リネット 羽毛布団。 【安心のイオングループ】布団クリーニングはカジタク|ダニ除去・送料無料・保管付

ふとんリネットの羽毛布団クリーニングの評判を実体験で検証!│Happines Family|子育て中のママ、パパ、家族が幸せになるライフスタイルメディア

リネット 羽毛布団

当サイトで申し込みが多く、宅配の布団クリーニングで人気の 「リナビス」「しももと」「プロケア」を比較してみます。 料金2枚・3枚で、• 上段:セット料金• 下段:一枚あたりの料金 リナビス しももと クリーニング プロケア 料金 1枚 11,200円 8,800円 なし 2枚 13,800円 11,800円 10,000円 3枚 15,000円 13,800円 15,000円 毛布 2枚を1点としてカウント 布団料金に含む 980円 別途 2枚を1点としてカウント 布団料金に含む 洗剤の種類 中性洗剤 せっけん 中性洗剤 返却時布団 圧縮 なし なし なし 乾燥方法 乾燥機 乾燥機 乾燥機 布団サイズ ダブルもOK 全サイズOK 全サイズOK ダニ除去率 99. 自宅から一番近いであろう営業所に電話をし、集荷に来てもらいます。 ですが、その営業所が遠いとなると、集荷の時間も正確には分からないため、ちょっと利便性に欠けるのが、気になるポイントです。 ちょっとクリーニング代高くでもいいから、 温水で きれいにして欲しい人向け しももとクリーニング 毛布もオプションで、別途クリーニングOKなので、 布団と一緒に毛布もクリーニングして欲しい人向け プロケア 安心安全なオゾン水で洗浄! 布団に長年蓄積した、頑固な汗汚れや皮脂、ダニなどを完璧に落としてきれいにしたい、って人向け ちなみに、• リナビス• プロケア の2社は、 布団クリーニング後に、次のシーズンまで保管してくれます。 ですが、羽毛布団は、 圧縮をしてしまうと羽毛の羽根が折れてしまい、布団の寿命を縮める原因になります。 また、ダウンボールが壊れてしまうと、かさ高が減り、特有のふわふわとした感触がなくなってしまいます。 そして、 1度壊れてしまったダウンボールは、圧縮をといても元の状態に戻ることはないんです…。 さらに、布団内に空気を取り込むことができず、羽毛布団の特徴である保温性も失ってしまいます。 綿布団であれば問題ないのですが、羽毛布団はこうなったらもう終わりです。。。 乾燥機を使用している業者を選びましょう。 宅配の布団クリーニング専門店はこんな人におすすめ! クリーニング店に布団をどうやって持っていこうかお悩み中の方 コタツ布団をクリーニングに出し行きたいんやけど…まあ、車がないわけよ。 二度見の刑ふたたび。 」 somari0429 あの人、大きな布団抱えてどこ行くの?って、見られるている?確かに、これはちょっと恥ずかしいかもしれないですね。 こういった方々のように、 「布団をクリーニングに出したいけど、どうやって運ぶ手段がないよ~」という方には、宅配の布団クリーニングはおすすめ。 コインランドリーだと衛生的にちょっと…という方 猫のオシッコが付いた布団をコインランドリーで洗って乾燥までしたら午前中終わった。 コインランドリー通いで疲労困憊。 羽根布団を辞めて「シンサレート」という布団を導入してみよう。 少なくともそっちの方が安い。 そしたら、姫ちゃんが金曜の夕方から3回嘔吐…で、診てもらったら胃腸風邪と。 このように、 おしっこや嘔吐物のかかった布団をコインランドリーに持ち込む方は、非常に多いです。 そんなの気にしないと言う方は問題ないでしょうが、気にされる方もいるでしょう。 宅配クリーニングでは、こういった 汚物関係の布団は受け付けない、 クリーニングしてくれるところもあるが、専用の設備があるところのみなので、清潔な環境で布団をきれいにしてもらえます。 