にし かわ ウィメンズ ヘルス クリニック。 クリニックについて|Dクリニック大阪 ウィメンズ

祐天寺ウィメンズヘルスクリニック(目黒区/祐天寺駅)|ドクターズ・ファイル

にし かわ ウィメンズ ヘルス クリニック

女性が悩まされる薄毛の症状 女性の薄毛には、以下のように様々な症状があります 女性の薄毛の症状として多いのがびまん性脱毛症です。 加齢やストレスによるホルモンバランスの変化によって起こる脱毛症で、極端なダイエットや誤ったヘアケアなどでも起こります。 頭髪全体がまばらに脱毛していきますが、初期症状では抜け毛が増えることで、分け目が目立ってくるなどの傾向があります。 女性特有の薄毛の症状として、この分娩後脱毛症(産後脱毛症)があります。 産後のホルモンバランスの乱れにより一時的に発症する脱毛症です。 出産後の数ヶ月から一年ほどたった頃に薄毛に悩む女性が多く見られます。 牽引(けんいん)性脱毛症 髪を結ぶなど髪が強く引っ張られる状態が日常的に続き、頭皮に負担がかかって起こる脱毛症です。 ポニーテールやアップヘアなどによって、髪の分け目やこめかみ部分、額の生え際などが薄くなるケースが多く見られます。 ストレスやアレルギー疾患などが原因で起こると言われていましたが、最近は免疫機能の異常という説があり、まだメカニズムや治療法の確立していない脱毛症です。 文字通り、脱毛箇所は円形のイメージを持たれがちですが、楕円形やそれ以外のこともあり、数も1つではなく複数だったり、拡大する場合もあります。 前触れがなく、一気に髪が抜けて、局所的にツルツルになるのが特徴です。 長髪の女性の場合は、最初自分では気が付かず、美容師の方や家族から指摘されて気が付くこともあるようです。 抜け毛が増えたと感じたら、確認してみることをおすすめします。 症状の確認がされた時や、また確信が持てず不安な時も、当クリニックにご相談ください。 女性の薄毛の原因 女性にはがあります。 男性とは違ういくつもの要因が複合的に絡み合っていることも多く、それらを見つけ出し、患者様一人ひとりに合った治療を施すことが重要です。 それにより効果的な薄毛治療をすることができます。 女性の薄毛の悩みの原因として多いのは、ホルモンバランスの変化によって起こる抜け毛や薄毛です。 しかしその要因を見てみれば、ライフスタイルの多様化に伴い、多岐に渡ります。 ヘアケア商品による頭皮トラブル、ストレスや過度なダイエット、そして、出産や更年期障害などのライフステージの移り変わりや、加齢によって起こるホルモンバランスの変化なども大きな要因になります。 これらの様々な要因が複数重なり合うことで薄毛の症状が見られる場合があり、女性の薄毛は自己判断で対処し、改善するのは難しいことが多いようです。 女性の薄毛治療 近年は、育毛剤や発毛剤も市販されていますので、まずはご自分で試してみる方も増えています。 しかし、女性の薄毛は様々な要因が重なりあって発症する場合が多く、その複数の要因を特定し適切な対処をすることはなかなか難しいものです。 Dクリニック大阪 ウィメンズでは、まずはお気軽にご相談ができるよう無料カウンセリングをご用意しております。 カウンセリングのうえ、患者様の症状に合わせた治療内容や、治療にかかる費用、治療の期間についてなどのご説明をさせていただきます。 疑問に思われていることは全て解消出来るよう、しっかりとお話をお伺いさせていただきます。 無理な勧誘や契約はございません。 ご納得いただき、ご希望の方のみ治療のご案内をさせていただきます。 髪の悩みは個人個人で違います。 髪に悩みを感じ始めたら、まずはお気軽にご相談ください。 薄毛治療専門クリニックのメリット 薄毛治療は、一般病院・専門病院などさまざまな医療機関で受けることができますが、一般の病院(皮膚科や内科など)での治療は男性型脱毛症(AGA)にしか対応していないことも多く、女性特有の薄毛治療へのアプローチは難しい場合もあります。 Dクリニック大阪 ウィメンズは、女性の抜け毛・薄毛の症状に合わせた内服薬・外用薬の処方や、女性特有のライフイベントを考慮した治療など、女性に特化した抜け毛・薄毛治療を行っております。 発毛には時間がかかることもありますが、治療経験の豊かな薄毛治療専門クリニックの医師が、総合的な抜け毛・薄毛の治療を、患者様一人ひとりに合わせてご提供いたします。

次の

ウィメンズヘルスクリニック東京の評判・口コミなど徹底解説!

