トヨタ アルファード ハイブリッド。 アルファード・福祉車両の中古車

価格.com

トヨタ アルファード ハイブリッド

本体 価格 74. 8万円 支払総額 82. 7万円 西東京カローラ 府中マイカーセンター• 本体 価格 96. 8万円 支払総額 108. 1万円 トヨタモビリティ東京 大泉学園店(旧:東京カローラ)• 本体 価格 107. 8万円 支払総額 117. 4万円 トヨタモビリティ東京 U-Car谷原目白通り店(旧:東京カローラ)• 本体 価格 101. 3万円 支払総額 110. 2万円 ネッツ多摩 八王子堀之内マイカーセンター• 本体 価格 239. 8万円 支払総額 250. 2万円 トヨタモビリティ東京 大泉学園店(旧:東京カローラ)• 本体 価格 197万円 支払総額 206. 8万円 トヨタモビリティ東京 U-Car成城喜多見東店(旧:ネッツ東京) お住まいの地域: "東京都文京区" () 購入を希望される地域を設定いただくと、お近くのクルマのご提案や輸送費目安、最寄り店舗情報を表示します。 「地域設定」を変更される場合は、左記の「変更」より設定ください。 詳細は営業日カレンダーをご確認ください。 詳細は営業日カレンダーをご確認ください。 トヨタモビリティ東京 麹町店(旧:東京トヨペット) 住所:東京都千代田区麹町4-2-7 電話番号: 03-3265-7272 営業時間: 09:00~18:00 定休日:日曜・祝日.

次の

アルファードハイブリッド(トヨタ)の中古車

トヨタ アルファード ハイブリッド

概要 内外装の高級感や、車内空間の広さと居住性の確保、高出力エンジンの搭載など、トヨタが量販するミニバンにおいては最上級に位置する。 投入以降、や・などのと並び、やのとしての利用も進んでいる。 高級ミニバンの分野は、1997年にのが先陣を切っており、2002年5月にエルグランドが2代目へのフルモデルチェンジに合わせる形でアルファードが投入された。 アルファードでは車両価格、燃費、税制面で有利な・2. 4Lエンジンの設定が功を奏し、日本のLクラスミニバン市場においてエルグランドを抜いてトップに躍り出た。 初代では アルファードGを(大阪府では発売当初は大阪トヨタ、現在の)、 アルファードVを(現・)で販売、両者にグリルに違いを持たせており、Gはメッキグリルと横3段+斜め格子、Vは同色グリルと横基調の格子が特徴となっていた。 2代目よりアルファードVを として分割した。 その後も外装の意匠に違いはあるものの、エンジンなどはアルファードと共通している。 0L 220ps 2. 4L 159ps ハイブリッド 2. 0kgm 標準: 5速、4速AT Super ECT ハイブリッド: Super CVT 前: 後: 全長 4,840mm 全幅 1,805mm 全高 1,935mm 2,900mm 車両重量 1,780-2,050kg 最小回転半径 5. 6-5. 8m 後継 2代目アルファード(アルファードG) (アルファードV) 年表 登場・発売。 月間目標販売台数は4000台、の工場で生産すると発表された。 エルグランドはモダンでクリーンなインテリアが売りだったが、こちらは面積の広い木目調パネルをあしらうなど、あくまでも日本人好みの豪華さを目指した。 テレビCMにはが出演。 全車に付き助手席側、リモコン開閉が可能なパワーウインドウを装備。 リモコンパワースライドドアや日本車初のがオプション設定された。 当初、ビスタ店は沖縄県に無かった為、アルファードVは沖縄県では発売されていなかった。 と完全に袂を分かち、かつ、としたことで基本構成が大きく変わった。 プラットフォームは2代目のもの(元々は同社のの基本コンポーネント)を流用し、コストダウンと生産効率を上手く両立させた。 さらにアイポイントを上げ、車体剛性も高めている。 によるが基本となる。 また、この車体寸法とながら、を含む全グレードのに、FFなどで一般的な、フロント、リアを採用している点も他社製上級ミニバンに見られない特徴である(トヨタのミニバンも以前は上級グレードのみ4輪となっていた)。 乗車は2列目の仕様の違いにより7名あるいは8名で、全てのグレードで4WDモデルを選ぶことが可能であった。 しかし縮小傾向にあった日本の市場の動向から方針転換を図り、エスティマのコンポーネンツを最大限活用することと、廉価な車を中心とすることで販売価格帯の下限を広げて拡販を狙い、ディーゼルユーザーは省のと、次期型(H200系)のディーゼルなどで吸収する方針とした。 4月 外板色のグレーマイカメタリックを廃止。 2003年7月 ・アルファードを追加。 専用のヘッドライト・グリル・バンパーやテールランプ・リアガーニッシュ・アルミホイールで差別化を図った。 ・デュアルパワースライドドア採用。 これによりMZ・MZ G Editionがデュアルパワースライドドアが標準装備となった。 ・これまでMZ・MZ G Editionのみオプション設定があったETCユニットが全車オプション設定される。 ・後席シアターサウンドシステム付車に装備、ライブサウンドシステム付車にオプション設定が可能なリアシートエンターテイメントシステムの後席液晶モニターが7インチから9インチに変更される。 4月 の統合によりアルファードVの扱い店がになり、同時にビスタ店が無かった沖縄県で発売が開始となる。 2004年2月 ガソリン2. 4Lモデルとアルファードハイブリッドが「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を国土交通省より取得。 また「平成22年度燃費基準+5%」をクリアする低燃費車として、グリーン税制に対応する。 そのためガソリン2. 4Lモデルは型式がUA-ANH1 WからCBA-ANH1 Wに、ハイブリッドはZA-ATH10WからCAA-ATH10Wに変更される。 L Editionの装備に加え、シート表にアルカンターラ+専用ファブリック スエード調ニット)、本革巻き+茶木目調ステリングホイール、オプティトロンメーター、16インチアルミホイールなどを特別装備した。 ボディカラーはブラックマイカ、シルバーメタリック、ホワイトパールマイカを選択できる。 4月 マイナーチェンジ。 外装は主にヘッドライト、グリル、テールライトはフロントバンパー、リアガーニッシュが変更された。 室内は主に木目調パネルのカラー変更や、インパネのエアコンの吹き出し口の向き、新タイプのオプティトロンメーターとなった。 法規制に対応するため左フェンダー上にサイドアンダーミラーが装備。 そのほかスマートドアロックシステム、車速感応パワードアロックなどを設定。 メーカーオプションのはサウンドライブラリ内蔵のタイプとなり、などに対応した。 2005年9月 ブランドの国内での開業に伴い、それまでの最上級車種であったがに移行したため、アルファードVが同店の最上級車種となる。 2006年6月 アルファードハイブリッドが平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を取得。 これにより型式がCAA-ATH10WからDAA-ATH10Wに変更される。 6月 一部改良。 外板色 ホワイトパールマイカを廃止、ホワイトパールクリスタルシャイン を追加。 4月 アルファードハイブリッド販売終了。 このため、トヨタのミニバンにおけるハイブリッドは、に引き継がれた。 アルファードV販売終了。 このため、アルファードシリーズはGのみとなった。 2008年5月 アルファードG販売終了。 これで、すべてのアルファードシリーズが終了し、初代アルファードは6年の歴史に幕を閉じた。 後継車は、Gは2代目アルファード。 Vは姉妹車である、。 エンジン・駆動系 エンジンは2代目エスティマと同様、型直列4気筒2,400cc 159 と型V型6気筒3,000cc 220ps とハイブリッド用の型直列4気筒2,400cc 131ps がある。 トランスミッションに関しては、2,400ccの2AZ-FEにスーパーインテリジェントオートマチックの4速仕様が設定されている。 3,000ccの1MZ-FEには、当初、スーパーインテリジェントオートマチックの4速仕様を組み合わせていたが、2005年4月のマイナーチェンジで5速仕様に変更されている。 ハイブリッドではTHS-Cと呼ばれるベルト式CVTを組み合わせたハイブリッドシステムが搭載されている。 エスティマのプラットフォームをベースとしているための(FF)であるが、全車にが設定される。 エスティマよりもリアの重量が重くなったため、実用上の問題は最小限である。 4WD車は、エスティマに採用されたアクティブトルクコントロール4WDとは異なり、ビスカスカップリング付きセンターデフを用いたフルタイム4WDとなっている。 