蒸し タオル 電子 レンジ。 蒸しタオルの簡単な作り方とは?レンジでの注意点もご紹介!

蒸しタオル 電子レンジあり・なしの作り方と冷めにくくする方法

蒸し タオル 電子 レンジ

電子レンジで蒸し料理が簡単に! 普段電子レンジで魚を調理することはあまりないのではないでしょうか。 電子レンジは均一に火が通りますので、食材の持っている水分が多ければ、水を加えなくてもそれだけでしっかり蒸しあがって美味しい一品になります。 特に魚の場合は、食材に含まれている水分量が多いため、そのものの旨みをダイレクトに閉じ込めることが可能です。 魚をあまり食べない人でも、電子レンジで調理が可能なのは手軽で便利ですよね。 また、特別な容器や材料なども必要としないので、さっと一品加えたいときに非常に助かります。 蒸し料理にすることで栄養も逃げませんし、脂も落ちてヘルシーに仕上がるので、健康志向の方にも喜ばれる品になります。 簡単に作れて見た目も良く、手間もかからないのは主婦にとっては嬉しいですね。 魚を子どもに食べさせたいけれど調理に時間がかかる、魚焼き器やせいろは洗うのが面倒…そんな方こそ電子レンジで魚を蒸してみてください。 あまりの手軽さにリピート間違いなしですよ。 下ごしらえにも電子レンジは大活躍! そのものずばりの蒸し料理ではなくても、電子レンジは活躍してくれます。 特に野菜や魚など、茹でたり焼いたりすると栄養が逃げてしまうものに使用するのがおすすめです。 野菜の場合はビタミンのほとんどが水溶性のため、茹でてしまうと茹で汁に栄養素が逃げてしまいます。 それを防ぐために、電子レンジで加熱して下ごしらえをすると、旨みも栄養素も外に流れ出ず、丸ごと食べることが可能です。 魚の場合も、電子レンジで蒸してあげると、焦げや身の縮みなどが少なくなり、調理が比較的簡単に行えます。 特に内臓を抜いた丸ごと一匹の魚などを調理する際には、蒸し料理が最適です。 旨みが逃げない上に、身もふっくらと仕上がって、家族全員が美味しく食べられる一品に仕上がります。 魚を丸ごと調理する際には、「つぼ抜き」をしてからがおすすめです。 魚の口から菜箸を奥まで入れ、ゆっくりと回転させながら引き抜きます。 こうすると内臓がすっぽり抜けて、簡単に下ごしらえが終わります。 あとは縮みを防ぐために皮に切れ目を入れ、塩を振っておいておくだけです。 調理は電子レンジが自動でしてくれるので、赤ちゃんがいたり高齢者がいたりと目が離せない場合でも、簡単に立派な料理が出来上がります。 電子レンジで魚を蒸して美味しく食べよう ここで、とても簡単で見栄えも良い、電子レンジでできる魚の蒸し料理のひとつをご紹介します。 「タラのレモン蒸し」です。 さっぱりしたレモンの風味と、昆布の旨みが染み渡る、見た目も華やかな一品です。 さらに上にレモンの輪切りを乗せます。 足りないようでしたら、30秒ずつ加熱時間を増やしてください。 これだけで簡単に見栄えの良い魚の蒸し料理ができてしまいます。 タラ以外の魚でも作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。 電子レンジで中華風も!?魚の蒸し料理アレンジ 先ほどは簡単な和風の蒸し料理をご紹介しましたが、基本を押さえておけば、洋風にも中華風にもアレンジ可能です。 洋風にチャレンジする際には、出汁昆布ではなく、粉末のコンソメなどを魚と野菜に振りかけて電子レンジにかけると良いです。 中華風にする場合、電子レンジにかける前に、魚の皮の部分に切れ目を入れ、ごま油を回しかけます。 こうすることで臭みが抜け、ごま油のいい香りが魚に移ります。 蒸した後に出るエキスと野菜を和えてあげれば、野菜にもごま油の風味が移って、少々の塩だけで美味しく調理することが可能です。 電子レンジにかける前に、必ず塩をふって臭みの元である水分を抜いてあげてください。 ひと手間加えるだけで、ぐっと料理がレベルアップします。 中華風の場合は、クッキングシートで奉書焼のように包んであげると、蒸しあがった際に焼き魚のような香ばしい食感もプラスできます。 付け合わせの野菜や、魚の種類によってさまざまにアレンジできるので、どうぞ電子レンジを活用してください。 電子レンジで魚を蒸したらこんなメリットが! 近年「焼く」、「煮る」、「茹でる」というメインの調理方法に加え、「蒸す」という調理方法が注目を浴びています。 魚を焼くと、固まっていた脂が溶け出し、ジューシーに仕上がります。 しかし、目を離してしまうと、あっという間に焦げてしまったり、脂が逃げすぎてパサパサの食感になることも。 煮る場合は、あまり長時間鍋の前を離れていると、煮詰まって味が濃くなってしまう可能性があります。 その点、魚を「蒸し料理」にすると、旨みも逃げず、栄養もキープされていることになります。 さらに、焼いたり煮たりしたものよりも、蒸したものの方が、冷めていても美味しいというメリットがあります。 電子レンジで簡単に作れる上に、冷めても美味しいというのは、忙しい主婦が作るのにうってつけの料理というわけです。 同時に野菜なども一気に加熱できるので、栄養バランスもしっかり考えられ、素晴らしい調理方法です。 電子レンジだけで調理が完結!便利で洗い物もなくなる! 電子レンジで料理をするメリットはいくつかあります。 ひとつは前述の通り、目を離しても大丈夫だということです。 子どもがいる家庭では、何が起きるかわからない毎日を過ごしています。 特に赤ちゃんがいる場合、調理台に張り付いて魚を焼く…なんてことはとても難しいです。 代わりに電子レンジで調理すると、加熱の時間は全て自動で行われますし、火も使わないので危なくありません。 もうひとつは、やはり前述の通り栄養が逃げないということです。 蒸し料理は少ない水分で加熱するので、ビタミンが茹で汁に逃げてしまったり、タンパク質を過度に熱することがほぼありません。 ですから、素材そのものの旨みを味わうことができます。 最後に、洗い物が少なくて済むというのも大きなメリットです。 タッパーウェアなどに入れて調理すれば、洗い物はそれだけです。 付け合わせも同時に加熱することができるので、せいろを使ったりするような面倒な洗い物は出ないことになります。 電子レンジで魚を蒸すと、こんなにたくさんのメリットがあるんですね。 ヘルシーで後片付けも楽々の電子レンジを活用しよう 先に述べたように、電子レンジ調理はとても手軽でメリットがたくさんあります。 さらに、世の中は健康志向です。 肉や魚を食べたくても、カロリーはあまり摂りたくない…という方も多いでしょう。 脂を使わない蒸し料理は、そういった面でも優秀です。 素材の旨みが出るので、味付けも薄めで大丈夫です。 ぜひ電子レンジを活用して、肉や魚、野菜をいっぱい食べましょう。

