引っ越し 業者 不 用品 回収。 引越し業者と不用品回収業者どっちがいい? 調べてみました。

【検証】引っ越し時の不用品処分の費用はどのくらい?

引っ越し 業者 不 用品 回収

このページの目次 CLOSE• 転勤の内示から1ヶ月半で引越し 私は神戸市内に住む30代アラフォーの主婦です。 主人と小学生の娘2人と神戸に住み始めて早6年が経ちました。 神戸は大阪も近いので買い物も便利ですし、夏は須磨や舞子で海水浴、冬はハチ北やハチ高原でスキーと子供が楽しめる場所もたくさんあって大好きです。 特に私はパンが大好きなので、美味しいパン屋さんが多い三宮は本当にいつ行っても楽しいですね。 神戸在住は長く、そろそろ転勤があるかなと、年に何回かある転勤シーズンになると毎回ドキドキしていました。 今年はもう6年目だし、間違いなく転勤があるだろうと腹をくくっていたのですが.... ついに転勤の内示が出ました。 そのタイミングが異動の1か月半前です。 内示が出てからはもう大変!!急いで住む場所を決めて、引越しの準備をしなければなりません。 子供たちも小学校にあがっていて小学校の転校手続きもあるし、私もパートをやめて引継ぎしたりと、大慌て。 慌ただしい中、今までの引越しと違って面倒だったのが、不用品の処分です。 6年も引越しをしていないと、荷物がどんどん増えるんですよね。 ベビーベッドやいらなくなった棚やチャイルドシート、容量が足りなくなった冷蔵庫などなど。 特に子供関連の粗大ごみがたくさん出てきました。 私は引越し慣れしているとはいえ、今回は要らないものがとても多く、不用品の処分に困りました。 神戸市粗大ごみ回収サービスの利用はできず・・・ いらなくなったごみでも可燃ごみとして出せるのであれば特に問題はないのですが、 家具や家電などの場合には、可燃ごみとしては出すことができないため、粗大ごみ扱い、または家電リサイクル法にのっとって処分しなければいけないんですね。 神戸市では粗大ごみは大型ごみと呼ばれており、45リットルの神戸市指定ごみ袋に入れて口を縛ることができない大きさのもの、重さが5キロ以上のものは大型ごみとして扱われます。 神戸市に粗大ごみを出す方法• 粗大ごみ収集を依頼• 処理施設に自分で持ち込む うちは粗大ごみを運べる大きな車がないので、施設への持ち込みはできず、かといってベビーベッドやタンスをゴミ収集場まで運ぶのは大変。。 冷蔵庫も捨てたかったのですが、粗大ごみでは家電を捨てられません。 自宅にいながら、不用品回収業者のスタッフが、いらなくなった荷物を搬出してくれるので、重たい荷物を持つ必要もありません。 また不用品回収業者の場合、利用者の都合に合わせて不用品を取りに来てくれるんですよね。 自治体での不用品回収の場合は、回収される日が決まっているため、その日程に合わないと処分することができないので、面倒なんです。 特に処分できる日は平日が多いので、我が家のように共働き家庭や、平日の対応が難しい方にとっては、ごみを処分するだけでも一苦労。 不用品回収業者であれば、作業日を依頼した側から指定することができるので、自分のタイミングを見て不用品を処分できるようになります。 ただし不用品回収業者は怪しい会社も多い 神戸市のような行政ではなく、こういう民間の不用品回収業者を使って怖いのが、怪しい業者にひっかることですよね。 無料と言われたのに、荷物を積み込み終わった途端、法外な値段をふっかけられらという話はよく聞きます。 ネットで探すと、 お店の名前が入っていない回収業者 見積りがよくわからない回収業者 こんな感じの回収業者も多く、どこを選んでよいか、最初はイマイチわかりませんでした。 そもそもどこの業者が良いのか、神戸市内だけでも不用品回収業者は山ほどあるので1社ずつネットで調べていくのも面倒…。 不用品回収業者の一括査定ができる「エコノバ」が便利で安い 私が使ってみたのは、エコノバという不用品回収業者の一括見積りサイトでした。 