フォトショップブラシツール。 Photoshopでまずダウンロードしておきたい無料ブラシ素材50個セットまとめ

フォトショップ・ブラシツールの使い方【初心者用】

フォトショップブラシツール

Photoshopにはデフォルトで様々なブラシが入っています。 描画以外の目的で使用するペイントツールもあります。 そのブラシの種類の一つがエアブラシです。 今回は、エアブラシの使い方を紹介していきたいと思います。 Photoshopのエアブラシの使い方 ツールバーからブラシツールを選択します。 メニューバーのウィンドウの中から、ブラシを選択します。 ブラシツールのウィンドウです。 右上の枠の中に様々なブラシが表示されているので、ここからエアブラシを選択します。 ブラシを選択したら、その下の画像の部分でブラシの基本設定を行います。 直径でブラシのサイズを、その他にも硬さ・歪み・粒子の粗さ・はねのサイズ・はねの量・間隔などを調整できます。 更に、その下はブラシを使って描画した時のプレビューが表示されています。 設定を変更するとリアルタイムで反映されるので、描画してみる必要なくブラシの設定を確認することができます。 また、左の項目を選択することで更に詳細なブラシの設定を行うことができます。 実際に描画してみました。 プレビューのようになってますね。 いくつかの設定を変更してみたものです。 同じブラシでこれだけ変化を出せます。 右上のメニューから設定を消去することもできます。 紹介しきれないくらい様々な設定の組み合わせが可能です。 自分の表現したいデザインに合わせてプレビューを利用しながら最適な設定を見つけて使ってみてください。 まとめ Photoshopのエアブラシの使い方について紹介しました。 既存のブラシでも、設定を少し変えるだけで使いやすいブラシを作ることができます。 また、雪の結晶や光などのオブジェクトを模ったようなブラシも、反転や回転の操作をするだけでぐっと使える幅が広がるでしょう。 以下にブラシに関する記事を紹介するので、参考にしてみてください。

次の

フォトショップでブラシツールが使えなくなりました

フォトショップブラシツール

ツールオプションで、必要に応じてブラシツールのオプションを設定をすることができます。 ブラシメニュー ブラシカテゴリーを選択し、使用するブラシのサムネールを選択して、ブラシ先端を設定します。 エアブラシモード エアブラシ機能を有効にします。 徐々に変化する色調を画像に適用することによって、エアブラシのような効果を作り出します。 サイズ サイズのスライダーをドラッグするか、テキストボックスにサイズを入力して、ブラシのサイズをピクセルで設定します。 不透明度 不透明度のスライダーをドラッグするか、値を入力して適用するペイントの不透明度を設定します。 不透明度を低く設定すると、ペイントストロークの下のピクセルが透けて見えます。 モード 適用するペイントが画像内の既存のピクセルにどのように合成されるかを指定します。 ブラシ設定 ストロークの間隔や、サイズ、カラー、散布の密度などを設定することができます。 タブレット設定 マウスではなく筆圧感知タブレットを使用する場合にタブレットを制御するためのオプションを設定します。

次の

デザイナーが愛用したい!すごいPhotoshop無料ブラシ素材35個まとめ 2016年2月度

フォトショップブラシツール

ツールオプションで、必要に応じてブラシツールのオプションを設定をすることができます。 ブラシメニュー ブラシカテゴリーを選択し、使用するブラシのサムネールを選択して、ブラシ先端を設定します。 エアブラシモード エアブラシ機能を有効にします。 徐々に変化する色調を画像に適用することによって、エアブラシのような効果を作り出します。 サイズ サイズのスライダーをドラッグするか、テキストボックスにサイズを入力して、ブラシのサイズをピクセルで設定します。 不透明度 不透明度のスライダーをドラッグするか、値を入力して適用するペイントの不透明度を設定します。 不透明度を低く設定すると、ペイントストロークの下のピクセルが透けて見えます。 モード 適用するペイントが画像内の既存のピクセルにどのように合成されるかを指定します。 ブラシ設定 ストロークの間隔や、サイズ、カラー、散布の密度などを設定することができます。 タブレット設定 マウスではなく筆圧感知タブレットを使用する場合にタブレットを制御するためのオプションを設定します。

次の