布団に付いた寝汗などの汚れもきれいにして欲しい方 布団のクリーニングは、 通常のクリーニング店に出すと、ドライクリーニングを行いますが、それだと汗汚れは落ちません。 皮脂等の油汚れは、通常のドライクリーニングで落ちるのですが、汗などの水溶性の汚れは、ドライクリーニングでは落ちないんです。 なので、その 汗汚れを落とすには、水洗いのクリーニング方法がベスト。 汗汚れやダニも全部まとめてキレイにしてほしい方には、専門の布団クリーニング店はおすすめです。 布団クリーニングおすすめランキング リナビス• 宅配クリーニングで断トツ人気のリナビスが布団をクリーニング• 9か月間、保管料金が無料 2019年7月からの新サービス• 布団にやさしい中性洗剤で、 完全個別のまる洗い• 屋内専用倉庫で自然乾燥• ダニ駆除率99. 子供のぜんそくやアトピーが気になる方向け• オーガニックコットン・布団を専門に洗ってきたその数は、 トータル10万枚!• 敏感肌やぜんそくでお悩みの方にも最適な布団クリーニング店• なので、電子カルテ作成で2回目の注文もスムーズに(^v^)• お子さんの布団をクリーニングしてほしい&安心・安全なクリーニングがイイ、という方には、ベストな選択肢。 ビフォーアフターの差がすごい!10年ものの布団がふっくら。 安心安全なオゾン水で徹底洗浄• 高温乾燥機でダニを完全に死滅• 最大8カ月間、クリーニング後に無料で保管OK• こたつで食べるミカンは最高で、ちょっとうたた寝するのも本当に気持ちがいいですよね。 布団で寝ずにこたつで寝ちゃうなんて人も多いのではないでしょうか? そうなると、当然こたつで過ごす時間も増えるでしょうから、こたつ布団も汚れてくるわけで…。 こたつ布団は、羽毛布団と違って、食べ物の食べこぼしの汚れ ご飯粒やポテチを落とした際についた油汚れなど も付きます。 こたつで寝た際には、寝汗も付くでしょう。 となると、汚れは、羽毛布団の比ではありません。 ドライクリーニングでは、寝汗やジュースをこぼした際の汚れなどは、水溶性の汚れなので落とせません。 唯一、ポテチの油汚れや皮脂汚れが落とせるくらいです。 つまり、ドライクリーニングでは完全には汚れを落とせないので、水洗いをしなくてはいけません。 自宅で洗いたいでしょうけど、洗濯機の容量によっては、洗濯槽にこたつ布団がパンパンになってしまうこともあります。 となると、洗剤も全体にいきわたりませんので、きれいになったところと、まったくきれいになていないところがでてきます。 それにトゥールスリーパー。 こういった高性能の低反発・高反発マットレスって、腰に負担がかかりにくいから本当に楽ですよね。 ただ、こういったウレタン製の低反発・高反発マットレスは、通常の布団クリーニング店では受け付けてもらえないケースがほとんどなんです。 というのも、低反発ウレタンや高反発ファイバーを使用したラテックス素材のものは、水による劣化が激しいんです。 フィイクレザーのジャケットは、低反発ウレタンと同様の素材のポリウレタン樹脂を使用しています。 お持ちの方だったらわかると思いますが、2~3年くらいすると、ジャケットの表面がボロボロになってきません? あれは空気中の水分などと反応して、加水分解を起こしているんです。 要は、劣化してしまっているんです。 それと同じことがこの低反発マットレスにも起こってしまうので、たいていの布団クリーニング店ではクリーニングNGとなっているんです。 ただ、ごく一部のお店でムアツ布団などを取り扱ってくれるお店があります。 ただし、敷布団の状態や素材を見て 使用年数が5年以上など 専門店でも受け付けてくれないことや、仕上がりを保証してくれない場合もあります。 水洗いをすると、古いマットレスは傷んでしまう可能性が高いため こちらで、ウレタン素材のマットレスをクリーニングしてくれるお店を紹介しています。 代わりの布団がない方は、ぜひご覧ください。 