ある 日 お姫様 に なっ た 件 について。 『ある日、お姫様になってしまった件について 1 (フロース コミック)』のレビュー Spoon (木々さん)

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」の登場キャラクターまとめ

ある 日 お姫様 に なっ た 件 について

悲運のサブキャラプリンセスに転生!? ある時、彼女は自分が 人気のネット小説『かわいらしいお姫様』に登場するお姫様・アタナシアに転生してしまったことに気づきます。 しかし、 アタナシアは18歳の誕生日に父親であり冷酷な皇帝・クロードに殺されてしまうという悲運の持ち主。 なんとか 自らの死亡エンドを回避しようと、アタナシアは奮闘することを決意します。 処刑されてしまう18歳になる前に、この場所から出ていく。 月日を重ねていく中でアタナシアとクロードのふたりがどういった親子関係を築くのか、アタナシアは死亡エンドを回避できるのか。 ぜひご注目ください!• しかし、アタナシアは父親の皇帝・クロードに見捨てられた姫で、周囲にも冷たく扱われている。 小説の中では、妹で主人公姫のジェニットに毒を盛った濡れ衣を着せられ、18歳の誕生日にクロードに殺されてしまう運命のアタナシア。 どうにかして冷酷な皇帝パパから距離をおこうとするけれど、なんだかパパは私をかまいたがっているようで…? 【書誌情報はこちら】 【試し読みはこちら】• 詳細は各店舗にご確認ください。

次の

ある日お姫様になってしまった件について /夜に駆ける

ある 日 お姫様 に なっ た 件 について

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、「かわいらしいお姫様」の小説内に入ってしまったようだと、大泣きするアナタシア。 自分も、唯一の味方のリリーもクロードに殺されてしまうからだ。 ここから脱出してやると誓うアタナシアは、5歳になった。 原作とは違い、愛嬌たっぷりの可愛い少女だ。 容姿は母親そっくりで、目だけ父譲りの宝石眼である。 そんな彼女は、お花摘みをしている間に、見知らぬ場所に移動してしまうのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」5話のネタバレ 迷子になったアタナシアは、辺りを見回し、遠くに建物があるのを発見し向かう。 たどり着いた場所はルビー宮ではなく、キレイに管理された建物で、誰もいないようだった。 誰もいない宮なら自分が使っていいかもしれないと、今まで少しずつ溜め込んでいた、逃走資金の隠し場所にしようと思いつくのだった。 ルビー宮に戻った彼女。 ふと、自分の元の体はどうなってしまったのか、睡眠薬の飲みすぎで死んでしまったのかと考える。 天涯孤独だったので未練があるわけではないし、むしろ戻りたくない。 アタナシアが処刑される設定を考えなければ、衣食住に困らず、楽園のようだ。 転生のおかげで、この世界の言葉も身につけた。 この世界は、子供の頃に文字の読み書きを教えたりしないようで、アタナシアが文字を書いたら、天才だと侍女たちが大騒ぎになった。 ついでに始まる英才教育。 このルビー宮は外部から孤立しているので、自分の話はそうそう漏れないだろう。 設定の9歳になってもクロードに会わず、18歳になる前に資金を持ってここを出ていくのだ。 その前に噂になり注目を受けては困る。 そしてクロードがいそうな豪華な場所には近づかないようにするのだ。 リリーが少し席を外すと、アタナシアはベッドの下から巾着を2つ引っ張り出す。 それを自分のふとももに縛りつける。 これはこっそり隠しておいた逃走資金用の貴金属だ。 しばらくルビー宮に隠しておくつもりだったが、そろそろ大掃除をしようと侍女らが話しているのを聞いたため、隠し場所を変えなければいけない。 そしてアタナシアが寝る時間までそのまま縛り付けておき、リリーがお休みのキスをして部屋をでると、アタナシアはこっそり例の宮へむかう。 結構重いので、着く頃にはヘトヘトだ。 建物の中に隠すと、取り出す時に問題があるかもしれないからと、近くの木の下に埋めようとする。 しかし土を掘る道具がないうえ、手を汚すとリリーにバレてしまう。 仕方ないのでひとまず隠し、明日また埋めにこようと、ルビー宮まで全力疾走する彼女。 息を切らせ、汗だくでベッドに戻るアタナシア。 リリーに病気では疑われるが、暑いからと誤魔化すのだった。 その後、アタナシアはバレないように、数日に一度の頻度でルビー宮を何度か抜け出した。 今の生活には満足しているので、このまま暮らしていたい気もするが、この皇宮にはクロードという時限爆弾があるため気を抜けない。 この宝物達は、いつかのときのための自分の保険なのだ。 またあの宮に来たアタナシア。 相変わらず人気なくひっそりとしている。 少し散策すると、金でできた像が沢山あり興奮するアタナシア。 本物の金かなと、その像にかじりつく。 だが、彼女の後ろに何者かが現れた。 俺の城にいつからこんな虫けらがいたのか、と言うその声に、ゾクっとするアタナシアなのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」5話の感想 侍女らも盗んでいたので、アタナシアも逃走資金として、ばれずに宮の貴金属を盗み隠していました。 そしていい隠し場所を見つけたと、人気のない宮を発見する彼女。 両方のふとももに、宝石が詰まった袋をぶら下げて走り回っていたので、結構きつそうですね。 かえって筋トレになって良かったかも(笑) ルビー宮には大理石の像ばかりだったのに、発見した宮は金の像がたくさんありました。 彼女はテンションが上って、像のおしりにかじりつきますが、誰かに見つかってしまいました。 クロードに会わないために、豪華なところへは行かないと決めていたわりに、金の像が沢山あることに疑問を抱かなかったのか不思議ですが、口調からして現れた人物はクロードですね。 現在アタナシアは5歳。 設定よりかなり早く出会ってしまったようです。 クロードはどう接するのか、彼女はどう対処するのか、次回が気になりますね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

