しゃぶしゃぶ温野菜 サブスク。 店舗のサブスクポータル「MONSTER PASS(モンスターパス)」リリースのお知らせ|お知らせ|株式会社インサイトコア

店舗集客×サブスクの決定版!株式会社インサイトコアがお店の月額定額制を実現するポータルサービス「MONSTER PASS(モンスターパス)」をリリース:イザ!

しゃぶしゃぶ温野菜 サブスク

ビジネスモデル自体としても、販促としての利用としても、はたして定額制が飲食ビジネスで普及するのかどうか考察してみたいと思います。 ========================================== ( 2020年1月8日追記) このページ、最近人気の飲食店のサブスクリプションモデル(定額制)を集めているのですが、どんどん増えていっていますね。 追記ばかりしていているので、継続していないお店もあるかもしれませんが、それも含めてアイデアの参考にして頂ければと思います。 一瞬、「え?これから忘年会のシーズンに使われたら大赤字じゃないの?」と思いましたが、とりあえずは11月5日までの販売で12月5日に一時サービス休止みたいです。 (2019年12月12日追記) 11月5日から各ブランド(焼肉店「牛角」、しゃぶしゃぶ店「しゃぶしゃぶ温野菜」、居酒屋「居酒家 土間土間」「かまどか」「ぶっちぎり酒場」)の定期券、定期パスを 「MONSTER PASS (モンスターパス)」という店舗の定額制パスを集めたポータルサービスで発売開始していました。 本格的にサブスクに参入する動きのようです。 同伴者も1000円で同サービスが受けられるそうです。 食事メニュー(300円以上)2品以上の注文が必要などの条件があります。 各店舗のホームページで、パッとドリンクメニューを見た感じだと、毎週末(月4回)飲みに行って5~6杯飲むくらいのお客様なら採算取れますね。 ドリンクの種類にもよりますが、10杯くらいだと赤字(原価ベース)になるんでしょうか。 90分でラストオーダーなので、10杯飲める人はあまりいないでしょうね。 (2020年1月6日追記) 焼肉店「牛角」が三軒茶屋店、花見川店、赤坂店の3店舗限定で実施している「食べ放題」「飲み放題」のサブスクサービスが話題になっていますね。 1ヶ月間飲み放題(スタンダードプラン生ビール付き50種類以上)が月額1628円(90分制)• 1ヶ月間食べ放題(牛角コース通常料金3480円、お気軽コース通常料金2980円含む)が月額11000円 もうじき全店で展開しそうですね。 (2020年1月8日追記) 「牛角の食べ放題が【衝撃的】」とネット(ツイッターなど)でバズって、対応できなくなったため新規販売終了とのことです。 話題のお店や新しいお店のメニューも続々登場予定。 あたたかなポットに幸せをたくさん詰めて。 並ぶ時間も毎日のお昼代も気にしない 自由で新しい「ランチ」スタイルを提案します。 これは30日間有効なチケット購入制なので、食べ放題ではありませんが、現在登録されている15店舗(現在は渋谷中心)のランチを定額制でお持ち帰りできるサービスです。 登録加盟店が増えて、サービスエリアが拡大したら楽しみですね。 こちらは先着100名限定だそうです。 少しずつ拡大していますね。 毎日通えば1食200円で済むのは一人暮らしにはありがたいサービスですね。 (2020年1月8日追記) 東京、大阪、京都、福岡で提供しているalwaysオリジナル定額サービス「always LUNCH(オールウェイズ ランチ)」 月額5,980円(税別)で毎日1回、加盟店で対象のランチを食べることができるサービスです。 少し前から気になっていました 「always LUNCH(オールウェイズ ランチ)」、加盟店が少なかったので取り上げていませんでしたが、久しぶりにチェックしたら加盟店がかなり増えていました。 加盟店舗がバリエーションに富んでいて、これなら楽しめそうですね。 自動販売機の定額制 (2019年8月30日追記) サブスク戦国時代にとうとう駅の自販機にも定額制のサブスクリプションモデルが登場しましたね。 当サイトのテーマとしている飲食店関係の話とは少し違いますが、もしかしたらこれからカフェや喫茶店のライバルになるかもしれないので情報を掲載しておきます。 株式会社 JR 東日本ウォータービジネス この度、日本初である自販機のサブスクリプションサービス「every pass(エブリーパス)」を 10 月 1 日(火)から開始いたします。 同社のオリジナルブランド「アキュアメイド」の商品が対象の「アキュアメイドプラン」は月額980円、他飲料メーカーの商品も含めて全てが対象となる「プレミアムプラン」で月額2480円。 「アキュアメイドプラン」は一人につき1ヶ月限り利用可能なプランで、1ヶ月経過後は「プレミアムプラン」に自動切り替えとなるそうです。 思いもつかなかった自動販売機の定額制サブスクリプションモデルですが、これからどんどん新しい他の業界にも広がっていくんでしょうね。 自分たちのサービスも何かサブスクモデルに置き換えられないか、考える余地がありそうです。 