小計 エクセル。 【エクセル】「フィルター」機能と「小計」機能を使えば大量のデータも怖くない!

同じ項目をまとめてグループごとに集計|Excel(エクセル)の使い方

小計 エクセル

本連載のでも紹介したように、「小計」機能などによりアウトライン化した表からグラフを作成することも可能である。 このようなグラフもデータ分析に活用できる。 今回は、アウトライン化されたグラフの利点を紹介していこう。 アウトライン化された表からグラフを作成 まずは、例として使用するデータを紹介する。 以下に示した表は、3つの系列店について、各月の「1日あたりの平均売上」をまとめたものとなる。 基本的には前回の連載で示したデータと同じであるが、「ランチ営業」と「ディナー営業」の詳細データも含まれていることが改善点となる。 なお、それぞれの合計は「小計」機能により自動集計されている。 「小計」機能によりアウトライン化された表 このようにアウトライン化された表からもグラフを作成できることは、第28回の連載で解説したとおりである。 「集計行」だけを表示した状態にし、表内にあるセルを1つだけ選択してでグラフを作成すればよい。 グラフの作成 ただし、全データの合計を示す「総計」もグラフ化されてしまうため、見やすいグラフにはならない。 そこで、「グラフ フィルター」を使って「総計」をグラフから除外しておこう。 グラフ フィルターで「総計」を除外• 「総計」を除外したグラフ これでグラフの作成は完了となる。 とはいえ、データ分析を行うには、まだまだ不十分なグラフであり、ここから読み取れる「データの傾向」はほとんどない。 「データ行」の展開とラベルの表示 アウトライン化されている表から作成したグラフの利点は、「データ行」の展開もできることである。 続いては、「データ行」(ランチ/ディナーのデータ)の表示について解説していこう。 ただし、その前準備として、「データ行」を表示したときにグラフ領域が拡大されないように設定を変更しておく必要がある(詳しくは第28回の連載を参照)。 「データ行」を表示するときは、いちどグラフの選択を解除してから、画面の左端にある「3」ボタンをクリックすればよい。 すると、グラフの表示も「データ行」を展開した状態になる。 グラフの作成コマンド• グラフの作成コマンド もちろん、このままでは様々なデータが数多く表示されているため、データ分析を行うことはできない。 そこで、売上が増加している「目黒店」に着目してみよう。 グラフ フィルターを使って「目黒店」だけのデータに絞り込む。 グラフ フィルターで「目黒店」だけを表示したグラフ これで少しは見やすいグラフになったが、横軸のラベルが「10月」「10月」「10月 集計」・・・などの表示になっており、各グラフが何を示しているのを把握しづらい。 よって、ラベル表示を拡張しておこう。 「グラフ フィルター」のアイコンをクリックし、「データの選択」をクリックする。 データの選択 このような画面が表示されるので、横軸ラベルの項目にある「編集」ボタンをクリックする。 横軸ラベルの編集 続いて、ラベルの範囲を拡張する。 今回の例では、(B列だけでなく)C列も含むようにラベルの範囲を指定すればよい。 C列もラベルに含める設定 これで、グラフの横軸にラベルを追加することができる。 ラベルの詳細が表示されたグラフ グラフ フィルターを使った詳細データの分析 ラベルの追加を行うと、「グラフ フィルター」の画面にも詳細なラベルが表示されるようになる。 よって、好きなデータだけを自在に絞り込めるようになる。 試しに、各月の「ランチ」だけをグラフに表示してみよう。 グラフ フィルターで「ランチ」のみを選択• 「目黒店」の「ランチ」だけをグラフ化した場合 このグラフを見ると、昨年の10~3月の時期に「ランチの売上」が増加していることがわかる。 それ以降は、ほぼ横ばいのデータ推移といえる。 次は「ディナー」のデータだけをグラフ化してみよう。 チェックボックスのON/OFFが少し面倒ではあるが、基本的な操作手順は「ランチ」だけをグラフ化する場合と同じである。 グラフ フィルターで「ディナー」のみを選択• 「目黒店」の「ディナー」だけをグラフ化した場合 こちらのグラフを見ると、「ディナー」の売上は1月あたりから徐々に増加していることがわかる。 これらの結果を踏まえると、同じ「目黒店」であっても「ランチ」と「ディナー」の売上が増加したタイミングが異なっている、ということが把握できる。 もしかしたら、昨年の「10~3月のランチ営業」が高評価を得て、そこで味を覚えてくれた客が「ディナー営業」にも足を運んでくれるようになったのかもしれない。 この分析結果をもとに、「では、昨年の10月以降、ランチ営業に何か変化があったのか?」などを検証していくと、売上増加の要因を突き止められるかもしれない。 このように、アウトライン化された表からグラフを作成すると、各月のデータだけでなく、詳細データの推移についても分析することが可能になる。 チェックボックスのON/OFFが少し面倒になるため、ピボットグラフの方が快適な場合も多いが、データを多方面から分析するテクニックの一つとして覚えておいても損はないだろう。 予めご了承ください。 連載一覧 第32回 第31回 第30回 第29回 第28回.

