おひさま あはは。 【楽天市場】こぐま社 おひさまあはは /こぐま社/前川かずお

『おひさま あはは』あれ……どうしたの? やっぱり声に出した笑うと気持ちいいね!

おひさま あはは

例えばママがね。 ちょっとだけ疲れていたり、何だか泣きたい気分になった時。 この絵本を親子で一緒に読んでみたらどうかな。 「おひさまが あはは」「おおきな きが あはは」「ことりが あはは」みんな、それはそれは大きな口を開けて思いっきり笑っています。 さあ、一緒に声に出して笑ってみよう。 「おはなが あはは」「こいぬが あはは」なんだか元気が出てきたな。 でも…あれ?今度は、ぼくだけしかめっつら?どうしたの?そうしたら、ほらママの出番!黄色い表紙に元気いっぱいなおひさまの顔。 この絵本には、理屈抜きの笑顔とパワーがあふれています。 やっぱり思いっきり声を出すのって、気持ちがいいんです。 みんなで一緒に笑っちゃおう。

次の

おひさまあはは / 前川 かずお【作・絵】

おひさま あはは

愛読者カードより• 車以外の絵本には、今まで興味を示さなかった1歳の息子が、表紙のおひさまの笑顔をじーっと見つめていたと思ったら、おひさまに負けないくらいの笑顔で「あはは」と笑ってくれました。 読んでみたら、私も上の娘も息子も、みんな満面の笑みで「あはは」と笑っていました。 いたずらばかりの息子に、ついつい怖い顔になりがちな私ですが、絵本のおひさまたちに笑顔をもらえそうです。 温かな黄色がさらにパワーをくれるみたいで大好きになりました。 (静岡県 N・Oさん)• 『おひさまあはは』に出てくる男の子が、下の子(1歳)にそっくりで、変な顔の表情もとっても良く似ているので、子どもたちは大喜びです。 下の子も、そのページになると、男の子の顔と自分の顔を順番に指さして、「ボク、ボク!」と言います。 それまでのページと、男の子のページの落差の激しさがおもしろいようなので、読む方も思いっきりトーンを変えて、「あれ…、どうしたの?」とやると大ウケです。 子どもも読む側の私も、何度読んでもとても楽しく、最後はみんなで大笑いで終われるのもいいですね。 大好きな絵本がまた1冊増えました。 (北海道 A・Mさん)• ひと月に1回、市が主催する「絵本と子育て講座」に1歳の娘と参加しています。 先日そこで『おひさまあはは』を読んでもらいました。 娘は、このとき初めてその本を見ましたが、読み手に続いて「あはは」と上手に言うので、みんなの注目の的になりました。 あまりにも楽しそうに聞いているので私もビックリしました。 初めて見る絵本に、こんなに興味を示すのはめずらしいので…。 娘は絵本が大好きなので、これからも親子でいろいろな絵本の世界に旅に出かけたいと思います! (三重県 K・Iさん)• 『おひさまあはは』を読んでいると、身のまわりの生きもの、大好きな小鳥やネコたち…次々と登場するものたちが、大きな口をあけて「あはは」と笑うのに合わせて、娘の顔も変わっていき、読んでいる私までテンションが上がってきました。 とっても温かな幸せな時間になりました。 (岐阜県 T・Hさん).

次の

商品

おひさま あはは

『おひさま あはは』• 絵本『おひさま あはは』の内容 太陽(おひさま)のとびきりの笑顔から絵本は始まります。 おおきな木、ことり、小鳥、いぬ、魚、ネコ、とにかくみんなすてきな笑顔で笑っています。 ところが浮かない顔の子どもが登場… 寝起きで機嫌が悪そう… でも、お母さんと一緒なら笑顔で笑えます!絵本の最後はお母さんと『ギュっ!』 子どももすっかり笑顔です。 『あはは!』 『おひさま あはは』の読み聞かせ 寝起きで不機嫌な子ども以外、この絵本にはとびっきりの笑顔しか出てきません。 それも、優しいイラストタッチで描かれた、見ていても思わず顔がほころんでしまうイラストの笑顔です。 子どもは親のハグだけで、機嫌を取り戻せるんです。 絵本・知育ブログでも触れましたが、読み聞かせは怒っていてはできません。 でも、この絵本はもし読み聞かせる人が怒っていても、読んでいるうちについ笑ってしまいます。 言い換えるならば、子育てに悩んだり、ついいらいらしてしまう親にとっても、『絵本の読み聞かせ』というきっかけで親を笑顔にできる絵本かもしれません。 例えば、試しに怒っている時に『あはは!』と声を出して笑う振りをしてみてください。 たぶん、できないと思います。 できたとしても、それは嘘の笑いだと自分で気づくと思います。 でも、この絵本を『子どもに読み聞かせよう』と思って、嘘でも笑ってみると、絵本の最後には心が落ち着いて、 『あはは!』と『笑おうとしている自分』 に気付くかもしれません。 絵本は本当に不思議です。 怒って、いらいらして読み聞かせをしているのに、読み聞かせをしている自分が落ち着く瞬間があります。 この絵本は子どもはもちろん、親にとってもそんな不思議体験をさせてくれる絵本かもしれません。

次の