お取り計らいのほど。 ビジネスメール・手紙に使える表現「お取り計らい」の使い方・例文

ビジネスメール・手紙に使える表現「お取り計らい」の使い方・例文

お取り計らいのほど

お取り計らいの意味は? 社内、社外に関わらずビジネスでは実際に話すことよりもメールを送って相手にお礼や依頼をする機会も多いことでしょう。 そんな中でよく使ったり目にしたりするのが「お取り計らい」という言葉です。 「お取り計らいいただきありがとうございます。 」と言ったりすることも多いのではないでしょうか。 辞書でお取り計らいという言葉の意味を調べると「相手がしてくれたことを丁寧に表現した言葉」とあります。 相手からしてもらったこと、相手がしたことに対して敬意を払う時に使う言葉と考えましょう。 わかりやすく言い換えると「便宜をはかってくれて」という意味になります。 相手が気を使ってくれたことに対して言うのではなく、気を使った"結果"このようにしてくれてありがとう!という行動を指す言葉です。 お取り計らいの例文をご紹介する前に、お取り計らいの使い方には2通りあるということをご説明いたします。 しっかり使い方の違いを理解することで、ビジネスメールで「お取り計らい」という言葉を使う時も迷うことが無くなるでしょう。 相手に対して感謝の気持ちを伝える時の使い方 過去に相手にしてもらったことに対して、感謝の気持ちを伝える時に「お取り計らい」を使うことができます。 よく似た使い方に「お気遣い」や「ご配慮」などがあります。 「お気遣いいただき、誠にありがとうございます」というような使い方をします。 お取り計らいは、してもらった行動に対して、それに対してお気遣いやご配慮は相手の気持ちに対して感謝する姿勢を示すものですが、どちらも同じように使うことが出来ますので、いつも同じ挨拶メールでは・・・と思う時は、この中からローテーションして使っていくとビジネスメールのテンプレートっぽさが減少されるでしょう。 相手にお願いする時の使い方 お取り計らいのもう一つの使い方は、こちらから「取り計らって」もらうことをお願いしたい時に使用します。 他の言葉なら「ご尽力」や「お力添え」とするのが良いでしょう。 そのあとに「お願い申し上げます」など、お願いする言葉を続けて使用します。 「協力」という言葉もありますが、ビジネスメールとしてはあまりしっくりこない使い回しになってしまいます。 協力を使うなら、知人に対するメール程度にとどめておいた方が良いでしょう。 お取り計らいは相手に対して使う言葉|使用上の注意 お取り計らいは「気を使ってもらって」や「やってもらって」という相手の行動に対する丁寧な言葉遣いです。 」 「こちらでそのようにお取り計らいさせていただきました。 」 などと、こちらがすることに対して「お取り計らい」を使用するのは間違いです。 メールに使える「お取り計らい」例文集 お取り計らいを使ったビジネスメールの例文をご紹介します。 よろしくお取り計らい願います 取り計らってもらいたいという気持ちを、相手に失礼ないように伝える言葉として「よろしくお取り計らい願います」という言い回しをすることもあります。 この場合の例文は以下の通り。 」 「先にお問い合わせいただいた件ですが、こちらの手違いであると判明いたしました。 ご検討のほどよろしくお取り計らい願います。 」 「お忙しい中お手数をおかけして誠に恐縮ですが、ご査収いただけますようお取り計らいのほどよろしくお願い申し上げます。 」 お取り計らいくださいまして お取り計らいくださいましては、お取り計らいいただきとほぼ同様に使用することができます。 使用時に注意することは、過去に相手からしてもらったことに限定された感謝を表す言葉となりますので、お取り計らいいただきよりも汎用性がなくなります。 「お取り計らいくださいましてありがとうございます。 お取り計らいは上司や目上の人に対しても使えるかと言えば、敬語ですから使っても問題はありません。 例えば、部署移動の際うまく便宜を取り計らってくれた元上司に対してお礼のメールを送りたいと思った時は 「この度の人事異動に対して、私の移動先部署に対してお取り計らいいただき、誠に感謝いたします。 」 このように使っても失礼にはあたりません。 しかし、人によっては取り計らうという言葉を目上の人には使ってはいけないという印象を受ける場合もあるようです。 その場合は、「お心遣いいただきまして、誠にありがとうございました。 」などと言い換えて使用すると良いでしょう。 お願いする時は、お心遣いの前に「お手数ですが」とへりくだるお願いの言葉を付け足す事で、言い回しがやわらかく下からお願いしているという印象を与えることができます。 「お手数ですが、お取り計らいいただけますよう宜しくお願いいたします。 」 このように使用します。 メールで使えるお取り計らいの例文|まとめ お取り計らいという言葉は、「お心遣い」「お気遣い」「ご尽力」「お力添え」などとも言い換え、日頃から何かしてもらった相手に対してよく使われる言葉です。 どの言い回しでもパターンを覚えていけば、単語を組み替えるだけでビジネスメールのバリエーションが広がるでしょう。 お取り計らいには、してもらったことへの感謝と、やってくださいお願いします。 という意味の2つの使い方があります。 過去形になるか、お願いになるかという変化を加えるだけで簡単に使いわけることができる汎用性の高い言葉です。 お取り計らいの使い方をマスターして、ビジネスメールがスラスラ打てる出来るビジネスマンを目指しましょう。 あなたの年収、適切ですか? 「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。 」 そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。 実はその悩み、転職すれば解決できる可能性があります。 転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができるかもしれません。 転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