次の

エクセル(Excel)で「小計」の「集計」行だけコピーする

小計 エクセル

[データ]メニューの[集計]は、データごとの集計を手軽に作成できる便利な機能です。 最終的な表のレイアウトを気にしなければ、これほど簡単に集計表を作成できるのはうれしい限りです。 集計機能で作成した表には自動的にアウトラインが設定されます。 アウトラインを使うと、各データや小計行などをワンタッチで絞り込むことが可能です。 さて、アウトラインの[2]ボタンをクリックすると小計行だけが表示されるのですが、この状態でセル範囲を選択して別のセルにコピーすると、絞り込まない状態の全データがコピーされてしまいます。 アウトラインで絞り込んだ状態は、不要な行を非表示にしているだけですから、選択したセル範囲にはその非表示セルも含まれてしまうからです。 小計行だけをコピーするには、表示されているセルだけをコピーします。 次のように操作してください。 アウトライン機能で小計行だけに絞り込む• コピーしたいセル範囲を選択する• Altキーを押しながら「;」 セミコロン キーを押す• [F5]キーを押して表示される[ジャンプ]ダイアログボックスの[セル選択]ボタンを押し、表示される[選択オプション]ダイアログボックスの[可視セル]を選択するのと同じ機能です。 ちなみに、オートフィルタで絞り込んだ結果を普通にコピーすると、表示されているセルだけが貼り付きます。

