オクラ 豆腐 サラダ。 セブン『長芋とオクラの豆腐サラダ』食べてみたよ!((´∀`*))│とりぷるセブン

オクラと納豆の人気レシピ1位!丼・サラダ・うどん・パスタなど

オクラ 豆腐 サラダ

スパイス香る衣の中に、ほんのりきなこの香りも。 【2】ボウルに【A】を順に入れて混ぜ合わせる。 【3】【1】に【2】の衣をつけ、180度の油で揚げる。 衣がおいしそうに色づいたらOK。 教えてくれたのは カノウユミコさん 野菜料理研究家。 鳥取県の専業農家に生まれ、生来の野菜好き。 高校時代から自然食に興味を持ち、ベジタリアン料理・精進料理を研究。 現在は鳥取に住み、自ら野菜を自然栽培。 東京でも毎月、野菜料理教室を開催している。 『めばえ』2017年7月号 【2】納豆オクラうどん ネバネバだからうどんによく絡みおいしい。 オクラはゆでて小口切りにする。 【2】納豆、添付のたれ、【1】、【A】をよく混ぜ合わせる。 【3】うどんをゆでて、冷水にとり、水けをきる。 【2】で和える。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室 Assiette de KINU」を 主 宰。 男の子のママでもある。 『ベビーブック』2012年6月号 【3】とろとろ卵あんかけうどん オクラのネバネバがうどんによく絡みます。 鶏ひき肉の卵とじはお出汁が効いてとってもおいしい。 鶏ひき肉は直径1cmに丸める。 卵は溶く。 【2】鍋に【A】を入れて中火で煮立たせ、鶏ひき肉を加えて火が通ったら、混ぜ合わせた【B】を加えて混ぜ、とろみをつける。 卵を少しずつ加えて混ぜ、オクラを加えてサッと火を通す。 【3】うどんは半分の長さに切ってサッとゆで、流水で洗って、水けをきる。 器に盛って、【2】をかける。 教えてくれたのは 鈴木 薫さん シンプルでおいしい実用的なレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 ささみを裏返して1分加熱し、そのまま冷まし、ほぐす。 汁はとっておく。 【2】オクラはラップに包み、電子レンジで50秒加熱して、小口切りにする。 【3】玉ねぎとパプリカは1cm角に切り、オリーブ油を熱したフライパンで炒め、塩をふる。 【4】冷凍うどんをゆでて水で洗う。 【5】【B】と【1】の残り汁を合わせ、【4】を加えて混ぜ、器に盛る。 【1】の蒸し鶏、【2】、【3】をのせる。 教えてくれたのは 祐成二葉さん 祐成陽子クッキングアートセミナーのメイン講師。 男の子のママで、子育ての日常をつづったブログも人 気。 『ベビーブック』2011年8月号 【5】昆布茶スープうどん 昆布茶と塩昆布のあっさり味付けが飽きの来ないおいしさ。 夏野菜たっぷり。 オクラはゆでて小口切りにし、ミニトマトとたくあんは1cm角に切る。 【2】鍋に分量の水で湯を沸かし、昆布茶を溶き、うどんを入れてサッと煮る。 【3】器に【2】を盛り、【1】と塩昆布をのせる。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室 Assiette de KINU」を 主 宰。 男の子のママでもある。 ちくわにオクラを詰めて小口切りにする。 ヤングコーンも小口切りにする。 ゆで卵は半分に切る。 納豆はよく混ぜる。 【2】そうめんは半分に折って表示に従ってゆでる。 【3】器に【2】を盛って【1】をのせ、混ぜ合わせた【A】をかけ、のりをあしらう。 教えてくれたのは みないきぬこさん 女子栄養大学を卒業後、料理研究家のアシスタントを経て2007年独立。 料理家、フードコーディネーターとして幅広い分野で活躍中。 女の子のママ。 『めばえ』2014年8月号 【7】肉みそとオクラのぶっかけそうめん ねぎやしょうがを加えた肉みそで夏のスタミナ補給に。 肉みそは余ったら冷凍保存(1週間程度)をして、再利用しましょう。 フッ素樹脂加工のフライパンに豚ひき肉とともに入れて中火で炒め、脂が出てきたらペーパータオルで吸い取り、【A】を加 えて炒め合わせ、混ぜ合わせた【B】を加えてとろみをつける。 【2】オクラは塩少々(分量外)をふって 板ずりし、塩とウブ毛を洗い流す。 【3】沸騰した湯で【2】を1~2分ゆでて水 にとり、続いてそうめんを表示時間ど おりにゆでて冷水で冷やす。 オクラは 縦半分にしてから5mm幅に切る。 【4】器に【3】と【1】を盛り、コーンを散らし、麺つゆをかける。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バラ ンスのいいレシピが人 気。 女の子のママ。 