にし かわ ウィメンズ ヘルス クリニック

おすすめポイント• 月・火曜は8時から、木曜は19時30分まで診療 月・火曜日の午前は8:00から診療、通勤通学前に受診できます。 また、木曜日は19:30まで、金曜日は19:00まで診療。 お仕事帰りにも通院しやすいクリニックです。 緊張せず相談しやすい雰囲気のクリニックです クリニック内は、白と木目を基調とした居心地のよい空間です。 緊張せずにどのようなことでも相談しやすい雰囲気のクリニックなので、気軽に通院することができます。 月経痛のお悩みに低用量ピルの処方もしています 「月経困難症」でお悩みの方に対して、保険適用の低用量ピルを使った治療にも対応しています。 月経の痛みや不順など、月経に関するさまざまなお悩みを相談できます。 祐天寺ウィメンズヘルスクリニックでは、まずは患者さまのお話を聞くことを心がけています。 ひとつの症状に対して、治療方法はいくつかあるケースがほとんどです。 患者さまの生活習慣や考え方に合わせて、適した治療方法を選んでいくことが大切だと思っています。 患者さまとコミュニケーションをはかり、相談しながら、患者さまのライフスタイルに合った治療方法を提案していくのが、当クリニックの治療方針です。 卵巣腫瘍(しゅよう)、子宮頸(けい)がん、子宮内膜症などの病気は、若い方でも発症する可能性があります。 卵巣腫瘍や子宮頸がんは、早期の段階では自覚症状がないことも多いため、年に1回は検診をおすすめします。 料金は料金表をご確認ください。 4Dエコー検査の映像は、インターネットを使ってダウンロードしていただけますので、遠方にお住まいのご家族にもご覧いただくことが可能です。 また、妊婦健診とは別に4Dエコー検査のみの受診にも対応しています。 4Dエコー検査のみ行う際は、検査のお時間は約20分で、USBメモリに保存した動画とお写真をお渡ししています。 当クリニックは、おむつ交換台や授乳スペースも備えています。 お子さま連れの方も、お気軽にご来院ください。 診療案内ページの料金表をご確認ください。 医師として、力を入れて学んだことは何ですか? その理由も教えてください。 学生のとき、実習で出産を見て大変感動したことが、産婦人科の医師を目指すことになったきっかけです。 その後、勤務医時代にも多くの妊婦さまと関わり、お産に携わってまいりました。 その中で、多くのことを学び、「日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医」の資格も取得いたしました。 現在は、妊婦さまに限らず、幅広く女性の健康をサポートしていきたいと思っています。 クリニックにはどんなお悩みを持った患者さまがいらっしゃいますか? この地域や東横線沿線にお住まいの方が、妊婦健診にいらっしゃるケースが多いです。 出産は別の医療機関で、妊婦健診は近所の当クリニックに通われる方が多いですね。 婦人科系で多いのは、生理痛をはじめとする月経のお悩み、デリケートゾーンのかゆみ、おりものについてのご相談でご来院される患者さまです。 お薬の処方だけをご希望される患者さまもいらっしゃいます。 「お薬だけもらいに来てもいいんですか?」と質問されることがあります、通いやすいクリニックを目指していますので、どんなご相談でもお気軽にご来院いただけると嬉しいです。 皆さまにご相談いただくためにクリニックはあります。 どのようなお悩みでも、ご相談いただければと思っております。 説明・カウンセリングで重視していることはありますか? 患者さまにご理解いただくことが大切ですので、説明はできる限り時間をかけて行っています。 パンフレットもご覧いただきながら、わかりやすく説明するようにしています。 また、オンラインで夜間の質問にも対応しています。 夜間に、何かご不安なことやご質問がありましたら、ご相談いただければと思います。 待ち時間を少なくするために工夫されていることはありますか? 当クリニックでは、待ち時間を軽減するためネット予約・受付システムを導入しています。 予約システムを導入した当初は、待ち時間が発生してしまう日もあったため、診療内容ごとにかかる時間の統計を取り、予約枠の見直しを行いました。 現在は、ご予約いただいた時間枠の中で、ほぼお待ちいただくことなくご案内ができているかと思います。 直接ご来院いただいた場合には、状況によっては待ち時間が発生してしまうことがありますので、時間をずらしてご来院いただくようご案内する場合もございます。 今後力を入れていきたいと考えている治療について理由と共に教えてください。 月経痛をはじめとする、月経に関する治療に力を入れていきたいと考えています。 低用量ピルは、月経困難症の治療にも使用されます。 日本ではまだあまり普及していませんが、月経痛の治療薬として保険が適用される低用量ピルもあります。 きちんとご説明をした上で服用いただいた結果、月経痛が楽になられた患者さまが多いので、低用量ピルについての正しい知識も広く伝えていけたらと考えています。 月経痛は、「痛いのが普通だからクリニックに相談するほどの病気ではない」と我慢している方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ひどい月経痛で、周囲から受診をすすめられてご来院されるという方もいらっしゃいます。 「つらい」と思われたら、我慢せずにご相談いただけたらと思います。 院内のデザインや空間でこだわったところがあれば教えてください。 妊婦さまも患者さまも、ゆったりとリラックスできる空間にしたいと思い、クリニックっぽくないデザインにいたしました。 待合スペースのいすも、なるべく居心地よく座っていただけるようなものを選びました。 貴院のスタッフの自慢できる点を教えてください。 当クリニックのスタッフは、年齢層が幅広いので、さまざまな患者さまに柔軟な対応ができるかと思います。 また、助産師のスタッフもおり、出産経験のあるスタッフもいますので、妊婦さまに対してさまざまなアドバイスが可能です。 不安や疑問がありましたら、お気軽にスタッフにご質問いただければと思います。 地域の医療貢献のために取り組んでいることがあれば教えてください。 通いやすい立地にあり、待ち時間も少なく受診していただけるので、妊婦健診では地域の皆さまに貢献できているのではないかと思います。 妊婦さまだけではなく、婦人科のお悩みに関しても、地域の皆さまのお役に立ちたいという思いからクリニックを開業いたしましたので、どのようなお悩みでもいらしていただけると嬉しいです。 現在も診療のほか、からだづくりの教室を開いていますが、今後は食事会のように、地域の妊婦さまが交流できる場を設けたいと考えています。 入院や出産の施設のある医療機関では、妊婦さま同士が交流する機会もあるのですが、妊婦健診だけだとなかなか仲良くなっていただくのが難しいのではないかと思います。 今後、お子さまの保育施設が一緒になり、地域の中で交流が続いていくかもしれませんので、妊婦さま同士のつながりを作れないかと画策しています。 健康上で、気を付けていることがあれば教えてください。 健康を維持するために、昼休みでも何もないときはフィットネスジムに通っています。 もともと身体を動かすのは好きだったのですが、運動を続けていると体調がいいですし、走ったり泳いだりしていると、そのことだけに没頭でき、ストレスの発散にもなっています。 最近、嬉しかったことを教えてください。 ジムのほか、スイミングにも通っています。 最近、少し速く泳げるようになったことが、嬉しかったですね。 トライアスロンをやっているので、その一貫として水泳も続けています。 特に目標タイムは決めていないのですが、目指そうと思えば、いくらでも高みを目指すことができるので、水泳も少しずつタイムを上げていきたいと思っています。