次の

エクセルで小計を簡単に合計できるSUBTOTAL関数

小計 エクセル

計と小計と総計と合計の違い 計と小計と総計と合計の意味の違い 計と小計と総計と合計の違いを分かりやすく言うと、 どの程度の範囲で数値を合算しているかの違いです。 これらの言葉は全て、何かの値や数字、物事を合算することを表現している言葉です。 計と小計と総計と合計の順番 合算する数値の規模を大きい順に並べると、 総計>合計>小計となり、計というのは、どの言葉にも当てはめることの出来る最も簡易的な言葉であると言うことが出来ます。 上記のことを数式で考えると、数値Aと数値Bを合算したものを小計Cと呼びます。 数値Dと数値Eを合算したものを小計Fと呼びます。 この小計Cと小計Fを足したものを合計Gと呼びます。 同じようにいくつかの小計を合算した合計Hがあったとすると、合計Gと合計Hを合わせた数値を総計Iと呼ぶということです。 計は紛らわしく誤解を招く可能性あり 小計や合計、総計で表される数字の全てを「計」という言葉で表現することも可能です。 しかし、全ての表記を「計」としてしまうと、それが小計なのか合計なのか、それとも総計なのか種類がわかりません。 このような理由で、計という言葉は単純な数式においては使用されることもありますが、合計値が沢山出てくるような場合には使われません。 全ての合算値を「計」だけで表現してしまうと、数値の説明不足による混乱を招く恐れがあります。 このような場合には、「計」は使用しないようにする方が良いでしょう。 計と小計と総計と合計の使い分け方で悩んだ時には、その数値がどの程度の範囲の数値を足し合わせたものであるのかを考えるようにしましょう。 規模によって使用する言葉が違ってくるのだと覚えておくと分かりやすいです。 計の意味 計とは 計とは、 なにかの数や量を数えた際、その値を合算した答えのことを意味しています。 合計とほとんど同じ意味を持つ言葉ですが、計というのは、使用する場面によって、少し意味が変化するものです。 例えば、全体の中の一部分だけを計算した結果を示したい時に「計」という言葉を使った場合には、それは「小計」と同じような意味を持つ言葉になります。 しかし、全体を合算した結果を「計」という言葉を使って示す場合には、それは「合計」と同じような意味を持つ言葉となります。 「計」という言葉は、何かの数や量を数えた際に、その値が数値を合算したものであることを示すためにあると言うことが出来ます。 その数値が、単独のものではなく、計算された後の数字であることを示すために記される記号のようなものです。 計の類語 「計」という言葉の類語には「延べ」(読み方:のべ)という言葉があります。 これは、いくつかある物事を一つのものとして、合算して数えることを意味している言葉です。 例えば「入場者数は延べ10万人にも及びます」などのように使われます。 計という言葉もこれと同じように、なにかの数や量を全て合わせて、その結果として出た数値を表現したい時などに使われるものであると覚えておくようにしましょう。 「計」という漢字は、数や量を数えたりはかったりするという意味や、何かの物事を企てたりするという意味があります。 計という字は、ひらがなの「け」という字の元となった漢字でもあります。 計という字を使った言葉としては、重量や分量をはかることを意味する「計量」、推定して計算することを意味する「推計」、代金の支払いや勘定のことを意味する「会計」などがあります。 小計の意味 小計とは 小計とは、 全体の中にある一部分について、その数の合算値を出すことを意味しています。 言い換えると、特定の部分だけを足し算した答えが小計であると言うことが出来ます。 小計の使い方 何かの値を計算する際、いつでも全体の合算値が知りたいわけではありません。 例えば、一年間の食費を記録していたとします。 知りたい値は、もちろん一年間でどれくらいの金額を食費として使ったのかというところにあります。 しかし、一年分の金額の他にも、1月にはどのくらい使ったのか、2月にはどのくらい使ったのか、月ごとの金額が知りたい場合もあります。 その際に使われるのが「小計」です。 小計の範囲 ある特定の範囲、特定の月の金額だけを足し合わせた答えは「小計」であると表現することが出来ます。 このように、特定の狭い範囲での合算値を出したい場合、その答えは「小計」と表現することが出来るものであると覚えておくようにしましょう。 小計の「小」という漢字は、少し、わずか、規模が小さいという意味を持つ言葉です。 ここで言うところの「小」というのは、規模が小さいという意味で使われている言葉です。 小さい規模、小さい範囲の合算値のことを小計と表現します。 