『ベビーブック』2016年8月号 【8】かにかまぼこ、オクラ、えのきのふりかけパスタ シンプル和風味が食べやすい。 ふりかけを掛けると色味が増えて見た目もキレイ。 かにかまは長さを半分に切り、粗くほぐす。 オクラはヘタを切り落とし、小口切りにする。 えのきは長さを半分に切って、手で粗くほぐす。 【2】鍋(またはフライパン)に【A】を入れて混ぜ、パスタを加えてふたをし、中火にかける。 ときどき混ぜ、パスタの表示時間どおりに蒸し煮にする。 【3】ふたを取り、かにかま、オクラ、えのきを加えて1~2分煮る。 水分が深さ1cmほどになり、パ スタが好みの硬さになったら火を止める。 ふりかけとバターを加えて手早く混ぜる。 教えてくれたのは 村田裕子さん 管理栄養士・料理研究家。 イタリア他、ヨー ロッパ各地で家庭料理を学ぶ。 管理栄養士の資格を生かした健康指導も行う。 ヘルシーで、簡単で、センスのいいレシピが人気。 『ベビーブック』2017年8月号 【9】焼き鳥と炒り卵の和風ピザ 缶詰を使って手軽に照り焼き風に。 市販の生地でも代用可。 そのまま焼いてください。 オクラは小口切りにする。 【2】ピザ生地にトマトソースを塗り、焼き鳥と【1】を散らす。 教えてくれたのは 飛石なぎささん 3人のお子さんのママ。 個人でギャラリーも経営しており、その忙しい生活から生まれた、簡単で、パパッと作れて、子どもが喜ぶレシピが人気。 『めばえ』2013年12月号 【10】豚しゃぶトッピングカレー 肉と野菜をサッとゆでて、上に散らすさっぱりカレー。 色味のある野菜を載せててもかわいらしい。 トマトは2cm角に切り、黄パプリカは好みの型で抜く。 オクラは小口切りにする。 【2】鍋に【B】を入れて中火で熱し、玉ねぎとじゃがいもを加えて炒め、しんなりしたら【A】を順に加えてそのつど炒める。 水3カップを加えて全体を混ぜ、ふたをずらしてのせて10分ほど煮る。 塩で味を調える。 【3】鍋に湯を沸かし、オクラとパプリカをサッとゆでて水にとり、オクラは小口切りにする。 同じ湯で豚肉をサッとゆでる。 【4】器にご飯と【2】を盛り、【3】とトマトを散らす。 教えてくれたのは みないきぬこさん 女子栄養大学を卒業後、料理研究家のアシスタントを経て2007年独立。 料理家、フードコーディネーターとして料理雑誌や広告、メニュー開発など、幅広い分野で活躍中。 女の子のママ。 肉巻きにしてオクラの星形を強調して。 【2】豚肉に小麦粉をふり、【1】を端にのせてクルクル巻く。 巻き終わりをしっかりと押さえ、全体に小麦粉をふる(薄い肉や短い肉は2枚重ねても)。 【3】フライパンにサラダ油を熱し、【2】の巻き終わりを下にして焼き、ふたをして、途中転がしながら火を通す。 【4】【3】のフライパンの余分な脂を拭き取り、【A】を加えて煮からめる。 食べやすい大きさに切る。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二児のママ。 『ベビーブック』2014年5月号 【2】オクラとにんじんの肉巻き にんじん、オクラが柔らかく、甘辛味で野菜も食べやすい。 【2】豚肉に塩、こしょうをふって広げ、オクラのまわりににんじんがくるように置いて端から巻き、塩、こしょう、小麦粉をまぶす。 【3】フライパンにサラダ油を熱して、【2】を転がしながら焼き、【A】を加えて照り焼きにする。 小さく切る。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネータ ー、飾り巻き寿司インストラクター1級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理や、かわいいお弁当レシピが人気。 『ベビーブック』2011年10月号 【3】いろいろなもので巻く!ちくわとオクラの卵巻き お弁当や大人のおつまみにも。 オクラ、ちくわ、卵の3重巻きは見た目もとてもきれい。 【2】卵とめんつゆを合わせて溶き、サラダ油を熱した卵焼き用のフライパンに半量を流し入れる。 【1】を1本のせて端から巻きながら焼く。 同様にもう1本作る。 粗熱がとれたら切り分ける。 教えてくれたのは ほりえ さちこさん 栄養士、フードコーディネ ーター、飾り巻き寿司インストラクター1級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理や、かわいいお弁当レシピが人気。 【2】【B】はそれぞれ星型で抜く。 絹さやは筋を取って塩ゆでし、1枚を半分の長さに切る。 それぞれの切り口はVの字に。 【3】オクラは塩ゆでしてヘタを落とし、5mm幅に切る。 