアップデータを選択する 6、先ほど設定したパスワードを入力するとデータ移行が開始される 以上でiTunesでのデータ移行は完了です。 iTunesも難しい操作はなく、画面に表示されている内容に従うだけでデータ移行をすることができます。 パソコンにバックアップを取っていれば、万が一iPhoneを紛失したときなどもデータを保管しておくことができます。 有料のiCloudの利用を避けたいという人はパソコンでiTunesを利用するのがおすすめです。 iPhoneからiPhoneへのデータ移行は自分で簡単にできる iPhoneからiPhoneに機種変更をしたときのデータ移行の方法について紹介してきました。 iPhoneからiPhoneのデータ移行は、以前から iTunesやiCloudを利用することで簡単にデータ移行をすることができていました。 2019年7月からはさらに簡単にデータ移行ができるようにOSがバージョンアップしています。 直接転送ならデータのバックアップという事前準備も必要なく、新しいiPhoneを購入したらあっという間にデータ移行をすることができます。 直接転送の対象機種は7年も前に発売されたiPhone5sから対応になっているので、現在iPhoneを利用しているほとんどの人が利用することが可能です。 データ移行なんて自分でするのは難しい…という考えをもっている人も安心ですね。 iphoneからiphoneへの機種変更のデータ移行のまとめ.

次の

ソフトバンクiPhoneメール設定方法。機種変更or復元後の再設定方法!

ソフトバンク iphone 機種変更

この記事はこんな方におすすめ• ソフトバンクのAndroid機種を契約中の方• 「スマホデビュー割」「スマホデビュープラン」等の割引を維持したまま機種変更したい方• 現在持っているソフトバンクスマホのスペックが低いので、契約変更せずに新しい機種に替えたい方 ソフトバンクAndroid機はSIMの差し替えができない? 現在、各キャリアのスマホは端末代金を一括で購入した場合、即日SIMロック解除が可能となっています。 これは総務省の強い指導のもとそうなってきたわけですが、この恩恵により、好きな端末を好きなキャリアのSIMに差し替えて使うことができるようになりました。 しかしソフトバンクの場合は少し様子が違います。 まず、ソフトバンクはiPhone用とAndroid用の大きく2種類(実際にはもっと細かい)のSIMが用意されています。 そして、iPhone用は特に問題ないのですが、 Android用のSIMにちょっとしたワナが仕掛けてあるのです。 ソフトバンクのAndroid端末用SIMには、IMEI情報(個体識別情報)が書き込まれていて、それに合致しない他社の端末では通信ができない仕様になっているのです。 その結果• なんだかおかしな話ですよね? iPhoneとAndroidの2種類のSIMがあるのはなんとなく理解できます。 iPhoneの場合は、他社(SIMロック解除済み)端末との互換は確保されているようですが、 Androidの場合は、たとえAndroid同士であっても他社製品との互換はなし。 ソフトバンク同士でもAndroid SIMとiPhone SIMは互換なし。 総務省もまさかこんな手の込んだ仕様になっているなんて、気付いていないのでしょうか? このソフトバンクのSIMの問題、普通はこんなこと気にする必要はないのですが、 使っている機種が気に入らないとか、壊れてしまったといった理由で、 回線契約を維持したまま他の機種に換えたいという場合に、少し困ったことになるのです。 私自身も、そんな「少し困ったことになった」ひとりでありました。 そういうわけでSoftbankのAndroid SIMはどこまで流用可能なのか? SoftbankのAndroid SIMを他社端末で使うことはできないのか? 実際に色々試してみましたので、そのご報告をさせていただきます。 未開封のU11。 せっかくガラスフィルムもつけてもらったんですけどね… 今回使ったのは当ブログ管理人(とんじる)がメインで使っている回線です。 