デポルティーボ 対 サラゴサ。 リーガ・エスパニョーラ2007

WOWOW、スペイン2部「セグンダ」の放映が決定!毎節最大3試合生中継

デポルティーボ 対 サラゴサ

選手 得点数 PK数 所属クラブ 27 0 24 2 19 0 18 2 18 0 18 3 17 1 17 1 16 0 16 2 16 1 16 3 サモラ賞 [ ] 平均失点数が最も低いにはが贈られる。 選手 失点数 試合数 1試合平均 所属クラブ 32 36 0. 89 35 35 1 31 30 1. 03 38 36 1. 06 34 29 1. 17 42 34 1. 24 38 29 1. 31 41 30 1. 37 60 38 1. 58 56 35 1. 6 シーズン記録・統計 [ ] 得点 [ ]• シーズン初得点 - () 対戦 2007年8月25日• 試合最速得点 - 7秒 () 対戦 2008年1月20日• () 対 2007年9月2日• () 対 2008年3月23日• () 対 2008年3月3日• 最大得点差 - 7 7-0 2008年2月10日• 試合最多合計得点 - 9 6-3 2008年4月6日• シーズン初 - () 対戦 2007年9月29日• シーズン初 - () 対 2007年9月25日• 一試合選手最多得点: 3• () 対 2007年9月29日• () 対 2007年11月4日• () 対 2008年1月13日• () 対 2008年2月24日• () 対 2008年3月9日• () 対 2008年3月30日• () 対 2008年4月20日• () 対 2008年5月11日• () 対 2008年5月17日• 一試合クラブ最多得点: 7• 7—0 2008年2月10日• 7-1 2008年3月9日• 敗戦クラブ最多得点: 3• 4-3 2007年10月31日• 3-4 2007年11月4日• 4-3 2007年11月11日• 4-3 2007年11月25日• 4-3 2007年11月25日• 4-3 2008年1月13日• 6-3 2008年4月6日• 3-5 2008年5月17日 カード [ ]• シーズン初 - () 対 2007年8月25日• シーズン初 - () 対 2007年8月25日 平均観客動員数 [ ]• 最多平均観客動員数: 76,234 ()• 最少平均観客動員数: 10,658 () シーズン全体 [ ]• 最多勝利 - 27• 最少勝利 - 、 7• 最多引き分け - 14• 最少引き分け - 、 4• 最多敗北 - 26• 最少敗北 - 7• 最多得点 - 84• 最少得点 - 33• 最多失点 - 75• 最少失点 - 36• 最多無失点試合 - 17• 最少無失点試合 - 4 ホーム [ ]• 最多勝利 - 17• 最少勝利 - 5• 最多引き分け - 9• 最少引き分け - 0• 最多敗北 - 10• 最少敗北 - 、 2• 最多得点 - 53• 最少得点 - 18• 最多失点 - 34• 最少失点 - 12 アウェイ [ ]• 最多勝利 - 12• 最少勝利 - 、 1• 最多引き分け - 、 8• 最少引き分け - 0• 最多敗北 - 16• 最少敗北 - 、 5• 最多得点 - 34• 最少得点 - 11• 最多失点 - 41• 最少失点 - 18 スタジアム [ ] Team Stadium Capacity 98,772 80,354 55,926 55,005 55,000 52,132 45,500 39,750 34,600 34,596 33,045 26,512 25,354 23,142 23,000 22,400 21,600 19,553 16,300 15,000 脚注 [ ].

次の

香川真司がスペイン2部サラゴサへ移籍しブックメーカー「ウィリアムヒル」大注目

デポルティーボ 対 サラゴサ

日本時間18日 水 、19日 木 にUEFAチャンピオンズリーグ開幕節が行われる中、ラ・リーガ セグンダ・デビシオン第6節 2部 も同日に試合が行われる。 ここでは、同リーグの日本人選手が所属するチームの日程を公開したい。 以下の通りである。 香川は前節のエストレマドゥーラUD戦での決勝ゴールに続き、連続ゴールを決めることができるか。 注目したい。 前節のヌマンシア戦では途中出場の岡崎だが、今節で先発デビューを飾ることができるか。 得点にも期待したい。 前節のスポルティング・ヒホンとのアウェイ戦で柴崎は先発出場を果たすも、存在感を見せれず、71分にベンチへ退いている。 ヌマンシア戦で挽回したいところだ。 メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信! <<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>.

次の

リーガ八百長騒動、裁判ならデポルティーボ会長も証人として出席へ。当該試合の影響で2部降格

デポルティーボ 対 サラゴサ

こんにちは、スペインのサッカーチームでホペイロをしているMayu です。 2019-20シーズンのスペインリーグ・ラリーガでは、柴崎岳選手が デポルティーボでプレーすることになりました。 Shibasaki, nuevo jugador del Benvido Gaku! Benvido Gaku! 🇯🇵 ようこそデポルティーボ・ラ・コルーニャへ!柴崎岳選手の入団発表でした。 デポルティーボ・アバンカの山本摩也選手がユニフォームを渡してお迎えしました。 — RC Deportivo RCDeportivo 目次• 結果は 3-2でデポルティーボが勝利しました。 その試合での柴崎岳選手の評価や海外での反応について紹介します。 リンク先の記事では、『柴崎岳:太陽の国(日本の通称)からの光』と題して、柴崎選手の試合での評価が綴られていました。 参考: 〜内容の抜粋〜 本試合(レアル・オビエド戦)で最上級クラスの内容を残してくれた選手がいた。 柴崎岳選手だ。 この日本人選手はピッチの中心で、チームの羅針盤となっていた。 アレックス・ベルガンティーニョス選手に付き添った彼は、広いゾーン間で質の高さを示してくれた。 ドリブルをし、パスコースを定め、方向を変えるなどした彼は、本物の高いレベルの内容を残した。 〜 デポルティーボが安全で優位な状態のときに、彼は飛び出してボールとともに前進して攻撃陣を探した。 相手エリアで形づくると、彼の意思決定はすばらしく、色んな場面で味方選手が相手ゴールにアタックすることを可能にさせた。 とにかくもう スーパークラスだという評価が飛び交うのなんの。 レアル・オビエドのサポーターからもこんなコメントが。 Lo de Gaku Shibasaki hoy ha sido espectacular. esnukero 〜ツイートの翻訳〜 スペインリーガ2部 柴崎岳選手の今日のプレーは圧巻だった。 守備においても、攻撃においても……。 そして、それをオビエドでも期待して待っている…… なんと他チームのサポーターからも賞賛され、 羨ましがられるような存在。 圧巻 プレーの質の高さを見せつけているようです。 こちらの記事もあわせてどうぞ• データでも証明されている高いレベルとは……さすがの一言ですね。 こちらの記事もあわせてどうぞ• 優位な状態で頭も上がっていたが、彼のロングボールはルイスに当たり、こぼれ球を相手チームに与える形になった。 そこからデポルティーボは崩れていった。 参考:.

次の