また、ハイブリッドでは補助的にリアモーターが駆動するタイプの電気式4WDシステム「E-Four」となっている。 その他は下のMZに準ずる。 乗車定員は7人乗りのみの設定。 内装色はアイボリーの本革。 MZ系のみフロントウィンドウウォッシャーノズルがカラード、アウトサイドドアハンドルはメッキとなる。 パワースライドドアが標準装備となる。 乗車定員は7・8人乗りの設定。 7人乗りにはセカンドシートにオットマンが装備される。 内装色はアイボリーのジャガードモケット。 ホイールは16インチアルミホイールが標準装備。 スライドドアは両側手動が標準オプションでパワースライドドアを用意。 乗車定員は7・8人乗りの設定。 内装色はストーンのスエード調ニット。 ホイールは17インチアルミホイールが標準装備。 乗車定員は8人乗りのみの設定。 内装色はアイボリーのプリントニット。 ホイールは16インチスチールホイール+フルホイールキャップだが、オプションで16インチアルミホイールを選択可能。 乗車定員は8人乗りのみの設定。 内装色はアイボリーのプリントニット。 ホイールは16インチスチールホイール+フルホイールキャップ。 MX J Edition MXからプライバシーガラス、カラードドアミラー、エンジンイモビライザー、フロント木目調ドアトリム、3列目シートアームレストの装備を省いた廉価グレード。 オーディオは6スピーカー装備のオーディオレス。 乗車定員は8人乗りのみの設定。 内装色はアイボリーのプリントニット。 ホイールは16インチスチールホイール+フルホイールキャップ。 ボディカラーはホワイトパールマイカ・ダークブルーマイカのほか、特別塗装色のグレーメタリックを選択できる。 乗車定員は8名のみの設定。 ボディカラーはブラックマイカ、シルバーメタリック、ホワイトパールマイカを選択できる。 ・アルファードハイブリッド マイナーチェンジ前 ALPHARD HYBRID G Edition ベースグレードに加え、アルファードハイブリッドライブサウンドシステム(DVDナビゲーションシステム+6スピーカー)ブラインドコーナーモニター、クルーズコントロール、バックドアイージークローザー、本革巻黒木目調ステアリング、運転席電動シートなどを装備した上位グレード。 乗車定員は7/8人乗りの設定。 内装色はアイボリーのジャガードモケット。 ホイールは16インチアルミホイールが標準装備。 5インチ液晶モニタ)スライドドアイージークローザーやを装備したベースグレード。 アウトサイドドアハンドルはカラード。 乗車定員は8人乗りのみの設定。 内装色はアイボリーのプリントニット。 ホイールは16インチアルミホイールが標準装備。 その他は下のMZに準ずる。 スライドドアは両側電動となる。 乗車定員は7人乗りのみの設定。 内装色はアイボリーの本革。 MZ系のみフロントウィンドウウォッシャーノズルがカラードとなる。 メーカーオプションでレーダークルーズコントロールも選択可能。 スライドドアはデュアルパワースライドドアとなる。 乗車定員は7・8人乗りの設定。 7人乗りにはセカンドシートにオットマンが装備される。 装色はアイボリーのジャガードモケット。 ホイールは16インチアルミホイールが標準装備。 スライドドアは両側手動が標準でメーカーオプションでデュアルパワースライドドアを選択できる。 アウトサイドドアハンドルはカラード+メッキ。 スライドドアはオプションでパワースライドドアを用意。 乗車定員は7・8人乗りの設定。 内装色はストーンのスエード調ニット。 ホイールは17インチアルミホイールが標準装備。 乗車定員は8人乗りのみの設定。 内装色はアイボリーのプリントニット。 ホイールは16インチアルミホイールが標準装備。 アウトサイドドアハンドルはメッキ。 乗車定員は8人乗りのみの設定。 内装色はアイボリーのプリントニット。 ホイールは16インチスチールホイール+フルホイールキャップ。 乗車定員は8人乗りのみの設定。 ボディカラーはホワイトパールマイカ、グレーメタリック、ブラックマイカの3色設定。 内装は非エアログレードと同じアイボリー内装・木目調パネルとなる。 乗車定員は8人乗りのみの設定 ボディカラーはホワイトパールマイカ、グレーメタリック、ブラックマイカの3色設定。 内装は非エアログレードと同じアイボリー内装・木目調パネルとなる。 乗車定員は8人乗りのみの設定 ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、グレーメタリック、ブラックマイカの3色設定。 内装色はストーンだがシートエトリムカラーはブラック、木目調パネルは専用の茶木目調が採用されている。 エアログレードと同じブラック内装・木目調パネルとなる。 乗車定員は8人乗りのみの設定 ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、グレーメタリック、ブラックマイカの3色設定。 乗車定員は7/8人乗りの設定。 内装色はアイボリーのジャガードモケット。 ホイールはスーパークロムメタリック塗装の16インチアルミホイール標準装備。 5インチ液晶モニタ)スライドドアイージークローザーやを装備したベースグレード。 アウトサイドドアハンドルはメッキ。 乗車定員は8人乗りのみの設定。 内装色はアイボリーのプリントニット。 ホイールは16インチアルミホイールが標準装備。 ロイヤルラウンジ マイナーチェンジ後モデルに設定ファードから3列目シートを撤去し、2列目シートをキャプテンシートにした仕様。 後席には専用のシートが装備されパワーシート、集中スイッチ(窓、など)、オットマン、読書灯などを備える。 足元の広さはをはるかにしのぐ。 G・Vとハイブリッド全車に設定があるが、ハイブリッドは価格上昇を抑えるために装備の質が落とされている(シート生地がG・Vは本革、ハイブリッドはモケットその他)。 架装はが行う• 販売期間 — 設計統括 中越裕三(前期型) 吉岡憲一(後期型) 7・8人 5ドア 2GR-FE 3. 5L DOHC 2AZ-FE 2. 4L 2AZ-FXE 2. 4Lの2AZ-FEは継続されたが、はエスティマと同じ3. 5Lの「」に改められた(前者は、後者はを新たに採用)。 エスティマの上級車種というポジショニングを明確にするためかグレード構成はどちらかというと3. 5Lのほうに重きを置かれている。 月間目標販売台数は3,000台と発表されていた。 なお、このモデルより「アルファード」はネーミングから「G」がとれ専売となり、ネッツ店向けは「V」はアルファードから独立して、新たに「」の名称が与えられた。 また、グレード呼称は同じトヨペット店扱いのや同様、排気量にアルファベットの組み合わせとなっている(例: 350S)。 先代にあったハイブリッドモデルはフルモデルチェンジ時点では設定されていなかった。 今回のモデルチェンジで、先代よりも全高が低くなっている。 乗車定員は先代に引き続き7人乗りと8人乗りが用意されるが、前者はキャプテンシートとなる。 さらに「350G "L Package"」と「350S "C Package"」には エグゼクティブパワーシートと呼ばれる上級仕様のキャプテンシートが備わる。 特別仕様車「240S "Limited"」と「350S "Prime Selection"」を発売。 2010年 に出展。 同時に日本から輸入するかたちで市場に投入されることが発表された。 またアルファード史上初の左ハンドル車でもある。 その後、中国に続いてにも投入された。 2011年 マイナーチェンジを発表(11月1日販売開始)。 フロント周り、リアガーニッシュ、バックランプのデザインを変更。 内装ではスピードメーターのデザインやシート表皮、木目調色を変更。 また、車両周辺を真上からみたような広範囲の映像を表示し、安全運転をサポートするトヨタ初のパノラミックビューモニターをオプション設定、グレードにより、オートマチックハイビーム、運転席オートスライドアウェイ、ナノイー、スーパーUVカットガラス(フロントドア)などの先進装備も採用。 グレード構成も若干変更され、Xグレードは3. 5Lモデル 350X が廃止されて2. 4Lの240Xのみとなった他、新たに240Sにも2列目のエグゼクティブパワーシート等を搭載した"240S C Package"が設定された。 そして今回、ユーザーから強い要望のあったハイブリッドモデルが復活(11月21日販売開始)。 ハイブリッドシステムにリダクション機構付THS-IIを採用し、エンジン音や振動を徹底的に抑制したことで優れた静粛性を実現するとともに、2AZ-FXE型エンジンと「E-Four(電気式4輪駆動)」の組み合わせにより、パワフルな加速性能と高度な操舵安定性を実現。 