次の

ホットタオルの作り方って?電子レンジとおしぼりで簡単蒸しタオル

蒸し タオル 電子 レンジ

蒸しタオルをレンジで作るのが危険な理由 レンジで蒸しタオルを作る方法は、タオルを水で濡らして絞ります。 お皿の上にタオルを乗せて、電子レンジで30秒ぐらい温めます。 ただ、電子レンジで出来上がった蒸しタオルを顔に乗せるのが、危険です。 なぜなら、 人間の顔の皮膚が薄いため、簡単に火傷をしてしまうからです。 レンジ以外の蒸しタオルの作り方 熱湯を使って作る方法が、オススメです。 熱湯を洗面器等に溜めて、タオルを浸します。 熱いため、タオルの端は掴めるように洗面器から出しておき、しばらくしたら取り出して絞ると完成です。 熱湯を蛇口から出すのが面倒な方は、ポットのお湯でも構いません。 スポンサーリンク 保温時間はどれぐらい必要? 電子レンジで蒸しタオルを作る場合は、 500Wで60秒です。 そして、 600Wでは40~50秒となります。 ただこれは、あくまでも目安です。 あまり、温め過ぎると肌の皮脂が取られて乾燥肌になってしまうため注意しましょう。 自分で試しながら、良い時間を探っていきます。 もしも温め過ぎたと感じたら、少し冷ましてから使用をする事が大切です。 蒸しタオルを冷めにくくする方法 蒸しタオルを作る時には、厚手のタオルを使用します。 生地が厚いと、熱が逃げにくくなるので、冷めにくくなります。 おすすめは、 スポーツタオルです。 蒸しタオルを乗せる時に、乾いたタオルを蒸しタオルの上に乗せるのも冷めにくくなります。 これも熱を逃げにくくするための方法です。 濡れたタオルは熱伝導が高いため、冷めるのが早いです。 そこで、乾いたタオルを乗せると長持ちします。 蒸しタオルを作る時にラップを巻く事で、熱を逃がさない事も出来ます。 また、スーパーの袋を顔に被る方法もあります。 これでも、熱が逃げにくくなります。 ただ、長時間スーパーの袋を顔にかぶるのは危険なので、短時間だけかぶりましょう。 部屋の温度を上げる事も、蒸しタオルは冷めにくくします。 夏場は元々暑いため、あえて上げる必要はありません。 冬の場合は、ストーブ等の暖房器具の前で蒸しタオルを使用してみましょう。 水分量を多くする事が出来ますが、多すぎても反対に冷めやすくなるため絶妙な水分量で蒸しタオルを作ることが出来ます。 何度も作っているうちに、丁度良い水分量が分かってきます。 お好みの水分量を見つけて、蒸しタオルを作りましょう。 スポンサーリンク 蒸しタオルの効果 温かいお風呂に入ると、血行促進が出来て体がぽかぽかしてきます。 顔はお風呂に浸からないため、蒸しタオルを使用すると顔のお風呂になります。 肌のくすみやクマ等は、顔の血行が悪くなる事で起こります。 温かい蒸しタオルを顔に乗せる事で、血行が促進されて肌のくすみやクマが改善されます。 温熱効果により毛穴を自然に開かせて、汚れを落としやすくもなります。 その後に冷水や化粧水を肌に付けると、毛穴が引き締まります。 また、美容成分も吸収されていき、しっかりと効果を得られるようになります。 血行が悪い肌に、美容成分配合の基礎化粧品を付けても、効果がありません。 蒸しタオルでケアした肌なら、美容成分が肌の奥まで染み渡ります。 蒸しタオルとレンジまとめ• 蒸しタオルをレンジでやるのは、高温のため、火傷の 危険がある!• 他の作り方は、 お湯にタオルをつけて水気を絞る!• レンジでの保温時間は、 500Wで60秒、600Wでは40~50秒が目安! など分かりました。 蒸しタオルを顔に乗せると様々な効果がありますね。 ただ、やり方を間違えると火傷をしたりするため気を付けましょう。 効果を引き出すために、上記の事を守って蒸しタオルを作りましょう。 今後も生活に関する有力情報を配信していきます。 カテゴリー•

