カビゴン キョダイ。 【剣盾シングル】S4使用構築:まんぷくおこうエルフーンカビゴン

【剣盾シングル】S4使用構築:まんぷくおこうエルフーンカビゴン

カビゴン キョダイ

はじめに このカビゴンは有利な相手との対面から「はらだいこ」を積んだ後、全抜きないし2抜きすることが目的です。 ここでは単体として完成したについて論じます。 そのためトリックルームなどのサポートを受けない型を前提で話をします。 また、キョダイマックスとの相性が良いのでダイマックスエースとしての育成論になります。 (キョダイ)カビゴンについて の種族値はHP:160、とくぼう:110と特殊耐久に優れたポケモンです。 ぼうぎょは65と普通の値ですが努力値252振りで実数128となり両受けすることも可能です。 弱点も2倍の格闘タイプしかなく非常に耐久性能に優れています。 また、物理攻撃も優秀で種族値110もあります。 1月3日からのシリーズ2でレート戦でもキョダイが解禁になりました。 これによりダイマックス中に回復することができるため耐久性能が向上しました。 このカビゴンのメリット• 技範囲が広い 技範囲が広いため特定のポケモンで止まりにくいです。 また、習得技が読まれにくいために対する適切な受けポケモンを選ぶことが難しいです。 受けポケモンを許さない などの受けポケモンを技次第で倒すことができます。 このため受けポケモンの選出を縛ることができます。 ただし、本論の確定技ではを倒せない点とを相手にできない点は注意してください。 以上の様にには 全抜きを目指すポテンシャルがあります。 基本ステータス• とくせい 「キョダイサイセイ」や「はらだいこ」と相性の良い くいしんぼうとします。 もちもの 回復量の多い フィラのみとします。 性格がわんぱくのためウイの実以外の混乱実であれば良いです。 せいかく 低い物理耐久を補うため わんぱくとしました。 全抜きを目指すので火力も欲しいところですが、今回はトリックルームを前提としていないため被弾する覚悟で耐久を高めました。 努力値配分 180-0-252-0-0-76 HP:「はらだいこ」後にフィラの実を食べるための2n調整と混乱実の回復効率の良い3n調整を両立しました。 S : 「クリアスモッグ」対策に無振りトリトドン抜きです。 技構成と与ダメ 「はらだいこ」のみ確定とします。 技範囲が広いのでお好みで選んでください。 与ダメは全て「はらだいこ」後です。 使用率ランクは以下のサイトを参照しています。 本論のコンセプトのため確定です。 相手の能力変化を無視して技を撃てます。 サニーゴ(ずぶといHB252) 80. 2-94. 1-143. ドラパルト(H4) 213. 4-251. アーマーガア(わんぱくHB252) 82. 9-98. 4-169. アイアント(H4) 334. ルカリオ(H4) 223. ナットレイ(わんぱくHB252) 161. 3-192. 4-329. ドリュウズ(H4) 196. 7-232. 状態異常だと技の威力が倍になります。 ローブシン(H212) 85. 9-101. 8-173. ネギガナイト(H252) 121. 3-143. 6-244. ギャラドス(H4) 121-142. 6-244. トリトドン(ずぶといHB252) キョダイサイセイ 123. 6-145. ドヒドイデ(ずぶといHB252) キョダイサイセイ 100-118. ミミッキュ(H4) 239. 6-282. トゲキッス(B4) 168. 7-198. 7-322. ヌオー(ずぶといHB252) 53. 4-63. 1-100. キョダイサイセイの火力増強にどうぞ。 カバルドン(わんぱくHB252) キョダイサイセイ 102. 3-120. ダイマックス相手に使えないのが難点です。 ほのおのパンチと選択です。 アーマーガア(わんぱくHB252) 132. 4-169. 威力150の超火力になります。 DMXロトム(わんぱくHB252) 107-126. 5-94. バンギラス(H252) 108. 6-96. ダイマックス後の被ダメを載せています。 ダイマックス前は2倍にしてください。 ドラパルト(A252) ドラゴンアロー 15. 1-17. 1-22. アイアント(はりきり珠いじっぱりA252) ばかぢから 42. 8-50. 3-40. ルカリオ(A252) インファイト 32. 