ペットのおしっこ・粗相した布団でもクリーニングしてくれるお店 ペットのおしっこや排泄物がかかった布団は、お店によっては受け付けてくれないところもあります。 おしっこや嘔吐物のかかった布団をクリーニングする場合、専用の洗浄環境が必要になったり、行政機関にそういった依頼物をクリーニングするということを届けなくてはならないため、通常の布団クリーニング店では、きれいにしたくでもできないのが現状なんです。 参考文献: 嘔吐物やおしっこのかかった布団は、まずクリーニングに出す前に、• 固形物はできるだけ取り除いて処理• おしっこは、乾いたタオルで水分はできるだけ取り除く などの必要最低限の処理はご自分で行いようにしましょう。 でも、これだと 他人の汚れた布団と、自分や自分の家族の布団が一緒に洗われることになってしまいますよね。 これって、なかなか抵抗ありません?? これは、衣類のクリーニングでも同じなんですよ。 素材の同じ衣類を、大型の洗浄機にいれて、みんな一緒にまとめて洗っています。 なので、クリーニング店にアルバイトなどで務めたことのある人って、極力自分の服はクリーニングには出さない…、なんて人もいるくらい。 そこで、この悩みを解決してくれるのが、「個別洗い」 他人の布団とは一緒に洗わないクリーニング方法。 ここで、おすすめしている「 」では、最大で2枚しか洗えない 「小型の布団丸洗い専用洗濯機」を使って、完全個別洗いをしてくれます。 化学物質過敏症の方• 敏感肌の方• アトピー性皮膚炎の方 などは、ドライクリーニングの残留溶剤が原因、ひどい肌荒れになっちゃう心配がありますよね。 ドライクリーニングで使用する洗浄液 溶剤 は、石油なんです。 石油をものすごくキレイにしたもの クリーニング後に、きちんと乾燥させれば、溶剤も揮発してなくなり、肌荒れの危険性もほぼ無くなるのですが、化学物質過敏症の方などは、それでも肌荒れになってしまいます。 となると、そこいらのクリーニング店では、布団は洗ってもらえません…。 また、うちは無添加の洗剤を使用しています!とうたっていても、こういうお店が多いのも確か。 クリーニングに出してた毛布、揚げ物みたいな匂いする… 「クリーニングに出した服って特有の匂いありませんか?弊社では無添加天然の洗剤を使用しています」 てホムペに書いてあったのに… 揚げ物臭に包まれる夜。 ここで、おすすめしているところだと、「 」 が無添加のせっけんを使用しているお店。 一般的なクリーニング店で使用している洗剤 中性洗剤 は使わずに、 無添加の植物性せっけんを使用して洗濯するので、肌荒れにお悩みの方も安心して利用できます。 せっけんもダメだという方は、お湯だけの洗浄コースもありますし、せっけんで洗浄後に、すすぎ2回してくれるコース オプション もあります。 洗浄 シミ抜きを行った後に、本格的な洗浄作業に入ります。 肌にやさしい石鹸を使用して洗浄するクリーニング店や、殺菌効果のあるオゾン水と専用の洗剤で洗浄するところなど、各社さまざまです。 アトピーのあるお子さんの布団をクリーニングして欲しいなんて人は、せっけんの方がいいでしょうし、徹底的に布団に付いた菌を除去してほしいなんて人は、オゾン水でのクリーニングがいいでしょうし、あなたの状況にあったクリーニング店を選びましょう。 乾燥 布団乾燥のポイントは、 短時間で乾燥させることです。 長い時間をかけて低温での乾燥を行うと、雑菌の増殖につながり、臭いの発生する原因となってしまいます。 これにより、洗浄で落しきれなかったダニを完全に死滅させることができます。 仕上げ 復元乾燥 No. 3で乾燥した布団を最後にふっくら、ふんわりと仕上げるためにタンブラー(回転式)乾燥機で乾燥を行います。 これを行わないと、布団がふっくらとしたボリュームを取り戻せないんです。 しないと、ペチャンコのお布団になってしまいます。 