また、シートとフロントフロアカーペットの一部のファブリック表皮に、一般的なに比べて耐熱性、耐衝撃性などを向上させた植物由来成分を含むプラスチック「エコプラスチック」を採用。 また、グレード体系は「HYBRID X」・「HYBRID G」・「HYBRID SR」の3グレードを設定(「HYBRID G」には"L Package"、「HYBRID SR」には"C Package"も設定)し、バリエーションを充実させた。 インテリジェントパーキングアシスト(駐車空間検出機能付)は後期型から廃止された。 特別仕様車「240S"type GOLD"」・「350S"type GOLD"」を発売。 「350G」・「HYBRID G」・「HYBRID SR」には"Premium Seat Package"を新設。 ハイブリッド車には発電機を非常用電源として使用できるアクセサリーコンセント(AC100V-1500W)をオプション設定に追加。 特別仕様車「240S"type GOLD II"」・「350S"type GOLD II"」を発売。 グレード ・マイナーチェンジ前 カタログモデル 350G"L Package" 最上級グレード。 350S "C Package"の装備に加え、快適温熱シート(運転席・助手席)、ツインムーンルーフが追加される。 内装色はシェル。 シート表皮は本革、木目調パネルは茶木目調で、インパネ、フロントドア・スライドドア・クォータートリム、コンソールボックス、ステアリング&シフトノブに木目調加飾がなされる。 乗車定員は7人乗りのみで、フロントシートとセカンドシートがパワーシートとなる。 助手席とセカンドシートにパワーオットマンが装備される。 ホイールは16インチアルミホイール 4WD車 、17インチアルミホイール 2WD車)が標準装備。 コンソールボックスはスライド式、メーターはオプティトロンメーター(照射照明付)となる。 内装色はシェル、シート表皮はジャガードモケット。 木目調パネルは茶木目調で、インパネ、フロントドア・スライドドア・クォータートリム、コンソールボックス、ステアリング&シフトノブに木目調加飾がなされる。 運転席にマイコンプリセットドライビングポジションシステム、助手席にパワーオットマンが装備。 また7人乗りのみセカンドシートにオットマンが装備される。 ホイールは16インチアルミホイール 4WD車 、17インチアルミホイール 2WD車)が標準装備。 350S"C Package" Sグレードの上級グレード。 350Sの装備に加え、大型ヘッドレストやアームレストが装備されるエグゼクティブパワーシート、雨滴感知式フロントワイパー、IRカット機能付きフロントサイドガラス、デュアルパワースライドドア、パワーバックドア&バックドアイージークローザー、ロック時オート格納&リバース連動機能付きドアミラーなどが追加される。 コンソールボックスはスライド式となる。 また、メーターはスポーツグレードだがGグレードと同じオプティトロンメーター(照射照明付)となる(赤色ではなく青色) 内装色はダークグレーのほか、シェルの設定あり。 シート表皮はダークグレー:ジャガード織物、シェル:ジャガードモケット。 木目調パネルはダークグレー:赤木目調、シェル:茶木目調で、インパネ、フロントドア・スライドドア・クォータートリム、コンソールボックス、ステアリング&シフトノブに木目調加飾がなされる。 乗車定員は7人乗りのみで、フロントシートとセカンドシートがパワーシートとなる。 運転席にマイコンプリセットドライビングポジションシステムがm助手席とセカンドシートにパワーオットマンが装備される。 ホイールは18インチアルミホイールが標準装備。 ヘッドライトはブラックメタリック塗装、テールランプはスモークタイプとなる。 内装色はダークグレーでシート表皮はジャガード織物。 木目調パネルは赤木目調で、インパネ、ステアリング&シフトノブに木目調加飾がなされる。 ホイールは18インチアルミホイールが標準装備。 シートは全席マニュアルシート。 内装色はシェルでシート表皮はトリコット。 木目調パネルは茶木目調で、インパネにのみ木目調加飾がなされる。 乗車定員は8人乗りのみ(サイドリフトアップシート車を除く)。 ホイールは16インチアルミホイール 350X 4WD車、240X 、17インチアルミホイール 350X 2WD車)が標準装備。 ・マイナーチェンジ前 特別仕様車 240S"Limited" 240Sをベースにデュアルパワースライドドアを特別装備し、また内装色を240Xと同じシェル、シートをトリコット表皮、メーターを240Xと同じオプティトロンメーター、ウレタンステアリングハンドル&シフトノブとすることで価格を抑えた特別仕様車。 木目調パネルは専用艶あり茶木目調となる。 デュアルパワースライドドアをオプションで装備した240Sの価格と比較すると約11万円安い。 ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、ゴールドパールクリスタルシャイン、ブラック、特別塗装色のグレーメタリックから選択できる。 350S"Prime Selection" 350Sをベースに、アルカンターラシート、デュアルパワースライドドア、パワーバックドア&バックドアイージークローザー、オート格納&リバース連動機能付ドアミラー、雨滴感知式フロントワイパー、排気ガス検知式内外気自動切替などを特別装備する。 木目調パネルは専用艶あり茶木目調となり、フロントドアトリムにも木目調加飾が追加される。 ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、ゴールドパールクリスタルシャイン、ブラック、特別塗装色のグレーメタリックから選択できる。 しかし、240Sは350Sの特別装備であるオート格納&リバース連動機能付ドアミラー、雨滴感知式フロントワイパー、排ガス検知式内外気自動切替は装備されず、フロントドアトリムの木目調加飾も追加されない。 ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、ゴールドパールクリスタルシャイン、ブラック、特別塗装色のグレーメタリックから選択できる。 また、センタークラスターシャンパンゴールド加飾、アルカンターラシートはゴールドパーフォレーションとなる。 2010年9月から2011年3月までの期間限定生産である。 ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、ゴールドパールクリスタルシャイン、ブラック、特別塗装色のグレーメタリックから選択できる。 それ以外の使用は"Prime Selection II -type GOLD-"とすべて同様である。 ・マイナーチェンジ後 カタログモデル ハイブリッドモデル HYBRID SR"Premium Seat Package" 専用バンパー、サイドクラディングパネル、マフラーカッターが装備されるエアログレード。 ヘッドライトはブラックメタリック塗装、テールランプはスモークタイプとなる。 装備はHYBRID G"Premium Seat Package"と同一。 HYBRID SR"C Package" 専用バンパー、サイドクラディングパネル、マフラーカッターが装備されるエアログレード。 ヘッドライトはブラックメタリック塗装、テールランプはスモークタイプとなる。 装備はHYBRID G"L Package"と同一。 内装色はダークグレー、シート表皮は本革。 HYBRID SR 専用バンパー、サイドクラディングパネル、マフラーカッターが装備されるエアログレード。 ヘッドライトはブラックメタリック塗装、テールランプはスモークタイプとなる。 装備はHYBRID Gと同一。 内装色はダークグレー、シート表皮はハイブリッド車専用バイオファブリック。 HYBRID G"Premium Seat Package" HYBRID G"L Package"の装備を基本に、セカンドシートがプレミアムシート(エグゼクティブパワーシートをベースに、シートポジションメモリー・リターン、シートコントロールスイッチ、快適温熱シート・シートベンチレーションが追加されたもの)に変更、セカンドシートに読書灯が装備される。 スマートキーは専用のブラック加飾のものになる。 内装色はシェル、シート表皮は本革。 インパネ、フロントドア・スライドドア・クォータートリム、コンソールボックス、ステアリング&シフトノブに木目調加飾がなされる。 乗車定員は7人乗りのみで、フロントシートとセカンドシートがパワーシートとなり、セカンドシートはパワーオットマンが装備される。 