小計の類語 小という字を使った言葉としては、少しの違いがあることを意味する「小異」、少しばかりの知恵を意味する「小知」、わずかばかりの成功を意味する「小成」などがあります。 総計の意味 総計とは 総計とは、 全体をひっくるめて、すべてを足し算した数値のことを意味しています。 総計というのは、どこか一部分を合算した数字ではなく、全体を足した数字のことであると考えます。 総計の使い方 例えば、日本では一年間の予算を、収入予定と支出予定の全てを計算した上で組んでいます。 これを総計予算という言葉で表現しています。 このように、全ての値について、計算をしている場合に「総計」という言葉を使うのだと考えると分かりやすいでしょう。 総計の「総」という漢字は、一つにまとめることや、全体を治めること、全てであることを意味している言葉です。 多くの物事を一つに締めくくるという意味を持つ言葉であると覚えておくようにしましょう。 そのことから、総計というのは、物事の数字や量のその全てを一つにまとめた数値であると言うことが出来ます。 総計という言葉で書かれている数字は、全てが合算された数値であると理解するようにしましょう。 総計の類語 総計の類語としては、「集計」や「トータル」という言葉があります。 集計というのは、数を寄せ集めて足し算をするという意味の言葉です。 トータルも同じように、何かを全体的に合算して、総数として捉えることを意味しています。 総という字を使った言葉としては、個々のものを一つにまとめることを意味する「総括」、全体の事務や人員を統率したり監督したりすることを意味する「総監」、すべてをまとめて全体を合計した数を意味する「総数」などがあります。 合計の意味 合計とは 合計とは、 二つ以上の数値を合わせることで計算された数のことを意味しています。 類語としては、集計やトータル、総計などがあります。 合計と総計は、ほとんど同じ意味を持つ言葉だと言うことが出来ます。 合計という言葉は、総計とほとんど同じ意味を持ちますが、総計よりも一般的に使用されている言葉であると言えます。 総計という言葉よりも親しみやすく、意味が正しく伝わりやすいので、使いやすい言葉です。 合計の使い方 合計は、総計と同じように、様々な数値や物の数を全てまとめて出した数値のことを意味しています。 ただし、総計と合計が一緒に使用されている場合には、合計値Aと合計値Bを足した数字が総計ということになります。 つまり、合計という言葉は総計と一緒に使われる場合には、総計よりも小さなまとまりの総合値であると言うことが出来ます。 合計の「合」という漢字は、何かが集まったり、二つ以上のものが一緒になったりすることを意味する漢字です。 ここでは、二つ以上のものが一緒になるという意味で使われています。 合計の類語 合計と同じ意味で「合」という漢字が使われている言葉は、他にも「融合」や「総合」などがあります。 どの言葉も、複数のものが集まって一緒になるという意味を持つ言葉です。 合という字を使った言葉としては、二つ以上のものが結びついて一つになることを意味する「合成」、ずれや矛盾がない状態で前後や上下が揃うことを意味する「整合」、仲良くなったり親しみ合うことを意味する「和合」などがあります。 計の例文 6.このミュージカルは、計10回の公演が予定されている。 この言葉がよく使われる場面としては、なにかの数値や量を合算して計算した時などが挙げられます。 計というのは、単純な合算値を表現したい時に使用される言葉で、合計とほとんど同じ意味を持つものです。 表現したい数値が単純な合算値であったり、表記したい数値がひとつしかない場合などに「計」という言葉は使われます。 計という言葉は、小計という意味でも、合計という意味でも、総計という意味でも捉えられるものです。 「計」という言葉は、様々な意味で捉えることが出来てしまうため、数値が沢山出てくるような場面や、合算値が何を足し合わせたものなのか明確に理解する必要のあるような場面では、混乱を避けるためにも使わないようにするのが得策でしょう。 小計の例文 6.この制度の利用人数が、今後3年で総計5千人に満たない場合、廃止とします。 この言葉がよく使われる場面としては、全体の数値をすべて足し合わせた状態の数値が知りたい時などが挙げられます。 総計というのは、総合の合計という意味を持つ言葉で、その場にある数値の全てを合算したものを指します。 例文1のように、複数日程で開催されたイベントの総参加人数を知りたい場合などに、総計と表現したりします。 1日目から最終日までの参加者をすべて足し合わせた数が総計ということになります。 また、例文3にあるように、日本の予算というのは総計予算という方法で組まれています。 この場合、収入だけでなく支出の数値も考えに入れて、全てを予測した上で出している予算という意味になります。 合計の例文.

次の