低温、短時間で回転乾燥するので、大事なお布団が傷つくことはありません。 出荷 タンブラー乾燥によりボリュームを取り戻した布団を、お客さんのところにお届けします。 配送する際、布団を圧縮して送るところと、圧縮しないでこのままふっくら状態で送ってくれるところの2パターンがあります。 圧縮しないで送るところの方が、料金は高い設定となっている会社がほとんどです。 安い料金の方がいいという方は、圧縮パターンを選ぶようにしましょう。 布団クリーニングの利用時の注意点 真綿 シルク などのを使用した布団ではないか? 一般的な綿や羽毛の布団であれば、クリーニングをしてもらえるのですが、• 低反発 ウレタン などのマットレス こういった素材で作られた布団や敷布団は、一般的な布団クリーニング店では受け付けてくれません。 通常の洗浄方法だと、繊維を傷つけてしまったり、乾燥方法も異なったりと、通常のクリーニング店ではNGとなっています。 申し込みをする前に、きちんとその布団を受け付けてくれるのか確認しておきましょう。 破れや穴は空いていないか? 布団にほつれや、穴があいている状態でクリーニング作業に入ってしまうと、洗浄機内で破れや穴がひどくなる可能性が高いです。 ですので、そういった布団は受け付けてくれないところがほとんどです。 破れている箇所がないか、きちんと確認した上でクリーニングをお願いするようにしましょう。 布団カバーは取ってあるか? 布団クリーニング店にお願いする場合、布団カバーを取り外して送ってくださいというお店がほとんどです。 そのままカバーを取り付けた状態でお願いすると、そのカバーのクリーニング代も余計にかかってしまいます。 布団カバーでしたら、自宅でも洗えるでしょうから、この料金は節約したいですよね。 必ず、布団カバーを取り外してから、集荷バックに入れるようにしましょう。 気になる全9社のおよその納期も合わせて紹介しています。 すると、布団の中の温度と湿度が上がるため、ダニにとっては大変住みやすい環境となってしまうんです。 温度と湿度以外に、フケや皮脂、垢なども布団には付きます。 これらは、ダニにとって大好物。 ダニに最高の環境が布団には揃っているんです。 布団のダニ対策といえば、天日干し・掃除機で吸い取る・レイコップあたりが思い浮かぶと思いますし、みなさんが日ごろ行っている対策は、この辺でしょう。 「掃除機でダニを直接吸い取る」は非常に効果的な感じがしますよね。 掃除機の種類 表面 内部 サイクロン式 77. これは、生きているダニは、足先にあるカギ爪や吸盤で、布団の繊維にしがみついて、掃除機で吸ったくらいでは、吸い取れないんです。 この布団内部のダニを除去する方法は、まずダニを死滅させたのち、乾燥させ吸い取るほかにありません。 布団クリーニング店なら、ダニを完全に死滅させたのち、完全に吸い取ることができます。 そして、その布団に防ダニ加工を施せば、数年に渡ってダニが布団によりつくことはありません。 こちらの記事で、布団の防ダニ加工に使われている薬剤やその薬剤の安全性について説明しています。 ご注意ください。 布団のクリーニングは、どんなに早く仕上がっても、最低10日間はかかります。 じゃあ、その時の替えの布団はどうしたらいいの?という人には、レンタル布団を貸してくれるクリーニング店もあるので、そちらを利用するのがいいでしょう。 今は、衣類の保管サービス同様に布団の保管サービスを利用する人も大変に増えているんです。 秋冬の布団や毛布を全部、保管つきクリーニングに出してある。 いつ返してもらうことにしていたんだったか。 というわけで、こんなに寒いのにタオルケットにくるまって風邪ひいてる。 — 乃南アサ asanonami おはようございます。 布団クリー二ングは最大9ヶ月保管してくれるカジタクで申し込みしてみました。 こちらの記事で、羽毛布団をクリーニング後に保管してくれるお店を料金や口コミなども併せて紹介しています。 シーズンオフの間、布団はお店の専用保管ルームで大切に保管しておいてもらいましょう。