エコノバの特徴• 自分のエリアに対応した業者がすぐに出てくる• 複数(最大5社)の不用品回収業者からの見積もりを依頼できる• 悪徳業者を排除しているので、トラブルが回避できる• 見積もり請求は全て無料 悪徳業者を排除して、規約をクリアしている優良な不用品回収業者だけが提携されているので、試しに見積り依頼(無料)をしてみたのが使用したきっかけです。 不用品回収業者だけではなく、引越し業者を決める時にも言えることですが、業者によって見積もり金額には差が生じます。 そこで複数の不用品回収業者から見積もりを依頼することで、どこの業者の対応がよいか、価格はどうかなどをそれぞれ比較できるので、 安くて質の良い業者を自分で選べるんですね。 実際に私の住んでいるエリアで、不用品回収の見積もりを依頼したところ、2つの業者から見積もりが届きました。 どちらも対応はよかったのですが、一社がベビーベッドとチャイルドシートを買い取りしてくれたおかげで、すごく安くしてもらえました。 このままお願いし、希望日に来てもらって作業もすぐに完了。 エコノバでは、粗大ごみや大型家具、家電の片づけだけではなく、ゴミ屋敷や遺品整理、法人・オフィスの不用品片付けなどにも対応しているんですよね。 また次の引越しで、お願いしたいなぁと思っています。 なお、気になる不用品回収専門業者にはメールや電話で直接連絡を取り合うこともできますよ。 面倒な会員登録も不要ですし、利用は全て無料。 24時間365日コンシェルジュが対応してくれるので、はじめて不用品回収業者に依頼するという人でも利用しやすいですね。 エコノバの注意点 公式サイトにも書いてあるのですが、品物数が3つ以下だとあまりお得感はないです。 逆に 4個以上だと割安になるので、引き取ってもらいたい品が多い人にはおすすめですよ! 不用品回収を神戸で持ち込みする場合 神戸市内では、布施畑環境センターに大型ごみを自分で持ち込んで処分してもらうこともできます。 布施畑環境センターは阪神高速7号北神戸線の布施畑インターの近くにあります。 神戸市西区にあるのでその近辺にお住まいの方であれば近いので行きやすいですが、北区や灘区、東灘区、中央区などの方は遠いと感じてしまうかもしれませんね。 処分費用は従量制になるので、搬入の際、現地での計量後の支払いになるので、大型ごみのシール券は購入しておく必要はありません。 10キロにつき140円支払うことになります。 収集日は申込をしてから1〜2週間後になるので、余裕をもって処分するようにしたいですね。 1回の申し込みで収集してもらえる粗大ごみは5個までです。 それ以上ある場合には、2回に分けて粗大ごみ収集をしてもらうことになります。 申込は電話かFAXでの申し込みになります。 申込をした後は、収集日までに大型ごみを処分するためのシール券を購入します。 手数料は品目によって異なり、300円、600円、900円、1200円になります。 シール券を貼っていない粗大ごみについて収集されませんので注意が必要です。 収集日には午前5〜8時の間に処分するごみを、決められた場所に出しておきます。 不用品回収業者の正しい選び方のポイントとは? 不用品回収業者に粗大ごみの回収を依頼したいけれど、何を基準に回収業者を選べばよいか分からない…という方が多いです。 では不用品回収業者を選ぶポイントはどこにあるのでしょうか?まとめてみます。 見積もりをきちっとしてくれて料金体系を明示してくれるか? 悪質な業者の中には、見積もりをきちんと事前に提示してくれない場合があります。 きちんとした業者であれば、依頼する前に見積もりをきちんとしてくれますし、料金体系をしっかりと明示してくれます。 電話での対応がしっかりとしている 見積もりを見ただけではなく、その業者がよいかどうか分かりません。 そんな時には電話をして、相手の対応をチェックしてみましょう。 電話での応対が丁寧で、しっかりと質問に答えてくれる業者であれば安心です。 