次の

《受付予約可》 祐天寺ウィメンズヘルスクリニック(目黒区

にし かわ ウィメンズ ヘルス クリニック

遺伝カウンセラーだより、はじめました 2019. 15 はじめまして!認定遺伝カウンセラーの鷹巣 タカス です。 クリニックでは主に出生前診断におけるカウンセリングを担当しています。 いつもは受付にいますので皆さんとは顔なじみ ? ですね。 月に1~2回の頻度で出生前診断や遺伝のこと、はたまた全然関係ないこと等をつぶやいていきますので、お付き合いください。 さて皆さんは 「認定遺伝カウンセラー」という職業をご存知でしょうか。 認定遺伝カウンセラー倫理綱領によると、 「遺伝医学やカウンセリングの知識と技術をもって、医療や社会に貢献することを目指して創設された専門職」だそうです。 (日本認定遺伝カウンセラー協会 ) なんのこっちゃ、って感じですね。 余り難しく考えずに、出生前診断を含めた妊娠出産にかかる悩みや不安などを吐き出していただいて、話したり、情報を得たりすることによって安心感を持ち帰っていただくお手伝いができれば、と思っております。 全国で243名 2018. 12月現在 しかいない希少生物ですが、どうぞお気軽にお声かけ下さい。 骨盤臓器脱とは 2019. 16 骨盤臓器脱は、骨盤の中にある臓器である、腟、子宮、膀胱、直腸などが腟から下がって身体の外に出てくる病気です。 図に示すように、正常では子宮や膀胱、腟は腹圧に抵抗して靱帯と呼ばれる支持装置で骨盤内に収まっています。 この支持装置が、分娩や腹圧がかかることで傷がついたり、伸びてしまうことでこれらの臓器が下がってくると考えられます。 下がってくる臓器が子宮の場合は子宮脱、腟の前側が下がってくる場合はその中に膀胱が入っているため膀胱脱、腟の後ろ側が下がってくる場合は直腸脱と呼ばれます。 「腟に何かが挟まっている感じ」「ピンポン球のようなものが飛び出ている」「おしっこが漏れる」などの症状が出てきます。 20才から59才までの女性の約30%、50代の女性の約55%、出産経験者の44%が、何らかの骨盤臓器脱の症状があります。 軽症の場合は、骨盤底筋体操やリハビリで改善します。 それでも改善しない場合はペッサリーなどをいれて下がっている臓器を支える方法や手術療法が必要となります。 子宮頸がんHPV検査調査協力についてのお願い 2019. 10 子宮がん検診のため受診された患者さまへのお願いです。 ヒトパピローマウィルス(HPV は子宮頸がんの原因ウィルスです。 子宮頸がんやその前がん病変である異型上皮の多くから検査によりHPVが検出されます。 子宮頸がん検診として従来から行われている細胞診にHPV検査を併用することで、がんや異型上皮の検出感度が上がり、より多くのがんや異型上皮を見つけることができるようになります。 この度、当クリニックでは子宮頸がんHPV検査調査協力を行うことになりました。 先着100名様まで限定となりますが、2019年10月まで、がん検診を行う患者さまで希望される方には無料でHPV検査を行います。 ご協力いただいた方には2000円のQUOカードを差し上げます。

次の