バー、スナック(うまい棒)の定額制 調べてみると少し前から取り入れているお店がけっこうありました。 有名なところだと「うまい棒スナック」(540円ワンドリンク制でうまい棒食べ放題)は確かに一時期話題になっていたので、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。 うまい棒スナックは店内の壁一面にうまい棒がぎっしり積まれていて、インスタ映えして集客効果もすごかったみたいです。 「頭がいいなぁ。 」と思ってたら、経営はIT関連会社だったんですね。 マーケティング手法を熟知している結果だったわけです。 黒字化しているので、多店舗展開する予定があるとか。 それからランチだったりコーヒーだったり、色々あります。 ちょっと違う話かもしれませんが、クラウドファンディングを見ていると「10万円で生ビール1ヶ月飲み放題」なんかもありましたね。 カフェに関しては「コワーキングスペース」が流行ったときから予想していましたが、まだまだ数は少ないみたいですね。 コーヒー飲み放題の定額だけではなく、採算が取れるプラスアルファの付加価値が必要だと思います。 「月額8600円で一日一杯ラーメンを食べられるサービス」ということです。 記事タイトルの「食べ放題」だと、「いくらでも食べられるだけ食べてOK」みたいに聞こえてしまうかもしれませんが、正しくは一日一食分の制限付きです。 定額制サービス(サブスクリプションモデル)という言葉は、最近いろんな業界で流行っていて耳にしますよね。 動画や音楽配信がパッと思いつきます。 しかしこれらはあくまでビジネスモデル自体が定額課金制であって、販促とはニュアンスが違いますね。 今回の「野郎ラーメンは」18~38歳の野郎限定のサービスですので、それがメインのビジネスモデルではありません。 要はこれを上手く利用して全体の利益を底上げしようという試みです。 週三回通えば元が取れる計算で、ラーメン好きな人に対しては赤字かな?という感じですね。 同アプリでは新商品などの情報発信や優待特典など、様々なサービスを展開する予定。 優待サービスの第一弾として看板商品の3種、「豚骨野郎」780円(税込)と「汁無し野郎」830円(税込)と「味噌野郎」880円(税込)の中から、1日1杯月額8,600円(税抜)の定額でご提供するサービス、「1日一杯野郎ラーメン生活」をスタートします。 食べ盛りの学生や働き盛りで毎日元気に頑張っている社会人のみなさまに、ワシワシと当店のガッツリ系本格ラーメンを食べてお腹一杯になっていただきたいという想いを込めた「野郎ラーメン」という名称。 その想いを実現したく、もっと気軽にもっとお安く、食べ盛りの野郎世代に腹一杯になっていただきたいと考え、「1日一杯野郎ラーメン生活」を開始します。 定額制だからお小遣いの残りを気にせず野郎ラーメンを1日1杯食べられる。 「豚骨野郎」だと12杯食べれば元が取れます。 さらに他クーポンや当店オリジナル会員カード「ブタックカード」との併用も可能。 毎日お得に野郎ラーメンをお楽しみいただけます。 1ヶ月間に何度お越しいただいてもこの月額料金にほぼ全てのご飲食代が含まれます。 (一部追加料金メニュー、ワインを除く)ですが、一度もお越しいただかなくても、こちらの料金がかかります。 当月分の利用料は入会時期によって変動します。 当月利用料は、1日〜10日 当月分満額、11日〜20日 当月分半額、21日〜月末 当月分無しとなります。 毎月のご請求は毎月10日以降に、次月分をご請求させていただきます。 厳選した石臼十割蕎麦粉を使用していて、注文を受けてから蕎麦を茹であげるため、十割蕎麦の豊かな香りと歯ごたえを存分に楽しめるそうです。 名物の「つけ蕎麦」や「カレー南蛮蕎麦」をなど種類も充実しているので、近隣で仕事をしているビジネスマンには嬉しいサービスですね。 自分が経験したわけではないので、あくまで憶測ですが、最近は個人店でもスマホアプリを利用しているところが増えているので、そのアプリ機能を使いこなせばけっこう簡単に利用できそうな気がします。 実際にこの「野郎ラーメン」の定額制はスマホアプリの特典の一つと位置付けています。 お店側としてはアプリ利用者にすることで、今後の他のサービスなどにもつなげられるメリットがあります。 しばらくは大手のチェーン店だけでしょうが、そのうちエアレジみたいに大手企業が個人店向けに無料もしくは格安でシステムを利用できるようなものを作ってくれそうな気がします。 予約管理システムなんかと同じ流れですね。 もう探せばすでにあるのかな? (2019年10月3日追記) 食マーケティング総合企業の株式会社favy(代表取締役社長:高梨巧、本社:東京都新宿区)は、株式会社レインズインターナショナル CWカンパニー(代表取締役:高橋 尚也、本社:横浜市西区)が展開する北海道・甘太郎・にじゅうまる・三間堂・いろはにほへと・一瑳の6業態、関東の138店舗にて、弊社が提供するサブスクリプション(定額制サービス)機能「飲食店のためのサブスクツール」の導入が決定したことをお知らせいたします。