ヘタを取ったミニトマト、うずらの卵は横半分に切る。 【4】【1】と【3】を混ぜ合わせて弁当箱に盛る。 【2】で流れ星を作って並べ、のりで顔を完成させる。 教えてくれたのは 中村陽子さん 料理研究家。 味はもちろん、見た目の美しさも重要視したオリジナル料理が人気。 持ち前の美的センスと器用さを活かしたモチーフ料理に定評があり、書籍も多数。 一男一女の母で、長女・陽ららちゃんは本特集のモデル。 『めばえ』2016年6月号 サラダやスープなど副菜|オクラレシピ 【1】たらの唐揚げサラダ やわらかいたらを子どもの好きな唐揚げに。 一品でメインのおかずにもなる唐揚げサラダ。 トマトは角切りにする。 レタスはちぎる。 【2】たらは骨を除いてそぎ切りにし、【A】をもみ込んで5分おき、片栗粉をまぶす。 フライパンにサラダ油を多めに熱し、両面を揚げ焼きにする。 【3】器に【1】と【2】を盛り、ごまをふってドレッシングをかける。 教えてくれたのは 山本ゆりさん 学生時代から料理ブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」をスタート。 『syunkonカフェごはん』などの著書は計350万部の大ヒット中。 二児の母。 【2】【A】を順に加えて炒め、塩麹を加えて混ぜ、フタをして野菜が柔らかくなるまで加熱する。 【3】塩、こしょうで味を調える。 器に盛ってイタリアンパセリ(分量外)を適量飾る。 教えてくれたのは カノウユミコさん 野菜料理研究家。 鳥取県の専業農家に生まれ、生来の野菜好き。 高校時代から自然食に興味を持ち、ベジタリアン料理・精進料理を研究。 現在は鳥取に住み、自ら野菜を自然栽培。 東京でも毎月、野菜料理教室を開催している。 水洗いして輪切りにする。 【2】鍋にだし汁とわかめを入れて中火にかけ、煮立ったらオクラを加える。 サッと煮たらしょう油を加えて混ぜ、一旦火を止める。 よく混ぜ合わせた【A】を回し入れて混ぜ、再び中火で混ぜながらとろみをつける。 【3】溶いた卵を回し入れ、ゆっくりとかき混ぜる。 教えてくれたのは 松尾みゆきさん 管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。 プライベートでも、二児の母として、幼児がすすんで食べるおいしさと栄養にこだわったメニューを日々考案している。 『めばえ』2018年7月号 【4】長いもとオクラのトロトロみそ汁 すり下ろした長芋がトロトロで、口あたりがよくて飲みやすい味噌汁。 オクラをアクセントに。 【2】鍋にだし汁を入れて火にかけ、沸騰したらオクラを加えて1分ほど煮る。 弱火にしてみそを溶き入れ、長いもを加え、再び煮立ったらすりごまをふる。 教えてくれたのは コウケンテツさん 料理研究家である母・李映林さんのアシスタント後、独立。 韓国料理を中心に、素材の味を生かしたヘルシーなメニューが人気。 二児のパパ。 玉ねぎは粗みじん切りにし、ミニトマトは4等分する。 【2】フライパンにサラダ油を中火で熱し、しょうがを炒めて香りが出てきたら合びき肉、玉ねぎを加えて3分炒め、豆腐を加えてひと混ぜする。 【3】火を止め、刻んだルウを入れて溶けたら【A】を加え、再び中火で混ぜながらミニトマトを加えて3分煮る。 【4】器にご飯と【3】を盛り、コーンを散らし、ゆでたオクラをのせる。 教えてくれたのは 青木 恭子さん 小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。 2つの保育園に7年間栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌から商品パッケージ、WEBなどで活躍。 『ベビーブック』2012年8月号 【2】ミックスフライ(卵・乳製品・小麦なし) 衣におせんべいやおからを使ってカリッと揚げる。 旬の野菜を揚げて、野菜のおいしさを味わいましょう。 おからは弱火で5分ほど、ふんわりするまで空炒りして冷ます。 【2】【A】に塩、こしょう、コーンスターチ、混ぜ合わせた【B】、せんべいまたはおからの順に衣をつける(手でしっかり衣を押さえる)。 *好みでソースを添える。 せんべいの場合、原料のしょうゆに小麦使用もあるので注意。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 2人の女の子のママ。 「複数の食物アレルギーがある長女のために、家族みんなで食べておいしい料理作りを試行錯誤してきました。 その中から、ずっと作り続けている、わが家で人気のレシピを紹介します」 『ベビーブック』2011年4月号.