お店の情報を開示してくれる 不用品回収業者の中には、その店の情報を隠している業者もあります。 業者の情報を全て開示してくれているということは、全てを知ることができるので安全ですね。 ニーズに合った対応方法を提案してくれる 不用品回収業者を依頼する人は、粗大ごみを処分してほしいという人もいれば、遺品整理をしてほしいという人もいます。 ゴミ屋敷を綺麗にしたいという人もいるかもしれません。 それぞれお客さんのニーズにあった対応方法を提案してくれる業者あれば安心感がありますね。 逆に無理のある対応方法を提案してくる業者はやめておいた方がよいです。 不用品回収をしてくれる神戸の軽トラック 会社 サービス 対応エリア 住所 税込10,000円で2. 神戸市兵庫区 神戸市長田区 神戸市須磨区 神戸市垂水区 神戸市北区 神戸市中央区 神戸市西区 神戸市東灘区 神戸市灘区 兵庫県高砂市伊保町中筋1242-1 不用品処分方法まとめ 不用品処分方法1、リサイクルショップに不用品を売る 近所にリサイクルショップがある場合、不用品を持ち込み買い取ってもらえれば、処分するお金がかからないどころか、お金がもらえます。 ただ買い取ってもらえるような状態であればよいですが、買い取ってもらえない…ということも多いです。 また自分で持ち込みできない場合には、引取り買取してくれるリサイクルショップを探してみるとよいですね。 ハードオフやセカンドストリートなどは全国的に展開するリサイクルショップですので、自宅近くにあるかもしれません。 個人で経営しているリサイクルショップなどもあります。 不用品処分方法2、オークションサイトで不用品を売る 最近では誰でも簡単に自宅のいらないものを、売買できるサイトが増えてきています。 メルカリやYahoo!オークションなどは一般的ですね。 特にメルカリはスマホから誰でも簡単に売り買いができ、スマホのカメラで撮影をしてすぐに出品できるので便利です。 不用品処分方法3、友人や知り合いに譲る まだ使える状態の物で、友人や知り合いにほしい!という人がいれば譲るのが簡単でおすすめです。 ただ壊れているものや、必要ないものの場合、なかなか譲ることは難しいかもしれません。 不用品処分方法4、自治体の粗大ごみ回収サービス 不用品の処分方法として、一番初めに思いつくのは、自治体の粗大ごみ回収サービスかもしれません。 ごみ回収のルールは地方自治体によって異なります。 神戸市の粗大ごみ回収ルールも以前住んでいたエリアとは異なりました。 お住まいの自治体のHPをチェックしてみるとよいですね。 不用品処分方法5、不用品回収業者への依頼 不用品や粗大ごみなどの回収が一番楽で、手間が少ないのがこの方法です。 自治体で不用品を処分する場合には、自分で処分する不用品を運びだして、指定された場所まで持っていかなければなりません。 ごみ処理場がある場合には、ごみ処理場まで運搬することになります。 一方不用品回収業者であれば、業者が養生をおこなってくれ、いらなくなった不用品を家から外へ搬出してくれるので、壁や床が傷つくこともなく、重たい荷物でも自力で運ぶ必要がなくなります。 私達家族は転勤族なので、何度も引越しを経験してきています。 しかし何度引越しをしても、荷造り、荷ほどきは本当に大変で、毎回やだなぁと感じています。 特に荷物が多いと、荷造り、荷ほどき作業は時間がかかってしまいます。 引越しをできるだけ効率的に、そして簡単に行うためには、引越しする荷物を減らす必要があります。 引越しする荷物量が減れば、荷造り、荷ほどきも減りますし、荷物の搬出・搬入もスムーズに行えます。 引越ししてから荷物を捨てるとなると、いらない荷物も一緒に梱包しなければならずとても面倒。 また新居に荷物が入りきらなくなってしまうことも…。 荷物を処分するのであれば、必ず引越し前に不用品として処分するのがおすすめですよ。

次の

宮城県仙台市の不用品回収業者13社を料金・サービスの評判で比較!