次の

月額11,000円で焼肉、しゃぶしゃぶ食べ放題!サブスクとは?

しゃぶしゃぶ温野菜 サブスク

MONSTER PASS (モンスターパス)とは? MONSTER PASS (モンスターパス)は、色々な店舗のお得なサブスクを発見できるポータルサービスです。 月額4,000円で毎日飲み放題が無料!月額300円で毎日トッピングが1品無料! といった店舗へのリピート集客を実現するサブスクを簡単に開始できるサービスです。 店舗オリジナルのお得な月額定額制サービスで来店頻度を爆発的に増加させることが可能となります。 今すぐコスト0で、話題のサブスクを活用した集客を開始したい!• 自社のWEBサイトやアプリにサブスク機能だけをリンクさせたい! といった店舗企業様に大変おすすめで、MONSTER PASS (モンスターパス)なら初期導入費用0円で店舗のお得なサブスクの販売が開始可能となります。 また、既にお持ちのWEBサイトやアプリにリンクを設定するだけで簡単にサブスクを導入することも可能です。 MONSTER PASS (モンスターパス)加盟店舗について 既に牛角や居酒家 土間土間、しゃぶしゃぶ温野菜、かまどか、ぶっちぎり酒場、金の蔵、桂花ラーメン等を含む30ブランド以上、約200店舗での導入が決定しており、順次MONSTER PASS (モンスターパス)での掲載が開始される予定となっています。 MONSTER PASS (モンスターパス)リリースの背景 ソフトウェアや動画・音楽などのデジタルコンテンツが中心だったサブスクが、昨今ではアパレルや靴のレンタルサービスなど小売業でも広がり始め、飲食業においてもサブスクを活用した集客施策の実施ニーズが非常に高まっています。 それに伴いインサイトコアでは、今年3月から自社で既にサービスローンチしている店舗集客に特化したアプリCRMプラットフォームサービス「Insight Core (インサイトコア)」に店舗向けのサブスク機能を追加し、店舗企業様がアプリを通じて自社のサブスクを実現できるソリューションを提供してきました。 代表例として、株式会社三光マーケティングフーズ様の居酒屋ブランド「金の蔵 公式アプリ」で展開している月額4,000円の「プレミアム飲み放題定期券」などがあります。 リリース後は非常に大きな反響があり、多数の店舗企業様にサブスクを御導入いただくと同時に、• 自社で既に運営しているWEBサイトやアプリ上で、まずはライトにサブスクを導入したい。 1店舗からでも、気軽にサブスクを導入したい。 といったお声も多くの店舗企業様から頂いたことで、そのような御要望にお応えすべく、インサイトコアではMONSTER PASS (モンスターパス)をローンチするに至りました。 MONSTER PASS (モンスターパス)を御活用いただければ、現在運営しているアプリやWEBサイト内にMONSTER PASS (モンスターパス)へのリンク導線を設けることで、自社のWEBサイトやアプリの1コンテンツとして簡単にサブスクを追加することができます。 また、初期費用0円から開始可能なため、大変気軽にサブスクをご実施いただけます。 今後もお客様からの声を積極的に取り入れ、店舗企業様からもユーザーからも満足いただけるようなサービスを目指して参ります。 お申込みを希望される店舗企業様は、下記サイトのお問合せフォームより必要情報を御入力いただき送信ください。 2〜3営業日以内に担当者よりご連絡いたします。 jp TEL 03-6456-4543 (代表)、090-8108-1909 (携帯).