次の

「お取り計らい」意味と目上の方への正しい使い方【例文あり】

お取り計らいのほど

「ご査収の上よろしくお取り計らい」の例文 「拝啓 時下ますますご清祥のことと「お喜び申し上げます」。 来月分の原稿を同封いたしました。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。 」 「拝啓 時下ますますご清祥のことと「お喜び申し上げます」。 企画書を作成いたしましたので添付いたします。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。 」 「先日の会議における問題点をまとめました。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。 」 「明日の会議に提出する企画案を作成いたしました。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。 」 「ご注文いただきました試作品が完成いたしました。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。

次の

「ご査収の上よろしくお取り計らい」の使い方や意味・例文

お取り計らいのほど

「ご確認のほど」とは、ビジネス上のやりとりにおいて、 相手に自分の意見や主張、指示などを確認してもらいたいという気持ちを柔らかく伝える敬語表現です。 「ご確認」の「ご」は2つ意味があり、自分が相手に確認してもらいたい場合は謙譲語、逆に相手が自分に確認してもらいたい場合は、相手に対する尊敬語の意味を持ちます。 どちらにしても相手に対する敬語として使うことが多いです。 「のほど」は、「~してもらいたい」という意味をやわらかく表現している言葉で、相手に対して確認を強く求めるというよりは、「確認してもらっていいですか」というような依頼のニュアンスを含んでいます。 「ご確認のほど、〜」は目上の人にも使えるのか? 「ご確認のほど」の類語で「ご査収のほど」に言い換えることがあります。 この言葉もビジネスメールでは非常によく使う言葉です。 「査」は調べる、「収」は受け取る・おさめるという意味があり、「査収」とはメールや資料などを「しっかり調べて受け取る」という意味を持ちます。 この「査収」に「ご」を付けて敬語表現として使いますが、例文からも分かるように 資料などの確認すべきものがあるのが前提です。 メールの場合は添付ファイル、書面の場合は同封資料がある時に、上司や取引先などの相手にその資料を確認してほしいことを伝える場合に使います。 単にメールの内容を確認してもらいたい場合には、査収する物がないため使いません。 「ご査収のほど、」の使い方 「ご確認のほど」の類語として「お取り計らいのほど」と言い換える場合があります。 「取り計らう」という言葉には、相手に対して配慮したり気配りをしたりする意味があり、 「ご確認のほど」よりも相手に配慮や気配りをしてほしいと丁寧に頼む際に使うものです。 ビジネス上の取引先や外注先など、社外の相手に対して使われる敬語表現ですので、この後出てくる例文で確認しておきましょう。 相手に対してお願いをする時に使うのは一般的に「よろしくお願いいたします」だけですが、「お取り計らいのほど」を付けることでより堅く真面目な印象を相手に与えられます。 こちらからの頼みをどうにかして聞いてもらいたいというニュアンスを含んだ類語です。 「お取り計らいのほど、」の使い方 「ご確認のほど」の類語として「ご検収のほど」という言葉があります。 「検収」という言葉は「納品した商品が発注した通りなのかを検査して受け取る」という意味を持ちます。 つまり、 資料などではなく、ビジネス上の取引で現物やサービスをやりとりしている場合にのみ使いますから、使用する場面はやや限定的です。 発注した商品が数量通りか、傷が入っていないかをチェックしたり、会社で使用するシステム開発が希望通り使えるのかをチェックする、いわば検査・検証を求める言葉です。 例文でも示したように、商品やサービスを納入する際に、納品者から発注者に向けて使いますが、見積書などを上司に確認してほしい場合にも使うことがあります。 「ご検収のほど、」の使い方 「ご確認のほど」の類語として「ご高覧いただく」を使う場合があります。 「高覧」とは、見るという言葉を最大限丁寧に表現した言葉です。 「見る」という言葉が「見ていただく」となり、さらに敬語表現として「ご覧いただく」になりますが、これに丁寧な気持ちをさらに加えて言い換えた言葉が「ご高覧のほど」です。 かなり堅い言葉なので、丁寧過ぎてかえって失礼にあたるシーンでは使いません。 そのため、 取引先の代表者など、ビジネス上の重要人物や顧客に対して言い換えて使う類語と言えます。 相手を最大限敬い、目上である相手に見てもらいたいという気持ちをもっとも丁寧に伝える際に使いますので、例文で確認しておきましょう。 「ご高覧のほど、」の使い方• We kindly ask for your confirmation. (ご確認のほどよろしくお願いいたします)• I am sorry to trouble you, but I would really appreciate it if you could confirm. (お手数をおかけしますがご確認のほどよろしくお願いいたします)• Please take a look. (ご査収のほどよろしくお願いいたします)• I am sending you an invoice. Please check the contents. (請求書を送付いたしますたのでご査収のほどよろしくお願いいたします)• Please read through the document I sent. (配布資料をご一読のほどよろしくお願いいたします)• please take actions on this matter. (どうぞお取り計らいのほどよろしくお願いいたします).

次の