2018年6月に、今は終了した「スマホデビュー割」でAndroidスマホ「HTC U11」をなかなかの激安維持費で手に入れることができました。 この契約は2年縛りはありますが、次に機種変更するまでは、5分間通話と1GBがついて月額1,980円で使い続けることができます。 さらに、2年契約が満了になる2020年6月までは各種割引が適用されて、 毎月200円程度で維持できている「お宝回線」です。 回線としては「お宝」なのですが、残念なことに端末がイマイチ気に入らなかった。 回線の特典を維持したまま、他の端末に変更できないか?そう考えたのがこの件の経緯になります。 実験 1. SoftBank Android SIMをそのまま他社の端末に差してみる まずはウワサにある 「SoftBankのAndroid SIMは他社製端末に差しても使えない」を確認するために、SIMをそのまま差してみます。 1-1 SIMロック解除済みのAndroid端末に差してみる 実験台として使ったのはSIMロック解除済みのGalaxy S7 Edge。 下記のAPN設定を入力して起動します。 結論:ポケットWi-Fiで通信すればしばらくは使えそう 実験 2. SoftBank Android SIMが使える中古端末を探す SoftBankのAndroid SIMを他社の端末に差しても通信は行えません。 やはりスマホですから「自力」で通信できてなんぼのもの。 今の契約を維持したまま他の端末を使いたい。 この記事をお読みの方は、こんなお悩みを持ってこのサイトに来ていただいたのではないでしょうか? SoftBankのSIMを使うには 「SoftBnakのSIMが使える端末」を探せばいいのです。 そして、現在お使いの端末のSIMと互換のある機種は、ソフトバンクの公式サイトに案内があります。 2-1 SIMの互換をWebで確認する ソフトバンクのAndroid SIMの互換については公式ホームページに記載があります。 載っていない機種についてはカスタマーサポートに電話して聞いてみましょう。 ソフトバンクカスタマーサポート(午前9時から午後8時まで)• ソフトバンク携帯電話から:157(無料)• 一般電話から:0800-919-0157(無料) 2-2 適合する中古端末(白ロム)を探す 筆者(とんじる)は当時、上記の公式サイトの存在を知らなかったので「あてずっぽう」で好みの端末を買う、という暴挙に出ました。 これは何かと罠の多いソフトバンク端末を攻略する上では禁じ手といっていい行為ですので、読者の皆さんは決して真似せず、公式で互換性のある機種を確認してから購入してください。 さて、このとき選んだ機種はHUAWAIのMate 10 Pro。 これの白ロム(SIMの入っていない本体のみ端末)を探すわけですが、当時はまだ発売間もない時期だったためさすがに数が少ない。 見つけたとしてもすぐに誰かに買われてしまう状態で、予断を許しません。 ただし今回はソフトバンクSIMを使うのが前提なので、SIMロック解除は不要です。 白ロムとは? 回線契約を伴わない、SIMの入っていない本体のみの端末のこと。 中古品と考えていいですが「未使用・新品」というものも多いです。 必ずしも「SIMフリー」とは限らないのでご注意。 SIMロック解除とは? 日本の大手3キャリアは、他社への顧客の流出を防ぐためにスマホ本体に「SIMロック」をかけて、他社のSIMを読み込めない状態で出荷しています。 現在は本体一括購入の場合は即日、分割購入時も101日目以降SIMロックの解除が可能となっています。 SIMロック解除は端末とSIMのキャリアが異なる場合は必須ですが、今回のように同じキャリア同士の場合は必ずしも必要ではありません。 解除済み端末は価格も高額な場合が多いので、あえてロック解除していない物を買って、必要に応じて後日キャリアショップにて手続き(手数料3,000円程度)してもいいでしょう。 ネットワーク利用制限とは? 白ロム機はもとはキャリア契約に紐付いた端末なので、端末代金が未払いの場合など、ネットワーク利用が制限される場合があります。 元の購入者が支払いを途中でやめてしまった場合、ネットワーク制限がかかり使えなくなってしまう危険性があります(この状態を「赤ロム」といいます)。 