9-39. 9-31. ドリュウズ(A252) じしん 16. 2-19. 9-24. 1-46. 1-46. ネギガナイト(ながねぎ意地っ張りA252) インファイト 42. 1-74. 9-39. ミミッキュ(いじ珠A252) じゃれつく 15. 8-18. 7-53. トゲキッス(c252) マジカルシャイン 11. 6-13. 7-44. ギャラドス(A252) とびはねる 12. 9-15. 7-23. 格闘ポケモンを処理した後もしくは手持ちにいないと予想される場合は後出しでも良いと思います。 を出した後は以下の2つのパターンが考えられます。 パターン1 相手が有利ポケモンに変更してきます。 そのタイミングで「はらだいこ」を積むので無償で降臨することができます。 その場合も大きくHPを削ってから交代するので全く無意味になることはありません。 パターン2 相手がそのまま殴ってきます。 こちらが攻撃するまでに2回殴られますが有利対面のため確実に相手を倒すことができます。 ダイサイセイで回復しつつ倒すことができたらパターン1の場合より有利に立ち回ることができます。 さいごに 今回はカビゴン対策を中心に書いたので強さが伝わりづらかったかもしれません。 しかし、などの受けポケモンを一撃死させる火力と弱点技でも耐える耐久性能があり大変強いポケモンです。 格闘技ポケモンを手持ちに入れてない方も意外と多く大活躍します。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 勉強頑張ってください! s0厳選するの大変だから後回しになりますよね… 私もs0手に入りませんでしたorz 全然大丈夫ですよ!ただトリル運用したことないのでエアプ返信になってしまいますが… トリル運用する場合は被弾を減らすというコンセプトになるので、sの分だけでなく耐久を削ってAに回すと良いと思います。 A148振りキョダイサイセイ(じばく)、A228キョダイサイセイ(すてみタックル)でH214B44ブシン(ダイマ)を確1取れます。 この辺りが一つの目安になるのではないでしょうか。 ダブルバトルの場合は腹太鼓前に二回ダメージを受けるので耐久を削るかどうかは悩ましいところですね。 最近増えてきた受け型のミロカロスには死に出しから先に霧打たれてダイマを枯らされる上に突破出来ないので、意識したほうがいいと思います。 6〜100. 8〜133. 5〜94. 0〜126. 6〜96. 6〜128. 8〜48. 3〜64. 2〜75. 5〜100. 7〜94. 2〜125. 気になったので調べました。 この型のカビゴン使うの楽し過ぎます。 トリトドンに先制取れる調整のおかげで勝てた試合もありました! 試しに自爆を採用してみたところ、こちらのダイマックスが終わったあとに相手のダイマックスポケモンを1撃で倒してくれたので愛用してます。 いくつかピックアップして本論に載せさせていただこうと思います。 本論のパターン1の場合 相手がカビゴンに勝てないと判断してアイアントを後出ししてくるパターンです。 カビゴン「腹太鼓」 2. アイアントが出てくる 3. カビゴンダイマックス 4. アイアント「馬鹿力」or「ダイナックル」 5. カビゴン「ダイバーン」で確1 アイアントはカビゴンを一撃で落とせませんが、カビゴンは相手がダイマックスしていても確1とることができます。 本論のパターン2の場合 相手がカビゴンの型を読みアイアント交代では勝てないと判断してきた場合はこちらを選択してくると思います。 少しでもカビゴンのHPを削ってアイアントの馬鹿力圏内に入れる動きです。 馬鹿力の最高ダメが53. 詳しくはこのサイトの「タマゴグループ・タマゴ技」のページを読んでみてください。 ところで対ローブシンなのですが、実際に対峙した場合ダイマックスを切られると勝てる流れが見えない気がしました。 例:初手カビゴン(はらだいこ)対ヒートロトム(ボルチェン)で、交代のローブシン この場合相手と同時にダイマックスしたのですがキョダイサイセイが成功しても回復が追いつきませんでした。 オーロンゲやエルフーン等で壁を貼ってから カビゴンを出す 理想は死に出し ことで はらだいこ後相手の攻撃を難なく受け止めて ダイマックスし、3タテすることも多々あり 物理特殊関係なく対面できる素晴らしい型でした。