HYBRID G HYBRID Xをベースに、デュアルパワースライドドア、雨滴感知式フロントワイパー、自動防眩インナーミラー、バックドアイージークローザー、ロック時オート格納&リバース連動機能付きドアミラーなどが追加される。 内装色はシェル、シート表皮はハイブリッド車専用バイオファブリック。 インパネ、フロントドア・スライドドア・クォータートリム、コンソールボックス、ステアリング&シフトノブに木目調加飾がなされる。 フロントシートはパワーシート。 運転席にマイコンプリセットドライビングポジションシステム、オートスライドアウェイが、助手席にパワーオットマンが装備。 乗車定員は7人乗りのみで、セカンドシートはオットマン付きのリラックスキャプテンシートとなる。 セカンドシートにオットマンが装備される。 HYBRID X ハイブリッドモデルのベースグレード。 ガソリンモデルの240Xに装備される助手席側パワースライドドア、ウォッシャー連動時間調整式間欠フロントワイパーなどに加え、スーパーUVカットフロントサイドドアガラスや茶木目調本革ステアリングホイール&シフトノブが装備などが追加される。 センターコンソールはハイブリッド車は全車木目調加飾のついた大型のもの(ハイブリッド用)となる。 メータはハイブリッド車全車共通でハイブリッド車専用(シルバー塗装リング)。 シートは全席マニュアルシート。 内装色はシェルでシート表皮はハイブリッド車専用バイオファブリック。 木目調パネルはハイブリッド車は全車マホガニー調黒木目。 HYBRID Xはインパネ、ステアリング&シフトノブ、コンソールボックスのみ木目調加飾がなされる。 乗車定員はハイブリッド車全車7人乗りのみで、セカンドシートはオットマン付きのリラックスキャプテンシートとなる。 ガソリン車のヘッドライトは3. 5L車のみインテリジェントAFS付となるが、ハイブリッド車はこのXのみインテリジェントAFSが非装備となっている。 ホイールはハイブリッド車は全車専用の16インチアルミホイールとなる。 ガソリンモデル 350G"Premium Seat Package" ガソリンモデル最上級グレード。 350G"L Package"の装備を基本に、セカンドシートがプレミアムシート(エグゼクティブパワーシートをベースに、シートポジションメモリー・リターン、シートコントロールスイッチ、快適温熱シート・シートベンチレーションが追加されたもの)に変更、セカンドシートに読書灯が装備される。 スマートキーは専用のブラック加飾のものになる。 350G"L Package" 350S "C Package"の装備に加え、快適温熱シート(運転席・助手席)、ツインムーンルーフが追加される。 内装色はシェル。 シート表皮は本革、木目調パネルはマホガニー調黒木目で、インパネ、フロントドア・スライドドア・クォータートリム、コンソールボックス、ステアリング&シフトノブに木目調加飾がなされる。 乗車定員は7人乗りのみで、フロントシートとセカンドシートがパワーシートとなる。 助手席とセカンドシートにパワーオットマンが装備される。 ホイールは16インチアルミホイール 4WD車 、17インチアルミホイール 2WD車)が標準装備。 コンソールボックスはスライド式、メーターはオプティトロンメーター(照射照明付)となる。 内装色はシェル、シート表皮はジャガードモケット。 木目調パネルはポプラ調茶木目で、インパネ、フロントドア・スライドドア・クォータートリム、コンソールボックス、ステアリング&シフトノブに木目調加飾がなされる。 運転席にマイコンプリセットドライビングポジションシステム、オートスライドアウェイが、助手席にパワーオットマンが装備。 また7人乗りのみセカンドシートにオットマンが装備される。 ホイールは16インチアルミホイール 4WD車 、17インチアルミホイール 2WD車)が標準装備。 コンソールボックスはスライド式となる。 また、メーターはスポーツグレードだがGグレードと上級タイプ(チタン調リング)となる 内装色はダークグレー、シート表皮はジャガード織物で、メーカーオプションで本革を選択でき、本革シート付車には快適温熱シート(運転席・助手席)が装備される。 木目調パネルはマホガニー調黒木目で、インパネ、フロントドア・スライドドア・クォータートリム、コンソールボックス、ステアリング&シフトノブに木目調加飾がなされる。 乗車定員は7人乗りのみで、フロントシートとセカンドシートがパワーシートとなる。 運転席にマイコンプリセットドライビングポジションシステムとオートスライドアウェイが、助手席とセカンドシートにパワーオットマンが装備される。 ホイールは18インチアルミホイールが標準装備。 また350Sのみオートマチックハイビームが装備。 ヘッドライトはブラックメタリック塗装、テールランプはスモークタイプとなる。 内装色はダークグレーでシート表皮はトリコット。 木目調パネルはポプラ調茶木目で、インパネに木目調加飾がなされる。 ホイールは18インチアルミホイールが標準装備。 240X 助手席側パワースライドドアやウレタンステアリングホイール&シフトノブ、回転式コンソールボックス、オプティトロンメーター(シルバー塗装リング)、ウォッシャー連動時間調整式間欠フロントワイパーなどを装備するベーシックグレード。 シートは全席マニュアルシート。 内装色はシェルでシート表皮はトリコット。 木目調パネルはポプラ調茶木目で、インパネにのみ木目調加飾がなされる。 乗車定員は8人乗りのみ(サイドリフトアップシート車を除く)。 ガソリンモデルは全車オーディオレス。 ホイールは16インチアルミホイールが標準装備。 専用チューニングサスペンション(全高30mmダウン)、大径ベンチレーテッドディスク(フロント)、スポーツパッド、レッドキャリパー、専用剛性アップパーツ、専用前後バンパーやブラックメタリック塗装インパネ、ドアスイッチベース、専用アルミペダルなどが装備される。 オプティトロンメーターは専用(アルミ調・G'sロゴ付き)、ディンプル本革ステアリングホイール(ステアリングベゼルシルバー加飾)&シフトノブ(レッドステッチ付き)が装備される。 内装色はダークグレーでシート表皮はアルカンターラ+レッドステッチ(背面G'sエンブレム付き)で、フロントシートは専用のスポーティーシートとなる。 ホイールは専用19インチアルミホイールが標準装備。 木目調パネルは専用艶あり黒木目調で、フロントドア・スライドドア、クォータートリムにも木目調加飾が追加される。 また、センタークラスターシャンパンゴールド加飾になる。 ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、ゴールドパールクリスタルシャイン、ブラックの3色。 ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、ゴールドパールクリスタルシャイン、ブラックの3色。 販売期間 2015年1月26日 - 7・8人 5ドア 2. 5Lガソリン:2AR-FE型: 2,493cc 2. 5Lハイブリッド:2AR-FXE型: 2,493cc 直列4気筒 DOHC 3. 5Lガソリン: 2GR-FE型: 3,456cc ( 2015年1月-2017年12月) 2GR-FKS型: 3,456cc ( 2017年12月-) 駆動方式 : 2. 5ガソリン:アクティブトルクコントロール4WD 2. 5Lハイブリッド:E-Four 電気式4WDシステム 2. 5Lハイブリッド: フロント:2JM型:交流同期電動機 リヤ:2FM型:交流同期電動機 2. 5Lガソリン: 235N・m 24. 5Lハイブリッド: エンジン: 206N・m 21. 5kgf・m リヤモーター: 139N・m 14. 2kgf・m 3. 5Lガソリン: 2015年1月-2017年12月 344N・m 35. 5Lガソリン: 2. 5Lハイブリッド:電気式 3. 5Lガソリン: 2015年1月-2017年12月 6速AT(6 Super ECT) 2017年12月- 8速AT(Direct Shift-8AT) 前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング 後:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング 全長 2015年1月-2017年12月 4,915mm 4,935mm(S、SA、SR) 2017年12月- 4,945mm 4,950mm(S、SC、SR、Executive Lounge S) 全幅 1,850mm 全高 2015年1月-2017年12月 1,880-1,935mm(2WD) 1,895-1,950mm(4WD) 2017年12月- 1,935mm(2WD) 1,950mm(4WD) 3,000mm 車両重量 2015年1月-2017年12月 1,920-2,240kg 2017年12月- 1,920-2,260kg ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク(16インチ) 前:ベンチレーテッドディスク(17インチ) (3. 