次の

【最新比較】布団の宅配クリーニングおすすめ3選|人気11社をランキング調査

リネット 羽毛布団

布団を「クリーニング」しよう! 今後家族を呼び寄せるために、 親戚から「タダで」譲ってもらった掛け布団が2組(薄い掛け布団と厚めの掛け布団がセットになったタイプなので 合計4枚)あります。 直接肌に触れる布団という性質上、天日干しするだけってのも何となく気持ち悪く一度クリーニングしてみようと思いました。 しかし、これまでは田舎暮らしだったので、自動車に布団を詰め込んでクリーニング屋さんに直接持ち込むということが可能だったのですが、東京のマンション暮らしだと自分で持っていくことは非常に厄介。 有名な全国展開するクリーニング店のサイトを見てみると、 「布団クリーニングの集配」というサービスもあるのですが、 すべての店舗で対応しているわけではないことも判明。 しかし、どうやら最近では 「宅配便の集荷・配達」の仕組みを利用して「布団をクリーニングに出す。 」事ができるサービスを提供している業者が結構あることを知りました。 ということで、やってみることにしてみました。 布団宅配クリーニングサービスの大まかなシステム・サービス 「布団クリーニング」「宅配」とかで検索すればジャンジャンヒットしてきます。 詳細に比較をしているサイトもあったりします。 各社、少しずつ料金体系や、洗える品等、システム・サービスに差が有ります。 しかし、 クリーニングにおいて恐らく一番重要な要素である「どれだけきれいになるのか(なったのか)。 」を客観的に評価することは困難です。 各社、「最新の設備」とか「丁寧な仕上げ」とか「防ダニ加工」とか・・・を謳っていますがなかなかサイト上から素人では良し悪しを見分けることはできそうにないです・・・。 サービスを提供している会社をざっくり分けると• 実店舗で営業しているが、布団宅配クリーニングも行っている会社• 実店舗は持たずに「宅配クリーニング専業」の会社 の二つに分類できそうです。 自分のような中年以降の古めの人間にしてみると、 何となく「実店舗もってる方が安心??」みたいに考えていました。 各社ほぼ共通するシステム・サービス どの会社でもほぼ差がない点は以下のようなものでした。 ネット上で申し込みが完結。 クレジットカード払い可能。 各業者から布団をしまうための袋(「宅配キット」等と称される。 )が自宅に送付されてくる。 それに自分で布団を詰める。 指定した日時に宅配業者(ヤマト運輸や佐川急便など)が、布団を回収しに来る。 指定した日時に宅配業者が配達してくれる。 この辺の大まかな流れはほぼどの業者でも一致していました。 各社で少しずつ異なるシステム・サービス 一方、各社で差異があったり特徴がでているのは以下のようなポイント• 料金体系;「一枚いくら」でのみ設定されているところや、「三枚いくら」での設定があるところ、あるいはその両者だったりします。 使用する洗濯機・乾燥機・洗剤等;各社それぞれ利点を説明していますが、上述の通り素人にはその差は分かりません。 基本、ドライクリーニングではなくて「水洗い」のようです。 洗える素材;羽毛・木綿・羊毛・化繊あたりはほぼ網羅していることがほとんどですが、会社によって微妙に扱えない素材のものがあったりします。 付属品の対応;枕とかシーツ、毛布なども取り扱っている会社もあればそうでないところもありますし、その料金設定も様々です。 保管サービス;クリーニング後、しばらく(次のシーズンまで)保管してくれるサービスを提供している会社もあります。 有料が多いです。 各種後処理;防ダニ加工や抗菌加工等をオプションで提供してるところもあります。 