次の

【ポケモン剣盾】キョダイマックスカビゴンの入手方法と種族値【ソードシールド】|ゲームエイト

カビゴン キョダイ

一部の特別なポケモンは、『キョダイマックス』といって、ダイマックスした時に異なる姿になります。 キョダイマックスポケモンは、設定されたタイプの攻撃技を使用すると、特別な追加効果を持つ『キョダイマックスわざ』を使うことができます。 能力などは通常のダイマックスと同じで、HPだけが変化します。 種族値は変わりません。 どの巣穴で出現するか、このページの巣穴のリンクからマップをご確認ください。 また、期間限定レイドもあります。 ポケモン キョダイマックス技名 タイプ キョダイマックス技の追加効果 レイドバトル巣穴の場所/入手方法 ひこう 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 くさ 相手全体の回避率を1段階ずつ下げる。 【剣】/ 【剣】 ノーマル 相手全体に対して、それぞれが自分とは異なる性別の場合、『メロメロ』状態にする。 Switchに「レッツゴーイーブイ」のデータがあれば、ワイルドエリア駅の改札左の男の子からもらえる エスパー 5ターンの間、全体の場を『じゅうりょく』状態にする。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される // みず もとの技によらず威力が160となり、また相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。 【鎧の孤島】ダイスープ あく 相手の『ダイウォール』『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 【鎧の孤島】「あくの塔」を選んで『ダクマ』を「いちげきのかた」に進化させ、『ダイミツ』を入れてダイスープを作る みず 相手の『ダイウォール』『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 【鎧の孤島】「みずの塔」を選んで『ダクマ』を「れんげきのかた」に進化させ、『ダイミツ』を入れてダイスープを作る ほのお もとの技によらず威力が160となり、また相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。 次のターン終了時に相手を2〜4ターン 実質1〜3ターン の間『ねむり』状態にする。 【剣】 みず 相手の場を『ステルスロック』状態にする。 //【鎧の孤島】マスター道場でミツバにもらう『ゼニガメ』を進化 みず 相手全体の『すばやさ』ランクを2段階ずつ下げる。 // ゴースト 相手全体は、逃げたり、交代できなくなる 『ゴースト』タイプを除く。 自分が場を離れると効果は消える。 【盾】 くさ もとの技によらず威力が160となり、また相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。 【鎧の孤島】ダイスープ じめん 相手全体を『すなじごく』 バインド 状態にする。 でんき 相手全体を『まひ』『どく』状態のいずれかにする。 選ばれた状態異常が無効の場合は効果がない 『でんき』タイプは『まひ』状態に、『どく』『はがね』タイプは『どく』状態にならない。 期間限定レイドのみ でんき 相手全体を『まひ』『どく』状態のいずれかにする。 選ばれた状態異常が無効の場合は効果がない 『でんき』タイプは『まひ』状態に、『どく』『はがね』タイプは『どく』状態にならない。 【剣】 はがね 相手の場を『キョダイコウジン』状態にする 『はがね』タイプの『ステルスロック』状態。 くさ 自分と味方の状態異常を回復する。 【盾】/ 【盾】 ノーマル 相手全体を1〜4ターンの間『こんらん』状態にする。 また、戦闘終了後にお金が手に入り 通信対戦やレイドバトルを除く。 100で1度のバトルで3回使用すれば計6万円手に入る 『』を持たせれば上限の99999円。 早期購入特典:2019年11月15日 金 〜2020年1月15日 水 の期間に、ふしぎなおくりものの「インターネットでうけとる」を選択 むし 相手全体を『まひ』『どく』『ねむり』状態のいずれかにする。 選ばれた状態異常が無効の場合は効果がない 『でんき』タイプは『まひ』状態に、『どく』『はがね』タイプは『どく』状態にならない。 / でんき 相手全体の『でんき』タイプ以外のポケモンを『まひ』状態にする この効果は対象の味方の『じめん』タイプにも有効。 //【鎧の孤島】マスター道場でミツバにもらう『フシギダネ』を進化 フェアリー 相手全体を1〜4ターンの間『こんらん』状態にする。 ほのお 相手全体を『ほのおのうず』 バインド 状態にする。 5ターンの間、自分と味方全体が受ける相手の物理攻撃と特殊攻撃のダメージを半分にする。

次の

【ポケモン剣盾】キョダイカビゴンの出現場所(巣)まとめ ピックアップ期間はどこでも登場!