5L:2017年12月-) 後:ベンチレーテッドディスク(16インチ) (2代目) 年表 姉妹車のヴェルファイアと共にフルモデルチェンジ(アルファードとしては約6年半ぶりのフルモデルチェンジ)。 開発テーマは「大空間高級サルーン」で、「ミニバン」としてではなく一つの「高級車」として磨き上げ、開発された。 外観はフロントデザインにロアグリルが一体となったメッキ加飾の大型フロントグリルを採用し、リアデザインはリアコンビネーションランプとライセンスガーニッシュを組み合わせて立体的なU字型の構成とするデザインとなった。 エアログレード(「S」系)はサイドスポイラーを備えた低重心スタイルとフロントグリルに大型サイドポンツーンを左右で挟み込むように配置した立体構成とした。 内装は茶木目調は杢柄の間に金属的な輝きを持たせ深みを表現。 黒木目調は層を世界で初めて下地に採用し、杢柄をダークカラーで表現するなどしてグレードによりデザインを明確化。 ボディカラーには新規色の「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」を含む7色を設定した。 CMキャラクターはとで、本木にとってトヨタ車のCM出演は、に次いで3度目にあたる。 走行性能においてはリアの足周りにを採用し、板の採用範囲拡大や構造用の導入などによるボディ剛性強化と相まって乗り心地と操舵安定性を向上。 また、鋼板と鋼板の間に制振材などを挟み込んだ積層構造の複合鋼板であるサンドイッチ合板を使用するなど制振材や吸遮音材を効果的に配置し、風切音に有効な形状とすることで、乗り込んだ時から高速走行に至るまで静粛性を実現した。 ハイブリッドモデルはエンジンを仕様の2AR-FXE型に置換し、6速やE-Four(電気式四輪駆動)を備えたことで燃費を向上。 4Lガソリンモデルはエンジンを2. 5Lの2AR-FE型に置換し、Super CVT-iに7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを備えたほか、機能を設定(2WD車はメーカーオプション設定、4WD車は標準装備)。 5Lガソリンモデルは2GR-FE型を踏襲するが、6 Super ECTに6速シーケンシャルシフトマチックを装備したことで燃費を向上させた。 フロアを低床化したことで全高を低くしながら室内高は2代目と同等レベルの1400mmを確保し、ロングアシストグリップを装備してステップ高を低くしたことで乗降性を向上。 サードシートのスライド機構下に世界初となる大容量ラゲージ収納 148L を確保し、デッキボードは3分割式に変更。 一部グレードにはセカンドシートと同じレール上に設置することで最大1160mmのシートスライド量を実現した助手席スーパーロングスライドシートを設定した。 また、ウェルキャブのサイドリフトアップシート装着車が型式指定登録車となったことで納車までの期間が短縮されることとなった。 2015年 香港仕様をフルモデルチェンジ。 グレードはV6・3. 5Lの「Executive Lounge」と「350」のみで、2. 5Lやハイブリッドは設定されない。 尚、香港仕様のカタログはヴェルファイアとまとめて1冊で構成される。 2015年 タイ仕様をフルモデルチェンジ。 従来型同様、ほぼ日本仕様と同じ内容。 グレードはV6・3. 5Lの「3. 5 Executive Lounge」とハイブリッド「2. 5 HV」の2種のほか、2. 5Lガソリン仕様のヴェルファイアをフロントマーク以外のエクステリアはそのままに「2. 5 Vellfire」のグレード名でアルファードのバリエーションのひとつに加えた計3種としている。 価格は、日本からの完成車輸入ゆえに約368万-533万(日本円で約1,200-1,730万円)の高額車両となる。 2015年 台湾仕様をフルモデルチェンジ。 但し、グレードはV6・3. 5Lの「Executive Lounge」のみで、ハイブリッドは設定されない。 また、内装色はブラックのみで、フラクセンは非設定である。 価格は、日本からの完成車輸入ゆえに25,800(日本円で約1100万円)の高額車両となる。 2015年 中国仕様をフルモデルチェンジ(中国語表記: 埃尔法)。 グレードはV6・3. 5Lのみで「 3. 5L豪华版」と「 3. 5L尊贵版」の2種を用意する。 尚、ハイブリッドは設定されない。 価格は、日本からの完成車輸入ゆえに759,000-814,000(日本円で約1500-1610万円)の超高額車両となる。 特別仕様車「TYPE BLACK」を発売。 ガソリン2. 5L車「S」をベースに、「Aパッケージ」の装備内容を追加した「S"Aパッケージ・TYPE BLACK"」とガソリン3. シート表皮はメイン材に東レの「ウルトラスエード」を採用し、ブラックをベースにブラウンのドットがのぞく(一定間隔に開けられている打ち抜き穴)を施し、クロコ調柄合成皮革(クロコダイル風柄を型押しした合成皮革)を組み合わせ、ブラウンのステッチをあしらった。 2016年 のUMWトヨタは既に並行輸入車市場で大人気を博していたアルファードとヴェルファイアの正規販売を開始した。 アルファードは「3. 5 Executive Lounge」と「3. 5」、ヴェルファイアは「2. 5」のみで上級グレードはアルファードのみの設定となる。 従来、マレーシア並行輸入車市場ではヴェルファイアの方が人気があり販売価格設定が高くなっていた為、正規販売で同一条件にするとヴェルファイアばかり売れる可能性があったが上級グレードがアルファードのみの設定となったことで差別化を図る意図があったと推察される。 部での販売価格は日本からの完成車輸入ゆえに「3. 5 Executive Lounge」が519,900(日本円で約1300万円)、「3. 5」が419,900リンギット 日本円で約1050万円 の高額車輌となる。 姉妹車のヴェルファイアと共にマイナーチェンジが発表された(2018年1月8日販売開始)。 既採用のプリクラッシュセーフティは検知センサーに単眼が追加されて歩行者や運転者にも検知するように改良されたほか、レーダー(全車速追従機能付)には付随機能であるレーントレーシングアシスト(LTA)を追加。 さらに、アダプティブハイビームシステム(AFS、「Executive Lounge」系グレードに標準装備・「X」と「S」を除くグレードはメーカーオプション設定)、ロードサインアシスト(RSA)、先行車発進告知機能(TMN)を追加してパッケージ化、第2世代版の「」として全グレードに標準装備された。 外観においては、フロントフェイス(ヘッドランプ、グリル、バンパー)及びリアのバックドアガーニッシュとコンビネーションランプが意匠変更され、内装はメーター加飾、シート表皮、木目の色が変更された。 グレード体系においては、既存の「Executive Lounge」のエアロ仕様「Executive Lounge S」が追加されるとともに、従来はガソリンモデルのみの設定だった「S」をハイブリッドモデルにも拡大して追加設定され、「SA」は「SA"Cパッケージ"」へ統合され「SC」に改名された。 また、「Executive Lounge(新設定の「Executive Lounge S」を含む)」のガソリンモデル及び「GF」・「SC」は搭載エンジンを2GR-FKS型に、ATは8速仕様の「Direct Shift-8AT」にそれぞれ置換された。 なお、ボディカラーが一部入れ替えとなり、「グレイッシュブルーマイカメタリック」、「シルバーメタリック(「X」・「G」・「GF」・「Executive Lounge」専用色)」、「グレーメタリック(「S」・「SA」専用色)」が廃止され、「グラファイトメタリック」、「スティールブロンドメタリック(「X」・「G」・「GF」・「Executive Lounge」専用色)」、「ダークレッドマイカメタリック(「S」・「SC」・「Executive Lounge S」専用色)」が追加設定された。 価格は標準価格で335万4480円(税込)からとなっている。 10月25日 姉妹車のヴェルファイアと共に一部改良された。 