ある日、お姫様になってしまった件について 1 (フロース コミック)

ある 日 お姫様 に なっ た 件 について

一巻からハラハラドキドキ冷汗もので読んでましたが そもそも、主人公のアタナシアが中身大人なのに見た目の年齢よろしく? 危険地帯へ自ら地雷元スレスレの道を歩むものだから… 苦笑。 前世が孤児院育ちだからかな? ブリザード級にっ! 」って叫ぶ程には、最悪な出逢いでしたね 笑。 「あっ、終わったな…」っとw。 でも意外とコレって親子の絆を深めて行く物語なのかもと、二巻を読んでて思いました。 三巻も出そうですね! 続き気になるので買おうかな? 相変わらず色彩豊かで、様々な可愛いお洋服を身にまとったアーティを見ることができます。 何を着ても天使ですねこの子は。 ありがとう、フルカラー。 内容としては、アーティが5~7歳の話になります。 例によってアーティが冷や汗をかきながらクロードの顔色を窺いつつ、持ち前の可愛さで愛嬌振りまきまくってます。 しかし、最初こそクロードの前では借りてきた猫状態だったアーティですがここ最近は結構大胆になってます。 そんなアーティに対するクロードの態度も明らかに興味以上のものに変わってきていて、 クロードもですが、そのうち父親に対して警戒心MAXのアーティもパパのことが好きになっていくのかなー?って想像しつつ 見ているとほっこりしますね。 アーティの母親・ダイアナの生前の姿も少しづつですが明らかになってきてますね。 はやく続きが読みたいです。 この作品大昔の自分だったら見向きもしないタイプなのですがしかしこの漫画、可愛らしい絵でフルカラーそして内容はというと他によく似た作品が存在しますがこの2巻まで読んだ限りではコメディーのオブラートで包まれたサイコパス系のホラーのように私は感じました。 3巻目からサイコパスっぽい皇帝の実像が描かれるのかどうかわかりませんがそれがうわさ通りなのか実は違うなのか楽しみになりました。 1巻に増して、2巻は話の展開が面白かった。 でも、1巻であった絵本の内容が2巻で出てきたりと、細かく読んでなければいきなり魔法の話が出てきて混乱するかも。 個人的にこの漫画の素晴らしいところは、絵が素晴らしいことだと思う。 あと、主人公が着ているドレスがとてもかわいい。 話も勿論ですが、この漫画の良さはキャラクターにあるように感じる。 1冊が高いですが、その分フルカラーでこの漫画のいい所が活かされいると思う。 漫画自体はオススメなんですが、気になった点を一つ。 ここで買ったんですが、漫画に透明なフィルム?がしてなかったのが気になった。 商品の状態 傷もなく、帯もついてる はいいから新品なんだろうけど、フィルムついてないのは不安になるなあって感じ。

次の