次の

豆腐・トマト・オクラ・おかかの和風ドレッシングサラダ★夕食夕飯献立おかずレシピ

オクラ 豆腐 サラダ

一年中食べることのできる野菜、オクラ。 旬は夏ですが、外国産のものも出回っているため、私たちはいつでも買って食べられる食材のひとつです。 茹でてから調理するレシピが多くありますが、実は生でも食べることができる万能な食材です。 オクラは粘り気があるのが特徴ですが、緑黄色野菜で栄養価が高く、ビタミンB群、C、Eなど美容に良いビタミン類も多く入っています。 抗酸化作用が高いので細胞を活性化してくれて肌の老化を防ぎアンチエイジング効果も期待できます。 オクラのレシピはたくさんありますが、実際作るときには毎回レシピが限られることはありませんか。 オクラをふんだんに使ったサラダで健康も美しさも手に入れましょう。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 こちらは材料をまとめて切って、和えるだけでできるサラダです。 茹でたおくらを小さめに切り、トマトは2〜3センチ程度きゅうりは細切りにします。 ごま油、塩、しょうゆを混ぜて、中華風ドレッシングを作っておきます。 切った野菜を混ぜ合わせ、中華風ドレッシングをかけたら完成です。 食べる直前にドレッシングをかけるときゅうりのシャキシャキ食感を楽しめます。 鍋でお湯を沸かし、オクラを茹でていきます。 茹で上がったらオクラを取り出し冷まします。 オクラを茹でたお湯で構わないので、そのまま豚肉を茹でます。 白くなり火が通ったらお湯からあげ、粗熱をとります。 プチトマトを食べやすい大きさに切り、レタスは手でちぎってお皿にのせてオクラ、豚肉をのせれば完成です!ポン酢につけながら食べてみてください。 独特のネバネバした食感が特徴的なオクラ。 夏バテ防止やスタミナ補給に効果があるとされ、夏になったらぜひとも食べたい野菜です。 緑黄色野菜なのでその他の栄養も満点。 南国出身の夏野菜で、旬の時期は6月~8月。 鹿児島県で最も多く栽培されています。 輪切りにした時の断面が星型なのも可愛らしく、トッピングとしても目を楽しませてくれます。 栄養価が高くてネバネバがおいしく、見た目にも可愛らしいオクラですが、いざ料理しようとするとお浸しくらいしか思いつかない人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、オクラを120%活用できるレシピについてまとめました。 オクラのおかず、和え物・おひたし、麺・パスタ、スープ・汁物のカテゴリに分けてたっぷり紹介します。 ねばねば系の野菜の代表格がオクラです。 オクラは夏野菜で、夏バテや冷たいものの食べ過ぎで弱った胃を回復する効果があります。 オクラに含まれるぬめりの成分はガラクタン・アラバン・ペクチン、といった食物繊維になります。 特にペクチンは整腸作用を促し、腸内の善玉菌を増やしてくれます。 体にいい栄養素を含んだオクラは和食にもよく合い、独特の形が料理のアクセントにもなります。 ねばりがある以外には特に臭みなどなく食べやすい野菜なので、料理に取り入れたい野菜です。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特の形がおしゃれなオクラは、料理のアクセントにぴったりの野菜です。 カットすると可愛らしい星型で、七夕の料理にもよく使われます。 オクラは独特の粘りがありますが、このねばねばはペクチンと呼ばれ粘膜を保護して細胞の活性化に役立ちます。 オクラはアフリカが原産で暑さに強く、夏を代表する野菜として知られています。 他の夏野菜と一緒に食べると、さらに栄養バランスよく食べられますよ。 独特のねばねばがある以外は味や臭いに癖がなく、どんな料理にも合わせやすいです。 今回はオクラを使った煮る料理を紹介しています。 ぜひオクラを使う際は参考にして下さい。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特な形がユニークなオクラは、料理のアクセントにもなるおしゃれな雰囲気の野菜です。 オクラをカットすると星型のような可愛い形で、七夕の献立にもよく使われますね。 ねばねばとした食感がありますが、味や臭いにくせがなく食べやすいのが特徴です。 オクラは元々アフリカ大陸の植物で、暑い国から来た野菜なので旬の時期も夏になります。 オクラのねばねばはペクチンと呼ばれ、水に溶けるタイプの食物繊維で細胞の活性化に役立つと言われています。 オクラはさまざまな料理に使われますが、今回はオクラを蒸すレシピを厳選して紹介します。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 夏を代表する野菜と言えばオクラ。 アフリカ原産の野菜で、独特の形と粘りが特徴で、カットすると星型に見えるので七夕の料理にもよく使われます。 硬さがあるので火を通して使い、湯がいて冷水でしめてサラダに使うこともできます。 そのまま一本丸ごと使うこともでき、揚げ物、炒め物などあらゆる料理に使えてアクセントになります。 オクラの粘りはアラバン・ガラクタン・ペクチンなどの食物繊維で、ペクチンには整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。 料理に一つ添えるだけでおしゃれな仕上がりになる、とっても便利な野菜です。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