布団宅配クリーニングサービスを絞っていきました。 どの業者を選べばいいのか、なかなか自分では決定的な結論を出すことは出来ませんでした。 実店舗で営業している有名な「白洋舎」や、 家庭の清掃にオールマイティーに対応している「ダスキン」 あたりが、 知名度的には高くて安心かなあとも思っていました。 ただし、今回洗ってもらうのは 「親戚から譲ってもらったお古の布団」だったので、ダメもとで(失礼)あまり慎重にならずに、実店舗の会社にこだわらずに選んでみることにしました。 最終的には 3つ位の業者に絞ったのですが、正直言って、ここから先は 公式サイトの雰囲気とかからの直感で選んだのでその根拠は希薄です・・・。 すみません。 リネット;布団だけでなく、靴や一般衣類の宅配クリーニングなども手掛けています。 2009年創業の若い会社(ホワイトプラス)ですが、古き良きクリーニング業というより、業界に風穴を開けようという「IT企業」の匂いのする会社です。 リベナス;上記リネットとは逆に創業55年で実店舗での営業もしている兵庫の老舗クリーニング店。 公式サイトからも「事業を広げ過ぎずにクオリティーを維持したい。 」というコンセプトが伝わってきます。 フレスコ;乾燥機の販売等を古くから手掛けていた会社の様です。 この会社に着目したのは、 提携会社に「ダスキン」の名前があったことです。 どうやら、ダスキンに布団クリーニングをお願いするとこの会社でクリーニングが行われるということの様です。 そういう意味では一定の信頼を置いてもいいかなと感じました。 実際にネットで申し込んでみました。 公式のウェブサイトから申し込み開始。 特につまずくことなく完了できました。 とりあえず 1キット(15,000円)を申し込みます。 「圧縮袋がない場合、布団2枚程度」との目安が記載されています。 自分は「布団4枚+枕数個も」 と考えていたのでこれでは心配ですが・・・。 ちなみに予定の布団数はあくまでも予定なので、ここに書いた以上に送付しても問題はありません。 圧縮袋1枚400円で追加できますが、自分の場合は「自前で準備した布団圧縮袋」がありましたので、圧縮袋の注文はパス。 メールアドレスは今後のやり取りのメールが送信されてくるので、ちゃんと受信できるアドレスである必要があります。 集荷日とお届け日は任意に選択できますが、もちろんある一定期間より早い日時は設定できませんでした。 自分の場合、• 申込日;11月23日• 最短の集荷日;11月30日・・・申し込みから8日後• 最短の配達日;12月11日・・・申し込みから18日後 でした。 申し込んでから帰ってくるまでが2週間ちょっと、実際預けているのが10日ちょっとというところです。 最速の日時を指定して申し込みました。 さらにクレジットカード情報を入力。 「記入した枚数と実際の枚数が異なっても、キットの袋にさえ入ればO. 」とのこと。 太っ腹な感じです。 申し込み直後に 返信のメールが返ってきました。 申込内容(申し込みキット個数、住所氏名や連絡先、集荷・配達日時などの情報) のほかに色々な注意事項などが記載されたメール内容でした。 (検品後、料金確定のメールが届く。 到着から3日程度でそのメールがくる予定。 基本的に自分で伝票を書く必要がないのは、面倒なことが苦手な自分としてはありがたいです。 ダウンの復元率は高いと思いますが、羽毛布団にも一定の割合で「フェザー」も入っています。 これが折れると確かに100%の復元は難しいんだろうなとは思います。 圧縮して送付した場合でも配達・返送時は圧縮されて帰ってくるということ。 圧縮・非圧縮の選択方式があればいいのですが。 自分の場合は古い貰い物の布団でもあり、全く気にはしませんでした。 (むしろ狭いスペースに収納する際は圧縮してくれてあった方がありがたいかも。 