次の

野菜のサブスク比較【早わかり版】

しゃぶしゃぶ温野菜 サブスク

様々なお店で楽しめるサブスクランチ 様々なお店のランチを定額制で楽しむことができるサービスをご紹介します。 ランチ巡り、カフェ巡りが好きな方にオススメです。 always LUNCH/イジゲン株式会社 イジゲン株式会社が提供しているサブスクランチサービス「always LUNCH」は、月額7,980円(税別)で毎日様々なお店のランチを食べることができるサービスです。 毎日食べても追加料金は一切なし• 美味しさにフォーカスしたお店ばかり• さまざまなメニューを楽しむことができる 現在、東京、大阪、京都、福岡、兵庫、熊本を中心に、サービス利用可能エリアを拡大中です!(その他エリアの方は事前登録をしておくことが可能です) always LUNCHの利用方法は、とても簡単! 会員登録をして、always LUNCHの定額パスを購入したら、利用可能なお店に行って、スマホに表示されたパスを見せる... それだけです。 が運営しているPOTLUCKは、月額定額でランチのテイクアウトができるサブスクランチサービスです。 スマホアプリから食べたいメニューを選び、受け取り時間を指定して注文! 時間になったら、お店に行って注文していた商品を受け取るだけです。 (ランチは前日17:30~当日10:30まで、ディナーは当日10:30~17:30まで予約可能) 事前に予約注文をしておくサービスなので、混んでいるお店のランチメニューでも待ち時間なく購入して楽しむことができます(1日2回まで注文OK)。 料金プランは4つ。 自分に合ったプランを選択して、出来立てホカホカのランチを楽しむことができます。 3食トライアル(終了後は12食プランに自動更新): 1食290円(税抜)• 12食プラン(30日間で最大12食ご利用可能): 1食590円(税抜)• ランチ毎日プラン(1日1回お昼にご利用可能): 1食397円(税抜)• 12食買い切りプラン(無期限で12食ご利用可能): 1食650円(税抜) POTLUCKが利用できるエリアは今のところ渋谷、恵比寿、 代官山、中目黒、六本木、赤坂となっています(エリア拡大予定)。 「ランチタイムはどこも混んでいて、ゆっくり過ごせない…」といった悩みを持っている方にオススメのサブスクランチです!• 【POTLUCK 公式サイト】 reduce GO/SHIFFT株式会社 SHIFFT株式会社が運営している「reduce GO」は、「安く食事を楽しみたい」という消費者と、「食品ロスを減らしたい」という飲食店をマッチングするサービスです。 なんと、月額1,980円で1日2回まで加盟店のメニューを持ち帰ることができます! 利用方法はいたってシンプル! reduce GOのスマホアプリを立ちあげると、現在地周辺の余剰食品と受け取り時間が一覧で表示されるので、気になるメニューをタップして注文。 注文後の画面に「受け取り時間」、受け取り時に必要な「注文番号」、お店までの「ルート」が表示されるので、それに従って受け取りにいくだけです。 パン・弁当といった商品をはじめ(ランチタイム)、レストラン・居酒屋のテイクアウト(夜の時間帯)、ケーキ・ドリンクなど、メニューも充実しています。 使い方次第でグッと食費を抑えることができる! 利用すればするほど飲食店の廃棄削減にも貢献できる! 社会活動団体へ利用料金の2%が寄付されるなど社会貢献もできる! 利用者・加盟店・社会全てにメリットが発生するサービスとなっています。 利用可能なエリアは現在、関東・名古屋エリアとなっていますが、対応エリアは順次拡大予定とのことです。 【reduce GO公式サイト】 FOODPASSPORT/株式会社REARS 株式会社REARSが運営している「FOODPASSPORT」は、月額980円で10回まで外食を楽しむことができるサービスです。 現在、関西圏を中心に関東(1都3県)で利用することができます。 月額980円なので、MAX10回利用すれば、1,000円前後のメニューをたったの98円で楽しむことができるということになります! 有名店の料理が多数掲載されているだけでなく、FOODPASSPORT限定メニューなども数多く掲載されているので、外食する機会が多い人にはオススメのサービスです。 スマホアプリから980円を支払ったら、行ってみたいお店とメニューを決め、いざお店へ! 注文ボタンを押した画面を店員さんに見せるだけでランチ(ディナー)を楽しむことができます。 【FOODPASSPORTの嬉しいメリット】• 加盟店が多い• 選べるメニューが豊富• 急な飲み会などでも利用できる パスタやステーキをはじめ、刺身、鍋、オマールエビなど、その日の気分に合った外食を思う存分楽しむことができます。 