オクラとトマトの組み合わせレシピ6選!サラダ、スープが人気の夏定番?

オクラ 豆腐 サラダ

鍋やフライパン、包丁、まな板などは毎日使う物だから 使い易い物が良いですよね。 今は可愛くて便利、オシャレで性能の良い物が沢山あります。 鍋や中華鍋,圧力鍋,土鍋などは長く使える物なので 値段が高くても良い物を使うのが良いと思います。 毎日の料理を快適に、楽しくしてくれそうなお役立ちキッチングッズをイロイロと紹介しています。 サラダ、といえばかかせないのがサラダボールやサラダスピナーなどのキッチンツールです。 サラダボールはどこの家庭にも1つや2つあるものですが、サラダスピナーは案外持ってない方も結構いるのでは、と思います。 サラダスピナーは水洗いしたレタスやキャベツなどの野菜を手早く水切りすることが出来、一個あるととても便利です。 サンドイッチなどにレタスを挟む時も水っぽいとパンまで湿っぽくなり美味しくないですよね。 サラダスピナーはOXOやPyrex パイレックス などのサラダスピナーが有名です。 ちなみにサラダスピナーの「スピナー」とは「回転する」という意味です。 夕食のおかず. com〜japanese food recipe〜 オクラの見分け方 緑が濃く、うぶ毛がびっしりと生えていて、小ぶりのものが良いです。 育ちすぎて 大きくなりすぎたものは、苦味がある場合があります。 オクラの旬は夏で、オクラのネバネバには整腸作用があり、カロチン、各種ビタミンも豊富です。 美味しいトマトの見分け方 赤い色が濃く、固さがあるもの。 皮の表面に白い斑点がないもの。 トマトのお尻の中心から 放射線状に白い筋が伸びていて、 その筋がはっきりとよく出ているものが美味しいです。 お店で選ぶ時にトマトを雑にさわると、 トマトが傷んで腐りやすくなるので、さわる時には、 トマトを傷めないように やさしく扱います。 熟しすぎて やわらかくなりすぎたトマトは、トマトソースパスタにすると美味しいです。 野菜は暑すぎても駄目、寒すぎても駄目で、春くらいの気温が一番育ちやすいのではないかと思う。 春キャベツなんかは葉も甘みがあってやわらかく、生で食べても美味しい時期。 そろそろ竹の子が出回る時期ですが、生の竹の子が店に並ぶ期間は 約1ヶ月ほどで短いので、この時期、是非生の竹の子をゲットしてくださいね。 すみれのつぶやき・・・子供の頃の話 子供の頃、親に叱られた記憶は誰しもあると思う。 叱る、と怒るは違うもので、小さい子供でも感情的に怒られたとか理不尽に怒られたコトはちゃんと解っているし覚えている。 私も子供の頃、よく親に理不尽に、感情的に怒られた記憶があり、大人になった今でもその事は忘れない。 でも自分も大人になってみると、仕事で疲れて帰ってきて家の中が散らかってたりするとイライラもするし ストレスも多いから、親がイライラして感情的に怒ってたのもしょうがないかも、と思うようにもなった。 大人になって気持ちが理解できると理不尽に怒られたことも許せるようになるし感謝も沸いてくる。 きっとみんなそうなんだろうな。

次の