従来はグレード別設定(標準装備又はメーカーオプション設定)だったインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)が全グレード標準装備となり、ブラインドスポットモニター(BSM)は従来のナビゲーションとのセットオプション設定からデジタルインナーミラーとの組み合わせに変更された。 2019年12月18日 姉妹車のヴェルファイアと共に一部改良が発表された(2020年1月6日発売)。 「Executive Lounge」・「Executive Lounge S」を除くグレードに9インチのディスプレイオーディオ(DA)、全車に車載通信機DCMが標準装備された。 これにより、SmartDeviceLink対応の向けアプリの表示・操作やカーナビに対応するほか、TVとセットのオプションサービスを追加し、T-Connectの契約を行うすることでやの利用も可能となる。 また、販売店装着オプションのエントリーナビキット又はT-Connectナビキットを選択することで車載用ナビゲーションの機能を利用することも可能である。 このほか、T-Connect SDナビゲーションとリアシートエンターテイメントシステム(「Executive Lounge」・「Executive Lounge S」に標準装備、他のグレードはメーカーオプション設定)のディスプレイサイズを前者は10. 5インチ、後者は13. 3インチにそれぞれ大型化され、バックガイドモニターを全車に標準装備(「Executive Lounge」・「Executive Lounge S」はパノラミックビューモニター シースルービュー機能付 として装備、他のグレードもメーカーオプションで装備可能)。 また、ガソリン車の「S」に設定されていた「Aパッケージ」が廃止された。 2020年4月20日 特別仕様車「S"TYPE GOLD"」が発表された(5月1日発売)。 2代目モデルに続いての設定となり、「S(2. 5Lガソリン車、ハイブリッド車)」をベースに、外観はフロントエンブレムをゴールドに、フロントグリルをスモークメッキと黒メタリック塗装にそれぞれ変え、スモークメッキ加飾のモール(ボンネットフード・フロントバンパー)やバックドアガーニッシュなどを装備。 ガソリン車には高輝度塗装18インチアルミホイールも装備される。 内装はシート表皮に加工が施された「ウルトラスエード」と合成皮革を組み合わせた専用仕様、本革巻き4本スポークステアリングホイールにメタルウッド、ルーフ及びピラーにブラック、インサイドドアハンドルにメッキ加飾がそれぞれ採用された。 ボディカラーは「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」を含む4色が設定される。 2020年5月1日 を除く全ての地域での全車種併売化に伴い、、を除く、ネッツトヨタ多摩・ネッツトヨタ東都を除くでの販売を開始。 姉妹車のヴェルファイアも一緒に併売される。 グレード(マイナーチェンジ前) ハイブリッドモデル HYBRID Executive Lounge 最上級グレード。 シート表皮はセミアニリン本革、セカンドシートはエグゼクティブラウンジシートとなる。 木目調パネルは・アッシュパール木目調となる。 内装色はブラックとフラクセンの2色が用意される(通常はブラックが設定されており、フラクセンは注文時の指定が必要な設定色)。 HYBRID SR "Cパッケージ" 「HYBRID SR」の装備内容に「HYBRID G"Fパッケージ"」での追加装備内容(後述)を加えたグレード(「HYBRID G"Fパッケージ"」をエアロ仕様化したグレードである)。 HYBRID SR エアログレード。 内装色にブラックを採用し、木目調パネルは黒木目調である。 HYBRID G 上級グレード。 HYBRID X ベーシックグレード。 メーターはハイブリッド車用オプティトロンメーター(メーターコントロール付)となる。 「サイドアップシート装着車」はアルミホイールが17インチにサイズアップされる。 内装色にフラクセンを採用し、木目調パネルは茶木目調である。 なお、後述するガソリンモデルの「X」とは異なり、7人乗り仕様・8人乗り仕様が選択できる(「サイドアップシート装着車」は7人乗り仕様のみの設定)。 ガソリンモデル Executive Lounge [3. シート表皮はセミアニリン本革、セカンドシートはエグゼクティブラウンジシートとなる。 「HYBRID Executive Lounge」同様、木目調パネルはオリーブ・アッシュパール木目調となる。 内装色はブラックとフラクセンの2色が用意される(通常はブラックが設定されており、フラクセンは注文時の指定が必要な設定色)。 G [2. 5L] 上級グレード。 「S"Cパッケージ"」・「SA"Cパッケージ"」の装備内容からエアロパーツとブラックエクステンションを省き、アルミホイールを17インチ(「サイドリフトアップシート装着車」は16インチ)にサイズダウン、フロントLEDフォグランプの装飾をメッキリングに変更。 「HYBRID X」・「X」同様、内装色はフラクセン、木目調は茶木目調である。 「G」はファブリックと合成皮革のコンビシート、「GF」は本革シートとなる。 「G」は7人乗り仕様・8人乗り仕様を選択可能。 「GF」は7人乗り仕様のみである。 S "Cパッケージ" [2. また、18インチアルミホイールは切削光輝、フロントフォグランプはLEDとなるなど、一部の装備品がグレードアップされる。 シートはファブリックと合成皮革のコンビシートで、セカンドシートはエグゼクティブパワーシートとなる。 「SA"Cパッケージ"」はオートマチックハイビームも追加装備される。 S "Aパッケージ" [2. 「SA」は「S"Aパッケージ"」からアイドリングストップと蓄冷(フロント)の設定を省き、ランプ付グローブボックスとセンターロアボックスを植毛付に変更した程度である。 いずれも7人乗り仕様のみの設定である。 S [2. 5L] エアログレード。 後述の「X」の装備内容をベースに18インチアルミホイール(メーカーオプションで2WD車は17インチ、4WD車は16インチを設定可能。 「HYBRID SR」同様、内装色にブラックを採用し、木目調パネルは黒木目調である。 X [2. 5L] 最廉価グレード。 「HYBRID X」同様、内装色にフラクセンを採用し、木目調パネルは茶木目調である。 「X」は8人乗り仕様のみを設定するが、「サイドアップシート装着車」はセカンドシート右側にリラックスキャプテンシートを装備するため、7人乗り仕様となる。 東京都では、以前はで取扱っていたが、2019年4月1日の販売チャネル制度廃止に伴い、全てのトヨタ車両販売店(、カローラ店系列のトヨタ西東京カローラ、ネッツ店系列のネッツトヨタ多摩とネッツトヨタ東都)で姉妹車のヴェルファイア共々取り扱う。 車名の由来• 関連項目• - ネッツ店で販売されている姉妹車で、初代の「アルファードV」後継車にあたる。 当車種とヴェルファイアとを併せて アルヴェルとも呼ばれる。 - ブランドの姉妹車(日本国内では取り扱い未定)。 朝日新聞社 2010年10月14日. 2018年6月5日閲覧。 日本経済新聞社 2013年7月7日. 2018年6月5日閲覧。 carview 2010年4月23日. 2011年1月11日閲覧。 - トヨタ自動車による公式サイト• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2015年1月26日 , 2015年1月26日閲覧。 car1. hk(2015年2月10日)• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2016年7月4日 , 2016年7月4日閲覧。 プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2017年12月25日 , 2017年12月25日閲覧。 プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2018年10月25日 , 2018年10月25日閲覧。 プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2019年12月18日 , 2019年12月18日閲覧。 プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2020年4月20日 , 2020年4月20日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

中古車・中古車情報検索なら【トヨタ公式中古車サイト】

トヨタ アルファード ハイブリッド