引っ越し 業者 不 用品 回収

引っ越しのタイミングで自宅に溜まった不用品処分をする時、多くの人は下記のようにたくさんのサービスや選択肢の存在する実情に頭を悩ませる傾向がある。 ・ 行政の粗大ゴミ処分を利用する ・ 家電量販店に引き取ってもらう ・ 引越し業者に有料引取り・処分をお願いする ・ 不用品回収業者に依頼する ・ 不用品買取業者に依頼する また不用品の種類や内容、数、ボリュームについては各家庭によって大きく異なる傾向があるため、実際にサービスを利用したユーザのブログなどを見てみても、 「自分の場合はいくらで不用品処分ができるのか?」といった疑問が解消しにくい実情もあると言えるだろう。 今回は、さまざまな業者が公開する実績や料金表などを確認しながら、多くの皆さんが感じている「不用品処分の費用はどのぐらい?」という疑問の答えを見つけていきたい。 不用品回収業者とは 不用品回収業界についてあまり知らない人も多いだろう。 業界についてあらかじめ知っておくことで、 料金の仕組みや賢い業者の使い方が理解できる。 まずは不用品回収業界について説明していこう。 廃棄物かリユースの判断は誰が行なっているのか まず引っ越しの準備をする際に不要なものが出た場合、廃棄物かリユースの判断は行政が行なっている。 しかしそれだけでは判断が難しい場合もあるため、現在は「 総合判断説」に基づいて判断されているようだ。 総合判断説とは、環境庁がリユース目的か廃棄目的かを、保管方法や輸送方法を加味した上で包括的に評価することをいう。 この説に基づいて、行政は廃棄物となるかリユースとなるかを判断しているのだ。 ぼったくりが問題になっている 不用品回収業界では 料金のぼったくりが問題となっており、その影響で市町村の自治体が回収を行なっていることが多いようだ。 そもそもなぜぼったくりが行われているかの問題だが、 業界の値段設計が確立していないことに起因する。 基本的に不用品回収業者の営業マンの給与は歩合制である。 そのため、ユーザーから費用をとればとるほど儲かるシステムとなってしまい、費用の高騰が起こるようになった。 これによって一般廃棄物は、地方自治体でしか処理できないようになっているため、 処分費を請求する業者は黒となっているのだ。 では業者はどうやってまかなっているかというと、処分費ではなく作業費という立て付けで行なっている。 この仕組みはJRO(日本リユース機構)を通して環境庁に問題がないことは正式に確認されている。 安心できる業者に依頼しよう 以上で述べたように、廃品回収業者の中にはぼったくりを横行している業者も多くあるため、利用する際の 業者選びは慎重に行わなければならない。 まず口コミやサイトなどを参考に 業者を比較することをオススメする。 また、実際に費用を業者に詳しく問い合わせてみるのも一つの手だ。 アイテム別 不用品処分の費用と方法 自宅やオフィスにある不用品のボリュームが少ない場合は、単品で回収・買取・引取り・処分をしてもらう方法がおすすめだ。 不用品処分業者のサービスが充実している近頃では、品目別の回収料金を一覧で公開する企業も多く見受けられるようになった。 また場合によっては行政で行っている粗大ゴミ収集で手放した方が費用負担の少ないアイテムも存在するため、各自治体で公開する処理手数料一覧を確認することも不用品処分によるお金の負担を減らす良策になると言えるだろう。 まずは、これから紹介する7品目の処分料相場を確認しながら、「自分の場合はどのぐらいの不用品処分費用がかかるのか?」といった概算をイメージしてみて欲しい。 リサイクル家電 不用品処分業者では、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンといった リサイクル家電をサイズ別の一律料金で処分・引取りを行う傾向がある。 例えば洗濯機の回収料金を見てみると、多くの業者が 3,000円~6,000円ほどで処分をすることがわかる。 生活家電 家電リサイクル法の対象外となる生活家電は、業者によって回収料金に大きな開きが出やすいカテゴリだ。 キッチンで使用する電子レンジや炊飯器、ガスレンジなどは、1台 500円~1,000円ほどの回収料金となる。 これに対して家電の中でもボリュームの大きなホットカーペットなどの場合は、 1,000円~3,500円もの回収費用となるため、各専門店の料金表をチェックすることも引っ越しによるお金を節約する良策に繋がると言えるだろう。 