今回購入したは完全赤ロム保証。 「my SoftBank」のご利用機種欄はU11のままですがw ちなみに筆者が試した今回のケース、HTC U11とHUAWAI Mate 10 ProはSIMの種類が違います。 HTC U11:NFC nano USIMカード• Mate 10 Pto:nano USIMカード 違うのですが、問題なく動作していることと、それぞれのSIMの名称から推察すると、ソフトバンクのSIMはNFC(おサイフケータイやSuicaなどの規格)対応の有無でSIMを使い分けているようです。 Mate 10 Proはおサイフケータイ未対応の機種なので、SIMが対応していてもNFCは使えません(あたりまえ)。 「逆もまた真なり」で、Mate 10 ProのようなNFC未対応機種のSIMを、U11のようなNFC対応機種に差しても使えない、ということになります。 結果的にはその他の機能は使え「そう」ということにはなりましたが、ご参考程度にとどめておいてください。 IMEI制限のかかっていないSIMに交換する(持ち込み機種変更) さて、HTC U11からHUAWAI Mate 10 ProにSIMを差し替えて、問題なく快適に使い続けていましたが、もうひとつ試してみたいことがありました。 それは 「他社製SIMフリー端末への持ち込み機種変更」です。 持ち込み機種変更することで、ソフトバンクの機体固有情報(IMEI情報)の書き込まれていない 「ロックのかかっていない」SIMに交換することが可能です。 3-1 Android端末用「マルチUSIMカード(F)」 このソフトバンクのAndroid SIM問題に関する記事でよく登場するのが 「マルチUSIMカード(F)」というSIM。 IMEI制限のかかっていない、SIMフリー端末で使えるSIMに持ち込み機種変更をするときに使われるSIMのようです。 「マルチUSIMカード(F)」を使った持ち込み機種変更の特長として、 月月割や「スマホデビュー割」、販売店独自の施策による割引もそのまま継続される、という話が報告されています。 しかしこの「マルチUSIMカード(F)」。 他社製SIMフリー端末でソフトバンクAndroid SIMが使えるようになる一方で、けっこう大きなデメリットが確認されています。 公式キャンペーンが使えない 「マルチUSIMカード(F)」に変更すると、ソフトバンクの公式キャンペーンや特典が、ほとんど使えなくなってしまいます。 まず非常に大きな影響としてスマートログインができないこと。 それに伴い、ソフトバンクユーザーであれば無条件で手に入ったYahoo! プレミアム会員特典、Yahoo! ポイント10倍、CYBER SUNDAYといったソフトバンク公式キャンペーンがほとんど適用外となってしまいます。 これは大きな痛手ですね。 ながらく持ち込み機種変更を躊躇していた理由はこれです iPhoneでは使えない 「マルチUSIMカード(F)」のAPN設定は下記の通り。 設定値を見る限りAndroidのAPNと似てますね。 もともとAndroid用のSIMということなので、iPhoneで使えるとは考えづらいです。 3-2 SIMフリーiPhone用「nano USIMカードA(C2)」 上記のお話は「ソフトバンクのAndrod」から「他社製(SIMフリー)Android」への持ち込み機種変更の場合です。 では、SIMフリーのiPhoneの場合はどうなのでしょうか? ネットをみていくと 「iPhone専用nano USIMカードA C2 」というものの存在が確認されます。 iPhone SIMの場合はもともとIMEI制限はかかっていないため、一旦iPhoneへ持ち込み機種変更してから、Android機に差し替えることができれば、ひょっとすると「スマートログイン」も維持したままSIM交換が可能かもしれません。 さすがに話が込み入ってきたので、ここはに聞いてみることにしました。 「契約のタイミングにより条件が異なる」とのこと。 そのまま契約情報を確認する画面に移行。 認証を行います。 店頭での「言った言わない」を防止するためにチャット画面のスクショを残しておきましょう。 