新幹線 特急券 変更。 新幹線のきっぷは変更できる?|よくある質問|JR新幹線ネット

【初心者向け】はじめて新幹線に乗る人必読!新幹線の乗り方をイチから徹底解説

新幹線 特急券 変更

使用開始前で有効期間内(前売りの乗車券については有効期間の開始日前を含みます)のきっぷ(定期券、回数券、お得なきっぷは除きます)は、1回に限って同じ種類のきっぷに手数料なしで変更できます。 この場合、不足があればお支払いいただき、余りがあるときはお返しします。 変更が2回目となる場合は、駅や主な旅行会社で払いもどしのうえ、ご希望のきっぷを買いなおしてください。 指定券(座席未指定券を除きます)はご利用の列車の乗車駅発時刻前に限り変更できます。 発車後は無効になりますのでご注意ください。 指定券の変更は駅の窓口などで指定券を発売している時間内にお申し出ください。 自由席特急券、特定特急券、急行券、自由席グリーン券は同じ種類のきっぷのほか指定券への変更もできます。 クレジットカードを使用してお求めになったきっぷは、お求めになった会社によりお取扱いが異なりますので、係員におたずねください。 〈使用開始後〉• 使用開始後のきっぷを変更する場合、不足分の運賃・料金をお支払いいただきますが、過剰となる場合でも払いもどしいたしません。 ただし、普通乗車券については、未使用区間が1券片101キロ以上ある場合は払いもどしいたします。 また、またはの駅着となる乗車券で乗り越しされる場合は、乗り越す駅の方向にあるゾーンの出口の駅から乗り越し区間の運賃をいただきます。 乗車券で乗り越しされる場合は、乗り越し区間の運賃をいただきます。 また、目的地の方向や目的地までの経路を変更される場合は、変更される区間とお乗りにならない区間の運賃を比較して差額をいただきます。 ただし、次の場合は全区間について変更前と変更後の運賃を比較して差額をいただきます。 (1)片道の営業キロが100キロ以内の普通乗車券で行き先を変更された場合 (2)をご利用の場合の普通乗車券で同じ大都市近郊区間内の駅に変更された場合.

次の

新幹線 切符変更やり方【くわしく】券売機・時間や当日・2回目は

新幹線 特急券 変更

新幹線は一般的な在来線と異なり、「乗車券」と「特急券」の2種類が必要です。 【乗車券】 乗車券とは、電車を利用する際絶対に購入しなければならない券のこと。 いつも在来線で購入している切符と同じものです。 自宅の最寄駅〜目的地の最寄駅が、乗車券の区間となります。 【特急券】 特急券とは、新幹線や特急列車に乗るために必要な券のこと。 普通列車よりも、速くて快適に移動できる利点に対するプラス料金と考えましょう。 特急券には、新幹線が停車する駅の区間が記載されていますので、購入後は買い間違えていないかチェックしてみてください。 通常、乗車券と特急券は各1枚ずつ発行されますが、場合によっては1枚で発券されることもあります。 また、複数の新幹線を乗り継ぐ場合は、特急列車に乗る回数分の特急券が必要です。 特急券にはさらに「自由席」と「指定席」の2種類があります。 新幹線の種類によってはグリーン・グランクラスといった上のクラスの券もありますので、希望する席を決めてから購入するといいでしょう。 【自由席特急券】 自由席特急券は、席を指定せず、乗る列車も指定されていません。 自分の好きな時間の新幹線に乗れること、最も安価というのがメリットですが、席が決まっていないため、混雑時には移動区間中ずっと立ちっぱなしということもありますのでご注意を。 【指定席特急券】 指定席特急券は乗る新幹線の時間を指定して、席を確保できます。 必ず席に座れるため、電車での移動に慣れていない方や荷物が多い方、小さなお子様を連れている方は指定席特急券を選択するのがおすすめ。 また、当日購入だと希望の時間帯が満席だったということもあるため、繁忙期は事前予約をしておくとよいでしょう。 新幹線の切符はJRの窓口、みどりの窓口、自動券売機、旅行代理店、インターネットなど様々な場所で購入できます。 慣れている方はいつでもどこでも購入できるインターネット、初心者の方は窓口購入がおすすめ! 窓口購入時は ・乗車区間 ・日時 ・人数 ・指定席か自由席か を伝えるだけでOKです。 禁煙が良いのか、窓側か通路側どちらが良いか、などの詳しい選択は販売員さんから聞いてくれます。 順番に答えていきましょう。 支払は現金以外にも、クレジットカードや金券が使用可能。 切符は当日でも購入可能ですが、満席で希望の時間を取れない場合や、グループで席が離れてしまう場合もあります。 前日までに購入しておくのがベターでしょう。 特にGWやお盆、年末年始などの繁忙期は事前購入が必須です!切符は乗車日1か月前の午前10:00から発売が開始されます。 また、トラブルを回避するために、切符購入後は日付や時間をきちんと確認するようにしましょう。 在来線と新幹線の改札口は異なります。 必ず「新幹線」と書かれた改札口を探してください。 新幹線の駅まで在来線で来た場合は、構内にある新幹線乗換口へ向かいます。 改札機では、乗車券と特急券の2枚を同時に通しましょう。 改札を通ったら2枚とも忘れずに回収します。 取り忘れると大変なことになりますので、切符は最後まで大切に保管しておいてください。 新幹線にあまり慣れていない方は、発車時刻より少し早めに駅についておくのがよいでしょう。 新幹線の駅は大きくて広い駅にあることが多いため、改札口を探すのに迷ってしまうかもしれません。 乗り遅れてしまうことのないように、時間に余裕をもって行動することを心がけましょう! 改札を通ったあとでも待合所やお土産屋があるので、乗車時間までゆっくりと過ごすことができますよ。 駅弁を買って、新幹線の中で食べるのも旅の醍醐味ですね! 【乗り方】 改札を通ったら、自分が乗る新幹線のホームを電光掲示板で確認しておきます。 また、自分の席がホームのどの位置に到着するのかまで確認しておくと、スムーズに乗り降りができます。 16両編成もある新幹線のホームは非常に長く、位置を間違えてしまうと端から端まで歩くことに。 【乗車中】 乗車後は、しばらくすると車掌が切符の確認に回ってくることがあります。 その際は持っている切符をすべて見せてくださいね。 【降り方】 新幹線の乗降時間はとても短いです。 到着のアナウンスが流れたら、荷物をまとめてすぐに降りられるよう準備しておきましょう。 無事に降りることができたら、出発同様、2枚の切符を通して改札口を出てください。