宅配キット到着~圧縮して梱包~集荷まで さて、数日後宅配キットが到着しました。 中身は布団を入れる 白い不織布の袋とA4サイズの説明書一枚。 正直、そんなに頑丈な造りではないと感じました。 無茶すると裂けるのではないかと思います。 サイズ感としてはこんな感じです。 圧縮してもはいるのかやや不安も。 上に乗っかている布団袋が頼りなく見えるのですが・・・。 ここから、圧縮作業開始です。 この自前の圧縮袋は掃除機吸引タイプではないので、ひたすら布団にダイブし抱き付きながら格闘。 布団袋に収納してみましたが、意外と余裕があります。 まだまだいけそうです。 (写真真ん中) すると、まだまだ圧縮袋に余裕がありそうだったので、写真左の羽根枕4ケも一緒に圧縮してみることに。 まだ 余裕があります。 布団あと1-2枚ならいけそうな印象でした。 指定した集荷日に予定通りヤマトのスタッフの方がやってきて袋に入った布団を回収していきました。 関東では埼玉に提携工場があるようです。 伝票記入の必要がなく物を渡すだけでいいのは便利。 送料「1,980円」と書いてありますが、当然着払い扱いなので支払っていません。 検品結果と「お届け日とクリーニング料金について」がメール到着 集荷から2日後に 「お届け日とクリーニング料金について」という表題でメールが届いていました。 (・・・全8点、すべてシミ有・・・恥ずかしい・・・。 ) まあ、「洗濯不可」なものはなかったということみたいです。 やれやれ。 布団と枕が帰ってきました。 指定した日時通りにヤマト運輸での配送でした。 布団はキレイに圧縮されていましたが、枕は圧縮されずに普通のビニールにはいっていたため、少し「膨らんで」見えたようです。 しかし、「布団」とは思えないペラペラな状態に。 さらにしっかり戻すには数時間の陰干しが推奨されていました。 キレイに圧縮されているので、シワがが寄ったりも少ないです。 体積は歴然とした差です。 シーズンオフで収納するなら断然圧縮されていた方が良さそう。 しかし、これもかなり 薄くなって目立たなくなっていました。 布団にもインクで付けたような点状の汚れがいくつかあったのですが、薄くならずに残っている物もありました。 まあ、普通のクリーニングでも数年放置したシミは落ちないものも多いですからね・・・。 まとめ 今回初めて羽毛布団(と羽枕)の宅配クリーニングサービスを利用してみました。 多数社が同様のサービスを提供していますが、今回は 「リネット」でお願いしてみました。 正直、不安もありましたが少なくとも何かが破損して帰ってきたということはなく、 外側の汚いシミもかなりキレイになっています。 外側だけからの判断ですが、布団も枕も「一枚、薄皮を剥いだ」ように明るくなりました。 圧縮後の復元率も少し心配でしたが、圧縮を解除して軽く陰干ししてみると感覚としてはほぼ元通りのカサ高が復元しているのではないかと思います。 比較検討したわけではないので相対的な評価は困難ですが、 リネットさんは• 詰め放題を活かして、まとめて安く仕上げたい。 圧縮されて返送されてくるので、シーズン終わりにそのまま収納したい。 というような用途の場合には特に威力を発揮するのではないかと思います。

次の

【楽天市場】羽毛布団 クリーニング + 保管サービス!(最長8ヶ月保管):快眠ショップスウィートドリーム

リネット 羽毛布団