パソコン本体・周辺機器 リサイクルを目的とした不用品処分業者では、どんなに古いパソコンであっても引取りをしてくれる。 金属素材のリサイクルを目的とした回収業者では基本的にデータ消去などのサービスを行っていないため、ユーザ自身が持ち込む前に正しい対応をすることが個人情報保護に繋がると言えるだろう。 パソコン本体は1台 500円~1,000円、モニターは 1,000円~2,000円、コピー機・複合機は 2,000円~5,000円が回収料金相場となる。 家具 家庭にあるものの中で最もサイズの大きい家具は、不用品回収料金が非常に高額なカテゴリだ。 ソファの料金相場を見てみると、 3,000円~10,000円というサイズによる大きな開きがあることに気付かされる。 また箪笥や本棚についても、不用品回収業者の利用で1つ 2,000円~5,000円、世田谷区などの自治体による回収で1つ 300円~1,800円もの費用が請求される実情があるようだ。 こういった形で処分にかなりのお金がかかる家具は、購入から5年以内でコンディションの良いものであれば最初に買取業者に問合せすることが、引っ越しにかかる費用の削減に繋がると言えるだろう。 オフィス家具 家庭用家具と比べて大きな物が多いオフィス家具は、 不用品回収業者よりも買取のメリットが遥かに高いカテゴリだ。 回収業者で公開する料金表では、スチールデスク・ロッカー・棚が5,000円、複数スタッフでの運び出しが必要となる複合機が 8,000円~10,000円前後の費用相場となっている。 これに対してオフィス移転や引越し、オフィス家具専門店では、こういったアイテムを高額査定対象としているため、捨てる前に現金化をするメリットの高いカテゴリと捉えて良いだろう。 寝具 リユースの難しい寝具には、不用品回収費用も高額になりやすい難点がある。 特に自宅からの持ち出しや運搬の難しいベッドマットレスについては、 5,000円~10,000円前後の回収料金がかかってしまう。 また敷き・掛け布団についても1枚 500円~1,000円ほどの費用相場となるため、押入れ1間分といった大量処分の場合に回収業者を利用するとかなりのコストがかかると言えそうだ。 ちなみに自治体で行っている粗大ゴミ処分の場合は、布団やマットレスの処分を 300円~500円で行っているところも多く見受けられるため、引越しコスト削減のために行政サービスを併用してみても良いだろう。 日用品・生活雑貨 ボリューム的にも小さい日用品や生活雑貨は、品目ごとの回収料金がほとんど公開されないカテゴリだ。 こういった細かなアイテムの回収は、45~70リットルのゴミ袋やダンボール単位で行なわれることが多い。 また業者によっては1個 100円ぐらいの相場で雑貨回収をするところも存在するため、引越しをするユーザ自身がその数や種類、ボリューム把握によって価格比較もしやすくなると言えそうだ。 蔵や倉庫に眠っている美術品・骨董品・ガラクタ 若い人にとって無価値に思える古い物や美術品は、捨てる前に買取査定をするのが鉄則とも言えるカテゴリだ。 買取業者の出張査定サービスを利用して、査定士に自宅にあるものの価値判断をしてもらえると、想定外の現金化によって引越し料金の節約に繋げられる。 また価値あるものを査定業者に買い取ってもらうと回収処分に必要なトラックのサイズも小さく抑えられることだろう。 運送料・トラック代が別途かかることもある アイテム別の回収料金を確認する際には、 「他にトラック代や運搬人員の費用がかからないのか?」という点を注意すべきである。 処分する物が多い場合は積み放題パックがおすすめ 処分品がたくさんありすぎて、その ボリュームや内容を詳しく業者に伝えきれない人には、自宅に来てくれたトラックに要らない物をどんどん載せていく「積み放題パック」や「積み放題プラン」がおすすめだ。 積み放題プランの費用相場とは? 各社の料金表を確認してみると、最も小さい軽トラックの積み放題プランで 18,000円~25,000円、2トントラックで 38,000円~60,000円ほどの費用相場であることがわかる。 また業者によってはトラック1台の半分ほどのコストで回収処分ができる半積みや平積みパックを用意しているところもあるため、 「ここまで大きな車両は必要ないかも?」といった不安を抱えている場合は回収業者に相談をしてみると良いだろう。 