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 45秒で愛車の最高額がわかる! アルファードといえば、トヨタの高級ミニバンとして知られていますね。 そのため、街でアルファードが走っているのを見ると、「あの家族はお金持ちの家なんだろうな…」とどうしても思ってしまいます(笑) しかも、それがガソリン車よりも値段が高いハイブリッド車だった時。 もう、住んでる家を見てみたい。 一般ピーポーの源十郎家とはまったく違うのかなぁ…。 うらやましい。 でもでもでも。 車は値段が高けりゃいいってことではないですよね。 車に一番大事なことは、やはり車としての仕事をしっかりしているのか。 つまり、性能はいいのかどうなのかってことですよね。 ということで、今回は高級ミニバン・アルファードの、 ハイブリッドの性能について探ってみました。 引用 まず、「車の性能がいい/悪い」って、一体どこを見て評価しているのかご存知ですか。 それは、 『走る』『止まる』『曲がる』などの、車の基本的な能力を見て判断されているんです。 でも、この基本的な能力を使えるようにするには、もちろん車が動き出さなければ始まりませんよね。 でも、めちゃくちゃ簡単に言うと 「タイヤが動くから」だと言えると思います。 だけど、これだけでは何のこっちゃ分かりませんね。 じゃあ、どうしてタイヤが動くのかと言ったら、それには動力源が必要になります。 つまり、エンジンのことです。 このエンジンですが、ガソリン車と電気自動車によって燃料が異なりますね。 ガソリン車 …… ガソリンが燃料• 電気自動車 …… 電気が燃料 もちろん、こうですよね。 最近は、省エネやCO2削減などの環境対策が理由で、電気自動車が注目を集めています。 でも、どんなものにもメリットがあればデメリットも存在してしまうんですよね。 これは、トヨタがハイブリッドカーに採用している 電気式4WDシステムのことです。 4WD? なんじゃそりゃ…。 という方のために簡単に説明します。 4WDって? 4WDとは、四輪駆動車のことで、 4つのタイヤ全部が動いて走る車のことです。 ちなみに、2WDというものもありますが、こちらは 2つのタイヤだけが動いて走る二輪駆動車のことを言います。 私、実は今まで、車が動くには当たり前に4つのタイヤ全部が動いているんだと思っていました。 だって、車が走ってるのを見ると4つ全部転がってるじゃん。 と思っていたんですが、二輪駆動車の場合はエンジンによって動いていたのは2つのタイヤだけだったんですね。 残りのもう2つは本当に転がっているだけだったと知って、びっくりしたと同時に少し笑ってしまいました。 どんな風に動くの? じゃあ、アルファードのハイブリッド車はタイヤ4つ全部が動いて走るんだね、って言うと、それは少し違うようです。 なんでだよ、今4WDはタイヤ4つ全部が動くって言ったじゃん! と突っ込みたくなりますが、それにはちゃんと理由とメリットがあります。 「E-Four」は、 車が勝手に状況を判断し、4WDと2WDを使い分けながら走行していきます。 スタート時や全開加速時 …… 4WD走行• 通常走行時 …… 2WD走行• 雪道などで滑った場合 …… 2WDから瞬時に4WD状態に切り替える これによって、次のようなメリットがあるんです。 人間も動き始めるとき、「どっこいしょ」って重い腰を上げて動き始めますよね。 車もそんな感じ。 同じく加速する時もパワーを使います。 ウォーキングよりダッシュの方が体力使うのと一緒です。 パワーを使うということは、その分たくさんのパワーが欲しいですよね。 なので、 スタート時や加速時は4つのタイヤを使って、ハイパワーで動くんです。 でも、走り始めて軌道に乗ってくればそれほどパワーはいりません。 タイヤは丸いので、勝手にコロコロ転がります。 めちゃくちゃ頑張って走らせなくても、ちゃんと走ってくれるんです。 そうなったら、4つのタイヤじゃなくてもいいですよね。 2つのタイヤだけに頑張ってもらって、後の2つは休憩タイム。 こうして、2WDと4WDを切り替えながら走行していきます。 さらにもうひとつ。 雪道などで滑った時は、瞬時に4WDに切り替えます。 これは、通常走行時は前の2つのタイヤだけで動くのですが、その前輪2つが滑ってしまったら、あとはもうどうすることもできません。 後ろのタイヤは休憩中なので、転がってるだけ……。 そんな時、総監督という名のモーターが、後ろのタイヤに「おい、休憩上がれ! 」って指令を出すんです。 監督に指令された後輪たちは瞬時に動き出し、前輪を助けます。 そうして無事にツルツルの道を突破。 まさに、前輪と後輪のファインプレーですね。 4WDなのに燃費がいい 引用 4WDと2WDを使い分けることができると、状況に合わせて一番効率のいい方法で走行することができます。 さらに、こうすることで 『低燃費』にも繋がるんです。 普通、4WDは燃費が悪いと言われます。 タイヤ4つ動かしてフルパワーで走ってるんですから、そりゃ燃料使いますよね。 でも、それほどパワーがいらないところでは2WDに切り替えることで、フルパワーからジョギング程度になります。 そうすることで、 その分消費カロリーが減る=燃費が抑えられます。 さらに、ハイブリッド車だとガソリン車よりもかなりお得に乗ることができるんですよ。 アルファードの燃料タンクの容量は65リットルです。 満タンに給油してどれくらい走るのかというと、こちら。 600kgというと、大阪から埼玉まで行けちゃいます。 その距離を、ガソリン車では片道分しか給油できないところを、 ハイブリッド車だと1回の給油で往復できちゃう、ってことですね。 距離が2倍なら、ガソリン代も2倍です。 お金が抑えられるというのは、本当に嬉しいことですよね。 できるだけ諭吉さんや一葉さん、英世さんとはさよならしたくないですもん…。 そんなアルファードの燃費については、こちらに細かく載っていますので参考にしてみてください。 スポンサードリンク ぶっちゃけどうなの? 実際の性能 引用 いくら作りが先進的でも、実際の性能はどうなんでしょう。 ただでさえ高級なアルファード。 ハイブリッドなんて言ったら、大勢の諭吉さんと涙の別れをしなければいけません。 そこまでしてこの車を出迎えたのに、「なんか想像と違う…」なんてことになったら悲しすぎますよね。 そこで、実際にアルファードに乗っているドライバーさんたちの生の声をご紹介します。 口コミ参考 走行性能 引用 『アクセルを踏み込めばそれなりに加速しますが、そのような乗り方をしたいとは思わせない雰囲気があるので、ちょうど良い感じ。 』 『とても 静かで、スムーズ。 ラジオや音楽がクリアに聞き取れる。 』 『車高が高いため、コーナーでは外に持って行かれてしまう。 時々無理して曲がるとタイヤが泣く。 』 大きい車体とラグジュアリーな印象で高級感溢れるアルファード。 やはりそのような車に乗っていると、ガンガン他の車を追い越していくような走り方ではなく、ゆったりと大人な運転になるようですね。 走行音も静かだということが、余計そのような運転にさせるのかもしれません。 高速などで荒い運転をしてるのは、だいたい音楽ガンガンかけたステッカーベタ張りの車だったりしますから…。 ただ、 車体が大きいことで、曲がる時に体が大きく揺れてしまう、ということがあるようですね。 しかし、一方で『 これだけ腰高なのに、とてもスムーズにコーナーを曲がる』という口コミもあったので、これも運転の仕方によるのかもしれません。 燃費のよさ 引用 『新潟ー富山間、往復約500km満タンで往復できた。 (エアコン適宜、ほぼ高速)すごく良いのではないかと思う。 』 『このサイズではまあまあ良い方ではないかと思う。 燃費を良くする運転を心がければ結構伸びる。 』 遠出の旅行が往復給油なしで行けるなんてびっくりですね。 これならガソリン代も浮くので、旅行先でちょっといいものが食べれちゃいますね。 私なら、絶対お肉食べます(笑) 「燃費をよくする運転」ということですが、合言葉は 『ゆっくり優しく』です。 発進・停止時は『ゆっくり』アクセルやブレーキを踏み込み、カーブは『優しく』ハンドルを切ります。 急発進・急ブレーキ・急カーブは厳禁。 愛車をとことん愛し、世界一の宝物だという気持ちでいれば、このような運転は防げますよ。 視界がよく運転しやすい。 』 『大きい車の割に死角が少なく運転しやすい。 』 『ハンドリングが軽い。 力の弱い妻が運転する時でも切り返しが楽だと言っていた。 』 「視界がいい」という口コミがとても多かったです。 視界が悪ければ、いくら性能がよくても運転しづらく、安全面が懸念されますね。 特にアルファードは車体が大きいので、これはとても重要だと思います。 さらに、ハンドルが軽いとのこと。 ハンドルが重い車ってありますよね。 