毎月3杯まで無料でドリンクを楽しむことができる• 4杯目以降は、50円引きでオーダーすることができる• コーヒー• ごはん(ランチ・ディナーなど)• デザート など 店舗ページ内に記載されているメニューであれば、コーヒーに限らずオーダーすることができ、キャッシュレスで利用することができるので、カフェが好きな方にはオススメのサービスです。 好きなお店をヘビーユーズしてしまう方にオススメです。 飲食店だけでなく、その他施設のサブスク(定額制)サービスも多数紹介されていたりもするので、興味がある方は是非チェックしてみてください。 MONSTER PASS/株式会社インサイトコア 株式会社インサイトコアが運営している「MONSTER PASS」は、店舗のサブスク(定額制)パスを集めたポータルサイトです。 飲食店に限らず、ショッピング、教育、レジャー、美容、健康など、様々な分野のお店のサブスクパスを取り扱っています。 よく訪れる飲食店のパスをMONSTER PASSで購入すれば、サブスクランチ・ディナーをはじめ、サブスクドリンク、サブスク酒などをお得に楽しむことができるようになります。 土間土間• しゃぶしゃぶ温野菜• CONA• 金の蔵• 酔っ手羽• テキサスハンズ• 桂花ラーメン• 合点グループ• テーキハウス松木 など多数 店舗リストを見ていただくとお分かりの通り、全国チェーンの牛角も、ついにサブスクに着手し始めました! 予約が一杯で店舗内に入れない…など、まだサービスとして店舗側が対応しきれていないという声もチラホラ聞こえてはきますが、定額制でお気に入りの店舗を利用できるこのサービスの魅力は絶大です。 今後のサービス内容の充実に期待しておきたいところです。 定額制なので、お金を気にすることなく利用できるMONSTER PASS。 様々な飲食店をめぐってみたいという方には向きませんが、お気に入りの店舗をヘビーユーズされる方にはオススメのサブスクランチです。 【MONSTER PASS公式サイト】 Sub. (サブ)/株式会社ビューン ソフトバンクの子会社である株式会社ビューンでは、サブスクビジネスに参入を考えている店舗向けにシステム構築、決済代行、顧客管理などを一貫して請け負うサービス「Sub. (サブ)」を行っています。 同時に、提供しているサイト「Sub. (サブ)ポータルサイト」では、飲食店をはじめとした様々な施設でサブスクできるお得な会員券(定額制・回数券)を紹介しています。 Sub. で購入できる会員券は2種類。 定額制の定期券(月会費・自動更新あり)• 回数券(都度購入・自動更新なし) Sub. サイト上から自分が利用したい店舗を選び、スマホから会員券を購入すれば、会員券を見せるだけで商品を受け取るなどのサービスを受けることができます。 サービスの中には、お手頃価格で1ヶ月猫カフェ利用し放題といった猫好きにはたまらないサービスも?! サブスク利用ができる店舗が増加している今、一覧で店舗を確認することができるサイト「Sub. (サブ)」は、利用者にとっては大変ありがたいサービスです。 【Sub. 公式サイト】 favy(ファビー)/株式会社favy グルメメディアサイト「favy」を運営している株式会社favyは、飲食店向けにサブスク(定額制サービス)機能「飲食店のためのサブスクツール」を提供しています。 「favy」は飲食店紹介記事をまとめたサイトとして大変人気があり、アプリ版をダウンロードして使用している人も少なくありません。 住所・現在地から近所の飲食店を検索することができるほか、写真やコメントを非公開で入力してオリジナルグルメダイアリーを作ることもできるアプリです。 サブスク(定額制サービス)機能「飲食店のためのサブスクツール」の提供に伴い、アプリにも会員券機能が追加され、簡単にサブスク機能を飲食店で利用することができるようになりました。 飲食店にとっては、リピート率向上、新規顧客獲得などのメリットが見込める一方で、消費者側も定額会員費を支払えば会員特典や割引などのお得なサービスを受けることができるため、今後ますますサービスの拡大が見込まれています。 Favyのアプリの会員券購入申込みから決済をすまし、会員券ページを店員に見せるだけで希望のサービスを定額制で受けることがでるこのサービス。 利用することができる飲食店は、日々増加しています。 BEER TO GO• カフェ「Hooky」• フレンチレストラン「トランキル」• ビストロ酒場 CRAFTxCRAFT• 中華料理チェーン「福しん」 など• 【favy公式サイト】 まとめ 今、あらゆる業界・業種で拡大をみせているサブスク(定額制)サービス。 今回は定額制のランチサービス「サブスクランチ」をご紹介しました。 今後ますます拡大すると見られているサブスクランチ業界。 どんなサービスが登場するのか目が離せません!.

次の