単身引越しにはゴミ袋詰め放題サービスもおすすめ ひとり暮らしの引越しには、ゴミ袋単位で回収処分をしてもらえる詰め放題サービスもおすすめだ。 一般的な業者の料金表を見てみると、最も小さい45リットルゴミ袋1袋で 2,000円~3,000円、90リットルゴミ袋で 5,000円~6,000円ほどの費用相場であることがわかる。 このサービスは、トラック1台貸し切りと比べると若干コストパフォーマンスが悪い傾向があるものの、引越しによって各自治体のゴミ収集スケジュールに合わせられないユーザにとっては非常に活用度の高い存在になると考えて良いだろう。 引っ越し業者の不用品処分サービス 業者間の競争が激しくなった近頃では、大手を中心に幅広い引越し業者でも家電リサイクル品の引取りや不用品処分のサービスが設けられ始めている。 引っ越し業者で行なう不用品処分の特徴 不用品処分を引越し業者に依頼すると、 引越し当日に「必要な物の運び出し」と「不用品の処分」を同時に行える。 また引越しと不用品処分費用がひとつの請求書にまとまるため、いくつかの業者に相見積もりをお願いする人にとっては比較検討がしやすくなると言えるだろう。 引っ越し業者で不用品処分をしてもらう場合の費用相場とは? 引越しを専門に行なう引越し業者では、 不用品処分専門業者のようにアイテム別の料金表などを公開していない傾向がある。 また多くの業者が「不用品回収・処分(有料)」と記載しているだけとなるため、その内容や対応可能な品目については実際に問合せてみる必要があると言えそうだ。 不用品買取もできる引越し業者も増えている 自社内でリサイクルショップ事業を行なう中小引越し業者の中には、 コンディションの良い家具や家電の買取を行っているところも多く見受けられる。 このように引越し・買取・回収の全てができる業者に依頼をすると、廃棄にかかるコストが減るだけでなく、引越し費用から買取額を減額もできる。 またさまざまな業者への問合せやスケジュール調整をする手間も省けるため、忙しい時期だからこそ買取のできる引越し業者は有り難い存在になると言えるだろう。 片付け込みで見積もりを出す業者も存在する 亡くなった被相続人の自宅を処分・売却するために不用品処分を行なう際には、 片付け込みで見積もりを行なう業者の活用もおすすめだ。 こうした業者に作業をお願いすると、依頼人自身が片付けや仕訳を行なう必要がなくなり、相続手続きに集中することができる。 また近頃では遺品整理やゴミ屋敷整理のできる引越し業者も増えているため、「自分だけでは手に負えない」と感じているケースでも、専門業者のサポートを受ければ早期の問題解決も可能になると言えるだろう。 片付け込みで行なう不用品処分の費用相場とは? このようなサービスを行なう業者の費用相場は、一般の不用品回収以上に金額の開きが大きい難点がある。 例えば冷蔵庫、洗濯機、ガスコンロ、椅子といった形で業者側で行なう片付けがほとんどない場合は、家電リサイクル料金を含めた形で17,000円~20,000円ほどの見積もりとなる。 これに対してゴミ屋敷に近い状態の自宅から「買取できるもの」と「回収処分するもの」に分ける場合は、その作業にかかる時間数が加わることで半日で 60,000円ほどの料金になるケースも多く存在するようだ。 処分費用を抑えるなら買取業者もおすすめ これまで処分にかかる費用について紹介してきたが、逆に いらないものを売ってお金に変える、という方法もある。 高額査定になれば、不用品を処分できるだけでなく、黒字にできるかもしれない。 不用品回収業者の中には買取をおこなっているところもあるが、 高く買い取ってもらいたいならやはり買取をメインでおこなっている業者がおすすめだ。 そこで、人気の買取業者を紹介していくので、ぜひ参考にしてほしい。 家具や家電のほか、パソコンや楽器、自転車など 幅広いアイテムの買取をおこなっており、査定は各ジャンル専門の査定士が担当。 豊富な知識や経験から適切な買取額を提示してくれるため、さまざまなジャンルのものをまとめ売りしても安心だ。 買取方法は、店頭・宅配・出張の3通りだが、対象エリアである 東京・埼玉に住んでいるなら、便利な出張買取がおすすめだ。 査定費や出張費用が 無料なうえ、 365日24時間対応しているので、なにかと忙しい引越し前でも気軽に利用できるだろう。 買取代金は その場で現金支払いしてもらえるので、取引もスムーズだ。 アスタート.