次の

電子レンジで布をチンすると燃える?ホットタオルを安全に作る方法!

蒸し タオル 電子 レンジ

スポンサーリンク 蒸しタオルをレンジにかけてもすぐ冷めるときの対処法 蒸しタオルは作ってもすぐ冷めるのが難点ですが、冷めないように作る方法もあります。 タオルを濡らして絞って、電子レンジに入れる前にひと工夫をするだけで冷めにくい蒸しタオルができちゃいます! じゃあどうするのかというと、透明なビニール袋に入れてレンチンするだけで長い時間温かさをキープできます。 飲食店でビニール袋に密封されたおしぼりが出てくることがあるかと思いますが、あのおしぼりって意外になかなか冷めないですよね。 ビニール袋はスーパーのサッカー台にある生ものなどを入れるものを再利用するといいですね。 もし衛生面が気になるようでしたら、一度洗って乾かしてから使うようにしましょう。 スポンサーリンク 蒸しタオルの作り方で上手に長持ちする方法 せっかく作った蒸しタオルをすぐに冷めさせないで長持ちするには、蒸しタオルをレンジで加熱する時間やタオルの絞り方なども大事です。 もしかしたら温める時間が短すぎたり絞り方が悪かったりしてうまくいってないのかもしれないので、目安を知って調整していきましょう。 蒸しタオルはレンジで何分? 温め時間は具体的には600Wで30秒から1分くらい温めるとよいとされていますが、必ずしもこのとおりにいくわけではないのであくまでも目安にしてくださいね。 タオルの大きさや厚み、レンジの機種によっても温まり具合が異なるので、最初はこまめに開け閉めをして適切な時間を知りましょう。 蒸しタオルの絞り方や水加減は? 蒸しタオルを作るときは、最初にタオルを濡らしてから水を絞るときの絞り方も大事です。 水分が抜けてしまうほど固く絞ってしまうと蒸気がなくなってしまうので、ギュッと軽く絞って水がこぼれ落ちないくらいでレンジに入れましょう。 おしぼりみたいに巻いたらビニール袋にも入れやすいし、丸い形の方が熱も伝わりやすいので効率的です。 上の3つを意識してレンジで温めると、なかなか冷めにくい蒸しタオルができるかと思います。 チンしてからタオルを冷ますときは、タオルを広げてさっと冷ますようにすると早く冷めるようになります。 肌に当てたり蒸気を吸わせたりしたときに気持ちいいと感じる温度になったら、すぐさまお肌に当てましょう。 また、蒸しタオルを作るときはフェイスタオルのような薄いタオルだとすぐに熱が逃げていくので、温度が下がってしまいます。 そこでおすすめなのがスポーツタオルなどの厚手のものを時間をかけて温めることです。 蒸しタオルが温まったらタオルを折りたたんだまま顔に当て、冷めたら他の面を開いてふたたび当てられるのが厚手のタオルの長所です。 冷めない蒸しタオルを作るコツは、どんなタオルを選ぶかにもあるので、厚手のタオルがあればぜひチェンジしてみてくださいね。 もし薄いタオルしかない場合は、ビニール袋に入れたままお顔などに当ててポカポカ感を味わうのもひとつの手です。

次の