ああいう車は運転しづらく、どの程度切り返せばいいのか慣れるまではなかなか難しく感じます。 しかも、車体が大きい車だと、余計注意を払わなければいけないので結構疲れるんですよね。 そこに、ハンドリングにも気を取られるとなると、かなりの疲労感になりそう。 ちょっと長距離ドライブが億劫になってしまうかも…。 でも、女性でも運転しやすいのなら、自分が疲れてしまっても 途中で奥さんと交代することもできますね。 これ、家族で旅行するのを考えればとても大事なことだと思うんです。 何も、旦那さんだけが運転しなければいけない、ということはありません。 安全のために、『疲れたら休む』ということができる環境を作ってくださいね。 運転アシスト 『安定感があり、ハンドリングが滑らか、各種セーフティシステムが安全運転を更に補ってくれています。 』 『レーダークルーズコントロール、プリクラッシュセーフティシステムなどを付けたが非常にサポートしてくれる。 』 アルファードの運転アシストについての評価はとても高いです。 下のグラフを見てもらえれば分かるように、「よくなかった」という評価がまったくないんです。 引用 これはすごいことだなぁ、と思いました。 安全面でアシストしてくれる機能が、全然効果がないとなれば完全に逆効果。 もう、不安しかありませんよね。 でも、これだけの評価を得ているなら十分信用して運転することができますね。 それに、きっと自分でもそのよさを体感できるはずです。 では、多くのアルファードユーザーが大満足している運転アシスト機能をご紹介します。 アルファードは車体の大きさがネックになる場面が多いです。 そこをうまくカバーしてくれる機能がたくさんあるので、アルファードを検討される際のお役に立てたら嬉しいです。 駐車・出庫を自動で楽々! 駐車するときにヒヤヒヤした経験って結構ありませんか。 車体が大きい車なんてもう、冷や汗かきまくりです。 私はただでさえ駐車が苦手なので、狭かったり休日で混んでいたりする駐車場は本当に嫌です。 駐車が完了するまで後ろで車が待ってくれている時なんか、申し訳なくて焦ってしまい、余計時間を取るハメになったり…。 もっとすんなり駐車できたらなぁ。 教習所でしっかり学んでおけばよかった〜。 なんていつも思います。 ところが。 いやぁ、本当に便利な時代になりましたね。 車が勝手に駐車してくれる時が来るなんて思ってもいませんでした。 この 「インテリジェントパーキングアシスト2」は、様々な駐車・出庫シーンに対応しています。 縦列駐車もお手の物なので、 もう駐車で冷や汗をかくことはありません。 前に、誰が一番スマートに駐車できるかっていう対決をしている番組を見たことがありますが、これがあればぶっちぎり1位取れますね(笑) 巻き込みをお知らせして危険を回避! アルファードは、視界がとても良いという口コミは多くありましたが、やはりすべての死角をなくすことはできません。 アルファードに限らず、ミニバンの宿命とも言えますが、『助手席側の前輪付近が大きく死角になる』という口コミもありました。 そうなると怖いのは巻き込み事故です。 かなり気をつけてはいても、やはり見えなければ不安は消えませんよね。 そこで便利なのが 「巻き込み警報機能」。 引用 前後・左側面にあるセンサーで車の接近を判定し、表示と音で知らせてくれます。 ただし、トヨタのHPには「巻き込み警報機能には限界があります。 装置を過信せず、安全確認をお願いします」との記載があります。 安全運転に十分気をつけ、もしもの時の頼れる相棒、と思うことが大事ですね。 周囲の安全確認をサポート! インテリジェントパーキングアシスト2は、自動で駐車をしてくれるのでめちゃくちゃ便利です。 しかし、もしも彼女を乗せてデートに行く時。 自動で駐車をしてくれたら確かに楽チンですし、そのすごい機能のおかげで会話のネタになるかもしれません。 ただ、運転技術での彼女からのポイントは上がりません。 むしろ、ダダ下がりになってしまう危険があります。 うちの奥さんが言っていましたが、「すんなりかっこよく駐車できる人はすごくかっこいい」とのこと。 これは、多くの女性が感じているそです。 なんだと…。 じゃあ、車にばかり頼っていたら運転技術面でポイントまったく稼げないじゃないか! むしろ減点続いてゲームオーバーになる。 車に自動で任せている場合じゃない! という時に便利な機能がこちら。 「パノラミックビューモニター」です。 これすごくないですか。 車を上から見たような映像が見れるので、運転席からの目視だけでは見にくい場所もしっかり確認できます。 さらに、車を透かしたような映像で外を見ることができる 「シースルービュー」も採用しているので、もう死角はほとんどゼロだと言ってもいいのではないでしょうか。 これがあれば、 安全にスムーズに駐車することができますね。 彼女からのポイントをがっぽがっぽ稼げます。 自信を持ってデートに行ってらっしゃい! 自動ブレーキで安全運転をサポート 車を運転するということは、必ずどこかに危険が潜んでいます。 運転し慣れた道でも、急に歩行者が飛び出してくるかもしれない。 前の車がいきなり急ブレーキをかけてきたらどうしよう。 遠出した帰り道、疲れで無意識にぼーっとしてしまったら。 渋滞にはまって余計疲れが増してしまい、判断力が鈍くなってしまうかも…。 このように、自分では気をつけているつもりでも、どうしても回避できない危険が急に襲ってくるかもしれません。 でも、 「プリクラッシュセーフティシステム」があれば、そんな危険を自動で防いでくれます。 いくら運転が好きだという人でも、やっぱりずっと運転していれば疲れが出てきてしまいますよね。 源十郎家、この間家族旅行で少し遠出をしてきました。 旅行はとても楽しかったのですが、移動の運転で足はパンパン。 肩はバキバキ。 おまけにずっと集中していたので、脳みそや目も酷使しました。 帰ってきた頃にはくったくたでしたね。 交通事故は全国どこかで毎日起こっていますが、こういった疲れが余計事故を招いてしまうんだろうなぁ、と思います。 毎度旅行に行く度に、楽しかった余韻に浸りながらも無事に帰ってこれてよかったとしみじみ思うのです。 ですが、せっかくの家族旅行。 そんな心配は最小限に抑えて、終始思いっきり旅行を満喫したいですよね。 そんな時、設定した速度を一定にキープし続けて走行してくれれば、 ドライバーの疲れは軽減されますね。 先行車に追いついてしまったら自動で減速し、先行車の車速に合わせて希望の車間距離で追従走行してくれるので、 追突防止にも貢献します。 ただし、他車の車線変更などが多くある一般道で使用すると、急な加減速があって困る、ということがあるようです。 高速道路では重宝しそうですが、 一般道での使用は止めておいた方が無難みたいですね。 アルファードの情報はこちらもチェックしてみてください。 まとめ• 電気自動車のデメリットを補ったものがハイブリッド。 それを、2WDと4WDを切り替えることでさらに効率よくしたものが『E-Four』。 『E-Four』は、効率のいい走りのおかげで無駄がなく、燃費がとてもいい。 大阪〜埼玉まで往復できてしまう。 車体が大きいのに、視界良好でハンドリングも軽いので、運転しやすい。 さらに、各種運転アシスト機能で車体の大きさがカバーできるので、「大きい車だから…」と心配しなくても大丈夫。 私、正直ハイブリッドのこともあまり知りませんでしたし、アルファードのような大きい車を運転する気もなかったので、この車は自分とは無縁だと思っていました。 しかし、2WDと4WDを切り替えて走るということや燃費のよさに興味を持ちましたし、各種運転アシスト機能も試してみたくなりました。 そして何より、自分も高級ミニバンに乗ってみたい(笑) ということで、近々トヨタに行って試乗したいなーと思っています。 …まぁ、それが理想に終わるのが3児パパの現実なんですけどね。 お得に車を買い換えたい方は試す価値あり 買取額60万UP 車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり 販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、 かなり損してます。 言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。 私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で 差額約60万でした。 業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。 無料で1分でその場で スマホ できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ! カテゴリー•

次の