次の

引越しするなら不用品買取りサービスを活用 いらない物を賢く現金化|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引っ越し 業者 不 用品 回収

web上にある口コミを徹底的に確認しました そこで炙りだした口コミから分かる業者選びのコツを書いていきます。 不用品回収業者の口コミ比較サイトを見てみよう! もういらないパソコン、冷蔵庫、洗濯機、ベッドなどの粗大ゴミ。 あるいはゴミ屋敷の処分や、引っ越しの時のいらないもののあと始末。 そして、なにより大変かもしれない遺品整理。 まともに役所にお願いするとお金も手間もかかる不用品処分。 いっそのこと回収専用業者を呼んだほうがいいでしょう。 不用品回収業者を選ぶなら、まずは『口コミ比較サイト』を見てみましょう。 頼んでとても良かったという口コミもあれば、 二度と利用したくないというキツイ口コミもあるサイトです。 口コミ比較サイトを見れば、回収業者選びのポイントも見えてきます。 相場以上のお金を取られたり、トラブルに巻きこまれたりしないよう、 しっかり業者の評判を調べることが大切です。 公式サイトの『業界最安値に挑戦!』はあてにならない!? 不用品回収業者の公式サイト(ホームページ)を見ると、 よく『業界最安値に挑戦!』と書かれています。 ちょっと考えてみるとオカシイです。 みんなが『界最安値に挑戦』し続ければ、 いつかはですべての業者が0円になってしまいます。 あくまでも『挑戦』であって、 『業界最安値』ではないと思うべきなのでしょう。 口コミの中にも、 『とても業界最安値とは思えなかった』 というものがかなりありました。 電話やメールで見積もりをしてくれない業者はヤバイ!? マイナス意見が多い業者のほとんどが、 電話やメールで値段を教えてくれないようです。 事前に料金をいわない理由は2つあります。 1.値段を言ってしまうと他社より高いとバレるから 2.営業マンがその場で値段を決めているから 1は言うまでもなくイヤですね。 他社よりもお金のかかる業者を使う必要はありません。 ちょと複雑なのが2のその場で決めるという話なのですが、 少しでも高く不用品回収を引き受けると、 営業マンの成績UPになるというやり方です。 値段がそのまま営業マンの成績になる業者の中には、 「10万円かかります」 とふっかけて、 「はらえない」 と答えると 「じゃあ、5万円でどうでしょうか?」 などと、ありえないような値段交渉をされます。 もちろん、冷静に考えれば5万円でも高いのですが、 最初に10万円といわれたので、ついつい頼んでしまうというわけです。 こんな業者はとても信頼できませんよね? また、こういった営業マンの中には、 値段が高いだけでなく偉そうだったり、失礼な態度だったりする人もいます。 偉そうに値段を出されたら、高い、安いという前に不愉快ですよね? いずれにしても、見積りを電話やメールで教えてくれない業者は避けたほうがよいでしょう。 口コミ比較サイトをよく読む 多くの方が口コミサイトで言っている言葉が、 『クチコミサイトを見てから頼めばよかった』 というものです。 そういった後悔をしないためにも、口コミ比較サイトは必ず利用しましょう。 口コミサイトをうまく利用するにはコツがあります。 まず、数件以上の口コミがある業者を選ぶこと。 1件しか口コミがない場合、もしかすると業者自身が 口コミサイトに登録しているかもしれないからです。 また、頼もうと思っている業者の口コミは全て読みましょう。 中には業者自身が書いた口コミもあるかもしれません。 あるいはライバル企業が、その業者の評判を落とすために書いた口コミもあるかもしれません。 そういったニセの口コミを見やぶるためにも、全てのコメントを読んで、 多数の意見をよく見ることが大切です。 10人中9人が不満だと言っているのに、1人だけ不自然にほめていれば、 業者が書き込んでいる可能性をうたがうべきでしょう。 お知らせ.

次の