3-3 手続きの方法 手続きには以下のものが必要になります。 契約中のソフトバンクAndroid SIM(いらないこと多し)• 使いたい他社製端末( SIMロック解除済み/技適マークのあるもの)• 本人確認書類(運転免許証や保険証など)• 3-4 手続き上の注意点 基本的にソフトバンク公式ホームページに載っている手続きなので、ショップに行けば手続きは可能です。 ただ、かなり特殊な手続きのため、ショップ店員さんが慣れていないことが多いようです。 また、肝心のSIMカードの在庫がないという場合も多く、一週間以上待たされたという報告も多いですね。 実はソフトバンクショップには販売代理店とキャリア直営店の2種類があります。 代理店が経営するショップにはこういった特殊なSIMは在庫していないことが多いため、できればキャリア直営のショップにて手続きするのがいいでしょう。 SIMフリーiPhoneに持ち込み機種変更。 しっかり電波掴んでいます。 それでは実際に手続きを行ってきたのでレポートします! SIMフリーiPhoneへの持ち込み機種変更手続きはソフトバンク渋谷で行いました。 店舗に直接電話して来店予約。 ネットでは翌日以降の予約しかできませんが、店舗に電話すれば当日の空きを確認してくれます。 その際、「ソフトバンク契約のAndroidからSIMフリーiPhoneに持ち込み機種変更したい。 スマホデビュー割やスマートログイン等の特典が付与されたままSIMの変更可能なことはチャットサポートで確認済み」と伝えたところ、問題なさそう。 SIMの在庫もあるとのことで、当日の夕方の予約を取り、ショップへ訪問しました。 10分ほどで案内され、手続き自体はスムーズに行われました。 やはり事前の確認がしっかりできていると違いますね。 必要書類は本人確認書類(運転免許証等)、持ち込み機種変更するiPhoneだけです。 手数料は3,300円(税込)、翌月の請求に合算されます。 ついでに以前から使っていた白ロム購入したMate10 ProのSIMロック解除もお願いしました。 ただしネットではできないため、こうして店舗に行った際に一緒に手続きしてしまいました。 こちらも手数料は3,300円。 ただし現金でその場で精算です。 SoftBank iPhone SIMをAndroid端末に差して起動。 4Gしっかり掴んでいます。 SoftBankのSIMフリーiPhone用「nano USIMカードA(C2)」を、SIMロック解除したAndroid端末に差して起動したところです。 SoftBankの4G LTEを掴んでいるのがおわかりでしょうか。 この画面では確認できていませんが、「スマートログイン」およびYahoo! プレミアム会員特典、Yahoo! ポイント10倍、CYBER SUNDAYといったソフトバンクユーザー特典もそのまま継続できています。 これで 各種割引を適用したまま、他社SIMフリー端末でも使えるSIMが手に入りました。 おそらくこれが、 「ソフトバンクのAndroid SIMは他社端末で使えない?」という疑問に対する完全回答ではないかと自負します。 ソフトバンクのAndroid SIMは他社SIMフリー端末では「通信」が行えない• 中古購入したソフトバンクスマホにSIMを 差し替えて使うことができる(オススメ)• 「持ち込み機種変更」でIMEI制限を解除したSIMに交換できる場合もある• iPhoneに持ち込み機種変更すればAndroidでも使え、各種特典も継続可能 過去の「スマホデビュー割」や、現行の「スマホデビュープラン」といった割引施策の中には、2年契約以降も機種変更さえしなければずっと割引が続くものがあります。 ただしこういったプランは対象機種が限定されていることが多く、お使いの端末に不満があるという方も多いかもしれません。 そういった「お宝回線」をお持ちの方は、あえて機種変更や新プランへの移行をせずに、このような形で中古端末を上手く使い続けるという手段もあります。 3番目、4番目に試した「持ち込み機種変更」はかなりマニアックな手段ですが「こういった方法もある」ということでご参考になれば幸いです。

次の