布団クリーニング業者の選び方 ・料金 ・納品までの期間 ・クリーニングの出し方(店舗持ち込み・宅配) ・口コミ ・オプション内容(保管対応・防カビ・防ダニ・抗菌) この中でも、1番の大きなポイントといえるのがクリーニングに掛かる料金。 業者によって料金には差があり、複数枚申し込むことで1枚あたりの料金が安くなるなど依頼前にプランについて調べることが大切です。 今回に限らず、何か選ぶことに迷った際に参考になるのが実際に利用者が書いた口コミです。 リアルな意見を聞くことで、利用時のイメージがより分かりやすく具体的に。 良い点・悪い点ともに理解できるのも、大きなポイントです。 オプションの内容は勿論、各オプション料金の確認も必ず行ってください。 自分の布団の状態にあったオプションを使うことで、更に布団を綺麗にしていきましょう。 布団1枚依頼した場合8800円ですが、4枚になると1枚の料金はなんと3700円に。 半額以上と、驚きの値段です。 オプションで 防ダニ加工が、+1000円。 最短10日後に届く納品の早さも、おすすめ度の高い理由の1つです。 複数枚依頼したい方や「宅配」で信頼できる業者に依頼したい方に、リネットは大変おすすめです。 布団を預かってくれるサービスで、6カ月無料で以降は月1000円が発生。 保管サービスを希望する方は、せんたく便の利用がおすすめです。 送料が一部地域(北海道・沖縄・離島地域)を除いて無料である事、しみ抜きのオプションが0円である事なども大きな特徴です。 オプション内容が豊富の為、自分の布団の状態に合わせた選択やお申し込みが出来るのも魅力的です。 「完全個別洗い」で他布団と一緒に洗われないという点も、安心・信頼して布団を任せられる大きなポイントといえます。 送料は、基本無料ですが北海道と離島の場合に関しては料金が発生します。 1枚の金額が約3000円ほど安くなりとてもお得ですので、一気に布団を綺麗にしていきましょう。 羽毛布団の仕立て直しも対応が可能です。 約一カ月半ほど期間は掛かりますが、ふんわりとした気持ちの良い羽毛布団を手に入れたい方は、是非クリーニングと合わせてご利用を検討してみて下さい。 店舗に足を運ぶのが難しい場合は、ネットから宅配クリーニングのお申し込みも可能です。 店舗の場合と値段が違う為、公式HPから確認が大切。 事前予約が必須で1枚につきこちらも会員価格で500円掛かりますが、 除菌・消臭を行うサービスも。 ネット予約であれば、無料で2枚まで可能なので、ネット予約の利用がおすすめです。 より早く仕上げて欲しい場合は、お申し込み時にお願いをすると最短で仕上げてくれ+料金も発生しません。 クリーニングに満足できなかった場合、初回利用の方に限り全額返金も。 2回目以降の方も含めて、納得が出来なければ再洗いなどの対応もあるので、利用に不安を感じている方も安心して依頼出来ます。 クリーニングにあまりお金を掛けたくない方や初めて利用する方にとっても、気軽に頼みやすく挑戦しやすい金額です。 「集配」サービスがあり、対応エリアは決定していますが場合によっては他地域も対応が可能。 集配の可否は勿論、日時や料金も合わせて直接店舗にお問い合わせをすることをおすすめします。 「 店舗持ち込みタイプ」である為、お申し込み前に公式HPから1番行きやすい店舗を探し確認を行っていきましょう。 会員であれば、さまざまなお得な特典サービスがあるのも大変魅力的な部分。 とはいえ、こちらも各店舗によって内容が異なるため会員を希望する方や現在会員である方は、確認が重要となります。 神戸の羽毛布団クリーニングは保管対応可能? ご紹介したクリーニング業者で保管対応が可能な業者は、 せんたく便のみでした。 博士 神戸には、他にも多くの羽毛布団クリーニング業者が存在します。 保管対応を希望する方は、探す際の1つのポイントとしていきましょう。 保管対応は大変便利なサービスですが、業者により 保管期間・料金が異なります。 予め業者に確認を行ってください。 宅配に対応している神戸の布団クリーニング業者は? 今回ご紹介したクリーニング業者の中では、 7業者(クリーニングコーヨー除く)が宅配対応が可能でした。 業者によって、対応エリアや日程、時間帯などが決まっている場合がありますので事前確認は必須です。 神戸の布団クリーニングは持ち込み・宅配どっちがおすすめ?.

次の