カビゴン キョダイ

ランクバトルS4で使用していたシングル構築です。 電磁波と違って外す恐れがなく、地面や電気にも通り一度すり替えれば効果が永続する点も嬉しい。 尻尾すり替え要員……オーロンゲ、• ……鈍い 3Worリサイクルor眠る• ダイジェット持ち 裏エース……、、等• 対面性能の高い襷持ち……、、ドラパルト等• 切り返しor補完……、ウオノラゴン等• 受け崩し……、、水、等 となり、今シーズンから解禁されたキョダイ・・等への対応も考えながら組むことになる。 裏エースはキョダイで簡単に止まらないようにすり抜けドラパルトとし、襷はックス依存度が低く対面性能が高いので採用。 ここまでで受け構築・・が非常に重いので、これらに対応でき腐りにくいキョダイが自然に入る。 キョダイは通常時はやで受けに強く、ックス時はキョダイセンリツで対面性能を引き上げられるという性質を持っており、 逆に言うとックスを切らされると容易に受けられてしまうため 珠持ちならそうでもないのかもしれないが 、最後の1体も受けに厚くしたいと考えた。 や状態異常絡みの並びもまだ重く、最終的に色々と誤魔化せる食べ残し身代わりに落ち着いた。 この6体の形で決定力不足を感じたことはないが、ドラパルト・・に命の珠や弱点保険を持たせるのもまた良いかもしれない。 個別解説• 189ドラパルトのダイジェット 空を飛ぶ を耐える [167]140~166• 161の張り切り鉢巻出会い頭を耐える [167]139~165• 初手から出して身代わりで様子を見たり、後発でクッションにしたりしながらお香すり替えで起点を作る。 似たような型のオーロンゲと比較して、はやどみがの択も強いためすり抜けドラパルトが突っ張ってきやすく、その際にすり替えを決められることが多い。 キョダイの影響でドラパルトの特性がすり抜けばかりになっている点もポイント。 また、身代わりがックス枯らしとして有用で状態異常持ちやなどにも戦いやすい、みががむで1:1交換に近い決定力を発揮することができる、フェアリー技で即死しない、素のSが高い、鬼火に弱くない、などもの利点になる。 逆に、オーロンゲが馬鹿力で打点を持てる、悪技や炎のパンチで打点を持てるには弱くなる。 は悪戯心すり替えが通らず後攻のまま動かなければならないため窮屈で、はがむしゃらが通らずお香すり替えの効果もやや薄め。 また、他の悪タイプでは特にに対しては、が等倍な上に鬼火・捨て台詞・蜻蛉帰り等で好き放題に動かれるため、選出しない方が良い。 意地AB振り• 呪いダメージ2回でフィラのみが発動するようH2n キョックスが解禁されて以降、相変わらず性能が高い。 昨シーズン終盤~今シーズン前半頃はへのマークが厳しく動きにくかったが、最近はやや動きやすくなっていた気がする。 お香を渡して上から鈍いを積む動きはやはり強い。 型は範囲が広い3ウェポン型とした。 リサイクル型も強いと思うものの、範囲を犠牲にする点が難しく感じた。 この構築ではの被弾回数を少なくしたい関係上を後出しすることは少ないが、影打ちやなどに合わせることはよくある。 ドラパルト• 当初は珠ダイジェット持ちで採用していたが、欠伸に強く出られ一拍置けるラム竜舞型とした。 身代わり竜舞は、鋼技を持てない関係上対フェアリーが厳しくなるためこの形。 配分は、が起点になってしまう竜舞の上を取りたく、そこから少し色を付けてSを191まで伸ばした。 すり抜けドラパルトの採用自体は良かったと思うが、型はより噛み合うものがあるかもしれない。 この構築ではを選出してもックスを切らない対戦が割とあり、その際に軽くサイクルを回せるチョッキ型とした。 それに伴って電気技ではなく氷の礫を持たせて非ックス時の対面性能を引き上げた。 これによってミラーには弱くなってしまうものの、相手のは後続で対処できる。 配分は、シーズン序盤はCS振りで使用していたところ、対エースバーンが重すぎることを受けて耐久に寄せた。 当たったことはないが、準速を意識するのであればS93を確保する必要がある っぽい。 意地AS振り ックスを切らずに性能が高い。 この枠は呪い痛み分け・・鉢巻なども試していたが、腐りにくく対受け構築以外でも選出画面での圧力が強いに落ち着いた。 対受け構築として登用するはラムのみか身代わりを持たせておきたい。 あまり選出はしていないが、選出した対戦では期待通りの活躍をしてくれた。 選出・立ち回り 初手でックスする構築ではなく、いずれの選出でも中盤~後半にックスして試合を決めることが多い。 体感の選出率:>>>>ドラパルト> 体感のックス率:>>ドラパルト>• 迷ったらこの形で選出する 初手のパターンもあり。 であわよくば1:1交換を狙いながらお香を渡し、鈍いの起点にする。 キョダビゴンで暴れた後、ラストは襷で〆る。 が不利な対面では一度をクッションにする。 お香を渡した相手に上からキョダイセンリツをして、ックス初ターンのダメージを抑える動きが良い。 ックスはではなく後続に切ることも多い。 初手にorを出し、これらが対面で負けてしまう相手でも後続の圏内に入っていればOK。 最終的にックスドラパルトを通すことを狙う。 を選出に絡めても良いのかもしれない。 が入っていたらを出しておきたい。

次の