次の

きっぷの変更・払い戻し・紛失

新幹線 特急券 変更

スポンサーリンク 時間以外にも日にちや区間の変更もOK 例えば、 11月6日発車予定の東海道山陽新幹線「ひかり」の指定席チケットを、 11月10日発車の北陸新幹線「はくたか」の指定席チケットに変えてもOKということです。 日にちは1ヶ月先までの変更が可能です。 もちろん料金は計算し直しますので、単純に多ければ返ってきますし、不足があれば支払う必要があります。 「指定席特急券」から「自由席特急券」への変更はできない これは勘違いする人が多いようです。 確かになんとなく雰囲気的にできそうな気がしますが、実際はNGですので気を付けてください^^ ただし 変更したい時間帯の指定席列車に空席がない場合に限り、その列車の自由席に変更することが可能です。 つまり、特例ですね。 もちろんそうなった場合、差額は返ってきます。 発車前の自由席なら変更しなくてもいい!? 持っている「指定席列車きっぷ」の発車時刻よりも、早めに乗車できる状況になったとします。 この際、「自由席なら変更なしでこの特急券で乗車可能だろう」と勘違いする人が多いですが、 基本コレはできません。 「指定席ではなく自由席なんだから、しかも乗り遅れではなく、本来乗車する予定よりも前の列車なんだから、いちいち言わなくてもいいんじゃないの?」という思い込みですね。 気持ちはよくわかりますが、あくまでも指定席特急券は その購入した列車に適用されるということです。 実際これで乗れた人も中にはいると思いますが、 ルール上、マナー的には問題アリです。 最悪の場合、さらに追加で自由席のチケット代を請求される可能性があります。 出発時刻前に改札に行き、必ず他の指定席列車に変更しましょう。 チケットの変更はどこでできるの? 基本的にはJRにある窓口で大丈夫です。 (みどりの窓口でなくてもOK) ただきっぷの種類によっては、 購入した場所でしか変更できないこともあるので注意が必要です。 ちなみに電話では不可能ですので、購入したどこかしらの場所に必ず足を運ぶ必要があります。 予定が早く終わった場合は行けると思いますが、逆に伸びた場合はキツイ状況もあるでしょうね…汗^^ 2回目の変更はどうなる? 1回目は手数料無料ですが、2回目は払い戻しをした後に、もう一度買い直すという流れになります。 この時、手数料がかかってしまいます。 (数百円ほど) 座席だけの変更なら無料で何回もできる? 列車自体は変えずに…ということですね。 2回以上移動できた人もいるとは思いますが、これはハッキリ言って回答が難しいです。 ルール的には駅員さん次第といった感じでしょうか…^^ 基本的に1回はできると思います。 ただ無料で何回も…となると、個人的にはおそらく無理な気がします。 スポンサーリンク もし変更せずに指定席列車に乗り遅れてしまったら…!? この場合はその指定席特急券で、 「その日後に来る列車の自由席」に乗車可能です。 本来は無効になるハズなんですが、一応特例ということになっています。 「仕方ないからいいよ…ただし自由席ね…」的な優しさでしょうか^^ もしどうしても確実に指定席に乗車したい場合は残念ですが、 もう一度指定席特急券を購入しなければなりません。 まあこの場合は、「それはもったいない!」と思う方がほとんどだと思いますけどね^^ 列車の種類は何でも可能 例えば「のぞみ」の 指定席特急券を持っていて乗り遅れたとしても、「こだま」や「ひかり」の自由席に乗れます。 ですが自由席なので、もちろん 必ず座れる保証はありません。 当日に限る これは重要です。 例えば「その日はもう列車がない」という状態になればアウトです。 「その日限り有効」ですから、 もちろん翌日の自由席列車に乗れるわけではありません。 つまり、翌日になった時点で その切符の効果は完全に無くなりますので注意が必要です…。 最後に 今回の記事は、正規料金で販売されている 通常のノーマル切符としての話ですのでよろしくお願いします。 種類によっては全く変更ができないモノもあるので、「変更するかも!?」という人は購入時に確認してくださいね^^.

次の